堀秀行

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ほり ひでゆき
堀 秀行
プロフィール
本名 堀 秀光(ほり ひでみつ)[1][2]
愛称 堀ちゃん[3]、師匠[3]、お兄ちゃん[4]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区[5]静岡県御殿場市[6]
生年月日 (1954-03-23) 1954年3月23日(69歳)
血液型 A型[7]
職業 声優俳優ナレーター[8]
事務所 青二プロダクション[9]
著名な家族 父:堀雄二[10][11]
母:甲斐はるみ[10][11]
兄:堀之紀[10][11][12]
弟:堀光昭[10]
娘︰堀友美[13]
公式サイト 堀 秀行|株式会社青二プロダクション
公称サイズ(時期不明)[14]
身長 / 体重 174[7] cm / 66 kg
声優活動
活動期間 1979年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作 井上達也(『宇宙空母ブルーノア』)[12][15][16]
俳優活動
活動期間 1977年[6] -
ジャンル テレビドラマ舞台
デビュー作 『遠い日の戦争』テレビドラマでのデビュー[6][17]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

堀 秀行(ほり ひでゆき、1954年3月23日[2][10][11][16] - )は、日本声優俳優ナレーター[8]東京都世田谷区出身[5]静岡県御殿場市育ち[6]青二プロダクション所属[9]

略歴

かつては両親がゴルフが好きであり、静岡県御殿場市のゴルフ場に行くため一家揃って東京都世田谷区成城から御殿場市に転居している[6]

静岡県立御殿場南高等学校卒業[6]。高校時代はゴルフ部に所属していた[6]

声優になる前は芸能人一家である家に反発し、高校を卒業後家出する[16]。その後2年間ほど板前の修業をするが、そのうち「どうも違うな」という気がしたため、1977年、劇団俳優小劇場に所属[6][16][18]。自分のどこかに、「役者をやりたい」という気持ちがあったことからだという[18]。その後、東企画[9]での舞台活動を経て、青二プロダクションの関係者と出会い、声優の仕事を始める[16]

テレビドラマでのデビューは1979年の『遠い日の戦争』[6][17]。声優としてのデビュー作はテレビアニメ宇宙空母ブルーノア』の井上達也役である[12][15][16]。初主役はテレビアニメ『タイガーマスク二世』の亜久竜夫 / タイガーマスク役となる[12]

人物

男3人兄弟のまん中で、父、母、兄弟全員が役者の役者一家である[19]。父は俳優堀雄二、母は宝塚歌劇団29期生甲斐はるみ、兄は声優・俳優の堀之紀[11][12]、弟は俳優の堀光昭[10]。娘は女優の堀友美[13]

声優としては、多数のアニメ、洋画等に出演、テレビナレーションも務めている[8]

熱い心を秘めた役柄に定評があり[11]、気合いの入った役にも縁がある[12]

週刊少年ジャンプ』の連載漫画原作のアニメに出演することが多く、テレビアニメ『魁!!男塾』の剣桃太郎役、『聖闘士星矢』の一輝役など多数の主要キャラクターを演じている[10]

『聖闘士星矢』で共演していた弟・役の堀川りょうによると一輝の必殺技である「鳳翼天翔」を使っていた時は「鳳翼天翔〜〜!!」と「地響きがするような感じでエネルギー満点だった」という[4]。瞬との兄弟愛あふれる会話に、堀川とテレ合うこともあったという[16]。彼らが最初の出会いは堀川が21、22歳くらいの学校演劇だったという[4]。凄く真面目な人物であり、芝居に対して向き合う姿勢も真摯な人物だという[4]。後年、アニメの仕事で一緒になることもその時は思っておらず、『聖闘士星矢』放送前から同じ事務所の所属となり、「あれ?りょう??」と言われ、「えっ?堀さん??」と言って声優として再会したという[4]。『聖闘士星矢』では兄弟役であり、「こんな風に繋がっていくんだ」、「人間の縁って、不思議だなぁ」と思っていたという[4]。青二プロダクションの野球部の試合に駆り出され、バッティングが非常によかったという[4]。まだ、声がデカく距離感がなく笑い、その笑い声が人柄をよく呵々大笑するという[4]

