映画翻訳家協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

映画翻訳家協会(えいがほんやくかきょうかい)は、日本における外国映画の翻訳家で構成される協会。

1984年字幕翻訳の草分け的存在であった清水俊二によって結成された。一種の組合でもあり、翻訳料金に一定の基準を設けている。現在、会員は24人。入会には会員2名の推薦と会議での承認が必要である。

顔ぶれは山崎剛太郎戸田奈津子菊地浩司松浦美奈岡田壯平石田泰子古田由紀子林完治関美冬稲田嵯裕里、松岡葉子、アンゼたかし、イアン・マクドゥーガル、伊原奈津子、栗原とみ子、杉山緑、松崎広幸、丸山垂穂、種市譲二、藤澤睦実、水谷美津夫、森本務、吉川美奈子、風間綾平。

歴代会員には進藤光太額田やえ子岡枝慎二清水馨、太田直子、寺尾次郎らがいる。

外部リンク[編集]