ダークナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダークナイト
The Dark Knight
The Dark Knight European Premier - Leicester square2.jpg
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
ジョナサン・ノーラン
原案 デヴィッド・S・ゴイヤー
クリストファー・ノーラン
原作 ボブ・ケイン
ビル・フィンガー
バットマン
製作 クリストファー・ノーラン
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
ケビン・デ・ラ・ノイ
トーマス・タル
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
ヒース・レジャー
ゲイリー・オールドマン
アーロン・エッカート
マギー・ジレンホール
モーガン・フリーマン
音楽 ハンス・ジマー
ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 ワーナー・ブラザース
レジェンダリー・ピクチャーズ
シンコピー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年7月18日
日本の旗 2008年8月9日
上映時間 152分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $185,000,000[1]
興行収入 $1,003,045,358[1] 世界の旗
$533,345,358[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
16億円[2]日本の旗
前作 バットマン ビギンズ
次作 ダークナイト ライジング
テンプレートを表示

ダークナイト』(原題: The Dark Knight)は、2008年アメリカイギリス共作映画。監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール

DCコミックスの出版するアメリカン・コミックバットマン』を原作とした実写映画作品。「ダークナイト・トリロジー(Dark Knight Trilogy)」の第2作目。

第81回アカデミー賞において8部門(助演男優賞[3]、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞)にノミネートされ、2部門(助演男優賞、音響編集賞)を受賞した。

概要[編集]

DCコミックスの出版するアメリカン・コミックバットマン』を原作とした実写映画作品。『バットマン ビギンズ』に続く「ダークナイト・トリロジー」の第2作目。バットマンの実写映画作品としては累計で第6作品目となる。

次のような古典的なコミックブックの物語からインスピレーションを得た。“Batman” #1(1940年)、『バットマン: キリングジョーク』(1988年)、『バットマン: ロングハロウィーン英語版』(1996年)。また、ニックネームの"the Dark Knight"(ダークナイト)はビル・フィンガーによって描かれた“Batman” #1で始めて使用された[4][5]

監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。「ジョーカー」役のヒース・レジャーは公開前に死去した。親交のある俳優のジョニー・デップコリン・ファレルジュード・ロウが代役で出演して完成させたテリー・ギリアム監督作『Dr.パルナサスの鏡』を除けば、ヒース・レジャーの遺作となった。

興行的に大成功を収めただけでなく、批評家からも絶賛されたにも関わらず第81回アカデミー賞において作品賞にノミネートされなかった時には大きな波紋を広げた。後に「ダークナイト・トリロジー」の完結編として『ダークナイト ライジング』が制作された。

あらすじ[編集]

道化師マスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合う。生き残った男はジョーカーであり、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。

ブルース・ウェインことバットマン、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンの三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすため活動していた。ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼のサポートを申し出、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。

ゴッサムに巣食うマフィアのボスたちが集まった会議にジョーカーが現れ、マフィアの資金の半分と引き換えにバットマンを殺すことを提案する。ボスの一人ギャンボルはジョーカーの態度に腹を立て、ジョーカーに懸賞金をかける。しかし、会議後にギャンボルはジョーカーによって殺されてしまい、ジョーカーは彼の組織を乗っ取る。最終的にマフィアはジョーカーの提案を受け入れる。

ブルース=バットマンは香港に逃亡したマフィアの金庫番を務める中国人実業家ラウを追って香港に飛び、彼を無理矢理ゴッサムに連れ戻す。ラウは司法取引に応じてマフィアに不利な証言をし、ゴッサム市警は多くのマフィア構成員を逮捕する。ジョーカーはバットマンの仮装をした男の死体を市庁舎に吊るし、テレビを通じてバットマンが正体を明らかにしない限り、人々を殺し続けると脅迫。手始めにローブ市警本部長、サリロ判事、ハービーの殺害を示唆し、ローブとサリロが相次いで殺される。

続いてジョーカーはブルースがハービーのために開いたパーティー会場に乱入し、ハービー殺害を企てるがバットマンに阻止される。腹いせにジョーカーは「ハービー」と「デント」いう名字の市民を殺害し、ゴッサム市長ガルシアの殺害を予告する。ローブ本部長の葬儀式典でジョーカーは市長を狙撃するが、市長を庇ったゴードンが凶弾に倒れる。

追い詰められたブルースは、これ以上の犠牲者を出さないために正体を明かそうとするが、ハービーは記者会見で自分がバットマンだと発表する。逮捕され、軍刑務所に護送されるハービーの車列をジョーカーが襲撃するが、駆けつけたバットマンの奮戦により襲撃は失敗し、死を装っていたゴードンによりジョーカーは逮捕され、作戦成功の立役者としてゴードンは本部長に昇進する。

