スーパーマン (1978年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーマン
Superman
監督 リチャード・ドナー
脚本 マリオ・プーゾ
デイヴィッド・ニューマン
レスリー・ニューマン
ロバート・ベントン
トム・マンキウィッツ(クレジット無し)
原案 マリオ・プーゾ
原作 キャラクター創造
ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター
製作 ピエール・スペングラー
製作総指揮 イリヤ・サルキンド
出演者 マーロン・ブランド
ジーン・ハックマン
クリストファー・リーヴ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ジェフリー・アンスワース
編集 スチュワート・ベアード
マイケル・エリス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年12月15日
日本の旗 1979年6月23日
上映時間 135分
144分(ビデオ)
152分(ディレクターズ・カット版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $300,218,018[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $134,218,018[1]
日本の旗 56億円[2]
配給収入 28億円[3] 日本の旗
次作 スーパーマンII
テンプレートを表示

スーパーマン』(Superman)は、ジョー・シャスターとジェリー・シーゲルによるアメリカン・コミック作品『スーパーマン』を原作とする1978年アメリカの映画作品

キャッチコピーは「You'll Believe a Man Can Fly.」 日本でのキャッチコピーは「あなたも空を翔べる!」

1999年に再公開が企画され、ドナー監督が1978年公開時にカットしたシーンを追加・再編集し、ディレクターズ・カットとなって2000年に公開された。

概要[編集]

クリストファー・リーヴ主演シリーズ4作品の第1作。

故郷の惑星クリプトン星から少年時代を過ごした田舎町スモールヴィル、そしてデイリー・プラネット社の記者クラーク・ケント/スーパーマンとして活躍する都市メトロポリスの3幕構成になっており、スーパーマンの誕生から宿敵レックス・ルーサーとの対決までを描いている。

アメリカでは1978年度の年間興行収入ランキング1位。日本でも興行収入56億円[2]を記録し、1979年度の洋画興行収益1位を記録するなど世界的にヒットし、続編も3作製作された。

ジョン・ウィリアムズの作曲した「スーパーマンのテーマ」は、現在ではスーパーマンの代名詞的な存在になるほど有名である。

ストーリー[編集]

地球から遠く離れた惑星クリプトンは優れた科学文明を持っていたが、クリプトンの太陽は恒星としての寿命が近づきつつあった。クリプトンの科学者ジョー=エルは、クリプトン星に危機が迫っていることを警告するものの、全く相手にされなかったばかりか、警報はおろか、混乱防止のためジョー=エルの家族が惑星外へ外出することも禁じられてしまう。仕方なく彼は息子であるカル=エルだけでも迫りくる悲劇から救い出そうと宇宙船に乗せ、遥か彼方の惑星、地球へ向け脱出させた。その直後、クリプトンの太陽がついに寿命を迎えて大爆発、惑星クリプトンは崩壊してしまった。

カル=エルを乗せた宇宙船は超高速で飛行し、地球へ到達、不時着する。そこを通りかかったケント夫妻が彼を見つけ、我が子として育てることに決め、カル=エルにクラークという地球人の名前をつける。やがてクラークは高校生に成長するが、超人的な能力を隠すが故に友達に恵まれず、彼は孤独だった。そして愛する父親を突然失ってしまい、悲しみに打ちひしがれる彼は、納屋の地下から緑に輝く不思議なクリスタルを見つける。そのクリスタルに導かれ、彼は家を出ることを決意した。

北極へ向かったクラークは、「孤独の要塞」を出現させ、そこでジョー=エルから自分の正体や様々なことを学ぶ。ジョー=エルはクリプトン人が地球では超人的な能力を持つことを予見し、カル=エルに正義の使者となるよう導くのであった。やがて12年が経過、クラークはメトロポリスに向かい、デイリー・プラネット新聞社の社員となる。新聞記者クラーク・ケントと、超人的な力を持ち正義のために戦うスーパーマン、二つの顔を持つ生活が始まった。

