アンジー・ディキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Angie Dickinson
アンジー・ディキンソン
アンジー・ディキンソン
本名 Angeline Brown
生年月日 (1931-09-30) 1931年9月30日(86歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースダコタ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 Gene Dickinson (1952-60)
バート・バカラック (1965-80)

アンジー・ディキンソン(Angie Dickinson、本名:Angeline Brown、1931年9月30日 - )は、アメリカ合衆国女優ノースダコタ州出身。TVシリーズ「女刑事ペパー」(Police Woman、1974)の主人公ペパー役で知られる。

来歴[編集]

クールな色気とスレンダーな肢体及び脚線美で1959年ハワード・ホークス監督の『リオ・ブラボー』で一線に立ったが、その後は地味な印象が続いた。しかし五十歳前の1980年ブライアン・デ・パルマ監督の美的センスが活かされた『殺しのドレス』で欲求不満の人妻役を演じ、自身も代表作とした。

自身が出演した『オーシャンと十一人の仲間』のリメイク作品でもある『オーシャンズ11』に出演。

日本での反響やファン[編集]

井筒和幸はアンジーの『殺しの分け前/ポイント・ブランク』『ビッグ・バッド・ママ』『殺しのドレス』を絶賛している[1]

深作欣二はアンジーが出演した、ジョン・ブアマン監督の『殺しの分け前/ポイント・ブランク』(1967年)が好きで同作をイメージし、『暴走パニック 大激突』を監督したと話している[2]

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「サルに教える映画の話」109p-117p「正月は映像の魔術にはまれ」
  2. ^ 深作欣二・山根貞男 『映画監督深作欣二』 ワイズ出版、2003年7月。ISBN 4-89830-155-X。p292-299

外部リンク[編集]