メアリー・エリザベス・ウィンステッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
Mary Elizabeth Winstead
Mary Elizabeth Winstead
生年月日 (1984-11-28) 1984年11月28日(34歳)
出生地 ノースカロライナ州、ロッキーマウント
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 173cm[1]
職業 女優
活動期間 1997年~現在
配偶者 ライリー・スターンズ(2010年-2017年)
主な作品
ファイナル・デッドコースター
デス・プルーフ in グラインドハウス
遊星からの物体X ファーストコンタクト
リンカーン/秘密の書
ダイ・ハード4.0
10 クローバーフィールド・レーン
テンプレートを表示

メアリー・エリザベス・ウィンステッドMary Elizabeth Winstead1984年11月28日 - )はアメリカ合衆国の女優である。彼女はホラー映画ファイナル・デッドコースター』や『デス・プルーフ in グラインドハウス』、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』、『リンカーン/秘密の書』、『10 クローバーフィールド・レーン』でのスクリーム・クイーンとしてよく知られている。

生い立ち[編集]

ウィンステッドは、ベティ・ルー(旧姓:キング)とジェームズ・ロナルド・ウィンステッドの間に生まれた5人兄弟の末っ子[2]である。彼女はノースカロライナ州ロッキーマウント[3]に生まれた。ウィンステッドは母方の祖父が女優エヴァ・ガードナーのいとこだったと発言している[4]。彼女がわずか5歳の時一家はユタ州、サンディソルトレイクシティ[3][5]に引っ越した。ウィンステッドはペルーヴィアン・パーク小学校で優秀な成績で上級クラスに通った[5]。そしてダンサー兼歌手になるためイリノイ州シカゴ[5]のジェフリー・バレットの夏季プログラムに参加した。彼女は国際児童合唱団の一員でもあった[6]。ウィンステッドははじめ、バレリーナを志していたが10代に入ると身長により断念せざるを得なかった。13歳の時点で背が高すぎることに気付いたという。その後バレリーナとしてのキャリアを生かして役者を目指した。[3]

キャリア[編集]

初期の活動[編集]

バレリーナをやめて役者を目指すことになった後、ウィンステッドはブロードウェイの『ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラ―・ドリームコート』にダニー・オズモンドの映画版が公開されているときに出演して、デビューを果たす[7]。ブロードウェイでの短い契約が切れるとウィンステッドは Touched by an AngelPromised Land などの様々なテレビドラマにゲスト出演するようになる。そして彼女はNBCソープ・オペラ Passions のジェシカ・ベネット役ではじめてレギュラー出演をする。ウィンステッドは1999年から2000年まで出演しその後他の作品に出演するため降板した。後に "Passions では本当に小さな役割だった…だから捕らわれず簡単に離れることができた" [8]と語っている。 Passions を降りた後、短命のCBSドラマシリーズ Wolf Lake (2001年~2002年)に出演してティム・マシスンの娘を演じた[9]。このシリーズは10のエピソードで打ち切られた。2004年、ウィンステッドはMTVテレビ映画モンスターアイランド』で助演を果たす。2005年の自主コメディ Checking Out には脇役で出演する。そして大きな役割をウォルト・ディズニー・ピクチャーズの『スカイ・ハイ』で演じる。この映画にはカート・ラッセルケリー・プレストンマイケル・アンガラノダニエル・パナベイカーが出演しており、Rotten Tomatoesで73パーセントの評価[10]、興行的にも成功した[11]

躍進(2006年~2008年)[編集]

『スカイ・ハイ』出演後、ウィンステッドは『Xファイル』を手掛けたホラー・プロデューサージェームズ・ウォングレン・モーガンと働くようになる。『ファイナル・デッドコースター』でウェンディ・クリステンセン役でライアン・メリマンと共演して以降コラボレーションが続いた[12]。『ファイナル・デッドコースター』は興行的成功となったが[13]Rotten Tomatoesでは45パーセントの評価だった[14]。ウィンステッドはこの映画に出演していたシェラン・シモンズと2004年のMTV映画『モンスターアイランド』で既に共演していた。

