Vフォー・ヴェンデッタ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Vフォー・ヴェンデッタ
V for Vendetta
VSymbol1.png
劇中に登場するVのシンボル
監督 ジェームズ・マクティーグ
脚本 ウォシャウスキー兄弟
原作 キャラクター創造
アラン・ムーア(クレジット無し)
デヴィッド・ロイド
製作 ジョエル・シルバー
グラント・ヒル
ウォシャウスキー兄弟
製作総指揮 ベンジャミン・ワイスブレン
出演者 ナタリー・ポートマン
ヒューゴ・ウィーヴィング
スティーヴン・レイ
音楽 ダリオ・マリアネッリ
撮影 エイドリアン・ビドル
編集 マーティン・ウォルシュ
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年3月17日
日本の旗 2006年4月29日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $54,000,000[1]
興行収入 $132,511,035[1] 世界の旗
$70,511,035[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
10億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

Vフォー・ヴェンデッタ』(原題: V for Vendetta)は、2005年に製作されたアメリカイギリスドイツ合作映画。ワーナー・ブラザース製作・配給。アラン・ムーアデヴィッド・ロイド英語版のグラフィックノベル『Vフォー・ヴェンデッタ』を原作としている。日本ではPG-12指定で公開された。

概要[編集]

監督は『ムーラン・ルージュ』や『マトリックス』三部作の助監督を務めたジェームズ・マクティーグ。製作・脚本は『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟。V役を『マトリックス』でエージェント・スミス役を演じたヒューゴ・ウィーヴィングが担当している。

第56回ベルリン国際映画祭での招待上映を経て、2006年3月17日にアメリカほか数か国で同時公開された(一部15日・16日)、日本では2006年4月22日より公開。全米公開日は当初2005年11月5日に設定されていたが延期になった。劇中にロンドン同時爆破事件を彷彿させるシーンがあることが原因だといわれている[3]

原作はDCコミックスの成人向けレーベル「VERTIGO」から出版された同名の漫画。根底となる主題や物語の骨子は映画版とほぼ同じだが、意図的な改変が全般的に加えられている。

あらすじ[編集]

第三次世界大戦後。かつてのアメリカ合衆国が事実上崩壊し、独裁者アダム・サトラーによって全体主義国家と化したイングランド

11月4日の夜、国営放送BTNに勤務する女性イヴィー・ハモンドは、夜間外出禁止令を破っての外出中、秘密警察ザ・フィンガーの構成員フィンガーマンに発見され強姦されそうになる。そこにガイ・フォークスの仮面を被る謎の男“V”が現れ、鮮やかな手並みでイヴィーを救った。そして“V”はイヴィーの目の前で裁判所の爆破テロを敢行する。

翌朝、出勤したイヴィーはBTNに現れた“V”の電波ジャックに遭遇する。“V”は1年後の11月5日に国会議事堂の前へ集まるよう国民達に呼びかける。フィンガー長官ピーター・クリーディーは即座に“V”の鎮圧を行うが、“V”はこれを切り抜けて脱出、重要参考人として手配されたイヴィーを「シャドウ・ギャラリー」へと匿う。

“V”は国民に現在の国家の異常さを訴えながら、プロパガンダ放送のキャスターでもあるルイス・プロセロ、英国国教会のリリアン司教、そして女医のデリア・サリッジといった、サトラーの党幹部達を一人ずつ確実に血祭りにあげていく。奇妙な共同生活を送る中でVに好感を抱き始めていたイヴィーだが、“V”の異常な行動に忌避感を抱いて逃亡。上司であるゴードン・ディートリッヒの元へと逃げ込むが、そこで彼もまた現体制に抑圧されたマイノリティである事を知る。

一方、“V”の目的を探る警察官エリック・フィンチは、彼の足取りを追う内に、現体制の根幹を揺るがす壮大な陰謀を知ることになる。かつて“V”はラークヒルに存在した強制収容所の囚人で、サトラーと側近たちは収容所の幹部であった。“V”は施設で人体実験の被験者にされ、サトラーは実験で生み出したウィルスによる細菌テロを自作自演で解決することで支持を集め、政権を手にしていた。“V”の行いは復讐(“V for Vendetta”)だったのだ。

“V”の行動に触発されたディートリッヒは、サトラー政権に対する痛烈な風刺番組を放送する。政権へ疑念を抱き始めていた国民たちはこれを喜ぶが、激怒したサトラーによってディートリッヒは粛清されてしまう。間一髪で難を逃れたかに見えたイヴィーもまた逮捕され、“V”の協力者として拷問にかけられる。

イヴィーは牢屋の中で、同性愛者という理由で逮捕され処刑された女優ヴァレリーの日記を見つけ、これに勇気づけられて拷問を耐え抜く。そして虚偽の供述をしなければ死刑にするという最終通告を断った時、イヴィーは牢屋から解放された。実はイヴィーを逮捕したのは“V”であり、“V”は匿った彼女の精神を解放するため自分と同じ体験をさせたのだ。激怒するイヴィーだったが、嵐の中で自分が自由になったことを実感し、“V”と和解する。