剣桃太郎を演じた時は役作りは難しく、一輝と似ている部分があるものの全く同じになると困り、多少声のトーンを高くして、生のしゃべりに近い感じで演じていたという[16]

堀川は堀のナレーションについては「音吐朗々とした低音の凄く落ち着いた声のナレーション」、「ナレーションでの厚みの声」と評している[4]。また、「演技もストレーション・ナレーションも両方巧みに織り交ぜて行かれる」と語っている[4]

早野寿郎によると1979年時点では俳優小劇場の養成所へ来て足かけ3年だったが、組の代表的な存在になり、合間に大道具の手伝いをしたりしていたため、仲間、先輩、後輩から好感を持たれていたという[6]。甘い顔で、3兄弟の仲では一番二枚目だったという[6]。芝居の基礎だけ2 - 3年して、その後はテレビ、映画の世界に飛び込みたがるものであり、そういう方向に進むものと思っていたという[6]。しかしこの後も舞台を中心に仕事をしていくつもりのようであり、父が生前、「舞台を離れてはいけない」と言っており、この遺言を受け継いでゆくつもりのようだったという[6]

趣味はゴルフスキー[9]野球[4]園芸[16]、映画鑑賞[15]資格免許普通自動車免許[9]。『水戸黄門』、『大岡越前』など、時代劇が好きである[16]

古谷徹とは仲が良く、一緒にゴルフ場に行くことが多い[3]

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1979年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
  • 美味しんぼ(1989年 - 1991年、栗田誠、阪村俊夫、寺杉由夫)
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1998年
1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2014年
2015年
2017年
2018年
2020年
2021年
2022年
2023年

劇場アニメ

1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1998年
2004年
2013年
2014年
  • PERSONA3 THE MOVIE #2 -Midsummer Knight's Dream-(幾月修司)
2015年
  • PERSONA3 THE MOVIE #3 -Falling Down-(幾月修司)
2018年

OVA

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
2000年
2001年
  • 旭日の艦隊(ワルター・G・F・マイントイフェル)
  • 紺碧の艦隊(ワルター・G・F・マイントイフェル、プンゼン)
2002年
2009年
2019年
2020年

ゲーム

1989年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2024年

吹き替え

映画

ドラマ

アニメ

人形劇

特撮

1998年
1999年
2006年
2007年
2008年
2009年
2012年

テレビドラマ

テレビ番組

ラジオ

CD

BLCD

  • 腐った教師の方程式 シリーズ(萩原透)
    • 腐った教師の方程式1
    • 腐った教師の方程式2
    • 腐った教師の方程式3
    • 腐った教師の方程式〜君は僕の宝物〜
    • 腐った教師の方程式〜夢もよう恋もよう〜
  • こいきな男ら シリーズ(島津京平)
    • こいきな男ら
    • こいきな男ら2
    • こいきな男らSIDE STORY
    • こいきな男ら3
  • THE DARK BLUE(ヘーゼル・ヴェイ)
  • 世紀末★ダーリン シリーズ(式部紫、ダーリンブラック)
    • 世紀末★ダーリン
    • 世紀末★ダーリン2
    • 世紀末★ダーリン3
    • 新・世紀末★ダーリン
  • タブー(鬼頭昭吾)
  • ミス・キャスト シリーズ(風間健吾)
    • ミス・キャスト 03 危ない朝
    • ミス・キャスト 04 誘惑の唇
    • ミス・キャスト 05 熱・帯・夜
    • ミス・キャスト 06 取材拒否
    • ミス・キャスト 07 代理出張
    • ミス・キャスト 08 罪な香り
    • ミス・キャスト 09 濡れた瞳
    • ミス・キャスト 10 偽りの答
    • ミス・キャスト 11 不利な立場
    • ミス・キャスト 12 一抹の不安
    • ミス・キャスト 13 揺れる心
    • ミス・キャスト 14 最終章 決断のとき