ウィンステッドの次の出演は『ブラッククリスマス』だった。この映画でもウォンとモーガンと一緒だった。共演者のクリスタル・ロウとは『ファイナル・デッドコースター』で共演ていた。『ブラッククリスマス』はの批評家の反応はさほど良くなかったが[15] 、彼女は2007年スクリーム賞スクリーム・クイーンにノミネートされた。また、ウィンステッドはジェイ・レノの「トゥナイト・ショウ」にも登場した[16]

同じ年、ロバート・F・ケネディの人生最後を描いたエミリオ・エステベスの『ボビー』に出演する[17]。ウィンステッドはアンソニー・ホプキンスが出演すると知ってこの映画に興味を持った[17]。『ボビー』には他にもシャイア・ラブーフハリー・ベラフォンテリンジー・ローハンデミ・ムーアウィリアム・H・メイシーアシュトン・カッチャークリスチャン・スレーターシャロン・ストーンといった有名人が多く出演しており、脚本に対しての批評家の反応は賛否両論だった[18]。この映画は全米映画俳優組合賞キャスト賞にノミネートされ、ハリウッド映画祭で最優秀アンサンブル・キャスト賞を受賞した[19]

2007年にはクエンティン・タランティーノの『グラインドハウス』の『デス・プルーフ in グラインドハウス』に登場した[20]。『デス・プルーフ in グラインドハウス』はウィンステッドとカート・ラッセルが共演した映画第2作目(『スカイ・ハイ』で初共演)であるが、彼女はロザリオ・ドーソントレイシー・トムズ、スタントウーマンゾーイ・ベルとシーンを撮影しただけだった。『グラインドハウス』は公開後、肯定的な意見が多かったが[21]興行的に振るわなかった[22]

『デス・プルーフ in グラインドハウス』の後、彼女は『ダイ・ハード4.0』で父親ジョン・マクレーンと疎遠になった娘ルーシーの役を獲得する。他にジェシカ・シンプソンなどが候補に上がっていた[2]。ここではブルース・ウィリスジャスティン・ロングティモシー・オリファントと共演し興行的にも評価的にも成功を収めた[23][24]

2007年3月、テキサス州オースティンで行われた『グラインドハウス』のプレミアでのウィンステッド

2008年、彼女は映画版『ジャスティス・リーグ』でのワンダーウーマン役でテストを受けた[25]。ダンス映画『メイク・イット・ハプン!』では主演を務める[26]。『メイク・イット・ハプン!』はアメリカではオリジナルビデオとなり、イギリスでは売れず失敗に終わった。それでもダンサーになることを夢見ていたウィンステッドにとってこの映画は大きな意味をもった。

有名に(2010年~現在)[編集]

2010年、ウィンステッドはエドガー・ライト監督の、コミック Sccot Pilgrim の映画版『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』でマイケル・セラと共演する[27]。撮影は2009年3月から[28]9月まで行われた[29]。彼女は役のために2ヵ月ほど訓練してスタントをほとんど自分で行った[30]。2010年に映画が公開されると批評家から賞賛されたが収入は悪かった。DVDが発売されるとアメリカでは好成績を記録した。ウィンステッドの演技は評価されティーン・チョイス・アワードのチョイス・アクトレス・アクションにノミネートされた[31]

2010年2月、ウィンステッドは『遊星からの物体X』の前日談に古生物学者ケイト・ロイド博士役で出演が決まった。監督はマシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・ジュニア。この映画は2011年10月14日に公開された[32][33]。ウィンステッドはこの役を演じるにあたって神経科医である姉妹を参考にした[34]。批評家は彼女の映画でのパフォーマンスを誉めた。

