ダークナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダークナイト
The Dark Knight
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
ジョナサン・ノーラン
原案 デヴィッド・S・ゴイヤー
クリストファー・ノーラン
原作 ボブ・ケイン
製作 クリストファー・ノーラン
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
ケビン・デ・ラ・ノイ
トーマス・タル
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
ヒース・レジャー
ゲイリー・オールドマン
アーロン・エッカート
マギー・ギレンホール
モーガン・フリーマン
音楽 ハンス・ジマー
ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
シンコピー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年7月18日
日本の旗 2008年8月9日
上映時間 152分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $185,000,000[1]
興行収入 $1,001,921,825[1] 世界の旗
$533,345,358[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
16億円[2]日本の旗
前作 バットマン ビギンズ
次作 ダークナイト ライジング
テンプレートを表示

ダークナイト』(原題: The Dark Knight)は、2008年アメリカイギリス共作映画。

監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール

DCコミック」のボブ・ケインによるアメリカン・コミックバットマン』を原作とした実写映画作品。「ダークナイト三部作(Dark Knight Trilogy)」の第2作。

第81回アカデミー賞助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞ノミネート。助演男優賞、音響編集賞受賞。

プロット[編集]

道化師の姿をした犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を強盗する。裏切りあって、最後の一人になるまで殺しあった。残ったジョーカーは、マフィアの金を奪い逃走する。

バットマン、地方検事ハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンは、ゴッサムから組織犯罪をなくすため行動していた。ブルース・ウェインはデントの理想に感銘を受け、彼のキャリアをサポートする。堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考える。レイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。

マローニ、ギャンボル、チェチェン人の会計士・ラウが会議を始める。ジョーカーが割り込み、バットマンは法律によって妨げられないことを警告する。マフィアの財産の半分と引き換えにバットマンを殺す提案する。ギャンボルはジョーカーに懸賞金をかけるが、ジョーカーは彼を殺し、彼の組織を引き継ぐ。マフィアは最終的にジョーカーの提案を受けることにした。

バットマンとジョーカーの戦いが始まろうとしていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ブルース・ウェイン/バットマン クリスチャン・ベール 檀臣幸 藤真秀
ジョーカー ヒース・レジャー 藤原啓治 大塚芳忠
ハービー・デント/トゥーフェイス アーロン・エッカート 木下浩之 井上和彦
レイチェル・ドーズ マギー・ギレンホール 本田貴子 岡寛恵
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ケイン 小川真司 糸博
ジェームズ “ジム”・ゴードン ゲイリー・オールドマン 納谷六朗 立木文彦
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞
バーバラ・ゴードン メリンダ・マックグロウ 鵜飼るみ子 山像かおり
ジェームズ “ジミー”・ゴードン・Jr ネイサン・ギャンブル 武田華 小林由美子
アンソニー・ガルシア市長 ネスター・カーボネル 上田燿司 江原正士
ギリアン・B・ローブ市警本部長 コリン・マクファーレン 石住昭彦 楠見尚己
サリロ判事 ニディア・ロドリゲス・テラチナ 桜井ひとみ
アンナ・ラミレス刑事 モニーク・ガブリエラ・カーネン 朴璐美 東條加那子
ジェラルド・スティーブンズ刑事 キース・ザラバッカ 大林隆介 金尾哲夫
マイケル・ワーツ刑事 ロン・ディーン 遠藤純一 楠見尚己
コールマン・リース ジョシュア・ハート 遊佐浩二 村治学
マイク・エンゲル アンソニー・マイケル・ホール 樫井笙人 内田直哉
サルバトーレ・マローニ エリック・ロバーツ 山野井仁 佐々木勝彦
ラウ チン・ハン 伊丸岡篤 横堀悦夫
ギャンボル マイケル・ジェイ・ホワイト 楠大典 大友龍三郎
チェチェン人ボス リッチー・コスター 土田大 斎藤志郎
ジョナサン・クレイン/スケアクロウ キリアン・マーフィー 遊佐浩二 諏訪部順一
銀行支店長 ウィリアム・フィクナー 伊丸岡篤 横島亘
ドーピー マイケル・ストヤノフ 遠藤大輔 青山穣
グランピー ダニー・ゴールドリング 石住昭彦 志村知幸
ハッピー ウィリアム・スマイリー 加藤拓二
チャクルズ マシュー・オニール 竹田雅則
ロッシ マイケル・ヴィオー 間宮康弘
ナターシャ ベアトリス・ローゼン たなか久美
フリール裁判長 パトリック・クリア 石住昭彦 長克巳
ラウの部下 エディソン・チャン
  • ソフト版 - DVDBD収録
その他:長嶝高士新田万紀子田坂浩樹、間宮康弘、原田晃金光宣明赤池裕美子千々和竜策石上裕一
翻訳:久保喜昭[3]、演出:岩浪美和、制作:HALF H・P STUDIO
  • テレビ朝日版 - 初回放送 2012年6月24日21:00~23:24 『日曜洋画劇場』(関東地区視聴率11.4%)
その他:かぬか光明下山吉光織田芙実岡田恵中尾一貴逢笠恵祐徳本恭敏坂詰貴之、原田晃、仲野裕
翻訳:久保喜昭、演出:鍛治谷功、制作:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

