ダークナイト ライジング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダークナイト ライジング
The Dark Knight Rises
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 ジョナサン・ノーラン
クリストファー・ノーラン
原案 デヴィッド・S・ゴイヤー
クリストファー・ノーラン
原作 ボブ・ケイン
製作 クリストファー・ノーラン
エマ・トーマス
チャールズ・ローヴェン
製作総指揮 ケヴィン・デ・ラ・ノイ
ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
ゲイリー・オールドマン
アン・ハサウェイ
トム・ハーディ
マリオン・コティヤール
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
モーガン・フリーマン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 シンコピー・フィルムズ
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年7月20日
日本の旗 2012年7月28日
上映時間 165分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $250,000,000[2]
興行収入 $1,084,939,099[2] 世界の旗
19.7億円 日本の旗[3]
前作 ダークナイト
テンプレートを表示

ダークナイト ライジング』(原題: The Dark Knight Rises)は、2012年公開のアメリカ合衆国イギリス共同製作によるスーパーヒーロー映画。

DCコミックスの出版するアメリカン・コミックバットマン』を原作とした実写映画作品。『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』に続く「ダークナイト・トリロジー(Dark Knight Trilogy)」の第3作品目にして最終章となる。

北米ではワーナー・ブラザーズ配給で2012年7月20日に公開された[4][5]日本では同年7月28日に公開。

概要[編集]

DCコミックスの出版するアメリカン・コミックバットマン』を原作とした実写映画作品。『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』に続く「ダークナイト・トリロジー」の完結編。1989年バットマンの実写映画作品としては累計で第7作品目となる。

次のような古典的なコミックブックの物語からインスピレーションを得た。”Batman: Knightfall ”、”Batman: The Dark Knight Returns”、“Batman: No man's Land[6][7]

日本でのキャッチコピーは「ダークナイト3部作、終幕、そして伝説へ」、「伝説が、終わる」、「伝説が、壮絶に、終わる」、「ついに、一線を、越える」、「一線を越えた、最期の戦い」、「落ちるのは、這い上がるためだ」。

あらすじ[編集]

地方検事のハービー・デントの死後から8年。デント法によりゴッサム・シティ警察はほぼ全ての組織犯罪を根絶した。

一方、バットマンに扮しゴッサムの不正と戦ってきたブルース・ウェインは、幼年期からの恋人レイチェル・ドーズの死によって傷付き、バットマンとしての活動から引退、ウェイン産業の職務からも遠退いていた。そんな状況の中、ウェイン産業の役員で会社の乗っ取りを企むジョン・ダゲットとの取引のため、セリーナ・カイルが、ウェインの自宅に潜入し彼の指紋を取得、併せてバイロン・ギリー議員を誘拐する。セリーナはダゲットの部下に指紋を渡すも裏切られ、ダケットの傭兵たちと戦闘状態となる。セリーナは警察に通報し、ジム・ゴードン市警本部長を含むゴッサム市警がその取引現場に到着する。戦闘は市警と傭兵たちと間に移り、セリーナはその混乱に乗じて逃走する。

結果、市警は全滅し、ゴードンも傭兵たちに捕えられる。傭兵を統率するベインに、デントの殺人の罪をバットマンが被っているという事実が記された、ゴードンのスピーチ原稿が奪われる。ゴードンは隙を見て逃走し、重傷を負いながらもジョン・ブレイクに拾われる。ブレイクから事態を伝え聞いたブルースは、バットマンとして再起する。ブルースの指紋を入手したべインらは、ゴッサムの証券取引所を襲撃しこれを悪用、ブルースの破産を導いた。

これに対し、ダゲットにウェイン産業が管理する核融合炉を悪用されることを恐れたブルースは、会長職を役員のミランダ・テイトに引き継がせた。ダゲットは、会社乗っ取りが失敗となり、べインに首を折られて死亡する。べインこそ、ラーズ・アル・グールのゴッサム破壊の使命を引継ぐ黒幕であった。

