007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
No Time to Die
No Time To Die 13.svg
監督 キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本 ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド英語版
キャリー・ジョージ・フクナガ
フィービー・ウォーラー=ブリッジ
原作 イアン・フレミング
製作 バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
出演者 ダニエル・クレイグ
ラミ・マレック
レア・セドゥ
ラシャーナ・リンチ
ベン・ウィショー
ナオミ・ハリス
ビリー・マグヌッセン
アナ・デ・アルマス
デヴィッド・デンシック
ロリー・キニア
ダリ・ベンサーラ
ジェフリー・ライト
クリストフ・ヴァルツ
レイフ・ファインズ
音楽 ハンス・ジマー[1]
主題歌 「No Time To Die」
ビリー・アイリッシュ
撮影 リヌス・サンドグレン
編集 トム・クロス
エリオット・グレアム
製作会社 ダンジャック
イーオン・プロダクションズ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ユナイテッド・アーティスツ
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング
世界の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2021年9月30日
日本の旗 2021年10月1日
アメリカ合衆国の旗 2021年10月8日
上映時間 163分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $250,000,000 - $301,000,000
前作 007 スペクター
テンプレートを表示

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(原題:No Time to Die)は、2021年アクションスパイ映画イーオン・プロダクションズが製作する「ジェームズ・ボンド」シリーズの第25作目となる。主演のダニエル・クレイグは、架空のイギリスMI6諜報員であるジェームズ・ボンドを演じるのは5回目であり、クレイグは本作が自身最後のボンド映画になると語っている。監督はキャリー・ジョージ・フクナガ、脚本はニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジが務める。レア・セドゥベン・ウィショーナオミ・ハリスジェフリー・ライトクリストフ・ヴァルツロリー・キニアレイフ・ファインズが前作の役柄を再演し、ラミ・マレックラシャーナ・リンチアナ・デ・アルマスダリ・ベンサーラフランス語版ビリー・マグヌッセンデヴィッド・デンシックが新キャラクターとして出演する。

企画開発は2016年に始まった。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、『スペクター』(2015年)公開後、ソニー・ピクチャーズの契約満了に伴い、国際配給権を獲得したユニバーサル・ピクチャーズが配給する初のボンド映画となる。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの子会社であるユナイテッド・アーティスツ・リリーシングは、全世界のデジタルおよびテレビ放映権を含む北米の権利を保有している。また、ユニバーサルは、全世界での物理的な家庭用メディアでの発売権を有している。ダニー・ボイルは当初、監督と脚本をジョン・ホッジと共同で担当することになっていた。両者は2018年8月に創造性の違いから離脱し、その1カ月後にボイルの後任としてフクナガが発表された。キャストの大半は2019年4月までに契約していた。プリンシパルフォトグラフィーは2019年4月から10月まで、ワーキングタイトル『Bond 25』で行われた。最終的なタイトルは2019年8月に発表された。

ボイル監督の離脱とその後のCOVID-19パンデミックによる数回の延期の後、最終的にイギリスでは2021年9月30日、日本では10月1日、アメリカでは10月8日に公開された。

ストーリー[編集]

少し過去の冬、ロシア。幼少期のマドレーヌ・スワンは「スペクター」の一員で自分の父親であるミスター・ホワイトに家族を殺害されたという「能面の男」によって襲撃され、同居の母親は殺害されてしまう。隠れていたマドレーヌは男の不意をついて銃撃し射殺したかに思われたものの、男の身体を家の外に引きずり出している最中に男は息を吹き返してしまい、結氷湖の上を逃走していた彼女は足下の氷が割れて水中へ転落してしまう。だが、男はなぜか彼女を救い上げるのだった。

