マイノリティ・リポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイノリティ・リポート
Minority Report
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジョン・コーエン
スコット・フランク
原作 フィリップ・K・ディック
『マイノリティ・リポート』(旧題:『少数報告』)
製作 ボニー・カーティス
ジェラルド・R・モーレン
ヤン・デ・ボン
ウォルター・F・パークス
製作総指揮 ゲイリー・ゴールドマン
ロナルド・シャセット
出演者 トム・クルーズ
コリン・ファレル
サマンサ・モートン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 ドリームワークス
20世紀フォックス映画
クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年6月17日
日本の旗 2002年12月7日
上映時間 145分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $102,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $358,372,926[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $132,072,926[1]
日本の旗 52.4億円[2]
テンプレートを表示

マイノリティ・リポート』(Minority Report)は、2002年に公開されたアメリカSF映画ドリームワークスによって製作され、20世紀フォックス映画によって配給された。フィリップ・K・ディックの短編小説『マイノリティ・リポート』(旧題:『少数報告』)を原作としてスティーヴン・スピルバーグが監督を務め、トム・クルーズが主演した。

2015年9月から、FOXチャンネルで映画に基づいた続編となるテレビドラマ作品が放送された(『マイノリティ・リポート (テレビドラマ)』)。

ストーリー[編集]

プリコグ(precog:precognitive、予言者)と呼ばれる3人の予知能力者たちで構成された殺人を事前に予知出来るシステムが実用化された近未来。それに従って予防的治安維持機能を遂行する犯罪予防局によって、そのシステムの導入以降は西暦2054年のワシントンD.C.の殺人発生率は0%になったと報告されていた。

犯罪予防局に勤めるジョン・アンダートン刑事は6年前、休暇中に息子のショーンを何者かに誘拐されて喪った事がきっかけで犯罪予防活動にのめり込むようになっていた。その一件で妻のララとも別れて疎遠になった上、病的な程に仕事の邁進に執着する余りその苦痛を紛らわすために違法薬物にも手を出す有様だった。

そんな中、予知システムの全国規模での導入に対する国民投票が行われることとなり、司法省調査官のダニー・ウィットワーが局を訪れ、システムの完全性を調査するための視察が開始。ウィットワーの指揮下でプリコグらのいる「聖域」にもアンダートンを初めとした予防局の部隊メンバーが同行させられながら視察のメスが入っていく。そして視察が一旦終わった直後、プリコグの一人で紅一点のアガサが突如目を見開いてジョンにしがみつき、「あれが見える?」と問いながら湖のある森で1人の女性が黒づくめの人間に襲われ湖に叩き込まれている予知映像を見せてきた。プリコグは稀にこうした事件の予知を繰り返しながら見る「エコー」と呼ばれる現象を起こすのだが、何かが引っ掛かったジョンは未来犯罪者の収容所に赴き、監視担当者のギデオンに溺死関連の事件データを検索させて調べ始める。その結果、見つかった事件の容疑者は「ニューロイン」という麻薬の中毒者にして網膜捜査を逃れるために手術で眼球を取り替えた身元不明の男で、その男に湖で殺されそうになった被害者は同じくニューロイン中毒だったが後に更生施設に入ってその克服に成功したアン・ライブリーという初老の女性だと判明。だが、予知されていたその事件の記録映像を確認しようとすると何故かアガサの予知映像だけが無く、被害者女性であるアンの現在も調べるとその防がれた事件の後に謎の失踪を遂げていた。ジョンは違反を承知の上でその事件のデータをコピーし、予防局局長のラマー・バージェスにそれを見せて報告するが詳細は分からず、予知システムの今後についての話が優先された。

