最強のふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
最強のふたり
Intouchables
監督 エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
脚本 エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
製作 ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ
ヤン・ゼノウ
ローラン・ゼイトゥン
出演者 フランソワ・クリュゼ
オマール・シー
アンヌ・ル・ニ
オドレイ・フルーロ
音楽 ルドヴィコ・エイナウディ
撮影 マチュー・ヴァドピエ
編集 ドリアン・リガル=アンスー
製作会社 Quad Productions
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2011年11月2日
日本の旗 2012年9月1日
上映時間 112分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 950万ユーロ
興行収入 3.46億ユーロ(ヨーロッパ)
16.5億円日本の旗[1]
テンプレートを表示

最強のふたり』(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)は、2011年フランス映画頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。

2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞し、主演の2人も最優秀男優賞を受賞した。また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、オマール・シーが主演男優賞を受賞した。

フランスでの歴代観客動員数で3位(フランス映画のみの歴代観客動員数では2位)となる大ヒット作となった。日本でも興行収入が16億円を超え、日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒット作となった[2]

あらすじ[編集]

パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすことができない。フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこない、そこにドリス(オマール・シー)が面接を受けに来る。しかしドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。

とりあえず試用期間として1ヶ月間フィリップの介護人として働くことになったドリスは、彼の豪邸で自分専用のトイレ・バス付きの部屋を充てがわれ、昨日までの生活の変わりようを喜ぶ。ドリスの仕事ぶりは少々雑ではあったが、フィリップは自身を病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれる彼と次第に親しくなっていく。働き始めて1ヶ月後ドリスはフィリップの信頼を得て本採用が決まり、ある晩2人で外食をしながら彼の体の障害や亡くなった妻の話を聞く。

数日後、フィリップが文通相手の女性に出す手紙をマガリーに代筆してもらっていた所、部屋に入ってきたドリスに「相手の女性とはお互いに顔も声も知らない」と伝える。まどろっこしく感じたドリスは文通相手の電話番号を見つけて勝手に電話してしまい、仕方なく電話に出たフィリップは相手の女性と後日外で会う約束をする。数日後、文通相手と会うために助手と2人で待ち合わせ場所に向かうフィリップだったが、自身の障害を知られるのが怖くてドタキャンしてしまう。

フィリップに電話で呼び出されたドリスはそのまま2人で飛行機で旅行に出かけ、プロの手を借りてパラグライダーでしばしの時間大空を舞う。フィリップの邸宅に戻ったフィリップとドリスだったが、そこに問題を抱えたドリスの弟がやって来て兄に助けを求める。ドリスから実家で暮らす家族の話を聞いたフィリップは、彼を実家に帰す時が来たと感じ親友のような存在となった彼との別れを決意する。

キャスト[編集]

フィリップ
演 - フランソワ・クリュゼ、吹替 - 小川真司
頸髄損傷の富豪。普段の移動では電動車いすを利用している。ドリスが邸宅内の別室にいる時は、“赤ちゃんモニター”と呼ばれる機器で会話のやり取りをしている。堅物な性格なためこれまでに介護人を何人か雇ってきたが全員1週間ほどで逃げ出している。時々呼吸が乱れる発作に襲われている。趣味は、クラシック音楽や絵画などの芸術を鑑賞すること。怪我を負う前は、スポーツ競技としてパラグライダーを時々楽しんでいた。
ドリス
演 - オマール・シー、吹替 - 菅原正志
スラム街出身の黒人青年。冒頭で意図せずフィリップの介護人となる。日常の介助の他フィリップの外出時の車の運転手も務めるが実は無免許。基本的には雑な言動をしていて不真面目な性格だが、根は悪くなく陽気でくだらないジョーダンを時々言っている。相手が誰であろうといつもタメ口で話し、自分が思った正直な気持ちをぶつけている。ノリの良い洋楽が好きで「踊れない音楽は音楽じゃない」という持論を持つ。
イヴォンヌ
演 - アンヌ・ル・ニ、吹替 - 野村須磨子
フィリップの助手。60歳前後の女性。当初ドリスを「乱暴な人」と評し、不真面目な彼によく口頭で注意していたが徐々に打ち解け始める。規律に厳しい性格だが実は他人の恋愛話が好き。
マガリー
演 - オドレイ・フルーロ、吹替 - 佐古真弓
フィリップの秘書、口述筆記などを担当しており、フィリップが言った内容をエレノア宛の手紙を代筆している。才色兼備で色気があり、ドリスから異性として気に入られている。
マルセル
演 - クロティルド・モレ、吹替 - 白川万紗子
フィリップの使用人。介護士。毎朝7時頃に邸宅に訪れてフィリップの体のケアや運動機能を衰えさせないリハビリのようなことを2時間ほどしている。フィリップの世話をするようになったドリスに日常の介助の仕方などを教える。
エリザ
演 - アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
フィリップの娘。16歳。実は養子でフィリップとは血縁関係はない。お嬢様扱いされて裕福な生活を送ってきたため、気が強く小生意気な性格でフィリップ以外の人から指図を受けることを嫌う。ドリスのことを見下している。
バスティアン
演 - トマ・ソリヴェレ
エリザのボーイフレンド。毛量の多い髪型をしており、ドリスから陰で“モップみたいな頭の男”と呼ばれている。
アルベール
演 - クリスティアン・アメリ
フィリップ邸の庭師。薄毛のおじさん。仕事は、フィリップの家の庭の手入れやちょっとした農作物を育てている。ドリスによるとイヴォンヌに気があるとのこと。
アントニー
演 - グレゴリー・オースターマン
フィリップの友人。法務省に知り合いから聞いたドリスが過去に半年間服役していたことを、フィリップに知らせて用心するよう助言する。
ミナ
演 - アブサ・ダイヤトーン・トゥーレ
ドリスの妹。年は日本で言う高校生ぐらい。自身の学校が終わってから母親が仕事から帰宅するまでの間、8人ぐらいいる幼い弟妹たちの面倒を見ている。ドリスが半年も実家に連絡をしないでぶらぶらしていることに不満を感じている。
アダマ
演 - シリル・マンディ
ドリスの弟。年は日本で言う中学生ぐらい。年上の不良仲間がおり、詳細は不明だが何か悪いことをやって留置場に入れられるなど素行が悪い。ドリスから心配されているが、反抗期らしく素直になれず反発している。
エレノア
演 - ドロテ・ブリエール・メリット
フィリップの文通相手。半年間フィリップと手紙のやり取りをしているがお互いに顔を見たことはない。フィリップ宛の手紙はいつも青い封筒に入れており、フィリップスからは詩のような言葉で綴られた手紙を受け取っている。
アリス
フィリップの妻。故人。フィリップとは大恋愛の末に結婚し妊娠するが流産し、その後不治の病により亡くなっている。生前、25年間毎年ファベルジェの卵をフィリップにプレゼントしており、彼にとって宝物となる。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本 - エリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュ
  • 撮影監督 - マチュー・ヴァドピエ
  • プロデューサー - ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ、ヤン・ゼノウ、ローラン・ゼイトゥン
  • 編集 - ドリアン・リガル=アンスー
  • 美術 - フランソワ・エマニュエリ
  • 音楽 - ルドヴィコ・エイナウディ

