ドミノ 復讐の咆哮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドミノ 復讐の咆哮
Domino
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 ペッター・スカブラン
製作 ミケル・ショネマン
エルス・ファンデボルスト
製作総指揮 ジョエル・ティブー
ジャン=バプティスト・ババン
デヴィッド・アトラン・ジャクソン
ペーター・ガルデ
ペッテル・スカブラン
ニコライ・コスター=ワルドー
出演者 ニコライ・コスター=ワルドー
カリス・ファン・ハウテン
ガイ・ピアース
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ英語版
編集 ビル・パンコウ英語版
製作会社 Schønne Film
配給 ハンガリーの旗 Vertigo Média Kft.
アメリカ合衆国の旗 サバン
イタリアの旗 Blue Swan Entertainment
ベルギーの旗 Kinepolis Film Distribution
オランダの旗 ダッチ・フィルムワークス英語版
フランスの旗 Metropolitan FilmExport
日本の旗 トランスフォーマー
公開 ハンガリーの旗イスラエルの旗 2019年5月30日
アメリカ合衆国の旗 2019年5月31日ネット配信
イタリアの旗 2019年7月11日
ベルギーの旗 2019年9月5日
オランダの旗 2019年9月26日
フランスの旗 2019年10月12日DVD
日本の旗 2020年2月14日[1]
上映時間 89分
製作国  デンマーク
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
ベルギーの旗 ベルギー
オランダの旗 オランダ
言語 英語
アラビア語
フランス語
スペイン語
製作費 $7,800,000[2]
興行収入 世界の旗 $440,108[3]
テンプレートを表示

ドミノ 復讐の咆哮』(ドミノ ふくしゅうのほうこう、Domino)は、2019年デンマークフランスイタリアベルギーオランダサスペンス映画。監督はブライアン・デ・パルマ、出演はニコライ・コスター=ワルドーカリス・ファン・ハウテンガイ・ピアースなど。ヨーロッパを舞台に国際テロの陰謀に立ち向かうデンマークの刑事たちの活躍を描いている[4]

ストーリー[編集]

デンマークの首都コペンハーゲンの刑事クリスチャンは拳銃を自宅に置き忘れたまま殺人事件に遭遇。クリスチャンは、相棒のラースと共に殺人犯タルジを取り押さえたが、隙を衝かれた際にラースがタルジに首を切りつけられる重傷を負う(後に死亡)。さらには謎の男たちにタルジを連れ去られてしまう。拳銃の不携帯というミスでラースを危険に晒したクリスチャンだったが、自身への失望と怒りから、上司からの謹慎処分を無視、同僚の女刑事アレックスと共に元特殊部隊員の過去を持つタルジを追う。その頃、CIAのジョーに拉致されたタルジは、家族の命と引き換えに、ある危険なミッションを命じられていた。

キャスト[編集]

評価[編集]

本作は批評家から賛否両論であった。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには70件のレビューがあり、支持率33%、平均点は10点満点で4.6点となっている。サイトでは、「本作はブライアン・デ・パルマ監督の栄光の日々のほろ苦い思い出となったスリラーであり、ブライアン・デ・パルマの失望の連鎖となってしまった」と評されている[5]。Metacriticには20件のレビューがあり、高評価は3件、賛否混在は8件、低評価は9件で、加重平均値は40/100となっている[6]

ガーディアンの映画評論家ベンジャミン・リーは5点満点中1点を与え「デ・パルマの熱心なマニアでも、この作品の存在を忘れてしまった方がいいだろう」と酷評した[7]。 一方で映画評論家のピーター・ソブシンツキは4点満点中3.5点を与え「ブライアン・デ・パルマの最高傑作とは言えないが、彼が偉大な監督であることを思い出させてくれる」と本作に好意的な評価を与えた[8]

出典[編集]

  1. ^ “ブライアン・デ・パルマ監督が約8年ぶりに放つ新作 国際テロ描くサスペンスアクション、20年2月公開”. 映画.com. (2019年10月28日). https://eiga.com/news/20191028/6/ 2019年11月21日閲覧。 
  2. ^ Domino (2019)” (英語). IMDb. 2021年3月8日閲覧。
  3. ^ Domino (2019) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2021年3月8日閲覧。
  4. ^ ドミノ 復讐の咆哮”. WOWOW. 2021年3月8日閲覧。
  5. ^ Domino (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月8日閲覧。
  6. ^ Domino (2019) Reviews” (英語). Metacritic. 2021年3月8日閲覧。
  7. ^ Lee, Benjamin (2019年5月30日). “Domino review – atrocious thriller is new low for Brian De Palma” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2019/may/29/domino-review-atrocious-thriller-is-new-low-for-brian-de-palma 2021年3月8日閲覧。 
  8. ^ Sobczynski, Peter (2019年5月29日). “Domino movie review & film summary (2019)” (英語). RogerEbert.com. https://www.rogerebert.com/reviews/domino-2019 2021年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]