額田やえ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぬかだ やえこ
額田 やえ子
生誕 (1927-12-13) 1927年12月13日
死没 (2002-04-09) 2002年4月9日(74歳没)
職業 英語翻訳家吹き替え字幕翻訳家
親戚 松岡和子(義理の従妹)
受賞 1987年日本女性放送者懇談会賞

額田 やえ子(ぬかだ やえこ[1]1927年12月13日 - 2002年4月9日)は、東京出身の英語翻訳家吹き替え字幕翻訳家。映画翻訳家協会会員。
父は劇作家小説家額田六福。本名・渡辺弥栄子。夫は英米文学翻訳家・渡辺栄一郎。


来歴[編集]

東京府青山師範学校附属小学校(現・東京学芸大学附属世田谷小学校)から立教女学院をへて1944年日本女子大学国語学科に入学、母の同期生だった茅野雅子に学び、敗戦後1948年に卒業。アテネ・フランセで英語を学び、高等科を卒業、1952年、南部圭之助の秘書としてスタア社に入り、映画雑誌『スタア』の編集に4年間携わり、1956年からテレビ映画の吹き替えの翻訳を始める。

刑事コロンボ』など、テレビドラマ等の吹き替え(アテレコ)の翻訳や、小説の翻訳などで知られている。

人気を博した、コロンボの独特のしゃべり方や、「ウチのカミサン」等は、額田の独創によるものである。「かみさん」は、動物文学者の小林清之介が使っていたのを借用したものだという。

シェイクスピアなどの翻訳で知られる松岡和子は義理の従妹にあたり、松岡は額田の紹介で戯曲の翻訳を手がけるようになったという[2]

吹替羽佐間道夫は額田の手がけた翻訳台本について、「とにかく語彙が豊富だし、安心して聞ける、いい間をだせる台本だった。そういうことができる翻訳家は少なくなりましたね。更に額田さんは『ここは羽佐間だから、もうちょっと単語を入れよう』、『ここは若山弦蔵だから、もうちょっと引っ張ろう』っていうことまで考えてアテ書きされてた方だから、やる方も楽だった」と振り返っており、配慮の行き届いた額田の職人芸に敬意を表している。(『とり・みきの映画吹替王』洋泉社・刊でのインタビューより)

1987年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞した[3]

翻訳作品[編集]

書籍[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

エッセイ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アテレコあれこれ』(中央公論社〈中公文庫〉、1989年 ISBN 4-12-201588-X)の著者紹介をはじめ(ジャパンタイムズ版は未確認)、一部の人名辞典等でも「ぬかた」の表記が散見されるが、「渡辺やえ子」名義で編者を務めた『額田六福戯曲集』(青蛙房、1969年)の奥付では書名の振り仮名を「ぬかだ―」としている。なお、青蛙房の創立者であり、同書の発行者である(編集にも携わっている)岡本経一は六福と同郷で、同じ岡本綺堂門下の弟弟子であり、綺堂に経一を紹介したのも六福であるという(岡本経一「あとがき」382-393頁)。
  2. ^ 独白 - 平成14年6月(その1)”. 松岡和子HomePage. 2010年7月30日閲覧。
  3. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。