製作エピソード[編集]

  • この映画は、実在の人物である フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴ(Philippe Pozzo di Borgo)とその介護人アブデル・ヤスミン・セロー(Abdel Yasmin Sellou)をモデルにしている。フィリップは、1951年生まれで、1993年に事故で頸髄損傷となり、2001年に自身のことや介護人アブデルとのことを書いた本 Le Second Souffle(第二の呼吸) を出版した。
  • 2002年には、フィリップとアブデルはフランスのテレビ番組 Vie privée, vie publique で取り上げられた。この番組の司会者ミレイユ・デュマ(Mireille Dumas)は二人に興味を持ち、2003年に二人を描いたドキュメンタリー À la vie, à la mort を製作した。
  • このドキュメンタリーを観たエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが、映画化を考え、フィリップに話を聞きに行き、脚本を書き上げて、映画を監督した[3]

実話との相違点[編集]

  • 劇中では雇ったのはドリスというアフリカ系の黒人になっているが、実際はアルジェリア出身のアブデルという青年(当時24歳)だった[4]
  • 劇中、フィリップの妻ベアトリスはすでに死亡したことになっているが、実際に彼女ががんで亡くなったのは、アブデルが家にやって来てから4年後の96年5月のこと。
  • 映画では、ドリスの弟が助けを求めに来たことをきっかけに、雇用関係を解消。ほんの1年程度の出来事のような印象だが、実際には10年間にわたって面倒を見ており、2人はモロッコへ移住するのだが、アブデルが現地の女性を好きになったため、アブデルの将来のことを考えて、フィリップの方から契約を解除している。

舞台[編集]

公開・興行成績[編集]

2011年10月23日に第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、これがアジアにおける初上映となった。

フランスでは、2011年11月2日に公開され、週間観客動員数で初登場から10週連続1位になった。また、2011年にフランスで公開された映画の観客動員数でも1位となった。これは、2位の Rien à déclarer (監督:ダニー・ブーン)や3位の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の倍以上の動員数であった。

主な受賞・ノミネート[編集]

賞・映画祭 部門 対象者 結果
2011年 第24回東京国際映画祭 東京サクラグランプリ 受賞
最優秀男優賞 フランソワ・クリュゼ
オマール・シー
受賞
2012年 第37回セザール賞 作品賞 ノミネート
監督賞 エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
ノミネート
主演男優賞 フランソワ・クリュゼ ノミネート
主演男優賞 オマール・シー 受賞
助演女優賞 アンヌ・ル・ニ ノミネート
撮影賞 マチュー・ヴァドピエ ノミネート
脚本賞 エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
ノミネート
編集賞 ドリアン・リガル=アンスー ノミネート
音響賞 Pascal Armant
Jean Goudier
Jean-Paul Hurier
ノミネート
第17回リュミエール賞 最優秀男優賞 オマール・シー 受賞
グローブ・ドゥ・クリスタル賞 最優秀映画賞 受賞
最優秀男優賞 オマール・シー 受賞
フランス映画祭 観客賞 受賞
2013年 第36回日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 福田麗 (2013年1月25日). “『最強のふたり』がフランス映画最大のヒット作に!ついに『アメリ』超え!” (日本語). シネマトゥディ. 2013年3月11日閲覧。
  3. ^ 「映画になった奇跡の実話」 鉄人ノンフィクション編集部
  4. ^ Farndale, Nigel (2012年9月5日). “Untouchable: the true story that inspired a box office hit - Telegraph” (英語). The Daily Telegraph. 2014年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]