翌日、ウィットワー調査官の視察が行われる中で新たに殺人事件が予知されるが、そこには見ず知らずの他人であるリオ・クロウなる男を射殺するジョンの姿が映っていた。それに驚愕しながらもジョンはウィットワーの罠にかかったと確信して逃亡を始める。追手のウィットワー達をも何とか振り切ると、予知システムの考案者であるアイリス・ハイネマン博士の元を訪れる。そこで助けを求めるジョンだが、彼女はシステムが偶然の発見から生まれたものであることを明かす。ハイネマンは元々、ニューロインの中毒患者から生まれた遺伝子疾患を持つ子供達の研究を行っており、その子らはほとんどが12歳までに死亡してしまったが、生き延びたものは予知夢の能力を獲得しており、それが発端となってシステムが開発されたのだった。 そして予知システムでは時に3人の予知が食い違うことがあり、それによる少数の意見、即ち"マイノリティ・リポート"にあたる予知はシステムの完全性に綻びを生じさせないために存在を秘匿され、なおかつ破棄されていた。そしてそのリポートはプリコグ達の中でも特に能力の強い紅一点のアガサの脳内にのみ保存されているという。

ジョンはマイノリティ・リポートを入手して真相を突き止めるべく、予防局だけでなく街中に張り巡らされた網膜スキャナーを掻い潜るために闇医者のエディ・ソロモンに依頼し、手術を受けて他人の眼球を移植してもらう。そうして摘出した自らの眼球も使い、局内に潜り込んでアガサの誘拐に成功する。そして、システムの操作系統を設計したルーファス・T・ライリーの手を借り、アガサの脳内を探るが、マイノリティ・リポートは存在せず、代わりにアガサは再び、過去に予知した湖でのアン・ライブリー溺死事件の記録映像をジョンに見せた。

それでもジョンは真相究明を諦めず、アガサを連れながら最後の手掛かりであるリオ・クロウの部屋へと向かうが、そこには子供の写真が大量に散らばっており、その中に息子のショーンの写真があるのを発見する。そしてジョンはマイノリティ・リポートが出なかった以上はプリコグの予知が正しかったと自覚し、その場に現れたクロウがショーンを攫った犯人だと悟って彼に飛びかかると、息子のショーンを殺したのか詰問する。それをクロウが認めたことで悲しみと怒りに震えたジョンは、あの予知通りにクロウに銃を突き付けて殺そうとした。しかし、アガサの必死の制止もありジョンは予知された時刻を迎えても何とか怒りを鎮めてクロウを殺害するのを思い留まり、誘拐犯として逮捕することを彼に告げる。ところが、それに対しクロウは「知らない男から頼まれて誘拐犯のふりをしただけで、自分が殺されないと家族に金が渡らない」と訴え、無理やり自身をジョンに撃たせて絶命した。クロウも何者かに利用され、ショーン誘拐の犯人に仕立て上げられていたのだった。

そのままジョンがアガサと共に逃走した後、ウィットワーは現場を捜査するが、現場の状況からこの事件が仕組まれたものであると察し、彼もジョンが何者かに陥れられていると確信する。そしてアガサがジョンに見せたエコーとされるアン・ライブリー溺死事件予知の記録映像も調べた結果、ウィットワーはとある事実を突き止めた。

ウィットワーは直ちにバージェス局長に連絡してジョンの自宅に呼び出すと、アガサによるアン・ライブリー溺死事件予知の記録映像と他の双子のプリコグによるそれを見せ、僅かに違っている箇所があることからこの2つの映像は同一のものではなくそれぞれが別の時間帯に起きた事件の予知映像だという事と、そこから自身の推理で導き出した真実を述べる。事件の真犯人はニューロイン中毒者のホームレスを雇って被害者女性のアン・ライブリーを襲わせ、それをプリコグ達が予知する事でそこに駆け付けた予防局の部隊がその犯人となったホームレスを逮捕して去った後、真犯人は自身とアン以外に誰もいなくなったその現場で先のホームレスと同じ姿に変装し、改めて彼女を同様の形で襲い殺害。当然その殺人も予知されるが、そこでの映像は一見すると先の防がれた事件の予知映像と全く同じであるため、予防局のモニター確認担当の技師はその殺人の予知映像をエコーだと判断して抹消。結果的に真犯人によるアン・ライブリー殺人事件は防がれないどころかその存在も見落とされたまま済んでしまう。そして、そこまでの事が実行出来た真犯人は、この予知システムを熟知しそのデータを自由に閲覧出来る予知局の高官に位置する者であるとも説明した。しかしその直後、バージェス局長はアガサの抜けたプリコグの犯罪予知システムが機能していない事を告げると、突如ジョンが所持していた拳銃でウィットワーを射殺してしまう。全ての黒幕はバージェス局長であった。

