玉川砂記子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たまがわ さきこ
玉川 砂記子
プロフィール
本名 池田 砂記子(いけだ さきこ)
(旧姓:玉川)
愛称 さっこさん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本,東京都
生年月日 1962年1月20日(52歳)
血液型 A型
身長 157 cm
職業 声優女優歌手
事務所 シグマ・セブン
配偶者 池田秀一
声優活動
活動時期 1973年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作 ヤンシー・ブレディ(『ゆかいなブレディ家』)
女優活動
活動時期 1973年 -
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
デビュー作 金尾加奈子( 『コロッケ町のぼく』)
音楽活動
活動時期 1993年 -
ジャンル J-POP
職種 歌手
レーベル 日本クラウン
1993年
アルファレコード
1994年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

玉川 砂記子(たまがわ さきこ、1962年1月20日 - )は、日本声優女優歌手ナレーター。本名、池田 砂記子(いけだ さきこ)。愛称は、さっこさん

東京都出身。劇団こまどり東京俳優生活協同組合を経て、シグマ・セブンに所属。玉川 紗己子(読み同じ)名義で活動していたことがある[1]。夫は声優の池田秀一[2]。「玉川」姓は旧姓

人物紹介[編集]

特色[編集]

幅広い役柄をこなせる声優と評される[3]アニメへの声あてが多いが、『グレムリン』(ケイト役)などの洋画吹替や、報道番組などでナレーションも行っている。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』では複数存在するタチコマの個体化が進み、喋り方にばらつきが出た後も、すべての声を演じ分けている。

吹替では1980年代に、テータム・オニールダイアン・レインソフィー・マルソーなどを担当し、美少女役を得意としていた[4]

古本新乃輔とは、『F』『ジャングル大帝(第3作)』『ユンカース・カム・ヒア』『爆れつハンター』などと共演作が多い。

経歴[編集]

劇団こまどり出身で、子役としてNHKラジオドラマ大河ドラマ、『少年ドラマシリーズ』の「その町を消せ!」等のテレビドラマに出演していた[5]。歌手業でも多くの歌を吹き込み、「誕生日のチャチャチャ」は1971年に、「マヌエロ」は1972年に『みんなのうた』で使用された。特にテレビアニメ『ムーミン』の主題歌「ムーミンのテーマ」のカバー版を玉川さきこ名義で歌って、1970年の第12回日本レコード大賞童謡賞を受賞した[6]

声優デビュー作は、1970年よりフジテレビで放送されたアメリカドラマ『ゆかいなブレディ家』[7]の次女ヤンシー[8]。中学校が顔出しでの芸能活動が禁止だったことから、以後は声優としての活動が中心となっていく[9]。1981年の『フーセンのドラ太郎』でアニメ初レギュラーとなる[1]。大学在学中から1991年頃まで千葉繁が主宰していた劇団バーストマンに所属し、舞台活動を行い、別劇団に客演もしていた。1986年に発売されたOVA『Call Me トゥナイト』の夏見ルミ役で初主演を果たす。

その後も『ジャングル大帝(1989年版)』(ライヤ役)、『NG騎士ラムネ&40』(ココア役)、『楽しいムーミン一家』(アリサ役)、『ゲンジ通信あげだま』(九鬼麗/怨夜巫女役)、『クレヨンしんちゃん』(風間くんのママ役)などに参加。キャリアを積み重ねることとなった。

1988年頃に実印を作ったとき、はんこ屋の助言で芸名を本名の玉川砂記子から玉川紗己子に変更する[1][5]。2010年1月より玉川砂記子に芸名を戻す。

1994年OVA第1作が発売された『逮捕しちゃうぞ』(辻本夏実役)はその後、1996年2001年2007年の3度にわたるテレビアニメ化、1999年の劇場版公開など長きにわたって商品展開が行われ、玉川にとって代表作品の一つとなっていった。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1973年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

  • 星銃士ビスマルク(フローラ)※「玉川砂記子」名義

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

  • AIKa(メイピア・アルキメタリア)
  • それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII(メオ・ニスのルージュ)

2000年

2003年

2004年

2005年

2007年

劇場アニメ[編集]

1987年

1989年

1990年

  • CAROL(シアルーズの湖の精)

1991年

1995年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2006年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

ゲーム[編集]

1993年

1994年

1997年

1998年

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

  • クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!(風間くんのママ)

吹き替え[編集]

女優[編集]

実写[編集]

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

全て「玉川砂記子」名義。

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

CD・レコード[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 1993年1月21日 さよならの忘れもの CRCP-15002 
2nd 1993年9月21日 蒼の風景 AKCJ-81016
3rd 1994年9月21日 あなたがここにいてほしい AKCJ-81020

受賞歴[編集]

1970年第12回日本レコード大賞童謡賞受賞『ムーミンのテーマ』(受賞当時8歳で小学3年生)

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニュータイプ編『キャラクターボイスコレクション 女性編1』角川書店、1997年、pp.92-97.
  2. ^ 池田秀一『シャアへの鎮魂歌 わが青春の赤い彗星』ワニブックス、2007年、p.11
  3. ^ 『キャラクターボイスコレクション』p.97。音響監督斯波重治のコメント。
  4. ^ とりみき、吹替愛好会『吹替映画大事典』三一書房、1995年、p.104
  5. ^ a b 「玉川紗己子さんインタビュー」『NHK少年ドラマシリーズのすべて』増山久明編著、アスキー、2001年、p.128
  6. ^ 第12回日本レコード大賞 日本作曲家協会オフィシャルサイト内
  7. ^ 乾直明『外国テレビフィルム盛衰史』晶文社、1990年、p.585.
  8. ^ ジ・アニメ特別編集『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、p.102
  9. ^ 『キャラクターボイスコレクション』p.94
  10. ^ 神山健治監督作品 映画『009 RE:CYBORG』ボイスキャスト解禁!”. PH9 神山健治監督作品(最新作『009 RE-CYBORG』). 2012年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]