小川真司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おがわ しんじ
小川 真司
プロフィール
本名 小川 治彦
(おがわ はるひこ)[1][2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府東京市
死没地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1941-02-19) 1941年2月19日
没年月日 (2015-03-07) 2015年3月7日(74歳没)
血液型 O型[3]
身長 165 cm[4]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 ヘリンボーン(最終所属)[4]
配偶者 原陽子
著名な家族 小川ゲン(息子)
公式サイト 公式プロフィール
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1960年代 - 2015年
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

小川 真司(おがわ しんじ、1941年[5]2月19日[4] - 2015年3月7日[6])は、日本声優俳優ナレーター。死去時点での最終所属先はヘリンボーンであった[4]

東京府東京市出身。

生涯[編集]

大手企業の社長の息子として生まれ、後に等々力に移住した[7]

少年時代は可愛らしい顔だったためカメラマンにスカウトされ、小学1年から3年まで『太陽少年』という少年誌の表紙モデルをやっていた。また、小学生から中学生になるまでクラシック・バレエを習っていた[7]

その後、作曲家を目指すが才能がないと思い断念し、普通の仕事に就くつもりだったが、東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校[8]を卒業するときに友人である河内桃子の妹に、俳優座養成所の卒業公演に招待され観に行ったところ、華やかで楽しそうだと感じ、父親に反対されながらも「援助はいらない」と説得して、大学進学よりも劇団に入ることを選んだ。そして俳優座に受かり、養成所に入る。当時は映画全盛期の時代で、映画俳優がテレビに出たがらなかったため、養成所の新人を探していたテレビ局関係者から抜擢ばってきされ、石坂洋次郎原作の青春ドラマ『寒い朝』で十朱幸代の相手役としてデビューした[7]

養成所卒業後は文学座に入ろうとしたが、その年に文学座が劇団員をとらなかったため、小沢昭一が結成した俳優小劇場に入団する。その劇団には大塚周夫小山田宗徳が在籍しており、小川自身も吹き替えの仕事に呼ばれていたが、ほとんどが少年役で、地声が低くダメ出しされることが多かったため吹き替えの仕事は断っていた。30歳を過ぎてから大人役が増え、『華麗なる世界』の吹き替えを1年間やり遂げた。それからは声の仕事でも活動するようになった[7]

2014年秋頃からの違和感を訴えて体調を崩し、入退院を繰り返しながらレギュラー出演していた『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の吹き替え収録などの役者活動を継続していたが、2015年2月に入った直後、体調不良により全ての持ち役を降板、同年3月7日、器質化肺炎のため死去[6][9][10]。74歳没。葬儀は近親者のみで執り行われた。

人物[編集]

芸歴:俳優座俳優養成所[4]、劇団俳優小劇場[4]無名塾[4]青二プロダクション[11]紅屋25時[12]大沢事務所[13]、ヘリンボーン(最終所属)。

妻は無名塾の後輩で女優、ビーズジュエリー・アーティストの原陽子。俳優の小川ゲンは息子[9]

多数の洋画作品で吹き替えを担当しており、俳優ではマイケル・ダグラス[2]をはじめ、ティモシー・ダルトン[7]ロバート・デ・ニーロ[2]ダスティン・ホフマン[14]サム・ニールマイケル・ケインランス・ヘンリクセンデヴィッド・ストラザーンなどの吹き替えを多く担当していた。映画『バットマン ビギンズ』ではソフト・地上波放送合わせて3パターンある吹き替え版に全て出演している。またドラマ版を含めるとバットマン、アルフレッド、ヴィランを一通り演じ切った声優となる。

死去した富山敬佐古正人北村弘一谷口節から持ち役の一部を引き継いでいる。

また、佐古正人の娘であり女優・声優である佐古真弓は生前の小川に「お父さんの持ち役を引き継がせてもらったせいか、(真弓と)共演する事が自分の娘の成長を見る様で嬉しい」と言われ、感激したことを小川が亡くなった際に明かしている。また、六本木の居酒屋で毎週会うなど、その後の交流も多かったという[15]

長年担当したマイケル・ダグラスに関しては「演じていて楽しいですし、感心する」と語っており、息遣いやタイミングなど演技をする際にはつかみやすいと語っている。小川自身は悪役の吹き替えは楽しいと語り、特に異常な役を演じることが楽しいと語った[7]

また「007シリーズ」の4代目ジェームズ・ボンドであるティモシー・ダルトンの役が来た際は戸惑いを感じたが、初代ジェームズ・ボンドのショーン・コネリーらとは異なるボンド像であることから「僕にくださった役だから、僕らしく演じるしかない」と心を入れ替えて「見た目のカッコ良さは彼(ダルトン)に任せて、あとはあまり気取らないで演じよう」と心掛けたという[7]

