102 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
102
102 Dalmatians
監督 ケヴィン・リマ
脚本 クリステン・バックリー
ブライアン・リーガン
ボブ・ツディカー
ノニ・ホワイト
原作 ドディー・スミス
製作 エドワード・S・フェルドマン
出演者 グレン・クローズ
音楽 デヴィッド・ニューマン
主題歌 ディガ・ディガ・ドッグ(Digga Digga Dog)
歌:オーレン・ウォーターズ(Oren Waters)
撮影 エイドリアン・ビドル
編集 グレゴリー・パーラー
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
Cruella Productions
Kanzaman S.A.M. Films
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年11月22日
日本の旗 2001年3月10日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $183,611,771[1]
アメリカ合衆国の旗 $66,957,026[1]
日本の旗 19億円[2]
前作 101
テンプレートを表示

102』(ワンオーツー、原題:102 Dalmatians)は、2001年制作のアメリカ映画。『101』の続編。ストーリーはオリジナル。主演は前作同様クルエラ役のグレン・クローズが務めている。

日本では2001年3月10日より日劇プラザ(現・TOHOシネマズ日劇スクリーン3)ほか全国ロードショー。同年9月19日VHSDVDのレンタルが開始。10月17日にスペシャル・エディション(特別版)のDVDが発売されている。映画ポスターなどのキャッチコピーは「ロンドンからパリへ—クルエラに捕まった101匹の仲間を救え!」。

ストーリー[編集]

前作から3年後、クルエラ・デ・ビルが仮出獄する。心理操作で愛犬家になるが、この治療には大きな欠陥があった。一方、クルエラの保護観察官クロエが飼っている3匹の子ダルメシアンの一匹、オッド・ボール(♀)は、ダルメシアンなのだが1つもブチがなかった。親兄弟と違う自分に気づき、コンプレックスを持つが…

登場人物[編集]

人間[編集]

クルエラ・デ・ビル
前作から3年後、パプロブ博士の治療によって、毛皮を拒み犬を愛する善良な愛犬家・エラ(後述)として生まれ変わり、仮釈放を受ける。その際、裁判所の命令で自身の個人資産は800万ポンドになっていたが、もし再犯すればその資産は没収の上、捨て犬ホームに全額寄付されるという条件をつけられた。
しかし、治療の欠陥のせいでビッグ・ベンの時計塔の鐘の音によって、かつてのクルエラに戻ってしまい、再びダルメシアンの毛皮でコートを作ろうと目論むも、結局は失敗に終わる。その上に再犯となったため、個人資産を寄付金として全額没収され一文無し、執事にまでも裏切られ天涯孤独の身となった。
エラ・デ・ビル
パプロブ博士の治療で毛皮を嫌い、犬を愛する善良な愛犬家に生まれ変わったクルエラ。本来のクルエラとは全く正反対な性格で、心優しくおしとやかな女性。
本名を忌み嫌い、「エラ」と名乗っている。立ち退きを余儀なくされた『セカンドチャンス』を買い取って支援したり、ドッグショーを開催する等、愛犬家としてあらゆる活動を繰り広げていたが、ビッグ・ベンの鐘の音によって元のクルエラに戻ってしまう。
アロンゾ
クルエラの執事。クルエラが逮捕されて以来はただ一人彼女の面会に訪れ、仮釈放された際も彼女の迎えに訪れ、フラッフィー(後述)をプレゼントした。
当初はクルエラの命令で犬泥棒を行うものの、次第にエスカレートしていく彼女の卑劣な行動についていけなくなり、自らの意思でクルエラを裏切った。事件解決後、クルエラの更生を気長に待つことにし、ケヴィンにクルエラの個人資産である800万ポンドを寄付した。
前作では序盤のみの登場だったが、本作では自身や工場の職人達を虐げるルペルを撃退したり、地下に閉じ込められたケヴィン達を助ける等、活躍の場を多く見せた。
ケヴィン・シェパード
捨て犬ホーム『セカンドチャンス』の責任者。かつて実験用の犬を逃がす為に実験室に忍び込んだ過去を持つ。中盤ではその経歴をクルエラに利用され、犬泥棒の濡れ衣を着せられ逮捕されてしまうが、オッド達の危機を知った際に刑務所から脱走し、クロエと和解して子犬達を助ける為に奮闘する。
自身の無実が晴れると同時に事件が解決したその後、クロエと結ばれ、アロンゾからクルエラの個人資産である800万ポンドを寄付された。
クロエ・サイモン
クルエラの保護観察を務めることになった保護観察官
人形劇での騒動でオッドを助けてもらったことをきっかけにケヴィンと惹かれ合う。一時はクルエラの策略で彼と引き離されるも、ケヴィンから真相を聞いて和解、事件解決後に結ばれた。
ジャン=ピエール・ルペル
毛皮専門のファッションデザイナー。しかし動物愛護団体[3]から目の敵にされており、開催していたファッションショーでは毛皮反対派のデモ隊による過激な襲撃を受けてしまった。クルエラとは旧知の仲だった上、元はイタチの密猟者だったらしい。
パリに秘密の工場を持つが、工場で働いている職人達はルペルから殆ど召し使い同然のぞんざいな扱いを受けており、アロンゾがルペルを撃退した際は、全員がアロンゾを称えて拍手を送った。
イワン
ケヴィンのパートナー。泥棒の前歴があり、クロエの保護観察下に置かれていた。

動物[編集]

クロエの愛犬達[編集]

