カリートの道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリートの道
Carlito's Way
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 デヴィッド・コープ
製作 マーティン・ブレグマン
マーティン・スコット・ブレグマン
ウィル・ベアー
製作総指揮 オートウィン・フレイヤームス
ルイス・A・ストローラー
出演者 アル・パチーノ
ショーン・ペン
音楽 パトリック・ドイル
主題歌 「You Are So Beautiful」
ジョー・コッカー
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 クリスティナ・ボーデン
ビル・パンコー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年11月10日
日本の旗 1994年4月23日
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $63,848,322[1]
テンプレートを表示

カリートの道』(原題:Carlito's Way)は、1993年に公開されたアメリカ映画

ニューヨーク州最高裁判所の元判事エドウィン・トレスの同名小説、およびその続編『それから』を原作とする。ゴールデングローブ賞2部門の候補に挙がった。

あらすじ[編集]

元麻薬王のカリート・ブリガンテは、親友の弁護士デイヴ・クラインフェルドの尽力によって、たった5年で刑務所から出所する。そして、クラインフェルドの紹介で、ディスコの経営という仕事も早々にして得ることができた。しかし、彼が5年ぶりに見た街と人々は、仁義も信義も失って変わり果てていた。麻薬の取引では見境いのない人殺しが起き、かつての仲間は金のために平然とカリートを裏切ろうとする。

さらに、カリートは、ベニー・ブランコというチンピラを殺害することができず、自分にも老いがきていることを悟る。そんな街と人々にカリートは絶望し、周囲の期待をよそに、南国バハマでレンタカー屋を営むという夢を叶えるため、堅気の生活を送り、着々と金を集めることに精を出す。さらに、かつての恋人・ゲイルとのよりを戻し、夢へと一歩一歩近づいていく。

そんな中、クラインフェルドが「マフィアのボスが脱獄するからそれを手伝ってくれ」という頼みごとを切り出してきた。カリートは、かつて自分の裁判の際に弁護士として刑を軽くしてくれた恩義のため断ることができず、ゲイルの制止を振り切って頼みを承諾する。決行当日、コカイン漬けのクラインフェルドを見たカリートは、嫌な予感を覚える。そして、その予感は的中、クラインフェルドは突如として暴走し、ボスと見張り役のボスの息子を惨殺してしまう。凶行に至ったクラインフェルドにカリートは激怒、彼にもう借りはないとしてその場を立ち去る。

しばらくして、クラインフェルドは、マフィアからボス殺しの報復として襲撃され、怪我を負う。一方、カリートは、検察から呼び出しを受け、カリートが服役している間にクラインフェルドが数々の犯罪に手を染めた大物犯罪者になっていたことや、彼が嘘の証言で自分を売ろうとしていたことを明かされる。検察は「免罪してもらう代わりにクラインフェルドを計画殺人罪に問う証言を行う」という司法取引に応じるかどうか、明日の昼までに決断するようにカリートに迫る。

カリートは、帰り道で突然マイアミ行きの夜行列車の切符を購入し、全ての有り金を持って今夜中にバハマへ旅立つことをゲイルに告げる。ゲイルが妊娠し、今夜旅立つという時に怒りを隠せなかったカリートは、彼女を先に駅へ行かせ、自らは急遽クラインフェルドの病室に向かう。

クラインフェルドは、カリートが自分を殺しにきたのではと警戒し彼に銃を向けるが、カリートは言葉をかけるだけで何もしなかった。その後、今度はマフィアの殺し屋がクラインフェルドの病室にやってきた。クラインフェルドは銃で応戦しようとするが、銃の弾丸が抜かれていた。カリートの策略にまんまとはめられたクラインフェルドは、無様に射殺されてしまう。

カリートは、金を持ってゲイルの待つグランド・セントラル駅に急ごうとするが、その彼の前にマフィアのボスの次男ヴィニーが立ちはだかる。彼らの追撃をかわし、駅まで辿り着くが、そこで見つかってしまう。エスカレーターを舞台に壮絶な銃撃戦を繰り広げ、やっと彼らを倒したカリートはゲイルの元へと急ぐ。ホームまで行き、列車に乗ろうとした時、そこに自分の用心棒バチャンガとベニー・ブランコが現れ、カリートは撃たれてしまう。

死ぬ間際、カリートはゲイルに金を託し、「お腹の子供と2人で街を出ろ」と言い残す。その後、今までの出来事が走馬灯のように駆け巡る中で、カリートは静かに息を引き取る。そんな彼が最期に見たものは、かつて夢見たパラダイスを写し出した看板だった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

作品解説[編集]

原題“Carlito's Way”はフランク・シナトラの「マイ・ウェイ」にちなんでつけられたが、劇中に「マイ・ウェイ」は一回も使われていない。『それから』をベースにしているのに映画のタイトルが『カリートの道』なのは、『それから』と原題が同じマーティン・スコセッシ監督の『アフター・アワーズ』(After Hours)との混乱を避けるためである。

生い立ちから30代までのカリートを描いた『カリートの道』と40代のカリートを描いた『それから』が原作としてクレジットされているが、映画で描かれているのは主に『それから』の部分である。

カリートとイタリアン・マフィアとの電車でのシーンは、予算の都合で見送られた、アンタッチャブル (映画)のクライマックスシーンを応用している。

クライマックスの銃撃戦が行なわれるエスカレーターは、ニューヨークのグランド・セントラル駅に実在する。映画では非常に長いエスカレーターに思えるが、実際はかなり短い。これはデ・パルマの得意する撮影テクニックであり、アンタッチャブル (映画)の乳母車のシーンにもその手法が使用されている。

関連作品[編集]

2003年には、プロデューサーのマーティン・スコット・ブレグマンによって、本作品の前日譚にあたる『カリートの道 暗黒街の抗争』が製作された(劇場未公開)。

脚注[編集]

  1. ^ a b Carlito's Way (1993)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]