ナレーション

CM

その他コンテンツ

脚注

注釈

  1. ^ エンディングクレジットでは堀秀と誤表記。

シリーズ一覧

  1. ^ 『GGENERATION』(1998年)、『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『PORTABLE』(2006年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『CROSSRAYS』(2019年 - 2020年)
  2. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(第1作、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ
  3. ^ 海賊無双』(2012年)、『海賊無双2』(2013年)、『海賊無双3』(2015年)、『海賊無双4』(2020年)

出典

  1. ^ 成美堂出版 編「男性篇」『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月10日、624-625頁。ISBN 4-415-00878-X 
  2. ^ a b アニメージュ』1987年7月号、徳間書店、1987年7月、191-195頁。 
  3. ^ a b c torushomeの2014年4月10日のツイート2023年6月16日閲覧。
    torushomeの2014年6月11日のツイート2023年6月16日閲覧。
    torushomeの2014年9月2日のツイート2023年6月16日閲覧。
    torushomeの2015年10月2日のツイート2023年6月16日閲覧。
    torushomeの2015年10月2日のツイート2023年6月16日閲覧。
    torushomeの2016年10月6日のツイート2023年6月16日閲覧。
    torushomeの2017年8月23日のツイート2023年6月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 堀川りょう (2021年11月20日). “プライベートでも兄貴的存在!堀秀行さんを語る”. YouTube. 2023年6月17日閲覧。
  5. ^ a b 青二プロダクション 堀秀行”. 2013年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 「シリーズ家族 第4回 いま語る 故・堀雄二の遺児たち」『週刊平凡』1979年11月1日号、平凡出版、1979年11月、132-137頁。 
  7. ^ a b 青二プロダクション 堀秀行”. 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月25日閲覧。
  8. ^ a b c 堀 秀行”. タレントデータバンク. 2020年2月4日閲覧。
  9. ^ a b c d e 堀 秀行|株式会社青二プロダクション”. 2020年2月4日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g “堀秀行”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PE99559388cda80c3889e7934ae1c4d2515912539e/ 2021年10月28日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f 2021年03月23日(火) - 今日は何の日?”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2021年10月28日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、125頁。ISBN 4-19-720012-9 
  13. ^ a b 堀 友美”. Gガイド. 2021年10月29日閲覧。
  14. ^ 堀 秀行” (PDF). 青二プロダクション公式サイト. 青二プロダクション. 2011年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月25日閲覧。
  15. ^ a b c 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、142頁。 
  16. ^ a b c d e f g h i j 倉田幸雄編「人気声優にがぶりより! 第18回 堀秀行さん」『アニメディア 1988年12月号』学習研究社、1988年12月1日、雑誌01579-12、86頁。
  17. ^ a b 「堀雄二の遺児二人が兄弟役でそろってデビュー!」『週刊女性』1979年8月21・28日合併号、主婦と生活社、1979年8月、168頁。 
  18. ^ a b 「"名刑事役"堀雄二の三人息子がそろって俳優になった」『ヤングレディ』1980年7月22日号、講談社、1980年7月、101頁。 
  19. ^ アニメージュ』1987年9月号、徳間書店、1987年9月、193-196頁。 
  20. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  21. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. タイガーマスク二世. 東映アニメーション. 2023年1月9日閲覧。
  22. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. 機甲艦隊ダイラガーXV. 東映アニメーション. 2023年1月11日閲覧。
  23. ^ 愛してナイト”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  24. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. 光速電神アルベガス. 東映アニメーション. 2023年2月9日閲覧。
  25. ^ a b 中山基(編)『フィギュア王』No.119、ワールドフォトプレス、2008年1月30日、31頁、ISBN 978-4-8465-2701-3 
  26. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、267頁。ISBN 4-87376-160-3 