11月5日前夜、“V”によってロンドン中にガイ・フォークスの仮面と衣装が配達される。サトラーは射殺命令を出すことで国民を統制しようとするが、フィンガーマンが“V”の仮装をした子供を射殺してしまった事で逆に暴動が発生。対処に追われるクリーディーは、“V”から取引を持ちかけられ、サトラーを売り渡す事を決意する。そして“V”は「シャドウ・ギャラリー」を訪れたイヴィーと再会し、彼女に後の事を全て託してダンスを踊る。

そして11月5日、国民たちが国会議事堂へ押し寄せる中、“V”は廃駅となったヴィクトリア駅で、クリーディーとフィンガーマン、囚われたサトラーと対面する。サトラーの処刑を見届けた“V”はクリーディー達との最終決戦で全身に銃弾を浴びながらも平然と彼らを抹殺する。

“V”の死を見届けたイヴィーは、“V”を彼が地下鉄の車両を用いて作った特製の棺桶に寝かせ、駆けつけたフィンチの目の前で列車を出発させる。国会議事堂の地下で列車は爆発し、国民達の目前で旧い秩序は完全に崩壊。“V”の復讐は成し遂げられ、人々自身の手による新しい秩序が生まれる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
V ヒューゴ・ウィーヴィング 菅生隆之
イヴィー・ハモンド ナタリー・ポートマン 浅野まゆみ
エリック・フィンチ警視 スティーヴン・レイ 屋良有作
アダム・サトラー首相 ジョン・ハート 中博史
ピーター・クリーディー ティム・ピゴット=スミス 佐々木勝彦
ゴードン・ディートリッヒ スティーヴン・フライ 島香裕
ルイス・プロセロ ロジャー・アラム 長克巳
リリアン司教 ジョン・スタンディング 村松康雄
デリア・サリッジ シニード・キューザック 沢田敏子
ドミニク警部 ルパート・グレイヴス 山野井仁
ダスコム ベン・マイルズ 成田剣
ヴァレリー ナターシャ・ワイトマン 渡辺美佐
若年時のヴァレリー イモージェン・プーツ

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

  1. イヴィー・ハモンドの年齢がかなり上がっており、社会人になっている。
  2. ノースファイアー党の党首の名前がアダム・スーザンからアダム・サトラー に変更されている。
  3. 原作の舞台は1997年1998年だが、映画ではもっと後の時代に変更されている。
  4. 映画には国を治めるスーパーコンピューター『フェイト』が登場せず、イングランドもアダムの意思により統治されているため、プロパガンダ放送の題名が『ヴォイス・オブ・フェイト』から『ヴォイス・オブ・ロンドン』へ変更されている。
  5. 原作における秘密警察ザ・フィンガーの責任者はデレク・アーモンドであり、彼がVに殺害された後にピーター・クリーディーが後釜に座るのだが、映画版ではデレクは登場せず、初めからクリーディーが責任者である。ゆえに、デレクの妻で原作においては重要な役割を果たしたローズマリーも登場せず、クリーディーも「アダムから頻繁に愚痴られる」などのデレクの設定を一部受け継いでいる。また映画クライマックスでVと対峙する際にクリーディーが発したセリフは、原作ではデレクがVと対峙した際のもの。
  6. 原作ではエリック・フィンチはデリア・サリッジとかつて恋愛関係にあった事が示唆されており、Vを執拗に追跡するのもそのため。クライマックスでVと対峙する人物も、原作ではフィンチである。
  7. 終盤の「ロンドン市民がVの仮装をして議事堂前に集う」という場面は映画版のオリジナルである。原作ではイヴィーがVの仮面を引き継ぎ、その後の暴動で炎上するロンドンからフィンチが立ち去る場面で幕を閉じる。
  8. 原作でV(とイヴィー)は、議事堂、裁判所、ジョーダン・タワー(監視機関ジ・アイ本拠地)と旧郵便タワー(盗聴機関ジ・イヤー本拠地)、そして最後にダウニング街という順に爆破するが、映画版では最初に裁判所、終盤に議事堂の2回になっている(厳密にはもう1か所あるが、時限爆弾を解体され失敗)。なお、序曲1812年が実際に流れるのは映画版のみであり、原作では楽譜は登場するものの音楽は流れていない。
  9. 国営放送の略称がNTVからBTN (British Television Network) に変更されている。
  10. ゴードンがイヴィーの上司で同性愛者、イスラム教信者という設定は映画オリジナル。原作ではVによって放逐されたイヴィーを保護した暗黒街の顔役で、抗争の結果殺害された。そしてイヴィーは彼の仇を討とうとした際にVによって逮捕される。
  11. 原作では幾度かVはイヴィーの父親なのではと示唆する描写がなされた後、最終的に否定される。映画ではそういった描写はほとんどされていない。