ロバート・デ・ニーロやダスティン・ホフマンについては、芝居が読めず苦労したと語り、呼吸を合わせる際に注意しないと遅れる場合があると回想した[7]

代役・後任[編集]

2015年2月、体調不良を理由に出演予定だった作品を降板し、出演中だった作品も代役が立てられた。また、2015年1月に『エクソダス:神と王』の吹き替え版にキャスティングされていたが[16]、出演することは叶わず[17]、どの役柄で出演予定であったかは不明である。

後任 役名 作品 後任の初出演
菅生隆之 デヴィッド・ロッシ クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン9 第8話[18]
レイレガリア・ヴァース・レイヴァース アルドノア・ゼロ 第23話
ソール・ベレンソン HOMELAND シーズン4
サンディ・スターン 推定無罪』(テレビ朝日版) WOWOW放映時の追加収録部分
アラン・グラント ジュラシック・パークIII ジュラシック・ワールド/新たなる支配者[注 1]
銀河万丈 ギルベルト・F・アルトシュタイン 血界戦線 テレビアニメ版[19][20]
坂口芳貞 ノーマン・カズンズ マリーゴールド・ホテルで会いましょう マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
金尾哲夫 エドガー・モラン大佐 探偵オペラ ミルキィホームズ 『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ〜逆襲のミルキィホームズ〜』
石塚運昇 白竜 ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2[注 2]
土師孝也 シーズン3.4
ローナン・マーセナス 機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムNT』ドラマCD「獅子の帰還」[21]
仲野裕 ナレーション 奇跡体験!アンビリバボー TBA
糸博 アーサー・トレスラー グランド・イリュージョン グランド・イリュージョン 見破られたトリック
小島敏彦 藤堂平九郎 宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
てらそままさき 遠山銀司郎 名探偵コナン 名探偵コナン から紅の恋歌
ウルトラマンチャック ウルトラマンUSA ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突[22]
津田英三 八坂平太郎 有頂天家族 『有頂天家族2』
飯塚昭三 イドラ・エルダーキャプト ファイナルファンタジーXV 『キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV』[注 3]
稲垣隆史 ボイド ベルセルク ベルセルク無双
佐々木勝彦 アルメク スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ ファイナルシーズン
佐々木睦 ヴァイパー トップガン』(テレビ東京版) 完全版追加収録部分
関智一 ダン・ギャラガー 危険な情事』(フジテレビ版) WOWOW放映時の追加収録部分

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アンソニー・ホプキンス
ウィリアム・ハート
クリス・クーパー
クリストファー・ウォーケン
ゲイリー・シニーズ
サム・シェパード
サム・ニール
ジェームズ・ウッズ
ジェームズ・スチュアート
ジェレミー・アイアンズ
ダスティン・ホフマン
チャールズ・ダンス
ティモシー・ダルトン
デヴィッド・ストラザーン
トム・ベレンジャー
ピーター・コヨーテ
ピーター・ストーメア
ビル・ナイ
ベン・キングズレー
マイケル・ケイン
マイケル・ダグラス
ユルゲン・プロホノフ
ランス・ヘンリクセン
リチャード・ギア
ルトガー・ハウアー
ロバート・デ・ニーロ

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

テレビアニメ[編集]

1979年
1986年
1987年
1988年
1989年
1991年
1997年
1998年
1999年
2000年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

劇場アニメ[編集]

1989年
1991年
1992年
1995年
1997年
1998年
2006年
2008年
  • GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0(外交官)
2010年
2013年
2014年

OVA[編集]

1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1996年
1997年
1998年
2001年
2004年
2006年
2008年
2010年
2015年

ゲーム[編集]

1994年
1997年
1998年
2003年
  • 007 ナイトファイア(ラファエル・ドレイク)
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
  • Dragon's Dogma Dark Arisen(ドラゴン[36]
  • 遊☆戯☆王ゼアル 激突!デュエルカーニバル!(Dr.フェイカー)

特撮[編集]

デジタルコミック[編集]

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

  • マッハの恐怖(ドラマ)(NHK
  • ラバウルの秘宝(ドラマ)(中小路信 役)
  • 宇宙英雄物語(ドラマ)(ロジャー・アドレアン・グリフィス)(2012年4月 - 2015年2月)
  • 補足:宇宙英雄物語ラジオドラマ ACT.1 ACT.2 ACT.3 として、各2枚組CDでリリース

テレビ番組 [編集]