べインは、セリーナを使ってブルース(バットマン)を傭兵団の隠れ家へ誘い込み、これを叩きのめし、国外の地下牢獄“奈落”へと幽閉する。次に、ゴッサム市警のほとんどを地下におびき寄せ、地上への出入口を爆破し閉じ込めることにも成功する。さらに件の核融合炉を強奪し、パヴェル博士を脅迫して、中性子爆弾へと転換させる。そして、中性子爆弾製造の罪を市長に着せ、大衆の面前で処刑。爆弾を停止できる唯一の人物でもあったパヴェル博士も、同時に処刑する。また、ゴードンのスピーチ原稿を用いて、デントの犯罪の隠蔽を暴露し、支配層への怒りを焚きつけ、貧困層の反乱を扇動。刑務所の囚人たちを解放。裕福な人間を誘拐し、全員に死刑を宣告。ゴッサムは外部世界から隔絶され、完全に無政府状態に陥った。

数か月後、ブルースは“奈落”からの脱出し、ゴッサムへ帰還する。ブルースは、ゴードン、ブレイクら残った市警、セリーナらと合流し、中性子爆弾の爆発を阻止するために共に行動する。まず地下に閉じ込められていた警官たちを解放。バットマンはセリーナにバットポッドを渡してゴッサム市民の避難の協力を求める。セリーナは、一度は逃亡を考えるも、依頼通り市民の避難経路を確保する。

中性子爆弾のタイムリミットの日の早朝、ゴッサム市庁舎の前でバットマンならびに市警と、ベインらとの間で最終決戦が行われる。バットマンはベインを追い詰めるも、ベインの人質となっていたミランダに脇腹を刺され窮地に陥る。彼女の正体は、ラーズ・アル・グールの遺児タリア・アル・グールで、影の同盟の現首謀者であった。

優位となったタリアは、中性子爆弾の遠隔の起爆装置を稼働させるが、ゴードンの活躍によりこの爆発は阻止される。そこでタリアは爆弾本体に向かい、直接起爆させることとした。その場の受けたベインは、バットマンにとどめを刺そうとするが、突如現れたセリーナにバットポッドのブラスト砲で撃たれ、死亡する。中性子爆弾を抱えて逃げるタニアの車両に対し、バットマンは飛行艇「バット」で追跡する。最終的にタニアの車両はクラッシュし、彼女は死亡する。しかし起爆は止められず、爆発までの時間が迫っていた。そこでバットマンは、バットで街から離れた海上に爆弾を運び、そのまま爆発させゴッサム・シティを救った。

人々には、爆発と一連の騒動でバットマン、ならびにブルース・ウェインは死んだと思われていたが、ブルースはバットの自動操縦機能を事前に完成させており、ひそかに生存していた。警察を辞任したブレイクが、バットケイブを発見し、新しいバットマンになることを示唆し物語が終わる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
劇場公開版
ブルース・ウェイン / バットマン[8] クリスチャン・ベール 檀臣幸
アルフレッド・ペニーワース[9] マイケル・ケイン 小川真司
ジェームズ・"ジム"・ゴードン[9] ゲイリー・オールドマン 納谷六朗
セリーナ・カイル / キャットウーマン[10] アン・ハサウェイ 園崎未恵
ベイン[11] トム・ハーディ 山路和弘
ミランダ・テイト マリオン・コティヤール 五十嵐麗
ジョン・ブレイク ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 土田大
ルーシャス・フォックス[9] モーガン・フリーマン 池田勝
ピーター・フォーリー副本部長 マシュー・モディーン 根本泰彦
レオニード・パヴェル博士 アーロン・アバウトボール ふくまつ進紗
ジョン・ダゲット ベン・メンデルソーン 清水明彦
フィリップ・ストライバー バーン・ゴーマン 青山穣
アンソニー・ガルシア市長 ネスター・カーボネル 上田燿司
ロス レジー・リー
アレン ロヴ・ブラウン
ライリー神父 クリス・エリス 堀部隆一
ジェン ジュノー・テンプル[12][13] 田村睦心
奈落の囚人 トム・コンティ 小島敏彦
盲目の囚人 ウリ・ガブリエル 廣田行生
フレデリックス取締役 ジョン・ノーラン 牛山茂
ラーズ・アル・グール(若年期) ジョシュ・ペンス 台詞なし
ラーズ・アル・グール リーアム・ニーソン 佐々木勝彦
ジョナサン・クレイン[14] キリアン・マーフィー 遊佐浩二
カメオ出演
ハービー・デント アーロン・エッカートアーカイブ映像) 台詞なし
トーマス・ウェイン ライナス・ローチ(アーカイブ映像) 斉藤次郎
ブルース・ウェイン(8歳) ガス・ルイス(アーカイブ映像) 台詞なし
  • 劇場公開版 - DVDBD収録
その他:有本欽隆仲野裕遠藤大智谷昌樹志村知幸加瀬康之多田野曜平乃村健次丸山壮史佐藤せつじ玉野井直樹白石充ちふゆ杉村憲司真田五郎松本忍山岸治雄中西としはる武田幸史川原慶久後藤ヒロキ山本格河合みのる石田嘉代慶長佑香増岡裕子志田有彩織部ゆかり川名敦子ラヴェルヌ拓海川上瑛生関根航
翻訳:アンゼたかし、演出:三好慶一郎、制作:東北新社