その他・備考[編集]

  • V役のヒューゴ・ウィーヴィングは、劇中では一度も素顔を見せず全編仮面を付けたままで出演した(ただし、ラスト近くでVの仮装をした群集がいっせいに仮面を脱ぐシーンでは、ヒューゴ・ウィーヴィングの姿が一瞬だけ確認できる)。Vのセリフはマスクで声が通りにくいため、ヒューゴ・ウィーヴィングが撮影後に入れ直した。脚本が完成した時点ではヒューゴ・ウィーヴィングがV役の候補であったが、別の映画作品の撮影のためにオファーを断り、イギリス人俳優のジェームズ・ピュアフォイが抜擢された。だが、マスクをつけたままの演技にストレスを感じ、撮影に入って約1か月で降板となり[4]、別作品の撮影を終えたウィーヴィングが再び抜擢された。しかし、公開済みの本編ではピュアフォイが演じたVのシーンもいくつか含まれている。ここも後にウィーヴィングが声だけ入れ直した。
  • ナタリー・ポートマンは、オーディションを受けてイヴィー役を勝ち取り、その際に監督から「髪の毛を剃ることになる」と言われるも迷うことなく承諾。彼女は丸坊主姿で第58回カンヌ国際映画祭にも出席した。
  • 本作完成後に撮影監督を務めたエイドリアン・ビドルが急逝。エンドロールには弔辞が記されている。
  • 冒頭のVの "Remember, remember, the 5th of November. The gunpowder treason and plot. I know of no reason why the gunpowder treason, should ever be forgot." というセリフは、マザーグースの一節である。その他にも多くの言葉遊びがあり、特にウィリアム・シェイクスピアの著書からの引用が多い(『マクベス』『十二夜』『ハムレット』『リチャード三世』など)。
  • また作中ではアルファベット「V」が繰り返し象徴的に用いられる。原作では全ての章題がVから始まる単語になっている。V自身も「V」にこだわりがあり、好んで使う。一例としてVとイヴィーの出会いのシーンでのVの自己紹介のセリフは、ほとんどの単語がVから始まっている。[5]
    • 劇中で重要な役割をはたす「スカーレット・カーソン」という薔薇は架空のもので、撮影にはオランダ産のグランプリという薔薇が使われた。なお、原作と小説版では「ヴァイオレット・カーソン」という実在の薔薇が登場する。これはVIOLETがVで始まるからと考えられる。
    • 物語の後半、Vがクリーディーと交渉する場面で使用されたベートーヴェンの交響曲「第5番ハ短調(運命)」の「ダダダダーン」というフレーズは、モールス符号で「V」を意味する。また5はローマ数字の「V」である。
  • Vとクリーディーの最終決戦の場で、Vが登場の際に使用した "Penny for the Guy"(ガイにお小遣いをおくれ)というセリフは、イギリスで今もなお行われているガイ・フォークス火薬陰謀事件が未遂に終わったことを祝う祭り「ガイ・フォークス・ナイト」で実際に子供たちが口にしている言葉。
  • 映画『巌窟王』が、Vの好きな映画として登場する。Vはイヴィーと2人で見たり、1人で見ながら甲冑相手にフェンシングと思しき行為をしていた。一方、イヴィーは見終わった後でVに対し「でも、メルセデスがかわいそう」と感想を語り、後日自宅で改めて見ている。
    • 『巌窟王』は無実の罪で投獄された男が、脱獄した後に素性を偽って行う復讐譚である。ただしメルセデスはモンテ・クリスト伯の投獄以前の恋人であり、協力者として彼を愛する女性としてはエデの方がイヴィーの立ち位置に近い。

出典[編集]

  1. ^ a b c V for Vendetta (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月6日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2000年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月6日閲覧。
  3. ^ C Is for Controversy | Columns | SCI FI Weekly
  4. ^ James Purefoy Quit 'V for Vendetta' Because He Hated Wearing The Mask”. starpulse.com. 2008年5月11日閲覧。
  5. ^ Voila! In View, a humble Vaudevillian Veteran,cast Vicariously as both Victim and Villain by the Vicissitudes of Fate. This Visage, no mere Veneer of Vanity, is it Vestige of the Vox populi, now Vacant, Vanished. However, this Valorous Visitation of a by-gone Vexation, stands Vivified and has Vowed to Vanquish these Venal and Virulent Vermin Vanguarding Vice and Vouchsafing the Violently Vicious and Voracious Violation of Volition. The only Verdict is Vengeance a Vendetta, held as a Votive, not in Vain, for the Value and Veracity of such shall one day Vindicate the Vigilant and the Virtuous. Verily, this Vichyssoise of Verbiage Veers most Verbose so let me simply add that it is my Very good honor to meet you and I have no name,so you may call me “V”.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]