A.I.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A.I.
A.I. Artificial Intelligence
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 イアン・ワトソン
スティーヴン・スピルバーグ
原案 スタンリー・キューブリック(クレジット無し)
原作 ブライアン・オールディス
『スーパートイズ』
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
ボニー・カーティス
製作総指揮 ヤン・ハーラン
ウォルター・パークス
出演者 ハーレイ・ジョエル・オスメント
ジュード・ロウ
フランセス・オコナー
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
アンブリン・エンターテインメント
スタンリー・キューブリック・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年6月29日
日本の旗 2001年6月30日
上映時間 146分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $78,616,689[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
97億円[2] 日本の旗
$235,926,552[1] 世界の旗
テンプレートを表示

A.I.』(エー・アイ、A.I. Artificial Intelligence)は、2001年アメリカSF映画

製作[編集]

元々は、スタンリー・キューブリック監督の企画であったが、キューブリックが死去したため、スティーヴン・スピルバーグによって監督された。ただしクリスティアーヌ・キューブリックとスピルバーグ本人によると、キューブリックは元々監督をスピルバーグに任せ、自身は製作に回る予定だったとのこと。その後スピルバーグは監督を任せるとキューブリックに言われたとき1度は断り、キューブリックが監督することになったという。

キューブリックは1970年代より、原作となる『スーパートイズ』の映画化の計画を持っていたといわれ、1982年に正式に原作者から映画化に関する権利を取得した[3]

その後10年かけて脚本が執筆され[3]、1990年代初頭には、後に『ジュラシック・パーク』で少年ティムを演じたジョゼフ・マゼロを起用してキューブリック自らテスト撮影を行ったが(これは関係者が認めている)、本撮影に入る前に話が消滅。この時点で既にキューブリックとスピルバーグはこの映画の制作に関する話し合いを複数回持っていたとされる。キューブリックは製作に時間をかける監督であることから人間の子役では成長してしまうため、デイビットを実際にロボットで造るという案も出ていた[3]

キューブリックの死後、一度は企画が白紙になりかけるが、キューブリックの遺族の強い希望でスピルバーグが製作を引き継ぎ、監督だけでなく自ら脚本を執筆することとなった。スピルバーグ自身はキューブリックの原案を変えたくなかったため、キューブリックの遺志を尊重した監督を行ったという[3]

ストーリー[編集]

地球温暖化が進んで一部の海に近い土地が沈み、妊娠・出産に厳しい許可制度がしかれ、人間の代わりに多くの資源を必要としないロボットが活躍する未来。その時代に人間と同じ愛情を持つ少年型ロボットとして開発されたデイビッドは、彼を製作したロボット製造会社の社員、ヘンリーとその妻モニカの元へ試験的に送られる。夫妻には不治の病を持つ息子のマーティンが居たが、現在は冷凍保存で眠っていて目覚める保証はなく、実質的に子供がいないのと同じだった。

起動させたモニカを永遠に愛するよう、元々変更がきかないようにプログラムされたデイビッドだったが、マーティンが奇跡的に病を克服して目を覚まし、退院して家に戻ってくる。それからモニカはデイビッドよりもマーティンの方に特に愛情を注ぐようになった。ある日マーティンとデイビッドが遊んでいる最中、マーティンの生命に関わる事故が発生し、デイビッドは森に捨てられる。

デイビッドは、再び母に愛されることを目的に友達の玩具型ロボットのテディ、森で出会ったセックス・ロボットのジゴロ・ジョーとともに旅をする。途中でロボットを破壊して楽しむショーの見世物にされかけるなど様々なトラブルに遭いながらも、デイビッドはただひたすらにモニカの愛を求めて旅を続け、最後は海に落ちてしまう。それでも彼は意識を失うその瞬間まで「僕を愛して」と望み続けた。

それから2000年が経ち、地球は厚い氷に覆われ、人類は絶滅していた。海底で機能停止していたデイビッドは、より進化したロボットたちに回収され、再起動される。

デイビッドは彼らに歓迎され、願いを1つ叶えてもらえることになり、モニカと過ごす日々を望んだ。技術が発達しているその世界ではクローン技術も進歩していたが、再生されたクローンは長く生きられないため、たった1日しか一緒にいられないことを告げられる。それでも希望を捨てないデイビッドの願いを尊重したロボットたちは彼の願いに応え、デイビッドは母の愛にあふれた暖かな1日を過ごし、最後は人間と同じように眠るのだった。

登場人物[編集]