スペクターとの戦いの後、現役を退いたボンドとマドレーヌはイタリアマテーラにて平穏な生活を送っていたが、マドレーヌは自らの過去をすべては明かせずにいた。ボンドは過去と決別するため、かつて愛したヴェスパー・リンドの墓を訪れたのだったが、そこにスペクターの紋章が描かれた一枚の紙を見つけると直後に墓が爆発しボンドはダメージを負ってしまう。ホテルに残したマドレーヌの身を案じたボンドは、襲撃してきたスペクターの傭兵たちと交戦しながらもマドレーヌと合流する。傭兵の一人であるプリモの発した言葉や刑務所に収監中のブロフェルドからの電話でマドレーヌの裏切りを疑いながらも、武装したアストンマーティン・DB5で追跡者たちを振り切るが、ボンドは彼女への疑いを拭いきれず、到着した駅でマドレーヌを突き放して決別してしまう。

5年後、ボンドはジャマイカでひとり穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、彼のもとを旧友でもあるCIAエージェントのフィリックス・ライターとアメリカ国務省のローガン・アッシュが訪れ、誘拐されたというロシアの細菌学者ヴァルド・オブルチェフを救い出してほしいと依頼するが、ボンドはそれを断り二人と別れる。その後、車(ランドローバー・シリーズIII)のトラブルに見舞われて途方に暮れていたボンドは現地の女性に声を掛けられ、「ノーミ」と名乗った彼女のバイクで帰宅する。自宅につくと女は現地人の偽装を解き、ボンドに「私が今の007よ」と明かし、ボンドが余計なことをしないように牽制して出ていった。

翌日、ボンドはフィリックスの電話を鳴らす。フィリックスの指示でキューバに赴いたボンドはCIAエージェントであるパロマと合流、そこでスペクターの構成員全員が集うブロフェルドの誕生日パーティ会場に潜入するも、そこでプリモの義眼を通してブロフェルドと対峙し直前にオブルチェフが開発した細菌兵器で命を奪われそうになる。しかし、開発中にオブルチェフがデータを入れ替えていたことで逆にスペクターの構成員全員が細菌兵器で命を奪われボンドは命拾いする。その後はノーミがオブルチェフの身柄を一度は確保するも、パロマとの協力もあってボンドが彼の身柄を奪還し、フィリックスのもとに送還する。しかし、そこでオブルチェフとアッシュがとある組織の配下であることや、Mがオブルチェフに「ヘラクレス」[注釈 1]と呼ばれる細菌兵器の開発をゆだねていたことが判明、さらに交戦のさなかにフィリックスが被弾し、ボンドと共にアッシュに閉じ込められるという事態に陥り、ボンドは脱出に成功するもののフィリックスが命を落としアッシュとオブルチェフの逃亡を許してしまう事態に陥ってしまう。

ロンドンに戻ったボンドはアストンマーティン・V8ヴァンテージサルーンをガレージから引っ張り出してMI6に向かい、Qやマネーペニーの協力のもと情報を得る。そしてMとの会話において、細菌兵器の開発は純粋に国防のためであること、オブルチェフに疚しい点がなかったこと、その時点でスペクター唯一の生き残りであるブロフェルドとボンドを接触させることの危険性に加え、ブロフェルド自身がマドレーヌ以外の相手との面会を断っている旨を聞かされる。

一方、マドレーヌの勤務先に「能面の男」ことリュートシファー・サフィンが、割れた能面と細菌兵器をもって訪れるとその細菌兵器でブロフェルドの殺害を依頼する。その後、刑務所でマドレーヌとボンドが再会しブロフェルドとの面会に臨むもマドレーヌは怯えて面会室から去ってしまい、ボンド一人でブロフェルドとの面会に臨むこととなる。そこでボンドは、マテーラでの出来事がボンドとマドレーヌを引き離すためのブロフェルドによる作戦であること、マドレーヌの秘密を知ることがボンドの死につながることをブロフェルドから聞かされるが、その後ボンドが掴みかかった際にヘラクレスに感染したことでブロフェルドは命を落とす[注釈 2]