テクノロジー[編集]

本作より初登場した兵器を挙げる。

E.M.Pブラスター
照射した対象の電子機器類の機能を停止させるライフル型の武器。走行中のバイクでも強制的に機能停止させる。
バットラング
バットラングの新たな形状。小型の針状であり、敵の秘孔(急所)に投げつけて刺すことで気絶させる。
ザ・バット(The Bat)
都市戦用戦闘機ザ・バット(The Bat)。国防総省の要請によりルーシャス・フォックスが開発し、ビルが密集した都市での飛行が可能である。正式名称はウェイン産業に因んだ長いものがあるが、作中では通称の「ザ・バット(The Bat)」で呼称される。
機体の下部に搭載されたローターにより飛び、錐揉み旋回などヘリコプターには不可能な機動もできる。
指向性のEMPを射出して電気回路を破壊する事で対象を無力化させる「E.M.Pキャノン」や、ロケットランチャー、マシンガンを武装として備える。ゴッサムシティの市内に隠されていたため、ベインに奪われなかった。
タンブラー
ウェイン産業の隠し倉庫から複数のタンブラーがベインに奪われた。
戦地用の迷彩塗装であり、車体右上部に引き込み式のキャノン砲を搭載したタイプ、車体後部に誘導ミサイルポッドを格納したタイプなどが保管されていた。

製作[編集]

企画[編集]

ワーナー・ブラザーズの製作部門社長のジェフ・ロビノフは、第3作目が2011年か2012年に公開されることを望んでいた[15]。2008年10月末にノーランは3作目に関して口を開き、「より表面的な段階で、質問に答えるが」と前置きし、「皆は映画のシリーズもので出来の良い3作目を思いつきますか?」と答えた[16]。彼は物語を続ける必要性を見つけようとし、撮影の中ほどで続編が不要であると知るのを恐れていた[17]。ノーランが『インセプション』に専念し始める2008年12月までに、おおまかな話の概要を完成させた[18]。12月末、アラン・F・ホルンはノーランと3作目に関する議論を進めている間はキャスティングは何もしていないことを明かし、キャストに関する噂はすべて否定された[19]

本作へのノーランの関与が確定する以前、ゲイリー・オールドマンはノーランの続投を確信していると発言した[20]。またノーランは以前より自分が監督している限りクリスチャン・ベールが「若いバットマン」を演じ続けるので、ロビンはシリーズに登場しないと説明した[21]。さらにノーランは、自分たちのバットマンシリーズの世界観で原作の敵キャラクター・ペンギンの様な登場人物を描くのは難しいと考えており、「私たちの作るバットマンではより現実的なキャラクターの方が合う」と説明した[22]

オールドマンは2009年コミコン・インターナショナルにて3作目について質問され、「我々は次のバットマンの撮影に来年入る。そして(ポストプロダクションの関係で)少なくとももう2年ぐらいは公開できないと思う。僕からあなた方に言えるのは、コレだけだ」と答えた[23][24]。しかしながら同年、マイケル・ケインはMTVニュースにて、本作に関しては取り組んでおらず、自分は少しの詳細も知らないことを明かした[25]。2010年2月9日、ノーランが『ダークナイト』のストーリーに係わり、プロジェクトに戻ると公約したと発表された[26]。また同月、デヴィッド・S・ゴイヤージョナサン・ノーランによる脚本製作活動が始まった[27]

本作の脚本を手がけたジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーランは、1859年に出版されたチャールズ・ディケンズの長編小説『二都物語』が、脚本の構想元になっている事をコメントした[28]

プリプロダクション[編集]

ゴイヤーが 『マン・オブ・スティール』に着手するために本プロジェクトを離れると、ジョナサンはその原案を基にした脚本の執筆を始めた[9]。2010年3月10日、クリストファー・ノーランは自身のプロジェクトへの関与を明かし、これが自分が手掛ける『バットマン』シリーズの完結編になると述べた。また弟のジョナサンが書く脚本にはミスター・フリーズリドラーは登場していないことを明かした[29][30]