そのころ、世紀の天才犯罪者を自称する悪人レックス・ルーサーは、サンアンドレアス断層を利用した巨大な悪事を企んでいた。スーパーマン活躍の記事から彼が宇宙人であることをつきとめていたルーサーは、計画の邪魔者としてスーパーマンの排除を画策するのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替声優
テレビ朝日旧版
(WOWOW版追録部分代役)
テレビ朝日新版
スーパーマン/クラーク・ケント/カル=エル クリストファー・リーヴ 佐々木功 東地宏樹
ロイス・レーン マーゴット・キダー 中原理恵
(小林さやか)
岡寛恵
ジョー=エル マーロン・ブランド 大平透[注釈 1] 小川真司
レックス・ルーサー ジーン・ハックマン 小池朝雄
(菅生隆之)
銀河万丈
オーティス ネッド・ビーティ 神山卓三
(田中英樹)
後藤哲夫
イヴ・テッシュマッカー ヴァレリー・ペリン 小原乃梨子 雨蘭咲木子
ジミー・オルセン マーク・マクルーア 古谷徹 石井揮之
ペリー・ホワイト ジャッキー・クーパー 近石真介 青野武
ジョナサン・ケント グレン・フォード 内田稔 稲垣隆史
マーサ・ケント フィリス・サクスター 島美弥子 久保田民絵
ラーラ=エル スザンナ・ヨーク 沢田敏子
最長老 トレヴァー・ハワード 大久保正信 ※登場シーンカット
ボンド・アー マリア・シェル
ゾッド将軍 テレンス・スタンプ 寺島幹夫
(梶雅人)
アーサ サラ・ダグラス
ノン ジャック・オハローラン
少年時代のクラーク・ケント ジェフ・イースト 堀秀行 坂詰貴之
  • テレビ朝日旧版:初回放送1983年10月9日(日)『日曜洋画劇場』(劇場公開版を吹き替えた物、本編ノーカット放送。)日曜洋画劇場・歴代視聴率第1位-32.1%(2011年11月現在)[4]
    • WOWOW補完版:初回放送2014年8月16日(土)『土曜吹替劇場』(ディレクターズ・カット版を吹き替えた物、本編ノーカット放送。)
後に発売されたスーパーマン アルティメット・コレクターズ・エディション(DVDボックス)及びスーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー(Blu-rayボックス)とスーパーマン 劇場版(Blu-ray単品)にはテレビ朝日旧版を収録。ただし初回放送の猫を救出するシーンやクラークがロイスをデートに誘うシーン等の音源が欠落している1987年5月3日(日)同枠での再放映短縮版 。(正味113分)
WOWOWの『土曜吹替劇場』で放送された際には、短縮版をベースに再放送時にカットされた部分とディレクターズ・カット版の追加シーンを当時と同じキャストで追加録音したものが放送された。その際故人となっていたり、諸事情で収録に参加できなかった各声優の部分は別の声優が代役を務めた。
演出:佐藤敏夫、翻訳:木原たけし(追録部:伊藤里香)、選曲:東上別符精、効果:遠藤堯雄/桜井俊哉、調整:前田仁信、担当:圓井一夫、解説:淀川長治、製作:東北新社ブロードメディア・スタジオ
その他声の出演:安田隆/近藤多佳子/榊原良子/戸田恵子/阪脩/島香裕/大滝進矢/大塚芳忠/塚田正昭/たてかべ和也/池田勝/秋元羊介/嶋俊介/飯塚昭三/片岡身江/内藤由子
追録部その他声の出演:藤田彩/前田一世/小島敏彦/西村太佑/古屋家臣/関雄
  • テレビ朝日新版:初回放送2006年8月20日(日)『日曜洋画劇場』(ディレクターズ・カット版を吹き替えた物。正味112分)
演出:伊達康将、翻訳:木原たけし、調整:高久孝雄、製作:東北新社
その他声の出演:檀臣幸/中博史/谷昌樹/かないみか/石井隆夫/木村雅史/弓場沙織/斉藤次郎/栗山浩一/田村聖子/白熊寛嗣/高階俊嗣/泉裕子/駒谷昌男/大久保利洋/白石充/小宮山絵理

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

配役・演出[編集]

トップクレジットであり、ジョー役のマーロン・ブランドは冒頭十数分の出演であったにも関わらず、ギャラは主役のリーヴの10倍である400万ドルであった。また、ブランドは下を向いているシーンが多かったが、これはいつものようにブランドが台本を覚えてこなかったため、スタッフがそこかしこのセットに、ブランド専用のカンニングペーパーをセットしていた。その上セットだけではなく、赤ちゃんだった頃のカル=エルのオムツにも台詞が書かれていたという。

クラークの学生時代を演じたのはジェフ・イーストだが、台詞は全てクリストファー・リーヴによって吹き替えられており、鼻にも特殊メイクが施されている。

汽車に乗った幼いロイスの両親を演じているのは、1948年の劇場作品でスーパーマンを演じたカーク・アレンと、同じくロイスを演じたノエル・ニール。ノエル・ニールは50年代のジョージ・リーヴス主演のTVシリーズにもロイス役で出演し、2006年公開の『スーパーマン リターンズ』ではルーサーに財産を騙し取られる富豪役としてカメオ出演している。

本作ラストにおけるスーパーマンがロイスのためにとった行動は、本来は続編である『II』のラスト用に考えられたものであり、当初の予定では宇宙に打ち上げられた核ミサイルが爆発し、ファントム・ゾーンに閉じ込められていたゾッド将軍らが解放されるというものだった。

ディレクターズ・カット[編集]

2000年にディレクターズ・カット版が公開された。その際フィルムの修復が行われたが、映像より音声の劣化が著しく、音響効果は一新されている。

続編[編集]

本作製作の時点で次作『スーパーマンII/冒険篇』の製作が決定しており、冒頭で次作の敵であるゾッド将軍らが登場している。

2006年の『スーパーマン リターンズ』は本作および『スーパーマンII/冒険篇』の続編となっており、2004年に死去したマーロン・ブランド演ずるジョー=エルをCGで再現している。

受賞[編集]

書籍[編集]

  • 『原作 スーパーマン』 エリオット・マッギン著、手塚治虫訳 講談社(1979年6月12日) ASIN B000J8GFPW
映画のノベライズ作品。

その他[編集]

  • ロイスとクラークがデイリー・プラネット社出入り口の回転ドアを通過する場面で、ドアのガラスに監督のリチャード・ドナーの姿が反射して写っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Superman (1978)” (英語). Amazon.com. 2010年2月16日閲覧。
  2. ^ a b 「マン・オブ・スティール」の新スーパーマンの目撃情報が相次ぐ!?”. 映画.com. 2013年8月24日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)380頁
  4. ^ 日曜洋画劇場データ集【歴代視聴率】”. 日曜洋画劇場. 2011年11月6日閲覧。
  1. ^ 大平は『まんが・スーパーマン』と58年のテレビドラマ版のスーパーマンで主役(スーパーマン)を演じていた。

外部リンク[編集]