ノルウェーにあるマドレーヌの自宅を訪れたボンドはそこでマドレーヌと和解、それから彼女の口からサフィンの情報を聞かされると共に娘のマチルドの存在を知ることとなる。だが暫くしてアッシュを含めたサフィンの傭兵たちがマドレーヌの自宅に向かっていることを知らされると、ボンドはマドレーヌとマチルドを伴って逃亡、交戦の末に追手の傭兵たちを倒すが二人がサフィンにさらわれてしまう。

ボンドが途方に暮れ歩いているところを、Qの手でアッシュの足取りをつかみ追っていたノーミが合流し飛行場までたどり着き、それからMI6の面々の協力を得ながらノーミと共に日本とロシアが領土を主張する島にあるサフィンの秘密基地へ向かう。Q-DARの通信や仕掛けた爆弾の量の問題を抱えつつもオブルチェフを退け、何とかマドレーヌ、マチルドと合流したボンドはノーミに二人の身柄を託し、そしてMに島全体をミサイルによる爆撃で吹き飛ばすことを提言する。ボンドはプリモをはじめとした傭兵を退け50年代のシステムを起動させるも、しばらくしてサフィンと交戦に突入。そのさなかで彼が基地に到着した際にオブルチェフから受け取っていた「触れる者がすぐに死ぬ」細菌兵器に感染させられてしまう。サフィンを射殺したボンドはマドレーヌとの最期の通信の中で、マチルドがボンドとマドレーヌの間の娘であることを確信しながらミサイルによる爆撃に飲み込まれたのだった。

後日、MI6ではM、Q、ノーミ、マネーペニー、タナーが集いボンドに献杯を行う。一方、マテーラではマドレーヌがボンドの形見であるV8ヴァンテージサルーンを駆りながら、助手席のマチルドにボンドのことを語っていた。

キャスト[編集]

ボンドを演じるダニエル・クレイグ
ジェームズ・ボンド
演 - ダニエル・クレイグ、日本語吹替 - 藤真秀[2][3]
主人公で元MI6エージェント。前作『007 スペクター』で現役を退きジャマイカに住むが、旧友のフィリックス・ライターのある依頼により現役復帰する。
マドレーヌ・スワン
演 - レア・セドゥ、日本語吹替 - 園崎未恵[2][3]
前作のボンドガール。『スペクター』で彼のミッションを支援した医師であり、ミスター・ホワイトの娘。家族を殺された復讐のため自宅に現れたサフィンに、母親を殺された過去を秘めている。
リューツィファー・サフィン[注釈 3]
演 - ラミ・マレック[4][5]、日本語吹替 - 中井和哉[2][3]
本作の悪役。「スペクター」傘下のミスター・ホワイトに家族を殺害された過去を持つ。そのため「スペクター」一味を細菌兵器で殲滅し、さらに世界をも細菌兵器で攻撃しようとするテロリストのリーダー。
ノーミ
演 - ラシャーナ・リンチ、日本語吹替 - 斎賀みつき[2][3]
ボンドの引退後しばらくして現役に就き、007番号が割り当てられた新しい00エージェント。キューバでボンドと初めて顔を合わせる。
ギャレス・マロリー / M
演 - レイフ・ファインズ、日本語吹替 - 原康義[6][3]
MI6部長。
Q
演 - ベン・ウィショー、日本語吹替 - 川本克彦[6][3]
MI6の兵器開発課長。作中では同性と交際していることを匂わせるセリフがあり、性的少数者クィア)の設定だと推測されている[7]
イヴ・マネーペニー
演 - ナオミ・ハリス、日本語吹替 - 杉本ゆう[6][3]
Mの秘書でありボンドの仲間。
ビル・タナー英語版
演 - ロリー・キニア、日本語吹替 - 白熊寛嗣[6][3]
Mの補佐を務めるMI6の幕僚主任。
フィリックス・ライター
演 - ジェフリー・ライト、日本語吹替 - 石田圭祐[6][3]
ボンドの旧友でありCIA局員。誘拐された科学者ヴァルド・オブルチェフの救出を依頼する。
ローガン・アッシュ
演 - ビリー・マグヌッセン、日本語吹替 - 浪川大輔[2][3]
ボンドがオブルチェフを見つけるのを支援するために、「政治的」に割り当てられた国務省の役人。実はサフィンの一味。
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド
演 - クリストフ・ヴァルツ、日本語吹替 - 山路和弘[2][3]
かつて巨大組織「スペクター」を束ねていた元首領。彼の身柄は現在MI6の管理下に置かれ、重犯罪者刑務所に収容されているが、密かにスペクター組織との接触を保っている。本名はフランツ・オーベルハウザー。
ヴァルド・オブルチェフ
演 - デヴィッド・デンシック、日本語吹替 - 多田野曜平[2][3]
サフィンに誘拐されたロシア出身の細菌学者。しかしサフィンの一味となる。
パロマ
演 - アナ・デ・アルマス、日本語吹替 - 水樹奈々[2][3]
ボンドをキューバで支援する新人CIAエージェント。
プリモ
演 - ダリ・ベンサラ、日本語吹替 - 安元洋貴[3]
ボンドがイタリアマテーラヴェスパーの墓を訪れた際、最初に遭遇した「スペクター」の傭兵。左目が義眼のため“サイクロプス”とも呼ばれている。
マチルド[注釈 4]
演 - リサ=ドラ・ソネット、日本語吹替 - 原語流用
スワンとボンドの5歳の娘。