2010年4月、ワーナー・ブラザーズは映画の公開日は2012年7月20日を予定していると発表した[5]。6月30日、ノーランは弟のジョナサンの脚本執筆作業が終わったと述べた[4]。2010年9月、ノーランは自分が映画を監督することを認め、そして弟の脚本の推敲作業を開始して2011年1月完了を目指していることを明らかにした[31][32]。10月27日、タイトルは『The Dark Knight Rises』であることをノーランが明らかにした[30]。また彼はジョーカーが3作目には再登場しないことを明かし、『ダークナイト』のヒース・レジャーの未使用のシーンが流用されるという噂を否定した[33]

撮影[編集]

撮影は2011年5月に始まり11月に完了する予定で[32]、そのうち4ないし6週間はピッツバーグで行われる[34]。ノーランは、3D撮影はしない方針にしたが、前作と同じくIMAX撮影は行われ[35]、IMAXのシーンはさらに増え、最終的に合計72分のシーンがIMAXとなった[36]。またノーランはIMAX副社長のデヴィッド・キースリーとの話し合いも行った[37]。撮影監督のウォーリー・フィスターはIMAX撮影に関心を示したが[38]、IMAXカメラによって出る多数のノイズのため、70mmカメラを使って会話シーンを撮るかもしれないと言う[37]

撮影の一部はインドジョードプルでも行われた[39]。冒頭の飛行機のシーンはスコットランドインヴァネスで撮影を行い、アメリカではロサンゼルスマンハッタンで撮影され、NFLのスタジアムのシーンはピッツバーグ・スティーラーズの協力のもと行われた[40]

また、終盤の囚人と警官隊による数千人の戦闘シーンではすべて本物の役者を使って撮影を行い、CGなどは一切用いていない。

興行収入[編集]

アメリカ合衆国とカナダでは2012年7月20日に公開された。オーロラ銃乱射事件の影響が懸念されたものの、オープニング3日間で興行収入1億6,090万ドルを記録し、初登場1位。これは前作『ダークナイト』のオープニングを超え、『アベンジャーズ』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』に次ぐ歴代3位となるオープニング記録であった。2D映画としては歴代最高の記録となる[41]。翌週、翌々週も1位を飾り、3週連続1位を記録した。

最終的なアメリカ合衆国とカナダでの興行成績は4億4800万ドルで、前作の5億3300万ドルを越えられなかったものの、海外でのセールスが好調で、全世界興行成績は前作の10億400万ドルを超える10億8000万ドルを記録した[2]

日本では2012年7月27日に先行上映を行った後、7月28日から本公開。オープニング2日間で興収3億7,202万円を稼ぎ(先行含む3日間の成績は4億5,518万円)[42]、初登場2位、シリーズ最高のオープニング成績を記録し、累計興行成績は前作を超える19億円となった。

オーロラ銃乱射事件による影響[編集]

北米公開日の2012年7月20日にコロラド州オーロラで行われたプレミア上映会で銃撃事件が発生した。12人が死亡、負傷者は58人を数えた。犯人は合法的な方法で武器を手に入れて犯行を行い[43]、『ダークナイト』の悪役だった「ジョーカー」を名乗っていた[44]。 この影響を受け日本他各国での関連イベントが中止になった[45]

参考文献[編集]