ウィンステッドはまた、『ダイ・ハード』シリーズ第5弾でルーシー・マクレーンを演じることに関心を示している。なお、詳細は不明だが『ザ・リング』の続編(暫定的なタイトルは The Ring 3D)に出演するとも噂されている[35]

2010年には、ロマンティック・コメディ The F-Word のテストを受けケイシー・アフレックとの共演が囁かれていた[36]。だが2012年7月17日、この映画の主演はダニエル・ラドクリフゾーイ・カザンに決定した[37]。2011年10月6日のインタビューではダイ・ハードの続編への出演についてて "出演しないと思うわ。何も聞いていないし"[38]と答えている。2012年2月22日、続編『ダイ・ハード/ラスト・デイ』はジェイ・コートニー演じるマクレーンの息子に焦点を当てた作品であることが明らかになった[39]。またリブート版『スパイダーマン』でヒロインのテストを受け[40][41][42]マット・デイモン主演、ベンジャミン・ミーの自伝小説の映画版『幸せへのキセキ』の候補にも挙がった,[43][44]。だがどちらにも選ばれず、それぞれエマ・ストーンスカーレット・ヨハンソンに決定した[45][46]

2011年2月17日、ベンジャミン・ウォーカー主演『リンカーン/秘密の書』でウィンステッドがメアリー・トッド・リンカーンを演じることが発表された[47]。この映画は『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフが監督し、アメリカで2012年に公開されると賛否両論の評価を得た。

ウィンステッドはジョス・ウィードンの『アベンジャーズ』においてマリア・ヒル役の候補になっていたが、最終的にコビー・スマルダーズが演じた[48]

同年の9月21日、ジェームズ・ポンソールド監督の自主映画スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』でアーロン・ポールとの共演が明らかになった。ウィンステッドは出演シーンをわずか19日で撮り終えた[49] 。81分のこの映画は2012年のサンダンス映画祭で上映された[50]。ここでは優れた自主制作ドラマへの特別審査員賞が贈られた。2012年2月5日、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが映画化権を取得[51][52]したことが報道され8月8日に、2012年10月12日公開が発表された[53][54]

2011年10月28日、ロマン・コッポラA Glimpse Inside the Mind of Charles Swan III への出演が明らかになった。2013年2月公開予定のこの映画で[55][56]、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』のジェイソン・シュワルツマンオーブリー・プラザとの再共演を果たす。この映画には他にチャーリー・シーンビル・マーレイキャサリン・ウィニックマキシン・バーンズが出演する[57]

2012年3月1日、ウィンステッドがコメディ映画 A.C.O.D. に参加することが分った。共演者にはアダム・スコットリチャード・ジェンキンスジェーン・リンチジェシカ・アルバキャサリン・オハラがいる。

ウィンステッドは『ダイ・ハード/ラスト・デイ』には関与していないと話していたが、8月7日に出演することが明らかになった。9月12日、カメオ出演のウィンステッドは1日で出演シーンを撮り終えた[58][59][49]

私生活[編集]

ウィンステッドはテキサス州オースティン出身[60] の映画監督・TV脚本家ライリー・スターンズと結婚。2人は彼女が18歳の時に出会い、2010年に結婚した。2017年に離婚。

ウィンステッドは音楽について、バット・フォー・ラッシーズフランスの大衆音楽(特にフランス・ギャル)、ミーウィズアウトユーシャングリラスザ・シュレルズロイ・オービソンザ・エックス・エックスベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」が好きだと述べている[61]。また "ホラー映画の大ファンで(中略)見るといつも興奮して熱中してしまう。『シャイニング』に『エイリアン』、『ローズマリーの赤ちゃん』は私が初めて見たホラー映画で、今ではお気に入りの3本になっている" と発言している[62]