オッド・ボール
本作の主人公にあたる、メスのダルメシアン。愛称「オッドちゃん」。
ダルメシアンであるが、ダルメシアンの特徴である斑模様がなく、それを強くコンプレックスに持っている。故に白と黒の斑模様には何より敏感であり、それが元で度々騒動を引き起こしてしまう。加えて、クルエラに鼠呼ばわりされた。
クルエラに捕まった家族や子犬達を助けるべく、ワドルスワーズと共に奮闘する。終盤で遂に念願の斑模様が出てきた。
ドミノ、リトル・ディッパー
オスのダルメシアン。ドミノは白い斑模様がついた黒い耳が特徴で、リトル・ディッパーは父とそっくりの尻尾が特徴。
ディップスティック
前作に登場した15匹のダルメシアンの子犬の一匹。本作では立派な成犬に成長し、3匹の子犬の父親になった[4]
ドッティー
ディップスティックの妻。メスのダルメシアン。

セカンドチャンス[編集]

ケヴィンとイワンが経営する捨て犬ホーム施設。問題があって捨てられたり、飼えなくなった犬達を保護している。しかし度重なる経営難から立ち退きを余儀なくされるが、クルエラ(エラ)が買い取り、彼女の支援で豪華な改装を施された。クルエラが逮捕されたその後は改装以前の姿に戻り、アロンゾから800万ポンドが寄付された。

ワドルスワーズ
何故か自分を犬と主張するお喋りなコンゴウインコ。当初は「犬は飛べない」と断言して飛ぼうとしなかったが、オリエント急行を追いかけていたオッドを助けようとして無意識に飛べるようになり、オッドを共に行動して彼女を手助けしていく[5]
ディガー
穴掘りが得意なボルゾイ。セカンドチャンスに来る以前はロンドン中の公園に穴を掘って公園から締め出されてしまった。
ドゥルーラー
常によだれを垂らしているブルマスチフ
チョンプ
噛みつきが得意のボーダー・テリア。セカンドチャンスに来る以前は郵便屋さんに次々噛みついていた。

その他[編集]

フラッフィー
アロンゾが仮釈放されたクルエラにプレゼントしたチャイニーズ・クレステッド・ドッグ。エラであった頃からクルエラには全く懐いておらず、クルエラに幽閉されたクロエを手助けした。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
クルエラ・デ・ビル グレン・クローズ 山田邦子
ジャン=ピエール・ルペル ジェラール・ドパルデュー 玄田哲章
ケヴィン・シェパード ヨアン・グリフィズ 藤原啓治
クロエ・サイモン アリス・エヴァンス 田中敦子
アロンゾ ティム・マッキナリー 塚田正昭
イワン ベン・クロンプトン 檀臣幸
ワドルスワース(声) エリック・アイドル 島田敏
トート イアン・リチャードソン 大木民夫

※その他の日本語吹き替え:青野武糸博翠準子石森達幸津田英三長島雄一磯辺万沙子河野智之岩本裕美子

スタッフ[編集]

  • 脚本:クリステン・バックリー、ブライアン・レーガン、ボブ・ズディッガー、ノニ・ホワイト
  • 原案:クリステン・バックリー、ブライアン・レーガン
  • 監督:ケヴィン・リマ
  • 製作:エドワード・S・フェルドマン
  • 原作:ドディー・スミス
  • 撮影:エイドリアン・ビドル
  • プロダクションデザイン:アッシュトン・ゴードン
  • 編集:グレゴリー・パーラー
  • ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:ジム・ライジェル
  • 衣裳デザイン:アンソニー・パウエル
  • 音楽:デヴィッド・ニューマン
  • 共同制作:ポール・タッカー、パトリシア・カー

日本語版制作スタッフ[編集]

関連商品[編集]

書物
  • 『ディズニー名作アニメ(29) 102 ワン・オー・ツー』(斎藤妙子/構成・文、2001年3月12日発売、講談社ISBN 4-06-266980-3
  • 『ディズニーアニメ小説版(38) 102 ワン・オー・ツー』(アリス・ダウンズ/作、橘高弓枝/訳、2001年4月1日発売、偕成社ISBN 4-03-791380-1
サウンドトラック
VHS
DVD
  • 『102 スペシャル・エディション(特別版)』(ポニーキャニオン、2001年10月17日発売)VWDS-3084
    • 【特典映像】
      • 音声解説
      • メイキング・オブ・「102」(動物の役者たち)
      • クルエラ登場!
      • 「102」の舞台裏
      • 「102」視覚効果講座
      • 未公開シーン“クルエラの釈放”
      • アクション・ダイジェスト
      • ダルメシアンについて
  • 『102 スペシャル・エディション(特別版)』(ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント、2003年1月17日発売)VWDS-3234
  • 『102 スペシャル・エディション(特別版)』(ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント、2004年3月19日発売)VWDS-3512
  • 『102 スペシャル・エディション(特別版)』(ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント、2005年9月21日発売)VWDS-4294
    • 【特典映像】
      • 音声解説
      • メイキング・オブ「102」
      • 「102」視覚効果講座
      • 未公開シーン“クルエラの釈放”
      • アクション・ダイジェスト
      • ダルメシアンについて

その他[編集]

  • Thunderpuss Feat. Jocelyn Enriquez - So Fabulous So Fierce (Freak Out)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 102 Dalmatians (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月27日閲覧。
  2. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 当初はエラだった頃のクルエラにも目の敵にされていた。
  4. ^ 前作に登場した両親のポンゴとパーディや他の子犬達、飼い主のラドグリフ夫妻等に関しては一切触れられていない(ただし、クロエはディップスティックが子犬の頃、クルエラに殺されかけたことに関しては知っている様子)。
  5. ^ それでも鳥としての自覚を持っておらず、「自分は警察犬じゃなくて、救助犬だった」と解釈した。

外部リンク[編集]