監督のクリストファー・ノーランや主演のクリスチャン・ベールら主要キャストは続投。レイチェル役のみケイティ・ホームズからマギー・ギレンホールへ変更。

監督のノーランはマイケル・マン監督作『ヒート』を参考にしたと語っている。また、『ヒート』で重要な役を演じたウィリアム・フィクナーがカメオ出演している。ウィリアム・フィクナーは当初ハービー・デント / トゥーフェイスを演じることになっていた。

特殊効果(フィジカル・エフェクト)を指揮したのはクリス・コーボールド。80年代から007シリーズでも知られる特技監督。

IMAX[編集]

152分の映画のうち、約30分のシーンがIMAXカメラで撮影された。これは劇映画では初の使用となる[4]。そのためIMAXシアターで公開されたバージョンではシーンによって画面アスペクト比が異なり、通常のシネマスコープサイズに加えて正方形に近いIMAXフォーマットの映像が混在する形で上映された。

Blu-ray Discソフトではシネマスコープサイズと16:9の映像が混在して収録されており、IMAX撮影のシーンは16:9に切り替わる[5]DVD版では通常の劇場公開版と同様となり、全編シネマスコープサイズに統一されている(IMAX撮影シーンは上下がマスクされ、アスペクト比は変化しない)。

興行収入[編集]

アメリカでは2008年7月18日に4366館で公開された。『スパイダーマン3』のオープニング興収を越え、1億5830万ドル(約169億円)で初登場1位を記録[6]。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の公開16日目で3億ドル突破の記録を公開10日間で破り[7]、『シュレック2』の公開43日で4億ドル突破を18日目で更新した[8]

その後も興行収入ランキング上位を保ち、6週間で5億ドルを突破[9]。最終的に、全米での興行収入は5億3334万ドルを記録し、公開時は『タイタニック』に次ぐ、全米興行収入歴代2位を記録した[1]

日本では2008年8月2日、3日に先行上映を行った後、8月9日から本公開された。週末動員数ランキングでは『崖の上のポニョ』に次いで初登場2位[10]。最終的な興行収入は16億円を記録した[11]

世界興行収入は最終的に10億192万ドルとなり、公開当時は『タイタニック』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に次ぐ歴代4位を記録した。

受賞[編集]

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • ダークナイト ブルーレイ(2枚組、2008年12月10日発売)
  • ダークナイト 特別版(DVD2枚組、2008年12月10日発売)
  • 【初回限定生産】ダークナイト BATPODプレミアムBOX ブルーレイ(2枚組、2008年12月10日発売)
  • 【初回限定生産】ダークナイト BATPODプレミアムBOX DVD(2枚組、2008年12月10日発売)
  • ダークナイト DVD(1枚組、2009年6月10日発売)
  • <数量限定生産> ダークナイト Blu-ray FR4ME(フレーム)仕様(2枚組、2014年12月17日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d The Dark Knight (2008)”. Box Office Mojo. 2010年3月5日閲覧。
  2. ^ 2008年(平成20年)興収10億円以上番組
  3. ^ ソフト/地上波とも同じ台本に基づく。制作中の脚本変更により公開版と辻褄が合わなくなった「5人が死んだ。うち2人は警官」(終了間際バットマンとゴードンが対話する場面)という台詞はそのまま訳している。
  4. ^ http://proportal.system5.jp/news/archives/202
  5. ^ “買っとけ! Blu-ray 第254回:『ダークナイト』IMAXカメラによる圧倒的な映像の迫力!バットマンに迫る最大の敵!”. AV Watch (Impress Watch). (2008年12月17日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081217/buyd254.htm 2012年10月12日閲覧。 
  6. ^ 『ダークナイト』歴代オープニング記録更新 『スパイダーマン3』破る3日間1億5830万ドル
  7. ^ 史上最短3億ドル突破『ダークナイト』新記録連発
  8. ^ 『ダークナイト』史上最速で4億ドル突破
  9. ^ 『ダークナイト』全米興収5億ドル突破
  10. ^ [http://eiga.com/ranking/20080812/ 全国週末興行成績:2008年8月9日〜2008年8月10日 (全国動員集計)興行通信社提供
  11. ^ 2008年(平成20年)興収10億円以上番組

外部リンク[編集]