その頃、アガサを連れたジョンは妻のララの家に向かい真相に辿り着こうとするも、事前にララから夫のジョンの助けを求める連絡を受けていたバージェス局長の手回しにより、そこに駆けつけた予防局の部隊によってウィットワー殺害の容疑も着せられた上で遂に逮捕されて収容所に投獄される。そしてアガサは再び予防局のシステム内に戻され、改めて犯罪予知システムが全国で導入されることとなった。しかし、バージェス局長が犯人しか知り得ない情報を口にしたのを聞いて彼が黒幕であると気付いたララが、ジョンが手術で摘出していた眼球を使って収容所へと潜入し、彼を脱獄させる。そして予知システムの全国導入を祝うパーティ会場で、ジョンは事件の真相を暴き大勢の聴衆にそれを見せる。消息を絶った被害者女性のアン・ライブリーはアガサの母親で、最初は薬物中毒に溺れていたが何とかそれを断ち切って更生し、予防局に大事な娘のアガサを返すよう迫っていた。しかし、予知システムが機能するのに必要不可欠なアガサを失う訳にはいかないバージェス局長は邪魔者でしかないアンを消すべく、ウィットワーがいち早く突き止めていた通りシステム上の盲点を突いた巧妙なトリックを用いてアンの抹殺を実行。そして目論見通りその殺人は発覚を免れ、殺されたアンもそのまま湖に沈んだことで行方不明者として処理される一方、さらなる隠蔽のためにバージェス局長は予防局のデータベースに記録されたアガサによるアン殺害の予知映像データをも消し去って事無きを得ていた。だが今になって、アガサの脳内に唯一残っていた予知映像からアンの存在を知って事件性を嗅ぎ付けたジョンがその捜査を始めようとしたため、真相が暴かれるのを恐れたバージェス局長はあのリオ・クロウを買収してジョンからショーンを奪った誘拐犯を演じさせ、それに騙されたジョンがクロウを殺害することで収容所に投獄されるよう仕向けていたのだった。

そうして大勢の人間がいるパーティ会場で過去の犯行を映像で暴露された上、直後にプリコグ達に自身がジョンを射殺するという突発的殺人の予知までされたバージェス局長は、その予知に逆らってジョンを殺害しなければ犯罪予知システムは欠陥が発覚して破綻することとなり、逆に今後も予知システムを存続させるには収容所に投獄されるのを覚悟で予知に従いジョンを射殺するしかないというジレンマにも陥り追い詰められた。そのままバージェス局長は予知されていた殺害現場で再会したジョンに持っていた拳銃を向けるも、彼に「自分の未来は自ら望む通りに変えられる。あんたにそのチャンスはまだ残っている」と諭されたことでジョンへの贖罪を決心して彼に許しを乞いながら、その拳銃でジョンではなく自分自身の命を絶つという最期を遂げた。