ウィンステッドは2014年iCloudからの著名人プライベート写真大量流出事件の被害者である。何年も前に夫と自宅でのプライベートな時間に撮影したものであることを認め、かつ何年も前に削除した写真だと話している[63]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2005 ザ・リング2
The Ring Two
若き日のエヴリン
スカイ・ハイ
Sky High
グウェンドリン・“グウェン”・グレイソン
2006 ファイナル・デッドコースター
Final Destination 3
ウェンディ・クリステンセン
ボビー
Bobby
スーザン・テイラー
ファイナル・デッドコール 暗闇にベルが鳴る
Black Christmas
ヘザー・リー=フィッツジェラルド
ファクトリー・ガール
Factory Girl
イングリッド・スーパースター
2007 グラインドハウスデス・プルーフ in グラインドハウス
Grindhouse: Death Proof
リー・モンゴメリー
ダイ・ハード4.0
Live Free or Die Hard
ルーシー・ジェネロ=マクレーン
2008 メイク・イット・ハプン!
Make It Happen
ローリン・カーク
2010 スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Scott Pilgrim vs. the World
ラモーナ・ヴィクトリア・フラワーズ
2011 遊星からの物体X ファーストコンタクト
The Thing
ケイト・ロイド
2012 スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜
Smashed
ケイト・ハンナ
リンカーン/秘密の書
Abraham Lincoln: Vampire Hunter
メアリー・トッド・リンカーン
チャールズ・スワン三世の頭ン中
A Glimpse Inside the Mind of Charles Swan lll
ケイト
2013 ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!? なボクの家族
A.C.O.D.
ローレン・スティンガー
ダイ・ハード/ラスト・デイ
A Good Day to Die Hard
ルーシー・ジェネロ=マクレーン
2016 スイス・アーミー・マン
Swiss Army Man
サラ・ジョンソン
最高の家族の見つけかた
The Hollars
グウェン
10 クローバーフィールド・レーン
10 Cloverfield Lane
ミシェル
2019 The Parts You Lose Gail
ジェミニマン
Gemini Man
ダニー
2020 Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn) ヘレナ / ハントレス

