戸田奈津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸田 奈津子(とだ なつこ、1936年7月3日 - )は、日本の映画字幕翻訳家通訳映画翻訳家協会元会長。第1回淀川長治賞受賞。神田外語大学客員教授・神田外語学院アカデミックアドバイザー。

経歴[編集]

東京都出身[1]お茶の水女子大学附属高等学校を経て津田塾大学学芸学部英文学科を卒業し、生命保険会社の秘書の仕事につくが、約1年半で退社。

映画字幕については字幕翻訳家清水俊二に師事した。清水の紹介で日本ユナイト映画のアルバイトとして採用され、翻訳などの雑用をしていたところ、同社の宣伝部長をしていた水野晴郎から海外映画人の通訳を要請され[2]、現在でも数々の俳優、監督の通訳を担当している。

1970年(昭和45年)、清水のアドバイスのもと『野性の少年』で初めて字幕翻訳を任される。ほぼ同時期に字幕翻訳した『小さな約束』は1973年(昭和48年)に公開された。それ以降の数年間、年に2,3本のペースで字幕翻訳の仕事をするほかは、翻訳や通訳のアルバイトを続ける。その中で、フランシス・フォード・コッポラの来日時の通訳を務め、『地獄の黙示録』で音楽を担当する予定だった冨田勲の通訳として、現地ロケにも同行する。

1979年(昭和54年)に『地獄の黙示録』本編が完成した際に、彼女に日本語字幕をやらせてはどうか、との監督の推薦で字幕を担当。この仕事で字幕翻訳家と広く認められ、年間50本、1週間に1本のペースで字幕翻訳を手がけるようになる。以降、『タイタニック』、『スター・ウォーズ(新3部作)』などの映画字幕を担当。著名な字幕翻訳者の一人となる。吹き替え翻訳を担当している作品もある。

1987年(昭和62年)には、スタンリー・キューブリック監督作『フルメタル・ジャケット』を担当するが、監督が戸田の日本語字幕を気に入らず、ワーナー日本支社は映画監督の原田眞人に字幕を要請する。

「~を?」「~かもだ」「ファック野郎」「プッシー知らず」「首からチンポを生やせ」「そいつはコトだ」「66回の流産」「おっ死ね」などの独特な言い回しは一部から「なっち語」として揶揄されている。また、非常に誤訳が多いことで知られており、戸田が訳した文を再翻訳したものを監督がチェックし、降板させる事態にも発展している。(ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔に関しては出版社・原作本翻訳者の監修を経て戸田が翻訳)さらに、意訳を多用しすぎて作品世界に忠実でないという意見が多い。特に作品が日常とかけ離れているSF物などでは、戸田の字幕に対して抵抗を持つ人もいる[3][4][5][6][7][8]。ただし、戸田に限らず、翻訳は人によってかなり変わってしまうのは事実であり、特に日本には無い表現(ことわざアメリカンジョークジンクス、食べ物など)や、汚い言葉は翻訳者次第になる部分が多く、正解も無い。また、英語には一人称は一つだが、日本語は複数存在するため(日本語の一人称代名詞を参照)、選び方次第で監督が描く役柄とは全く別な人格になってしまうこともある。 時代によっては死語になってしまうものもある。 この様なことは戸田に限らず全ての翻訳家に言える事であるが、日本で一番翻訳家として有名なこと、さらに有名な作品の翻訳をする戸田だからこと批判されがちになる傾向にある。

トム・クルーズとは同じ誕生日であり、めちゃイケやべっち寿司に2人で来店した際に判明。ちなみに岡村隆史も同じ誕生日であり、席に座る3人全員が同じ誕生日という珍しい現象が起きた。その際にトムが主演を務めた映画『7月4日に生まれて』にちなみ『7月3日に生まれて』というテロップが出た。

主な字幕作品[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『男と女のスリリング - 字幕スーパーで英会話レッスン』集英社 ISBN 4087801292 1994年
  • 『字幕の中に人生』白水社 ISBN 4560073368 1997年
  • 『男と女のスリリング - 映画で覚える恋愛英会話』集英社 ISBN 4087470202 1999年
  • 『スターと私の映会話!』集英社 ISBN 4087476103 2003年
  • 『字幕の花園』集英社 2009年
  • 『映画字幕は翻訳ではない』清水 俊二(著)、戸田 奈津子・上野 たま子(編集) 早川書房 ISBN 4152035226 1992年
  • 『KEEP ON DREAMING』戸田奈津子 金子裕子(著) 双葉社 2014年

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戸田奈津子プロフィール”. 内閣メールマガジン. 2016年7月6日閲覧。
  2. ^ 戸田奈津子、通訳を始めたきっかけは映画評論家の故・水野晴郎さん”. シネマトゥデイ (2014年10月5日). 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ 立花隆 『「地獄の黙示録」研究』 諸君!(文藝春秋)1980年5月号(1980.4.1)
  4. ^ 衣谷裕 『「ロード・オブ・ザ・リング」の脚本が歪曲された!―字幕翻訳の巨匠・戸田奈津子氏が犯した過ちとは?』 サイゾー(インフォバーン)38号(2002.4.18)
  5. ^ 『大ヒット「ロード・オブ・ザ・リング」の字幕に抗議殺到』 週刊文春(文藝春秋)2177号(2002.5.8)
  6. ^ 野口悠紀雄 『「超」整理日記 176 ネット上の字幕改善運動』 週刊ダイヤモンド(ダイヤモンド社) 3936号(2002.6.3)
  7. ^ 佐々木俊尚 『ハリウッドがあの戸田奈津子を解任!?―「ロード・オブ・ザ・リング」の字幕翻訳で大騒動』 サンデー毎日(毎日新聞社) 4540号(2002.12.24)
  8. ^ 『また「誤訳騒ぎ」だよ「字幕の女王」戸田奈津子』 週刊新潮(新潮社) 2496号(2005.5.5&12)
  9. ^ 井上芳雄が「第36回松尾芸能賞」優秀賞を受賞 大賞には五木ひろし”. シアターガイド (2015年2月13日). 2015年2月16日閲覧。
  10. ^ 第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」”. 映画.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]