殺しのドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殺しのドレス
Dressed to Kill
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 ブライアン・デ・パルマ
製作 ジョージ・リットー
出演者 アンジー・ディキンソン
マイケル・ケイン
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 ラルフ・ボード
編集 ジェリー・グリーンバーグ
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年7月25日
日本の旗 1981年4月4日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,500,000[1]
興行収入 $31,899,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

殺しのドレス』(ころしのドレス、原題:Dressed to Kill)は、1980年に公開されたアメリカホラー映画

概要[編集]

ホラーとともにエロスを題材とする。アルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』の影響を受けている。

ストーリー[編集]

夫マイクとの性生活に不満を抱えているケイトは、精神分析医エリオットのカウンセリングを受けた帰りに立ち寄った美術館で男と出会い情事に及ぶが、何者かに殺害されてしまう。それを偶然にも目撃してしまった娼婦リズは、ケイトの息子ピーターと協力して事件の謎を追うことになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 TBS テレビ朝日
ロバート・エリオット マイケル・ケイン 銀河万丈 金内吉男 羽佐間道夫
ケイト・ミラー アンジー・ディキンソン 寺内よりえ 武藤礼子 沢田敏子
リズ・ブレーク ナンシー・アレン 日野由利加 小宮和枝 高島雅羅
ピーター・ミラー キース・ゴードン 結城比呂 三ツ矢雄二 塩屋翼
マリーノ刑事 デニス・フランツ 星野充昭 飯塚昭三 池田勝
  • TBS版
吹き替え初回放映 - 1983年1月10日 TBS月曜ロードショー[2]
その他の声の吹き替え - 嶋俊介小出和明秋元千賀子小林通孝田中亮一安西正弘桜本晶弘向殿あさみ
日本語版制作スタッフ - 吹替演出:水本完、吹替翻訳:額田やえ子、吹替調整:兼子芳博、吹替効果:南部光庸大橋勝次、吹替選曲:河合直、吹替制作:ザック・プロモーション
  • テレビ朝日版
吹き替え初回放映 - 1991年2月24日 テレビ朝日日曜洋画劇場
その他の声の吹き替え - 吉水慶秋元羊介竹口安芸子さとうあい有本欽隆千田光男牛山茂沢木郁也二又一成島田敏桜井敏治大塚明夫
日本語版制作スタッフ - 吹替演出:蕨南勝之、吹替翻訳:たかしまちせこ、吹替調整:兼子芳博、吹替効果:リレーション、吹替制作:東北新社

脚注[編集]

  1. ^ a b Dressed to Kill (1980)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月9日閲覧。
  2. ^ 1987年3月13日にも日本テレビ金曜ロードショー』枠で放映されたがTBS並びに後述のテレビ朝日で放映された吹替音源と同一の物なのかは不明

外部リンク[編集]