  1. ^ http://collider.com/dark-knight-rises-runtime-marathon/170855/
  2. ^ a b c The Dark Knight Rises (2012)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2015年10月10日閲覧。
  3. ^ 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  4. ^ a b Itzkoff, Dave (2010年6月30日). “A Man and His Dream: Christopher Nolan and 'Inception'”. The New York Times. http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2010/06/30/a-man-and-his-dream-christopher-nolan-and-inception/?ref=movies 2010年7月12日閲覧。 . WebCitation archive.
  5. ^ a b McNary, Dave (2010年5月3日). “Batman sets date”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118018621.html?categoryid=1009&cs=1 2010年7月26日閲覧。 . WebCitation archive.
  6. ^ “Clues from the Comics About Batman’s Fate in The Dark Knight Rises”
  7. ^ “Bat Signal Up : Here’s what we know so far about The Dark Knight Rises”
  8. ^ Chang, Charlene (2008年6月30日). “Christian Bale talks 'Dark Knight' follow-up and 'Terminator Salvation'”. オリジナル2008年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080703133945/http://www.ifmagazine.com/new.asp?article=6436 2008年7月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d Boucher, Geoff (2010年3月10日). “Christopher Nolan takes flight with Superman: 'We have a fantastic story' [UPDATED]”. Los Angeles Times. 2010年7月5日閲覧。
  10. ^ Jensen, Jeff (2011年1月19日). “'The Dark Knight Rises' scoop: Anne Hathaway, Tom Hardy join cast”. Entertainment Weekly. 2011年1月19日閲覧。
  11. ^ Jensen, Jeff (2011年1月19日). “'The Dark Knight Rises' scoop: Anne Hathaway, Tom Hardy join cast”. Entertainment Weekly. 2011年1月19日閲覧。
  12. ^ Russ Fischer (2011年3月24日). “Juno Template confirmed for The Dark Knight Rises, Likely as Catwoman's Sidekick”. /Film. 2011年3月24日閲覧。
  13. ^ Status Update: The Dark Knight Rises Casting News & More”. Blogger. 2011年4月19日閲覧。
  14. ^ “「ダークナイト ライジング」にスケアクロウ登場!キリアン・マーフィーも出演”. ハリウッドチャンネル. (2012年7月2日). http://www.hollywood-ch.com/news/12070206.html?cut_page=1 2012年9月23日閲覧。 
  15. ^ Schuker, Lauren A. E. (2008年8月22日). “Warner Bets on Fewer, Bigger Movies”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB121936107614461929.html 2008年10月22日閲覧。  WebCitation archive.
  16. ^ Boucher, Geoff (2008年10月27日). “Christopher Nolan on 'Dark Knight' and its box-office billion: 'It's mystifying to me'”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2008/10/christopher-nol.html 2008年10月27日閲覧。 . WebCitation archive.
  17. ^ "Merrick" (pseudonym) (2008年12月5日). “Nolan Talks DARK KNIGHT Blu-Ray, a 100,000 Person Screening of the Film (Featuring Live Q & A w/ Nolan), TDK Sequel, and More!!”. Ain't It Cool News. http://www.aintitcool.com/node/39348 2008年12月6日閲覧。 . WebCitation archive.
  18. ^ Bowles, Scott (2008年12月7日). “For now, Nolan and Batman will rest in 'Dark' glory”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/news/2008-12-07-dark-knight-nolan_N.htm?csp=34 2008年12月8日閲覧。 . WebCitation archive.
  19. ^ Weintraub, Steve, and Matt Goldberg (2008年12月18日). “Exclusive - Alan Horn, The President of Warner Bros, talks 'Dark Knight', 'Green Lantern', and More”. Collider.com. http://www.collider.com/entertainment/interviews/article.asp/aid/10194/tcid/1 2008年12月18日閲覧。 . WebCitation archive.
  20. ^ Allsletter, Rob (2008年6月30日). “The Dark Knight's Future”. ComicsContinuum.com. http://www.comicscontinuum.com/stories/0806/30/index.htm 2008年7月1日閲覧。 . WebCitation archive.
  21. ^ “Nolan on Robin in Batman Sequels”. SuperheroHype.com. (2005年6月23日). http://www.superherohype.com/news/batmannews.php?id=3189 2006年7月31日閲覧。 
  22. ^ Belloni, Matthew (2006年11月). “Q+A: Christopher Nolan”. Esquire. http://www.esquire.com/features/qa/ESQ1106_qanolan_1 2006年10月13日閲覧。 