デイビッド:ハーレイ・ジョエル・オスメント
この物語の主人公で人間と同じ愛情を持つ少年型ロボットとして造られた。
モニカによって愛情をプログラムされた後に、不治の病から回復したマーティンと一緒に暮らすも、プールでマーティンを溺れさせてしまった事により、モニカによってテディと共に森に捨てられる。
放浪中に出会ったセックス・ロボットのジゴロ・ジョーと共に旅を続ける。警察のヘリコプター(?)を奪取し、自分を造った会社の本社に向かいホビー教授と会うが、自身と同じタイプのロボットが無数にある事に驚き、絶望する。その後、海底で願いが叶うと云われる「ブルー・フェアリー」を発見、彼女に人間にしてもらうようにお願いするが、そのまま機能停止する。
それから2000年後に人類再生の為のロボットにより再起動される。クローンとして復活したモニカと共に最後の1日を楽しみ、モニカと共に眠りに落ちた。
尚、飲食が出来ず、それでいながら食事をするシーンがあるが、それが元で修理する羽目になる。
ジゴロ・ジョー:ジュード・ロウ
もう一人の主人公で女性を悦ばせる男性型セックス・ロボットとして造られた。
数多くの女性を悦ばせていたが、客の一人の女性が他殺体で発見された事件に巻き込まれて警察に追われる身となる。逃亡の為に胸部の営業許可証を切除したことにより未登録のロボットと思い込まれ、森で出会ったデイビッドと共にショーの見世物として連れ去られてしまうが、無事に脱出する。
デイビッドと共に旅を続けて行くが、警察に連れ去られ、「僕は生きた、そして消える!」とデイビッドに言い残した。その後の去就は描かれていない。
髪型や人相を自由に変える事ができ、相手の女性の好みにする事が可能。
テディ:ジャック・エンジェル
デイビッドの友達として、モニカが起動させた高度な知能を持つ熊型のペットロボット。
デイビッドと共に旅を続け、最後まで彼の傍に居続けた相棒である。
モニカ・スウィントン:フランセス・オコナー
ロボット製作会社の社員・ヘンリーの妻。不治の病を患った息子のマーティンがいるが、彼が冷凍睡眠している事により、デイビッドが彼女の家族としてやってきた。
デイビッドに自身を永遠に愛するようにプログラムするが、マーティンが病を克服した事により、デイビッドを除け者にし、更には彼を森に捨て車で走り去っていく。
2000年後、クローンとして肉体・精神・記憶と共に復活するが、その時点での彼女の寿命は1日しかなく、デイビッドと共に最後の1日を楽しんだ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TBS
デイビッド ハーレイ・ジョエル・オスメント 常盤祐貴 上村祐翔
ジゴロ・ジョー ジュード・ロウ 大川透 成宮寛貴
モニカ・スウィントン フランセス・オコナー 紗ゆり 玉川紗己子
ヘンリー・スウィントン サム・ロバーズ 井上和彦 寺杣昌紀
マーティン・スウィントン ジェイク・トーマス 村上想太 宮谷恵多
アレン・ホビー教授 ウィリアム・ハート 仲野裕 菅生隆之
ジョンソン=ジョンソン卿 ブレンダン・グリーソン 岩崎ひろし 池田勝
テディの声 ジャック・エンジェル 大平透 銀河万丈
Dr.ノウの声 ロビン・ウィリアムズ 小川真司 岩崎ひろし
スペシャリストの声 ベン・キングスレー 青野武 稲垣隆史
ブルー・メカ(青い髪の妖精)の声 メリル・ストリープ 高島雅羅 堀越真己
コメディアンの声 クリス・ロック
  • ソフト版吹き替え - VHSDVDBD収録
  • TBS版吹き替え - 初回放送2005年1月12日『水曜プレミア』(20:00-22:54)※ノーカット放送

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

最終盤に登場する半透明・人型のキャラクター(クレジットには「スペシャリスト(専門家)[4]」と表記)を宇宙人と誤解している評論も見かけるが、メイキング映像によるとあのキャラクターは、絶滅した人類の遺物であるロボット=デイビッドよりはるかに高度に進歩したA.I.という説明がなされている。スピルバーグ曰く「アナログはいつか滅び、デジタルが生き残る。なぜならデジタルは劣化しないからだ」。

楽曲[編集]

「モニカのテーマ」と題されたエンディング曲でソプラノの歌声が聴ける。ヴォカリーズ(歌詞が無い)という形態はハリウッド映画の音楽では珍しいものである。

ソロを担当したのはアメリカのソプラノ歌手バーバラ・ボニーである。ボニーが得意としていた役の一つに『ばらの騎士』(R.シュトラウス)のゾフィー役があるが、『ばらの騎士』のワルツ音楽も『A.I.』劇中で使用されている(下記)。R.シュトラウスは『2001年宇宙の旅』で知名度を上げた交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』の作曲者でもある。

『ばらの騎士』の音楽を使うことはキューブリックの遺志だったが、どの場面で使うべきまでは伝わっておらず、最終的には音楽担当のジョン・ウィリアムズの独断でルージュ・シティに主人公達が入っていく場面で30秒間だけ使われた。

反響・評価[編集]

ほかのスピルバーグ監督作品とはかなり異質である。スピルバーグが「母親と息子」という構図を用いること自体非常に珍しい。この脚本はオリジナルとは百箇所近くも異なっている部分があるにも関わらず、オリジナルにある根本的なものは全く揺らいでいないと、製作総指揮のヤン・ハーランは絶賛している。

本国のアメリカでは興行的に失敗に終わったが、日本では興行収入96.3億円と大ヒットを飛ばして製作費を楽々と回収した。これはアメリカでは難解な哲学映画としてマーケティングされたのに対し、日本では「母とロボットの愛」として宣伝されたことに由来する。しかし実際には日本の宣伝のような母とロボットの愛の表現はほとんど登場しない。この結果を受け、スピルバーグは日本のマーケット的価値をより重視するようになる(スピルバーグ製作の『硫黄島』2部作もその流れの中にあると言える)。

2001年アカデミー賞では視覚効果賞、作曲賞にノミネートされたが、いずれも受賞は逃がしている。

また、キューブリックのファンからは「ラストシーンはキューブリックなら海底に沈んで機能停止した時点で終わらせていた」と批判されている。しかし、スピルバーグ曰く「スタンリーの草案では2000年後の世界を描く展開も用意されていたため、あのシーンこそ私が映像化しなければならなかった」という[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c A.I. Artificial Intelligence (2001)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年3月26日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2001年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年3月26日閲覧。
  3. ^ a b c d 「EYES特別インタビュー ヤン・ハーラン」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 98頁、 雑誌コード:01843-05。
  4. ^ 「スペシャリスト」が絶滅した人類について語る台詞に"space-time"(時空)という単語が2度出てくるが、日本語字幕作成者の戸田奈津子はこれを「宇宙時間」と誤訳している。
  5. ^ 「映像の魔術師 スピルバーグ自作を語る」より。

外部リンク[編集]