戸田奈津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸田 奈津子(とだ なつこ、1936年7月3日 - )は、日本の映画字幕翻訳家、通訳映画翻訳家協会元会長。第1回淀川長治賞受賞。神田外語大学客員教授・神田外語学院アカデミックアドバイザー。

経歴[編集]

東京都出身[1]お茶の水女子大学附属高等学校を経て津田塾大学学芸学部英文学科を卒業し、生命保険会社の秘書の仕事につくが、約1年半で退社。

映画字幕については字幕翻訳家清水俊二に師事した。清水の紹介で日本ユナイト映画のアルバイトとして採用され、翻訳などの雑用をしていたところ、同社の宣伝部長をしていた水野晴郎から海外映画人の通訳を要請され[2]、現在でも数々の俳優、監督の通訳を担当している。

1970年(昭和45年)、清水のアドバイスのもと『野性の少年』で初めて字幕翻訳を任される。ほぼ同時期に字幕翻訳した『小さな約束』は1973年(昭和48年)に公開された。それ以降の数年間、年に2,3本のペースで字幕翻訳の仕事をするほかは、翻訳や通訳のアルバイトを続ける。その中で、フランシス・フォード・コッポラの来日時の通訳を務め、『地獄の黙示録』で音楽を担当する予定だった冨田勲の通訳として、現地ロケにも同行する。

1979年(昭和54年)に『地獄の黙示録』本編が完成した際に、彼女に日本語字幕をやらせてはどうか、との監督の推薦で字幕を担当。この仕事で字幕翻訳家と広く認められ、年間50本、1週間に1本のペースで字幕翻訳を手がけるようになる。以降、『タイタニック』、『スター・ウォーズ(新3部作)』などの映画字幕を担当。著名な字幕翻訳者の一人となる。吹き替え翻訳を担当している作品もある。

1987年(昭和62年)には、スタンリー・キューブリック監督作『フルメタル・ジャケット』を担当するが、監督が戸田の日本語字幕を気に入らず、ワーナー日本支社は映画監督の原田眞人に字幕を要請する。

評価[編集]

  • 誤訳や特徴的な意訳などからインターネット上で洋画ファンから批判をされることもあり、映画評論家の中でも町山智浩はこの傾向を「戸田奈津子の字幕の誤訳の多さについて。今ここに自分が字幕監修する3月公開の映画の原語台本があるが、固有名詞、歴史的背景、専門用語、英語独特の言い回し、ジョークや反語的表現、暗喩について製作側による英語の注釈がついている。これが通常。戸田さんはこの注釈を読んでないとしか思えない」と非難している[3]。しかし、西村博之は対談で戸田のその労をねぎらうと共に「大目に見るべきだ」と洋画ファンに向けて主張している[4]
  • 2005年の取材では「あら、そう、知らなかったわ。初めて聞きました。でも、そもそも映画の翻訳というのは字数やいろんな制約があって、そのまま直訳しても文章にならないし、意味が通じないの。だから、やっぱりある程度の意訳は必要なのよ。 それぞれの意見はあるでしょうけど、私たちのような、ものを書く仕事はあっち立てればこっち立たずで、意見が合うことはなかなかないですから」と発言している[5]

主な字幕作品[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『男と女のスリリング - 字幕スーパーで英会話レッスン』集英社 ISBN 4087801292 1994年
  • 『字幕の中に人生』白水社 ISBN 4560073368 1997年
  • 『男と女のスリリング - 映画で覚える恋愛英会話』集英社 ISBN 4087470202 1999年
  • 『スターと私の映会話!』集英社 ISBN 4087476103 2003年
  • 『字幕の花園』集英社 2009年
  • 『映画字幕は翻訳ではない』清水 俊二(著)、戸田 奈津子・上野 たま子(編集) 早川書房 ISBN 4152035226 1992年
  • 『KEEP ON DREAMING』戸田奈津子 金子裕子(著) 双葉社 2014年

翻訳[編集]

  • パッカード著作集 第5 ダイヤモンド社 1964
  • 去勢された女 ジャーメン・グリア 著,日向あき子, 戸田奈津子 訳 ダイヤモンド社 1976
  • ガーフィールド vol.11-20 Jim・Davis 作,戸田奈津子 訳 研究社 1991
  • グリーングリーンの国から : ふしぎな子どもたちの伝説 アラン・マークス 絵,ケビン・クロスリー-ホランド 作,戸田奈津子 訳 太平社 1995
  • コーラスライン : ピアノ弾き語り集 松山祐士 編著,戸田奈津子 訳 ドレミ楽譜出版社 2005 (ミュージカル・サウンド・シリーズ)

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戸田奈津子プロフィール”. 内閣メールマガジン. 2016年7月6日閲覧。
  2. ^ 戸田奈津子、通訳を始めたきっかけは映画評論家の故・水野晴郎さん”. シネマトゥデイ (2014年10月5日). 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ 町山智浩 twitter 3:54 - 2017年1月5日
  4. ^ 「字幕翻訳・戸田奈津子」のこと、ちょっとは大目に見てください -ひろゆき氏×鳥飼玖美子氏 logmi (2017年8月22日)
  5. ^ 『週刊新潮』2005年5月5・12日号記事『また「誤訳騒ぎ」だよ「字幕の女王」戸田奈津子』より
  6. ^ 井上芳雄が「第36回松尾芸能賞」優秀賞を受賞 大賞には五木ひろし”. シアターガイド (2015年2月13日). 2015年2月16日閲覧。
  7. ^ 第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」”. 映画.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]