  27. ^ 聖闘士星矢”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  28. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. トランスフォーマー・ザ・ヘッドマスターズ. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  29. ^ 魁!!男塾”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  30. ^ 新グリム名作劇場”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2023年6月5日閲覧。
  31. ^ まじかる☆タルるートくん”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  32. ^ CHARACTER キャラクター紹介”. 『機動武闘伝Gガンダム』 公式サイト. サンライズ. 2021年9月2日閲覧。
  33. ^ CHARACTER キャラクター紹介”. 『機動武闘伝Gガンダム』 公式サイト. サンライズ. 2021年9月2日閲覧。
  34. ^ 逮捕しちゃうぞ[SECOND SEASON]”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月12日閲覧。
  35. ^ ロード・ジブリール CHARACTER 機動戦士ガンダムSEED DESTINY”. 機動戦士ガンダムSEEDシリーズ公式サイト. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY. サンライズ. 2023年2月12日閲覧。
  36. ^ “ブラック・ジャック”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/123.html 2016年5月6日閲覧。 
  37. ^ BLACK CAT”. GONZO公式サイト. 2016年7月6日閲覧。
  38. ^ 6/18(日)アニメ「ワンピース」第793話先行カット公開! サンジの父親・ヴィンスモーク・ジャッジが本格的に登場!キャストは堀秀行さん! サンジの生い立ちも徐々に明らかに…?”. ONE PIECE.com (2017年6月16日). 2017年6月16日閲覧。
  39. ^ 墓場鬼太郎”. 東映アニメーション. 2022年7月12日閲覧。
  40. ^ 『健全ロボ ダイミダラー』2014年4月アニメ放送開始予定!”. 2014年1月31日閲覧。
  41. ^ キャラクター 宇宙サバイバル編 第3宇宙”. ドラゴンボール超 東映アニメーション. 東映アニメーション. 2023年1月8日閲覧。
  42. ^ オーディーン 光子帆船スターライト”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  43. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. https://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  44. ^ ドラえもん のび太と竜の騎士”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  45. ^ PERFECT BLUE”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  46. ^ 風魔の小次郎 夜叉篇”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年6月2日閲覧。
  47. ^ 風魔の小次郎 聖剣戦争篇”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年6月4日閲覧。
  48. ^ 風魔の小次郎 最終章 風魔反乱篇”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年6月4日閲覧。
  49. ^ 源氏 第一部”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年10月31日閲覧。
  50. ^ ゴールデンカムイ:“禁断”の支遁動物記編がアニメ化 堀秀行が姉畑支遁に”. まんたんウェブ (2020年3月12日). 2020年3月12日閲覧。
  51. ^ 『SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド』新システム続々!”. ファミ通.com. 2012年8月20日閲覧。
  52. ^ キャラクター リュウ・ハヤブサ”. 真・三國無双 VS. 2012年2月24日閲覧。
  53. ^ CHARACTERS リュウ・ハヤブサ”. Dead or Alive 5 Official Site. 2012年7月22日閲覧。
  54. ^ 『ワンピース 海賊無双2』海軍・海賊、続々参戦!”. ファミ通.com. 2013年2月27日閲覧。
  55. ^ CHARACTERS”. DEAD OR ALIVE 5 ULTIMATE. 2013年8月21日閲覧。
  56. ^ 第4弾 塾生&講師陣 大集合!PV”. 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜. 2014年2月1日閲覧。
  57. ^ Character”. Tales of Zestiria テイルズ オブ ゼスティリア. 2014年9月16日閲覧。
  58. ^ CHARACTERS”. DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND. 2014年10月23日閲覧。
  59. ^ CHARACTERS”. 無双☆スターズ. コーエーテクモゲームス. 2016年12月1日閲覧。
  60. ^ CHARACTERS”. DEAD OR ALIVE 6 公式サイト. コーエーテクモゲームス. 2018年10月6日閲覧。
  61. ^ 『ペルソナ3 リロード』に登場する「ストレガ」「エリザベス」のキャラアートや、バトルシステム、新規エピソードなどを続々公開!”. ペルソナチャンネル (2023年9月20日). 2023年9月21日閲覧。

外部リンク