バットマンはジョーカーを尋問するが、彼からレイチェルとハービーの二人が誘拐され、別々の場所で窮地に陥っていると聞かされる。ハービー救出をゴードンに任せ、バットマンはレイチェルの監禁場所に急行するが、そこに捕らわれていたのはハービーだった。ジョーカーは逆の監禁場所を教えていた。バットマンはハービーを連れて辛くも建物から脱出するが、直後に建物が爆発し、ハービーは顔の半分に大火傷を負う。一方、レイチェル救出に向かったゴードンは間に合わず、彼女は死亡した。

ジョーカーは一緒に逮捕された部下の腹に埋め込んであった爆弾を爆発させ、警察署は壊滅。ジョーカーは留置場のラウを連れて逃亡する。

マフィアのボスの一人マローニはジョーカーの暴走に恐れをなし、警察に彼の居場所を売り、警察はジョーカー再逮捕のための準備を進める。その頃ジョーカーはマフィアからの礼金を受け取っていたが、自分の目的は金ではなくゴッサムを混乱に陥れ、その頂点に立つと宣言。札束の山に火をつけてラウを焼き殺し、部下になることを拒んだチェチェン・マフィアのボスも殺害する。

ウェイン産業の顧問弁護士リースは、仕事上で知り得た資料からブルースがバットマンであると推測し、社長ルーシャス・フォックスを脅して金をせしめようと画策するが、彼の言葉から報復を恐れて取り止める。リースは、今度はメディアを通じて情報を公開しようとするが、自身の計画に干渉されたくないジョーカーは、市民がリースを殺さない限り病院を爆破すると脅迫する。ゴードンはゴッサムのすべての病院の避難を命じてリースを確保する。ブルースは、護送されるリースに対するトラックによる体当たり攻撃を、自らのランボルギーニ・ムルシエラゴで阻止する。避難の混乱に紛れてハービーの病室に侵入したジョーカーはハービーのレイチェルの死に対する復讐心を煽り、病院を爆破して人質を乗せたバスで逃亡する。

愛するレイチェルを失った虚しさと彼女を死に追いやった者たちへの憎しみから怪人トゥーフェイスと化したハービーは、レイチェルの死に対して責任があると彼が見做した人物を対象にした復讐を開始する。相手を処刑するか否かは、レイチェルの形見となってしまった「幸運のコイン」を使ったコイントスの結果次第。まずマフィアに買収され自分の誘拐に加担した刑事ワーツを殺害。同じくレイチェルを誘拐した女刑事ラミレスは殺害こそ免れたものの、偽電話でゴードンの家族を呼び出す事に協力させられる。黒幕のマローニは自身は殺されなかったものの、再度コイントスを行ったハービーは車のドライバーを撃ち、彼を殺した。

ジョーカーは人質にしたテレビスタッフに中継を強要してゴッサムの市民に向けてゲームの参加を呼びかけ、参加したくなければ街を出ていくよう主張する。警察は橋とトンネルに爆弾を仕掛けたというジョーカーの言葉からフェリーを用意する。ジョーカーは2隻のフェリーに爆薬を積み込んでいた。一般市民が乗る船と囚人が乗る船にジョーカーから連絡が入り、午前0時に両方のフェリーを吹き飛ばすが、お互いに起爆スイッチを持たせたため、どちらかを爆破させれば助かると言う。バットマンは都市をスパイするソナー装置でジョーカーの居場所を見つける。

ゴードンに2分の時間を貰い、ジョーカー一味の潜伏するビルへ突入するバットマン。しかし、ジョーカーは人質と部下の衣装を入れ替える事で警察に市民を誤射させようと罠を仕掛けていた。ジョーカーの部下だけでなく人質を撃たせないためにSWAT部隊とも戦うバットマン。やがてSWATもジョーカーの罠に気づき、遂にバットマンはジョーカーを追い詰める。追い詰められてなおジョーカーは「どんな高潔な人間も簡単に悪に染まると証明する」と嘯くが、フェリーの市民と囚人たちはお互いを殺すことを拒否する。激昂したジョーカーは自分の持つ起爆スイッチでフェリーの爆破を試みるが、間一髪でバットマンがスイッチを弾き飛ばす。ビルから落下したジョーカーだが間一髪でバットマンに助けられ、駆けつけた警察に逮捕される。しかしジョーカーはバットマンにゴッサムを絶望させる切り札はハービーであることを明かす。