その後、犯罪予知システムは欠陥が認められたことで廃止となり、収容所に投獄されていた未来犯罪者達にも特赦が与えられ、警察の監視下に置かれる者もいたが全員が釈放された。そしてジョンとララは改めてお互いの気持ちを理解し合った上で復縁して夫婦に戻り、ララがジョンの新しい子供を身篭ったことで2人は人生に希望を見出だすことが出来た。一方でプリコグの3人も晴れて解放され、人里離れた秘密の土地で自らの能力による重荷に苦しめられない平穏な人生を過ごしていくのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
オフィシャル版 DVD
ジョン・アンダートン トム・クルーズ 堀内賢雄 須賀貴匡
ダニー・ウィットワー コリン・ファレル 楠大典
アガサ サマンサ・モートン 根谷美智子 水樹奈々
ラマー・バージェス局長 マックス・フォン・シドー 大木民夫
アイリス・ハイネマン博士 ロイス・スミス 久保田民絵
エディ・ソロモン医師 ピーター・ストーメア 仲野裕
ギデオン ティム・ブレイク・ネルソン 牛山茂
ジャッド スティーヴ・ハリス 乃村健次
ララ・クラーク キャスリン・モリス 日野由利加
ウォリー ダニエル・ロンドン 土田大
フレッチャー ニール・マクドノー 荒川太郎
ノット パトリック・キルパトリック 谷昌樹
エヴァンナ ジェシカ・キャプショー
ルーファス・T・ライリー ジェイソン・アントゥーン
リオ・クロウ マイク・バインダー
アン・ライブリー ジェシカ・ハーパー 久保田民絵

吹替はオフィシャル版が先に製作されたものの、日本の配給会社によって独自にDVD版が製作され、DVDにはこちらのみを収録する予定だった。だが、スピルバーグによるクレーム[3]があったことでオフィシャル版がメインの吹替として収録されることとなり、DVD版は特典扱いでの収録となった。これに伴い、プロモーションのため開催予定だった須賀による公開アフレコイベントは中止となっている[4]

スタッフ[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

  • 日本語字幕翻訳:戸田奈津子
  • 日本語吹替演出:高橋剛
  • 日本語吹替翻訳:伊藤美穂
  • 日本語吹替調整:佐藤隆一
  • 日本語吹替制作:ビデオテック

その他[編集]

  • 劇中で2054年モデルのレクサスが登場する。これはレクサス・チャンネルを展開するトヨタ自動車の北米のデザイン拠点、CALTYがデザインしたものである。日本での劇場公開時、そのプロモーションの一環で東京・池袋にあるトヨタ自動車の展示ショールーム、アムラックスで劇中車のレクサスと作品に使われた小道具類が期間限定で特別展示された。なお、2002年当時は日本ではレクサスは展開前で、その事業発表もなされていなかった。
  • ジョン・アンダートンが地下鉄で逃亡したとき、新聞の速報を見てジョンを発見する男性乗客は、映画『バニラ・スカイ』のキャメロン・クロウ監督である。クルーズはクロウ監督作品の常連である。さらにその後ろには、目から上しか映っていないがキャメロン・ディアスカメオ出演している。
  • 本作は銀残しという手法を用いて現像処理され、コントラストが強く、彩度の低い映像となっている。監督のスピルバーグは「汚い映像にすることでリアリティを出したい」と意図してこれを用いている。場面によってはモノクロの映像のように見える特殊な表現であるため、当初トム・クルーズは反対の異を唱えていた。
  • トム・クルーズはなんでもスタントを自身でやりたがる俳優としても知られているが、スピルバーグは撮影前に「君がやるべきスタントは私が決める」と言って聞かせたという逸話がある。
  • 作中、スピルバーグの娘であるジェシカ・キャプショーがエヴァンナという役名で出演している。
  • 本作は「ジョン・アシュクロフト司法長官により、9.11以降アメリカ政府が国民の情報を管理しようとしていること」に対しての政治的問いかけを含んでおり、政府が未来を予測できるようになればどうなるかを描いている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Minority Report (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2003年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月9日閲覧。
  3. ^ イギリスで先行して発売されたDVDの特典に技術的な不備が発覚したことから、スピルバーグは全世界で発売予定のDVDをチェックしていた。
  4. ^ 「マイノリティ・リポート」アフレコ中止に| ZAKZAK at the Wayback Machine (archived 2003-04-08)
  5. ^ 「映像の魔術師 スピルバーグ自作を語る」

外部リンク[編集]