アラジン (2019年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラジン
Aladdin
Aladdin 2019 logo png by mintmovi3 dcp5c28-fullview.png
監督 ガイ・リッチー
脚本 ジョン・オーガスト
原作アラジン
出演者 ウィル・スミス
メナ・マスード英語版
ナオミ・スコット
マーワン・ケンザリ英語版
ナヴィド・ネガーバン
ナシム・ペドラド英語版
ビリー・マグヌッセン英語版
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 Newworldmap.svg ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年5月24日
日本の旗 2019年6月7日[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アラジン』(原題:Aladdin)は、2019年に公開予定のアメリカ合衆国の映画。『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』に基づき1992年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品『アラジン』の実写リメイク作品である。

あらすじ[編集]

砂漠の王女ジャスミンは国王の父サルタンに結婚をせかされていた。サルタンは、娘ジャスミンに他国の王子を紹介するが、ことごとく失敗。その理由は、ジャスミンに『結婚する気がない』から。なぜなら王子たちは『王女としてのジャスミン』に興味を示しているからだった。彼女自身の本質を認め、愛してくれる人こそ生涯の伴侶にしたいとジャスミンは願う。そこで彼女は変装し、王宮を抜け出す。

王女であるジャスミンの暮らしとは正反対の貧しい青年『アラジン』。いつものように市場へ繰り出しては盗みを働いていた彼はある日、変装したジャスミンと出会う。ジャスミンが盗みの疑いをかけられ、それを助けたのがきっかけでジャスミンとアラジンは心を通わせる。これを上手く利用したのは国務大臣で魔法使い『ジャファー』。王女を誘拐したという罪をアラジンに着せ、牢獄に収監する。老人に扮したジャファーはアラジンに「ここを出たければ魔法の洞窟から魔法のランプを取ってこい」と命令する。

アラジンはランプを取ってくることに成功するが、ジャファーにランプは渡さず、魔法のランプとともに洞窟に閉じ込められてしまう。途方に暮れたアラジンだが、偶然にもランプを擦ってしまったところ、ランプの中から魔人『ジーニー』が出現。外観とはまるで違う明るくてお茶目なジーニーは『願い事を3つかなえてくれる』と言う。アラジンは早速ジーニーと共に、ジャスミンに会いに、また、打倒ジャファーのために動き出ます。

キャラクター[編集]

アラジン英語版
本作の主人公。天涯孤独の身で、アグラバーの街で相棒の猿・アブーと貧しい暮らしを送る青年。いつか自分の居場所を見つけ、人生を変えるチャンスを待ちわびている。偶然出会った美しい王女ジャスミンに身分違いの恋をするが、その恋こそが彼の運命を変える。やがて手にした魔法のランプから現れた魔人ジーニーから“3つの願い”を叶えるチャンスを得る。
ジャスミン英語版
本作のヒロイン。アグラバー王国の美しき王女。規則に縛られた宮殿での生活から外の世界へ飛び出し、自分の人生を自由に切り開くことを願っている。決められた結婚ではなく自ら愛した人との結婚を望み、さらには王国の民の幸せをも願う、自立した広い心を持つ。
ジーニー
魔法のランプに宿る、千年もの間、魔法のランプの中に閉じ込められていた宇宙最強の魔人。願いを増やす、誰かを好きにさせる、死者を蘇らせること以外ならランプの持ち主の願いを何でも3つ叶えてくれる。変身やジョークが得意で、常に陽気でハッピーなエンターテイナー。自惚れが強くいつも自信満々に見えるが、いつか叶えたい願いがある。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アラジン メナ・マスード 中村倫也[2]
ジャスミン ナオミ・スコット 木下晴香[2]
ジーニー ウィル・スミス 山寺宏一[3]
ジャファー マーワン・ケンザリ 北村一輝[4]
イアーゴ アラン・テュディック(声) 多田野曜平[4]
サルタン ナヴィド・ネガーバン
ダリア ナシム・ペドラド 沢城みゆき[4]
アンダース王子 ビリー・マグヌッセン 平川大輔[4]
ハキム ヌーマン・アチャル
ラズール ロビー・ハインズ

製作[編集]

ディズニーのファンイベント「D23 Expo 2017」でキャストが発表された[5]

2017年8月、イギリスで撮影開始した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]