CD[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 富山敬から引き継いだ役で、小川は2代目、菅生は3代目になる。
  2. ^ 2018年8月に死去。シーズン3.4以降は土師へと引き継がれた。
  3. ^ 小川が担当したのは2013年にE3で配信されたトレーラー動画内のイドラのCV
  4. ^ 『海賊戦隊ゴーカイジャー』『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』(2012年)

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、397頁。ISBN 978-4415008783 
  2. ^ a b c d “声優の小川真司氏死去”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年3月12日). オリジナルの2015年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150324171205/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031200410 2015年3月26日閲覧。 
  3. ^ 小川真司(おがわしんじ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 小川真司”. ヘリンボーン. 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年、30頁。ISBN 978-4095263021 
  6. ^ a b 小川真司氏が死去 マイケル・ダグラスやデ・ニーロの吹き替え担当”. サンケイスポーツ (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 小川真司. TV放送吹替版のダルトン=ボンドの声 〜小川真司 スペシャル・インタビュー〜. インタビュアー:とり・みき. 声優・吹替制作スタッフ・インタビュー, 007 TV吹替初収録 特別版DVDシリーズ.. http://www.007fukikae.com/interview/005.html 2018年1月14日閲覧。 
  8. ^ 『日本タレント名鑑(1980年版)』VIPタイムズ社、1979年、36頁。 
  9. ^ a b 声優の小川真司さん死去、74歳”. デイリースポーツ (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。
  10. ^ “俳優の小川真司さん マイケル・ダグラスの吹き替えなどで活躍”. スポーツニッポン. (2015年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/12/kiji/K20150312009966390.html 2015年3月12日閲覧。 
  11. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、70頁。ISBN 4-87376-160-3 
  12. ^ 『日本タレント名鑑(2002年版)』VIPタイムズ社、2002年4月1日、93頁。ISBN 978-4-9901242-0-5 
  13. ^ 『日本タレント名鑑(2009年版)』VIPタイムズ社、2009年4月1日、86頁。ISBN 978-4-904674-00-0 
  14. ^ “マイケル・ダグラスなどの吹き替えを担当 声優の小川真司氏が死去”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年3月12日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150312/ent1503120004-n1.html 2015年3月26日閲覧。 
  15. ^ _sacomayumi_のツイート(575938677559308289)
  16. ^ 映画『エクソダス:神と王』日本語版で杏がモーゼの妻役に”. ニュース@ぴあ映画生活. 2015年3月15日閲覧。
  17. ^ エクソダス:神と王【話題のふきカエ】”. ふきカエル大作戦!. 2015年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月15日閲覧。
  18. ^ キャスト”. クリミナル・マインド9 FBI行動分析課 公式サイト. 2015年2月13日閲覧。
  19. ^ CHARACTER”. TVアニメ『血界戦線』公式サイト. 2015年6月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月13日閲覧。
  20. ^ 血界戦線』公式アカウントによる2015年2月12日のツイート、2015年3月15日閲覧。
  21. ^ “『機動戦士ガンダムNT』BD特装限定版&豪華版特典ドラマCDの試聴動画公開! あわせてリディ・マーセナス役の声優・浪川大輔さんからコメント到着!”. アニメイトタイムズ. https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1555919383 2019年4月22日閲覧。 
  22. ^ “「ウルトラギャラクシーファイト」にウルトラフォース参戦、PVや声優発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月29日). https://natalie.mu/eiga/news/471646 2022年3月29日閲覧。 
  23. ^ ホワイトハウス・ダウン”. ふきカエル大作戦!! (2013年8月16日). 2017年7月23日閲覧。
  24. ^ トータル・リコール”. 金曜ロードSHOW!. 2015年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。
  25. ^ 小公子セディ”. 日本アニメーション. 2016年6月4日閲覧。
  26. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2010年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  27. ^ “ブラック・ジャック21”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/124.html 2016年5月8日閲覧。 
  28. ^ のだめカンタービレ”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2018年1月14日閲覧。
  29. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2012年2月20日閲覧。
  30. ^ EPISODE11”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年3月17日閲覧。
  31. ^ 老人Z HDマスター版 DVD”. ソニーミュージック. 2016年8月21日閲覧。
  32. ^ キャスト・スタッフ”. ジュノー公式サイト. 2016年6月6日閲覧。
  33. ^ 名探偵コナン 天空の難破船”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  34. ^ 言の葉の庭』と同時上映された短編アニメーション。
  35. ^ 名探偵コナン 絶海の探偵”. 金曜ロードSHOW!. 2014年4月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月6日閲覧。
  36. ^ 浜村弘一編「第1報 ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」『週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号、エンターブレイン、2012年12月6日、 28頁。
  37. ^ 「クロサギ」逢坂良太主演のムービーコミックがスマホで”. コミックナタリー (2014年2月10日). 2014年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]