ドリームワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DreamWorks Studios
業種 映画製作
設立 1994年10月12日
創業者 スティーヴン・スピルバーグ
ジェフリー・カッツェンバーグ
デヴィッド・ゲフィン
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ユニバーサルシティ
代表者等 スティーヴン・スピルバーグ共同社長
ステイシー・スナイダー共同社長、CEO
製品 映画
所有者 独立 (1994–2006)
バイアコム (2006–2008)
リライアンス・ADA・グループ(2008年 - 現在)
従業員数 1,200人(2008年)
部門 ドリームワークス・アニメーション(分社・独立)
DreamWorks Live Theatrical Productions
DreamWorks Movie Network
DWKids.com
子会社 DreamWorks Records(売却)
DreamWorks Interactive
DreamWorks Television
DreamWorks Home Entertainment
Go Fish Pictures
ウェブサイト www.dreamworksstudios.com

ドリームワークスSKGDreamWorks SKG)は、アメリカ映画会社、製作会社である。

概要[編集]

1994年ディズニーの製作部門のトップであったジェフリー・カッツェンバーグが、会長であったマイケル・アイズナーに対して事故死したフランク・ウェルズ社長の後任へ自薦したのを断られたのをきっかけに退社し、映画監督スティーヴン・スピルバーグ、レコード会社経営者のデヴィッド・ゲフィンを誘って設立した。SKGは3人の設立者、SpielbergKatzenbergGeffenの頭文字をとったものである。ちなみに『アミスタッド』以降すべてのスピルバーグ監督作品を制作していた(一部は他社との合作にあたる)が、2008年の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』以降のスピルバーグは、アンブリン・エンターテインメントルーカスフィルムで制作を行うこともある。

来歴[編集]

ヒット作は出るものの、現代の映画会社の経営が過去の作品の映像ソフト化やテレビ放映権収入に多くを依存しているのに対し、同社は過去のストックが少ないために経営状態は苦しく、財務体質の改善を目的として、2003年には音楽部門であるドリームワークス・レコードをユニバーサルミュージックに売却。翌2004年にはアニメ部門をドリームワークス・アニメーションSKGとして分社化し、ニューヨーク証券取引所に株式上場した(これにより、共同創設者だったジェフリー・カッツェンバーグも退社し、ドリームワークス・アニメーションSKGのCEOに就任した)。

さらに、2005年12月には、バイアコム傘下のパラマウント映画が16億ドルでドリームワークス自体の買収を発表(2006年2月に正式合意)。

ところが、2007年にはバイアコムのフィリップ・ドーマンCEOが「スピルバーグ監督は不要」と発言し、両者の関係は険悪化。

2008年9月、スピルバーグはインドコングロマリットであるリライアンス・ADA・グループと、JPモルガン・チェース証券がメインとした複数の銀行からの出資を受け、元・パラマウント映画社長ステイシー・スナイダーと共にパラマウント映画から独立し、スナイダーがCEOに就任した。しかし、この分離・独立の時期がリーマン・ショックと重なったため、当初はリライアンス・ADA・グループから5億5000万ドル、銀行から7億5000万ドルの計13億ドルを調達するはずだった計画が、リライアンスからの出資3億2500万ドル、銀行からも同額の3億2500万ドルの計6億5000万ドルの出資となってしまった[1]

2009年2月にはディズニーとの配給契約を締結し、2011年公開の『アイ・アム・ナンバー4』から実写作品の配給が開始された。ただし、アニメーション作品はこの契約には含まれず、2012年までパラマウントとの契約を継続するほか、実写作品についてもパラマウントとの共同製作および配給されるものもある。

先述のリーマン・ショックによる影響のため、2012年の年明けには資金が底をついて新作の企画開発が遅れていたが、2012年4月11日にインドのリライアンス・エンタテインメントから新たな出資契約を取りつけたと報じた。詳細な契約内容は明らかにされていないが、ドリームワークスは今後も年間3 - 5本を製作する予定[2]

2015年9月にはアンブリン・エンターテインメントとの配給契約を締結し、2016年公開の『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』から配給が開始された(アニメ作品を含まない)。これに伴い、2016年8月にディズニーとの配給契約を終了する発表がありました。

日本での配給会社の変遷[編集]

設立当初、日本における配給はUIPを通して上映され、ビデオ・DVDはCIC・ビクター ビデオ株式会社(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)、2001年からはユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン株式会社(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)によって発売されていた。

2004年に角川ホールディングスが同社との提携を発表した結果、ドリームワークス関連事業を角川グループが独占できるようになった。映画配給はアスミック・エース エンタテインメントが、DVD販売は角川エンタテインメントがそれぞれ担当している(角川エンタテインメントが販売する作品はアスミックなどが発売する方式をとっているが、ドリームワークス作品のみ一社発売、販売体制をとっている。ドリームワークス設立当初に製作された作品に関しても、徐々にユニバーサルから角川に発売・販売権が移行された。)。その後は実写映画を角川映画が、アニメをアスミックがそれぞれ配給する役割分担が行われ、角川エンタテインメントとの共同配給での公開となった。

バイアコムの買収により、日本でも2008年11月以降の作品はパラマウント・ピクチャーズ・ジャパン(パラマウント ジャパンの配給部門)配給で公開されており、DVDの発売・販売権も2009年4月10日発売分からパラマウント ジャパンへと移行した。しかし、実写作品はディズニーとの提携により、2010年以降ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン配給に変更された。その一方、アニメ作品は『マダガスカル3』を最後に日本での劇場公開が途絶えており、全世界の中でも日本のみ劇場公開を見送られて、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』、『クルードさんちのはじめての冒険』、『ターボ』、『天才犬ピーボ博士のタイムトラベル』、『ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険』ではビデオスルーとなる事態が続いていた。DVDの発売・販売権も、2013年11月21日発売分以降は20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンと移行した(アニメ作品のみ)。2015年よりアニメ作品では、『ヒックとドラゴン2』(2015年3月19日限定上映)、『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』(2015年11月14日公開)、『カンフー・パンダ3』(2016年夏公開)から日本での劇場公開が再開され、配給は20世紀フォックスで公開される。

映画作品[編集]

※アメリカ本国を基準に記載。ドリームワークス・アニメーションが製作した作品はAと表示。

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

  • カンフー・パンダKung Fu Panda (パラマウント映画を通しての配給のみ)A
  • マダガスカル2Madagascar 2: The Lost Island (パラマウント映画を通しての配給のみ)A

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

  • Boss Baby(20世紀フォックス)A
  • Captain Underpants(20世紀フォックス)A
  • 「クルードさんちのはじめての冒険2」The Croods2(20世紀フォックス)A

2018年[編集]

  • Larrikins(ユニバーサル・スタジオ)A
  • 「ヒックとドラゴン3」How to Train Your Dragon 3(ユニバーサル・スタジオ)A

発表[編集]

  • When Worlds Collide (パラマウント映画)
  • The Hands of Shang-Chi
  • Fatal Frame
  • Ghost in the Shell
  • Mumbai Musical(ユニバーサル・スタジオ)A
  • マダガスカル4Madagascar4(ユニバーサル・スタジオ)A
  • 「長ぐつをはいたネコ2」Puss in Boots 2: Nine Lives & 40 Thieves(ユニバーサル・スタジオ)A

製作[編集]

  • Splinter Cell: The Movie (2010年、パラマウント映画)

出典[編集]

  1. ^ ドリームワークス、深刻な資金難 出資各社と再交渉へ
  2. ^ ドリームワークス、リライアンスから新たに資金調達

外部リンク[編集]