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
1999–2000 Passions Jessica Bennett 89エピソード
2004 モンスターアイランド
Monster Island
マディソン テレビ映画
トゥルー・コーリング
Tru Calling
ブリジット・エルキンス 第1シーズン第8話「精算」
2016 ブレイン・デッド
BrainDead
ローレル・ヒーリー 主演、13エピソード
2016–2017 Mercy Street Mary Phinney メインキャスト
2017 FARGO/ファーゴ
Fargo
ニッキ・スワンゴ メインキャスト(シーズン3)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.vulture.com/2012/06/mary-elizabeth-winstead-abraham-lincoln-vampire-hunter-interview.html
  2. ^ a b "To Die For: Mary Elizabeth Winstead Archived 2011年10月2日, at the Wayback Machine." Saturday Night Magazine. Retrieved August 23, 2011
  3. ^ a b c Lee, Michael J. (November 4, 2006) RadioFree.com | Mary Elizabeth Winstead on Black Christmas RadioFree.com Retrieved August 20, 2011
  4. ^ http://blogs.amctv.com/movie-blog/2006/09/at-deaths-door.php[リンク切れ]
  5. ^ a b c "Mary Elizabeth Winstead Bio" Yahoo! Movies. retrieved August 23, 2011
  6. ^ "Mary Elizabeth Winstead Bio" Tribute. Retrieved August 23, 2011
  7. ^ (June 2007) "Proud Mary" GQ Retrieved August 20, 2011
  8. ^ Former Passions player finds her inner wolf The Free Lance-Star Retrieved August 20, 2011
  9. ^ Young Utah actress co-stars in new series Deseret News Retrieved August 20, 2011
  10. ^ "Sky High (2005)" Rotten Tomatoes. Retrieved August 24, 2011
  11. ^ "Sky High" Box Office Mojo. Retrieved August 24, 2011
  12. ^ Winstead, Mary Elizabeth & Merriman, Ryan (Final Destination 3) Dread Central Retrieved August 20, 2011
  13. ^ "Final Destination 3" Box Office Mojo. Retrieved August 21, 2011
  14. ^ "Final Destination 3" (2006) Rotten Tomatoes. Retrieved August 21, 2011
  15. ^ "Black Christmas" (2006) Rotten Tomatoes. Retrieved August 21, 2011
  16. ^ "Mary Elizabeth Winstead 'Saw' Spoof" YouTube. Retrieved August 23, 2011
  17. ^ a b Mary Elizabeth Winstead, Shia LaBeouf and Brian Geraghty on Bobby RadioFree.com Retrieved August 20, 2011
  18. ^ "Bobby" Metacritic. Retrieved August 21, 2011
  19. ^ The 13th Annual Screen Actors Guild Awards Retrieved August 20, 2011
  20. ^ Comic-Con: QT Reveals Death Proof Cast Empire Online Retrieved August 20, 2011
  21. ^ "Grindhouse" (2007) Rotten Tomatoes. Retrieved August 21, 2011
  22. ^ "Grindhouse" Box Office Mojo. Retrieved August 21, 2011
  23. ^ "Live Free or Die Hard" (2007) Rotten Tomatoes
  24. ^ Live Free or Die Hard (2007) - Box Office Mojo
  25. ^ Adler, Shawn (2007年10月26日). “Mary Elizabeth Winstead Envisions Bulking Up For Wonder Woman”. MTV.com. 2011年8月20日閲覧。
  26. ^ Giles, Jeff. (July 11, 2011) Mary Elizabeth Winstead Set to "Make It Happen" In Burlesque Flick Rotten Tomatoes Retrieved August 20, 2011
  27. ^ Kit, Borys (2008年5月16日). “Mary Elizabeth Winstead joins 'Pilgrim'”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2008年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080519051913/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3iddf6bb69274592b70ef8a3c006e3681f 2008年5月16日閲覧。 
  28. ^ Hewitt, Chris (March 311, 2008). “Michael Cera Talks Scott Pilgrim”. Empire. 2008年4月4日閲覧。
  29. ^ August 28th, 2009 21:40 (EDT) Wrap!”. Edgar Wright There (2009年8月28日). 2009年8月30日閲覧。
  30. ^ Rising stars Mary Elizabeth Winstead and Brandon Routh discuss 'Scott Pilgrim vs. the World' The Dallas Morning News Retrieved August 20, 2011
  31. ^ Teen Choice Awards Nominees 2011: Justin Bieber, Glee, Kardashians and More | Teen.com
  32. ^ Mary Elizabeth Winstead and Joel Edgerton Set to Battle The Thing”. DreadCentral. 2010年2月8日閲覧。
  33. ^ The Thing Will Arrive April 29, 2011”. ComingSoon.net. 2010年6月15日閲覧。