  23. ^ Gilbert, Ammon. (2009-07-24) "Con: Batman 3 in 2011?", JoBlo.com. Retrieved on 2010-11-26. WebCitation archive.
  24. ^ “バットマン「ダークナイト」続編は来年撮影。G・オールドマンが暴露”. 映画.com. (2009年7月27日). http://eiga.com/news/20090727/5/ 2011年5月8日閲覧。 
  25. ^ EXCLUSIVE: Michael Caine on 'Batman 3': 'There Is No Johnny Depp in this Batman'. MTV.com (2009-09-21). Retrieved on 2010-11-26.
  26. ^ Bettinger, Brendan (2010年2月9日). “Christopher Nolan On Board to Direct DARK KNIGHT Sequel and 'Godfather' the SUPERMAN Franchise”. Collider.com. http://www.collider.com/2010/02/09/christopher-nolan-on-board-to-direct-dark-knight-sequel-and-godfather-the-superman-franchise/ 2008年2月18日閲覧。 
  27. ^ Finke, Nikki, and Mike Fleming (2010年2月9日). “It's A Bird! It's A Plane! It's Chris Nolan! He'll Mentor Superman 3.0 And Prep 3rd Batman”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/02/its-a-bird-its-a-plane-its-chris-nolan-hell-mentor-superman-3-0-while-preparing-3rd-batman/ 2010年12月3日閲覧。 . WebCitation archive.
  28. ^ 『ダークナイト ライジング』はディケンズの「二都物語」にインスピレーション!クリストファー・ノーラン監督が告白!
  29. ^ Bettinger, Brendan (2010年3月10日). “Christopher Nolan Speaks! Updates on DARK KNIGHT Sequel and SUPERMAN MAN OF STEEL”. Collider.com. http://www.collider.com/2010/03/10/christopher-nolan-speaks-updates-on-dark-knight-sequel-and-superman-man-of-steel/ 2010年3月10日閲覧。 
  30. ^ a b Boucher, Geoff (2010年10月27日). “Christopher Nolan reveals title of third Batman film and that 'it won’t be the Riddler'”. Los Angeles Times. 2010年10月27日閲覧。
  31. ^ O'Hara, Helen (2010年9月29日). “Christopher Nolan Confirms Batman 3”. Empire. 2010年9月29日閲覧。
  32. ^ a b de Semlyen, Phil (2010年11月19日). “Exclusive: The Dark Knight Rises In May”. Empire. http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=29533 2010年12月3日閲覧。 
  33. ^ Kit, Borys (2010年12月1日). “Heath Ledger Will Not Appear in 'Dark Knight Rises'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/blogs/heat-vision/heath-ledger-dark-knight-rises-55215 2011-30-21閲覧。 . WebCitation archive
  34. ^ Vancheri, Barbara (2011年4月5日). “'The Dark Knight Rises' will film in Pittsburgh”. Pittsburgh Post-Gazette. 2011年4月5日閲覧。
  35. ^ Boucher, Geoff (2010年10月27日). “Nolan: 'Dark Knight Rises' finds the future in IMAX, not 3-D”. Los Angeles Times. 2010年10月28日閲覧。
  36. ^ How 'The Dark Knight Rises' Makes Use of Imax - NYTimes.com”. New York Times (2012年7月13日). 2012年10月16日閲覧。
  37. ^ a b Weintraub, Steve (2010年12月22日). “Exclusive: Exclusive: David Keighley (Head of Re-Mastering IMAX) Talks 'The Dark Knight', 'The Dark Knight Rises', 'Tron: Legacy', New Cameras, More”. Collider. http://collider.com/david-keighley-imax-interview-the-dark-knight-rises-tron-legacy/66297 2011年11月1日閲覧。 . WebCitation archive.
  38. ^ Todd Gilchrist (2010年4月20日). “Cinematographer Wally Pfister Talks About Shooting 'Batman 3' in 3-D”. Moviefone. http://blog.moviefone.com/2010/04/20/wally-pfister-talks-about-shooting-batman-3-in-3-d/ 2011年2月15日閲覧。 
  39. ^ http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hollywood/news-interviews/Christopher-Nolan-to-shoot-in-Jodhpur/articleshow/8124839.cms
  40. ^ 映画『ダークナイト ライジング』TVスペシャル映像
  41. ^ 『ダークナイト ライジング』が2D映画最高のオープニング成績を記録!銃乱射事件の影響が懸念されたものの…
  42. ^ 『ダークナイト ライジング』抑え『海猿』がV3の圧倒的強さ!早くも動員250万人突破!
  43. ^ “米銃乱射容疑者、バットマンのジョーカー名乗る?”. 朝日新聞. (2012年7月21日). http://www.asahi.com/international/update/0721/TKY201207210142.html 2012年7月21日閲覧。 
  44. ^ “『バットマン』乱射事件、容疑者は医学生か 米コロラド”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年7月21日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2890795/9274035 2012年7月21日閲覧。 
  45. ^ “バットマン”乱射事件でクリストファー・ノーラン監督、俳優クリチャン・ベールらが声明を発表マイナビニュース 2012年7月22日

外部リンク[編集]

関連項目[編集]