その頃、ハービーに呼び出されたゴードンはレイチェルが死んだ建物にいた。ハービーはゴードンの家族を人質に取り、謝罪を要求する。バットマンが現れると、ハービーはコイントスによって自身、ゴードン、バットマンの運命を試そうとする。彼はバットマンを撃ち、ゴードンの息子ジミーを殺そうとする。バットマンはコインを弾く隙を突いてハービーに組み付き、ジミーを救ったが、バットマンと高所から共に落下したハービーは死亡する。バットマンはハービーの行動が公になればゴッサムの市民が希望を失うため、その罪を被る。それによって、警察はバットマンの本格的な捜査を開始し、ゴードンはバットマンとの決別の為、バット・シグナルを破壊する。

ジミーがバットマンは何も悪い事をしていないと言うと、ゴードンは「彼はヒーローじゃない。沈黙の守護者。我々の監視者。闇の騎士(ダークナイト)だ」と告げて物語は終わる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ブルース・ウェイン / バットマン クリスチャン・ベール 檀臣幸 藤真秀
ジョーカー ヒース・レジャー 藤原啓治 大塚芳忠
ハービー・デント / トゥーフェイス アーロン・エッカート 木下浩之 井上和彦
レイチェル・ドーズ マギー・ジレンホール 本田貴子 岡寛恵
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ケイン 小川真司 糸博
ジェームズ・“ジム”・ゴードン ゲイリー・オールドマン 納谷六朗 立木文彦
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞
バーバラ・ゴードン メリンダ・マックグロウ 鵜飼るみ子 山像かおり
ジェームズ・“ジミー”・ゴードン・Jr ネイサン・ギャンブル 武田華 小林由美子
アンソニー・ガルシア市長 ネスター・カーボネル 上田燿司 江原正士
ギリアン・B・ローブ市警本部長 コリン・マクファーレン 石住昭彦 楠見尚己
サリロ判事 ニディア・ロドリゲス・テラチナ 新田万紀子 桜井ひとみ
アンナ・ラミレス刑事 モニーク・ガブリエラ・カーネン 朴璐美 東條加那子
ジェラルド・スティーブンズ刑事 キース・ザラバッカ 大林隆介 金尾哲夫
マイケル・ワーツ刑事 ロン・ディーン 遠藤純一 楠見尚己
コールマン・リース ジョシュア・ハート 遊佐浩二 村治学
マイク・エンゲル アンソニー・マイケル・ホール 樫井笙人 内田直哉
サルバトーレ・マローニ エリック・ロバーツ 山野井仁 佐々木勝彦
ラウ チン・ハン 伊丸岡篤 横堀悦夫
ギャンボル マイケル・ジェイ・ホワイト 楠大典 大友龍三郎
チェチェン人ボス リッチー・コスター 土田大 斎藤志郎
ジョナサン・クレイン / スケアクロウ キリアン・マーフィー 遊佐浩二 諏訪部順一
銀行支店長 ウィリアム・フィクナー 伊丸岡篤 横島亘
トーマス・シフ デヴィッド・ダストマルチャン
ドーピー マイケル・ストヤノフ 遠藤大輔 青山穣
グランピー ダニー・ゴールドリング 石住昭彦 志村知幸
ハッピー ウィリアム・スマイリー 間宮康弘 加藤拓二
チャクルズ マシュー・オニール 原田晃 竹田雅則
ロッシ マイケル・ヴィオー 樫井笙人 間宮康弘
ナターシャ ベアトリス・ローゼン たなか久美
フリール裁判長 パトリック・クリア 石住昭彦 長克巳
演出 岩浪美和 鍛治谷功
翻訳 久保喜昭
制作 HALF H・P STUDIO ブロードメディア・スタジオ
初回放送 2012年6月24日
21:00~23:24
日曜洋画劇場
(本編約120分)

地上波放送履歴[編集]

回数 放送日時 放送局 番組名 放送時間 備考・吹替版
1 2012年6月24日 テレビ朝日 日曜洋画劇場 21:00〜23:24 テレビ朝日版
2 2016年11月19日 フジテレビ ミッドナイトアートシアター 2:50〜4:50 字幕版
3 2019年9月28日 土曜プレミアム 21:00〜23:30 テレビ朝日版

ガジェット[編集]