  34. ^ Quint. Quint chats Scott Pilgrim and The Thing prequel with Ramona Flowers herself, Ms. Mary Elizabeth Winstead! Ain't It Cool News Retrieved August 20, 2011
  35. ^ 'RING 3D' Confirmed - Details from dietrichthrall.wordpress.com
  36. ^ Rebecca Hall, Rose Byrne, Mary Elizabeth Winstead And Deborah Ann Woll All Testing To Join Casey Affleck In 'The F Word' from ThePlaylist.blogspot.com
  37. ^ Daniel Radcliffe and Zoe Kazan Find 'The F Word' - The Hollywood Reporter
  38. ^ Mary Elizabeth Winstead Doubts She'll Be Back For 'Die Hard 5' | The Playlist
  39. ^ 'Die Hard 5' casts 'Spartacus' star as John McClane's son”. Entertainment Weekly (2012年2月22日). 2012年2月22日閲覧。
  40. ^ Casting Spider-Man's love interest : The Marquee Blog - CNN News
  41. ^ “Will one of these women be Spider-Man's love interest? (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://heatvision.hollywoodreporter.com/2010/08/spiderman-marc-webb-imogen-poots-lilly-collins-ophelia-lovibond-teresa-palmer-emma-roberts.html 
  42. ^ Spider-Man's Love Interest Short List Revealed from slashfilm.com
  43. ^ Scarlett Johansson Leading The Race For Female Lead In Cameron Crowe’s ‘We Bought A Zoo’”. indieWIRE. 2010年11月2日閲覧。
  44. ^ Johansson, Adams in race to star opposite Matt Damon”. NDtelevision films. 2010年11月3日閲覧。
  45. ^ Silas Lesnick. “No Mary Jane for the Spider-Man Reboot?”. superherohype.com. 2010年8月19日閲覧。
  46. ^ Ethan Anderton. “Scarlett Johansson Joining Cameron Crowe's 'We Bought A Zoo'”. FirstShowing. 2010年11月5日閲覧。
  47. ^ "'Abraham Lincoln: Vampire Hunter': Mary Elizabeth Winstead is Mary Todd" Entertainment Weekly. Retrieved August 23, 2011
  48. ^ Fleming, Mike. Cobie Smulders Closes In On 'Avengers Deadline.com Retrieved August 20, 2011
  49. ^ a b "TIFF Interview: Mary Elizabeth Winstead | NOW Magazine"
  50. ^ "'Smashed - Online Film Guide | Sundance Institute" Sundance Film Festival. Retrieved December 17, 2011
  51. ^ Joshua L. Weinstein. “Sony Pictures Classics to Buy Sundance Hit 'Smashed' (Exclusive)”. The Wrap. 2012年2月5日閲覧。
  52. ^ Jessica Malqui. “Sony Pictures Classics Gets Smashed”. MovieHole.net. 2012年3月5日閲覧。
  53. ^ "title= Twitter / M_E_Winstead: Update: Smashed will hit theaters ..." Retrieved August 8, 2012
  54. ^ Sony Classics set Smashed Release Date
  55. ^ Plush's Liam Hayes Scoring Roman Coppola's 'A Glimpse Into The Mind Of Charlie Swan III' | Filmmakers, Film Industry, Film Festivals, Awards & Movie Reviews
  56. ^ Charlie Sheen & Bill Murray in "Charles Swan' | Inside Movies | EW.com
  57. ^ "'Bill Murray joins Roman Coppola's 'Charles Swan' - Entertainment News, EXCLUSIVE, Media - Variety" Variety (magazine). Retrieved October 29, 2011
  58. ^ "Mary Elizabeth Winstead Is Reprising Her Role As John McClane’s Daughter In The New Die Hard Afterall | Bleeding Cool Comic Book, Movies and TV News and Rumors" "BleedingCool.com". Retrieved August 8, 2012
  59. ^ "A Good Day to Die Hard's Secret Cameo Revealed - ComingSoon.net" "Coming Soon". Retrieved August 8, 2012
  60. ^ "Mary Elizabeth Winstead Interview Archived 2011年7月16日, at the Wayback Machine." Stumped, Nitrinium Creations.
  61. ^ Phoebe Reilly. “Mary Elizabeth Winstead's Favorite Music”. Spin. 2010年7月14日閲覧。
  62. ^ Andrew Williams. “The Thing's Mary Elizabeth Winstead: I want to do more independent films”. Metro UK. 2012年4月6日閲覧。
  63. ^ Selby, Jenn (2014年9月1日). “Mary E. Winstead nude photo leak: 'To those looking at photos I took with my husband, hope you feel great about yourselves'”. http://www.independent.co.uk/news/people/mary-e-winstead-nude-photo-leak-to-those-looking-at-photos-i-took-with-my-husband-hope-you-feel-great-about-yourselves-9704329.html 

外部リンク[編集]