スタッフ[編集]

製作[編集]

撮影[編集]

イタリア、イギリス、ノルウェー、ジャマイカやキューバなど世界各国ででロケが行われた。またMI6の本部など多くがイギリスのスタジオで撮影されている。

なお劇中後半に登場するサフィンの秘密基地は、「第二次世界大戦後に日本ソビエト連邦との間で領土問題になった」地で、「現在も日本とロシアの間で懸案の場所」、また「無関係なイギリス海軍艦艇や空軍機が活動していることで、日露両国、さらにアメリカからも懸念されている」地とされており、これは北海道近海の千島列島と共通する設定である。

また「1950年代冷戦時にはソビエト連邦の潜水艦基地が置かれた」場所で、秘密基地はその跡地とされている。また、サフィンの衣装や調度品などになど和風のものが多く設定されている。しかし、撮影はイギリスのスタジオでおこなわれた。

公開[編集]

当初は2020年2月14日に全世界公開とアナウンスされていた[8]。その後、イギリスでは同年4月3日、アメリカでは4月8日、日本では4月10日に公開予定とされていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全世界で11月まで延期されることが決まり、さらに後日新たな公開予定日がイギリスは11月12日、日本は11月20日、アメリカは11月25日に決まっていた[9]。しかし、同年10月には翌2021年4月まで再度延期されることが発表され[10]、更に2021年1月には10月まで3度目の延期が発表された。

音楽[編集]

主題歌[編集]

2020年1月15日にビリー・アイリッシュがシリーズ史上最年少で主題歌を提供することが007と本人のインスタグラムで発表された。

挿入歌[編集]

女王陛下の007』の挿入歌。イギリスでは、この「愛はすべてを越えて」が1994年、『ミュージック・ウィーク』誌で、最高位3位を獲得している。

興行成績[編集]

2021年10月1日から3日にかけての初日3日間で動員42万人、興行収入6億円を突破し、興行通信社の調査による全国映画動員ランキングで初登場第1位となった[11]。また、イギリスの他全世界で順次公開され、初日3日間で興行収入1億1910万ドルを記録。新型コロナウィルス感染症拡大以降、中国以外でアメリカ国外での興行収入が初めて1億ドルを超える快挙となった[12]。さらに2021年10月8日にアメリカでも公開され、2021年10月8日から3日間にかけての初日3日間で興行収入が5522万5007ドルを記録し、初登場1位を獲得した[13]