本作より初登場した物を挙げる。

バットスーツ
チタンを編み込んだケブラーのトライウィーブとケブラー版で出来た新しいバットスーツ。
防刃・防弾効果は以前に比べ低下しているが、軽量化により敏捷性が高まった。頭部のマスクは首が回せるようになり、携帯電話から発信される信号を高周波ジェネレーター経由でリアルタイムで映像に変換して映すレンズが内蔵されている。
前腕部防具の籠手に備えられた刃は、三枚刃から六枚刃に増設され、手裏剣のように回転させながら射出できる。
スティッキーボム・ガン
粘着する小型爆弾スティッキーボムを撃ち出す。スティッキーボム・ガンはベルトの背部に分割して装着出来る。
ニューマチックマングラー
腕力補助強化装置。銃の銃身を片手で捻じ曲げた。
バットポッド
タンブラーの前輪部分をベースに分離変形するオートバイ型脱出用ユニット。エンジンをタイヤに内蔵しており、車軸ごと回転して真横へスライドするなど通常のオートバイには不可能な機動を行える。
前輪部分には80mmブラスト砲、マシンガン、ワイヤー付きロケットアンカーなどを備える。

作品解説[編集]

監督のノーランはマイケル・マン監督作『ヒート』を参考にしたと語っている。また、『ヒート』で重要な役を演じたウィリアム・フィクナーがカメオ出演している。ウィリアム・フィクナーは当初ハービー・デント / トゥーフェイスを演じることになっていた。

特殊効果(フィジカル・エフェクト)を指揮したのはクリス・コーボールド。80年代から007シリーズでも知られる特技監督。

IMAX[編集]

152分の映画のうち、約30分のシーンがIMAXカメラで撮影された。これは劇映画では初の使用となる[6]。そのためIMAXシアターで公開されたバージョンではシーンによって画面アスペクト比が異なり、通常のシネマスコープサイズに加えて正方形に近いIMAXフォーマットの映像が混在する形で上映された。

Blu-ray Discソフトではシネマスコープサイズと16:9の映像が混在して収録されており、IMAX撮影のシーンは16:9に切り替わる[7]DVD版では通常の劇場公開版と同様となり、全編シネマスコープサイズに統一されている(IMAX撮影シーンは上下がマスクされ、アスペクト比は変化しない)。

興行収入[編集]

アメリカでは2008年7月18日に4366館で公開された。『スパイダーマン3』のオープニング興収を越え、1億5830万ドル(約169億円)で初登場1位を記録[8]。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の公開16日目で3億ドル突破の記録を公開10日間で破り[9]、『シュレック2』の公開43日で4億ドル突破を18日目で更新した[10]

その後も興行収入ランキング上位を保ち、6週間で5億ドルを突破[11]。最終的に、全米での興行収入は5億3334万ドルを記録し、公開時は『タイタニック』に次ぐ、全米興行収入歴代2位を記録した[1]

日本では2008年8月2日、3日に先行上映を行った後、8月9日から本公開された。週末動員数ランキングでは『崖の上のポニョ』に次いで初登場2位[12]。最終的な興行収入は16億円を記録した[13]

世界興行収入は最終的に10億192万ドルとなり、公開当時は『タイタニック』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に次ぐ歴代4位を記録した。

評価[編集]

本作は批評家からも絶賛されている。映画批評サイトのRotten Tomatoesは、324件のレビューに基づいて94%の高い支持率を示し、評価の平均点は10点満点中8.6点である。また批評家の総意を「ダークで複雑で忘れられないダークナイトは、エンターテインメントのコミック映画というだけでなく、スリリングなクライムサーガ(犯罪物語)として成功した」としている[14]

Metacriticには39件のレビューがあり、加重平均値は82/100となっている[15]

著名な批評家のロジャー・イーバートは、4つ星満点中最高の4つ星をつけた[16]。イーバートは「"バットマン"はもはや漫画本ではない。クリストファー・ノーランの"ダークナイト"は、その起源を越えて飛躍し、夢中になれる悲惨な内容の映画です」としている。またジョーカーについて「"ダークナイト"は、善悪の単純な物語ではありません。ジョーカーは悪役以上の人物で、彼は敵対者の道徳的ジレンマを引き起こす魔法のように設計されたメフィストフェレス[注 1]です」としている。また、ヒース・レジャーについて「映画のキーパーソンは、亡きヒース・レジャー演じるジョーカーです。彼はピーター・フィンチ以来の最初の死後のオスカーの勝者になるだろうか? 」と語っている[16][注 2]

上述の通り、第81回アカデミー賞において2部門を受賞したが、観客・批評家双方からの評価が高かった本作が作品賞にノミネートされなかったことは大きな批判を集めた。そのことが、翌年からの作品部門の候補枠をそれまでの5作品から最大10作品まで拡大することにつながった。

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ドイツの古典文学作品に登場する悪魔。
  2. ^ ヒース・レジャーは第81回アカデミー賞助演男優賞を受賞したが、死後の受賞はピーター・フィンチ以来2人目であり、助演男優賞としては初の受賞となった。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]