リーサル・ウェポン3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーサル・ウェポン3
Lethal Weapon 3
監督 リチャード・ドナー
脚本 ジェフリー・ボーム
ロバート・マーク・ケイメン
原案 ウォーレン・マーフィー
原作 キャラクター創造
シェーン・ブラック
製作 ジョエル・シルバー
リチャード・ドナー
出演者 メル・ギブソン
ダニー・グローヴァー
音楽 エリック・クラプトン
マイケル・ケイメン
エルトン・ジョン
主題歌 エルトン・ジョン
Runaway Train
撮影 ヤン・デ・ボン
編集 ロバート・ブラウン
バトル・ベイヴィス
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年5月15日
日本の旗 1992年10月3日
上映時間 118分
122分(ディレクターズ・カット版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $321,731,527[1]
前作 リーサル・ウェポン2/炎の約束
次作 リーサル・ウェポン4
テンプレートを表示

リーサル・ウェポン3』(Lethal Weapon 3)は、1992年アメリカで公開されたアクション映画

あらすじ[編集]

ロサンゼルス市警の巡査部長・リッグス&マータフは、あるビルの駐車場に仕掛けられた爆弾を爆弾処理班を待たず勝手に解体しようとしたあげく失敗し、ビルを完全に爆破するという失態を犯す。巡査に格下げになってしまった二人は、制服でのパトロール中に輸送員に変装した強盗に遭遇、ビリーというチンピラを逮捕する。強盗たちは特殊徹甲弾「コップ・キラー」で武装していたと判明した。しかし、ビリーは取調室で何者かに殺されてしまった。マータフとともに刑事へ復帰したものの、内務調査部が動き出したことに不満なリッグス。

ある日、若者の麻薬の取引現場を発見したリッグスは逮捕を試みるが、フルオートマチックのマシンピストルによる乱射を受ける。マータフが犯人を射殺したが、それはマータフの息子の親友であった。マータフとリッグスそして内務調査部のコール警部補が、未成年の銃事件とビリーを調べるうちにある人物が浮上する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト テレビ朝日
(追加録音版)
マーティン・リッグス メル・ギブソン 安原義人 磯部勉
ロジャー・マータフ ダニー・グローヴァー 坂口芳貞 池田勝
ローナ・コール レネ・ルッソ 高島雅羅 勝生真沙子
レオ・ゲッツ ジョー・ペシ 青野武 樋浦勉
ジャック・トラヴィス スチュアート・ウィルソン 池田勝 有川博
吉見一豊
マーフィ部長 スティーヴ・ケイハン 吉水慶 塚田正昭
デロリス デロリス・ホール さとうあい
トリッシュ・マータフ ダーリーン・ラブ 磯辺万沙子 竹口安芸子
リアン・マータフ トレイシー・ウルフ 引田有美 湯屋敦子
ニック・マータフ デイモン・ハインズ 堀内賢雄 鳥海勝美
キャリー・マータフ エボニー・スミス 岡村明美 かないみか
タイロン グレゴリー・ミラー 辻親八 郷里大輔
ハチェット ニック・チンランド 小室正幸 荒川太郎
若手警官 ジェイソン・レインウォーター 星野充昭 桜井敏治
ハーマン・ウォルターズ アラン・スカーフ 福田信昭 仲野裕
ダリル ボビー・ウィン 桜井敏治 柳沢栄治
ステファニー・ウッズ メアリー・エレン・トレイナー 野沢由香里 金野恵子
ビリー・フェルプス マーク・ペッレグリーノ 立木文彦
スミッティ ジョン・セナティエンポ 荒川太郎 小野健一
役不明又はその他 N/A 水野龍司
田中正彦
藤本譲
叶木翔子
中博史
幹本雄之
手塚秀彰
後藤敦
家中宏
宝亀克寿
辻親八
大黒和広
棚田恵美子
追加録音分
井上文彦
落合弘治
上田燿司
多田野曜平
高橋英則
石田嘉代
プロデューサー N/A 小川政弘
翻訳 石田泰子 宇津木道子
平田勝茂
演出 蕨南勝之
調整 山下裕康 山田太平
録音
効果 リレーション
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ ムービーテレビジョン
初回放送 1995年10月8日
日曜洋画劇場

※テレビ朝日版は2013年1月14日にWOWOWで放映される際に、初回放送時にカットされた箇所を同一声優で追加録音した。その際、ジャック役の有川博は故人のため代役として吉見一豊が追加録音部分を担当した。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

コップ・キラー[編集]

劇中に登場する特殊徹甲弾「コップ・キラー」は、防弾チョッキはおろかドラム缶やブルドーザーのブレード部をもきれいに貫通する威力を誇るが、現実世界において、発射薬や弾頭に限界のある通常サイズの拳銃弾(劇中では9mm口径用)にここまでの貫通力を持つ物は存在せず、あくまでもフィクションの産物である(一部の防弾チョッキを貫通可能な拳銃弾は存在する)。

エンディング・ロール[編集]

エンディング・ロール開始直後、またもビル爆弾事件が発生、急行したリッグスとマータフ。しかしエンドロール後、現場に着いた途端ビルが爆発。また自分たちのせいにされては敵わないと、その場から逃げ去る。

脚注[編集]

  1. ^ a b Lethal Weapon 3 (1992)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]