スカーフェイス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカーフェイス
Scarface
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 オリヴァー・ストーン
製作 マーティン・ブレグマン
製作総指揮 ルイス・A・ストローラー
出演者 アル・パチーノ
スティーヴン・バウアー
ミシェル・ファイファー
メアリー・エリザベス・マストラントニオ
音楽 ジョルジオ・モロダー
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 デイヴィッド・レイ
ジェリー・グリーンバーグ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年12月9日
日本の旗 1984年4月28日
上映時間 170分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $45,408,703[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$65,884,703[1] 世界の旗
テンプレートを表示

スカーフェイス』(原題:Scarface)は、1983年アメリカ映画。監督はブライアン・デ・パルマ1932年ギャング映画暗黒街の顔役』(こちらも原題は Scarface)をオリバー・ストーンが脚色した。主演はアル・パチーノキューバからアメリカにやってきたボートピープルの青年トニー・モンタナが、コカインの密売でのし上がり、自滅していく様子を描いたピカレスクロマン。トニー・モンタナ役は当初はジェフ・ブリッジスがやることになっていた。

1983年に全米公開され、全米興行収入週末成績初登場2位(1983年12月9日-11日付)のヒットを記録した。日本における公開は1984年4月。

ゴールデングローブ賞ではジョルジオ・モロダー作曲賞)、スティーブン・バウアー(助演男優賞)、アル・パチーノ(主演男優賞)がノミネートされた。

ストーリー[編集]

1980年キューバから反カストロ主義者として追放され、フロリダ州マイアミへ船で渡ってきたトニー・モンタナ(アル・パチーノ)とマニー・リベラ(スティーヴン・バウアー)は、政治犯レベンガの殺害を皮切りにアメリカの裏社会で暗躍するコカイン取引きで一攫千金を狙い、麻薬王と呼ばれるフランク(ロバート・ロッジア)の配下におさまる。独断でボリビアの黒幕・ソーサ(ポール・シェナー)と高額取引を成立させたトニーを危険視したフランクは、殺害を試みるが失敗。見返りとしてトニーはフランクを殺害し、フランクの座はトニーに奪取されることとなる。全てを手にし、ふと空を眺めるトニーの目に映ったのは、宣伝用の飛行船に書かれた"The World is Yours"(世界はあなたのもの)の文字だった。

フランクの大邸宅と情婦エルヴィラ(ミシェル・ファイファー)を手にし、マイアミの麻薬王として君臨するトニーだったが、次第にエルヴィラやマニーと確執が生じるようになり、自身も麻薬の大量摂取により崩壊していく。ある時、脱税の摘発をきっかけに麻薬取締りの手がトニーとソーサ達を包囲し始める。事態を打開しようとしたソーサは、麻薬取締り委員会最高顧問の殺害をトニーに依頼。依頼を了承しソーサが差し向けた殺し屋と共に爆殺を試みるが、家族と一緒の場面を見て関係のないファミリーを巻き添えにすることを躊躇したトニーは、家族皆殺しを決行しようとするソーサの部下を逆に射殺し、大邸宅へと引き返す。そして、トニーが溺愛するあまりに素行の乱れた妹ジーナ(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)のことで母に罵られ、苛立つトニーはジーナと弟分のマニーが結婚していた事実を知らずに衝動的にマニーを射殺してしまう。

裏切り者を始末しようと、武装したソーサ一味はトニーの大邸宅を襲撃する。激しい銃撃戦の中、部下をはじめ妹までも失ったトニーは1人で敢然と立ち向かうが、無数の銃弾を浴び、息絶える。トニーの死体を見下ろすように、オブジェに記された"The World is Yours"(世界はあなたのもの)の文字が輝く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日 テレビ東京
アントニオ・“トニー”・モンタナ アル・パチーノ 山路和弘 樋浦勉 磯部勉
エルヴィラ・ハンコック ミシェル・ファイファー 石塚理恵 戸田恵子 高島雅羅
マニー・リベラ スティーヴン・バウアー 楠大典 石丸博也 谷口節
ジーナ・モンタナ メアリー・エリザベス・マストラントニオ 岡寛恵 土井美加
フランク・ロペス ロバート・ロッジア 菅生隆之 石田太郎
オマー・スアレス F・マーリー・エイブラハム 牛山茂 仲木隆司
アレハンドロ・ソーサ ポール・シェナー 石塚運昇
メル・バーンスタイン ハリス・ユーリン 佐々木梅治 藤本譲
トニーの母親 ミリアム・コロン 野村須磨子

スタッフ[編集]

『暗黒街の顔役』との相違点[編集]

ハワード・ホークスが手がけた『暗黒街の顔役』のリメイク作品で、部分部分に違いが見られるものの、基本的な話の流れは原作と変わらない。

大きな相違点は、主人公の出自がキューバ人ということになっていることである。原作では警察が彼への包囲網を強め、結果として死に至るが、本作では警察の捜査により摘発されたトニーが、それから逃れるために同盟関係にある男から人殺しの依頼を受け、しかしそれができず死に至るという展開であることなどが挙げられる。

『暗黒街の顔役』の上映時間92分に対し、『スカーフェイス』は3時間弱もあり、電動ノコギリによる拷問シーンなどリメイクオリジナルのシーンも多数ある。

影響[編集]

公開当時は決して評論家などからの評価は高くなかったが、その後時間の経過と共に主にマフィア映画のカルト的な傑作としての評価が確立し、特に黒人の若者たちの間では熱狂的に支持されるようになった。今では都市部のギャングのライフスタイルのバイブルとしてこの作品と主人公のトニー・モンタナは映画を超えた文化的なアイコンとなっている。またそうした社会的な影響の中でも特にヒップホップ音楽に於いてはこの作品のイメージはアイコンとして何度も引用され、ギャングスタ・ラップのアーティストたちのファッションや歌詞のスタイルに大きな影響を与えている。

全世界で大ヒットしたRockstar Games社のコンピュータゲームGrand Theft Auto: Vice City』は、本作の影響を受けた作品として知られている。

ゲーム版[編集]

2006年にVivendi Games社から本作のビデオゲーム版『Scarface: The World is Yours』(対応機種:PS2XboxXbox 360対応)、Wii(2007年発売予定)、Windows)が発売された(すべて海外版のみ。)。ストーリーは映画版の「If」をテーマにしており、ラストの襲撃を辛うじて生き延びたものの富も権力も全て失ったトニーが、ソーサ一味に復讐するために再び成り上がっていく、という筋書き。本編同様、スラングや暴力表現がふんだんに盛り込まれている。

ゲーム内容は敵対するギャングと戦いつつ、麻薬売買やマネーロンダリングを通じて資金を稼ぐというもの。ある程度持ち合わせができればマイアミの物件(トニーの屋敷も含む)を買い漁ったり、表社会のビジネスに投資したりして徐々に勢力を取り戻していくことができる。三人称視点のゲーム画面や自動車の運転など、一見『GTAシリーズ』に似通った作風ではあるが、街中で銃を構えたり自動車を盗んだりすれば即座に通報されてしまうなど、『GTA』とは異なったコンセプトに仕上がっている(こうした事情から自動車は自分で購入したり部下に電話して調達しなければならない)。

なお、トニーの声を出しているのはアル・パチーノ本人ではなく、彼が推薦した声優のアンドレ・ソグリウゾである。

脚注[編集]

  1. ^ a b Scarface (1983)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]