評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「最も洗練された、あるいは最も大胆な007アドベンチャーではないが、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はダニエル・クレイグのシリーズ在職期間を満足のいくスタイルで締めくくっている。」であり、321件の評論のうち高評価は84%にあたる269件で、平均点は10点満点中7.4点となっている。また、一般観客による支持率は88%で「非常に長く、プロットも詰め込まれているが、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はシリーズのファンが期待するアクションと興奮の全てをもってダニエル・クレイグのボンドに別れを告げている。」と評価されている[14]Metacriticによれば、66件の評論のうち、高評価は42件、賛否混在は22件、低評価は2件で、平均点は100点満点中68点となっている[15]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 触れた相手を天然痘の症状で殺すことができ、DNAで相手を指定することも可能である。また、Qによれば一度感染すれば死ぬまで除去できない。
  2. ^ 直前にマドレーヌが洗面所で手にヘラクレスの液を塗布しておりそのこともあってかボンドからの握手を断っていたが、面会室でおびえていたところをボンドが咄嗟に手を握り締めた際に彼に感染したため。なお、ボンド自身はブロフェルドと直接血が繋がっているわけでないこともあって症状が出なかった。
  3. ^ 日本語吹替版ではリュートシファー・サフィン
  4. ^ 日本語吹替版ではマティルド

出典[編集]

  1. ^ ‘No Time to Die’: Hans Zimmer Takes Over as Composer on Bond Movie (EXCLUSIVE)”. 2020年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』悪役は中井和哉が吹替!藤真秀、園崎未恵ら豪華声優集結”. シネマトゥデイ (2021年8月30日). 2021年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s “007/ノー・タイム・トゥ・ダイ”. ふきカエル大作戦!!. (2021年9月30日). https://www.fukikaeru.com/?p=16771 2021年10月1日閲覧。 
  4. ^ Nicholson, Tom (2018年12月7日). “Léa Seydoux, Ben Whishaw, Ralph Fiennes And The Gang Will Return For Bond 25” (英語). Esquire. 2019年3月25日閲覧。
  5. ^ “007最新作「ボンド25」悪役にラミ・マレック”. 日刊スポーツ. (2019年4月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904270000043.html 2019年6月26日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 『007/#ノータイムトゥダイ』日本語吹替版キャスト。いつもの“ボンドチーム”にはお馴染みのレギュラーメンバーが顔を揃えている。M:原康義/Q:川本克彦/マネーペニー:杉本ゆう/タナー:白熊寛嗣/フィリックス・ライター:石田圭祐。#007待ちきれない”. Twitter (2021年9月12日). 2021年9月12日閲覧。
  7. ^ Fan theory about major James Bond character’s sexuality casually confirmed in No Time To Die”. PinkNews (2021年10月5日). 2021年10月6日閲覧。
  8. ^ “『007』最新作、世界公開は2020年2月14日 新監督はキャリー・ジョージ・フクナガに!”. cinemacafe.net. (2018年9月20日). https://s.cinemacafe.net/article/2018/09/20/58378.html 2018年9月23日閲覧。 
  9. ^ “新型コロナで延期の『007』新作、日本公開は11月20日に決定!”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114617 2020年3月11日閲覧。 
  10. ^ ボンド新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」、2021年に公開延期”. AV watch (2020年10月5日). 2020年10月5日閲覧。
  11. ^ 『007』最新作が初登場1位を獲得!3位に『護られなかった者たちへ』、5位に『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が初登場(10月2日-10月3日)” (2021年10月4日). 2021年10月6日閲覧。
  12. ^ 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本・イギリスで大ヒット発進、『スカイフォール』超え” (2021年10月4日). 2021年10月6日閲覧。
  13. ^ 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』世界興収346億円突破!” (2021年10月12日). 2021年10月15日閲覧。
  14. ^ No Time to Die” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年10月15日閲覧。
  15. ^ "No Time to Die" (英語). Metacritic. 2021年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]