メアリー・トッド・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メアリー・トッド・リンカーン
Mary Todd Lincoln
MaryToddLincoln.jpeg
メアリー・トッド・リンカーン
生誕 1818年12月13日
ケンタッキー州レキシントン
死没 1882年7月16日
配偶者 エイブラハム・リンカーン
子供 ロバート・トッド・リンカーン
エディ・リンカーン
ウィリー・リンカーン
タッド・リンカーン

メアリー・トッド・リンカーン (Mary Todd Lincoln 1818年12月13日 - 1882年7月16日)は、エイブラハム・リンカーン第16代アメリカ合衆国大統領の妻(アメリカ合衆国のファーストレディ)。

生涯[編集]

ケンタッキー州の名門の出。高い教育を受け、名門トッド家の一員として社交界にデビューし、 その後、イリノイ州スプリングフィールドでリンカーンと出会うことになる。

社交的・派手好きで、リンカーンとはまったく正反対の性格だったが1842年に恋愛結婚をした。結婚後、リンカーンは弁護士業も着々成功。年収1200ドルに達する。知事の報酬と同額である。その代り、巡回裁判所を廻らねばならず、1日50キロも馬を飛ばすこともあった。

しかし、メアリーは経済観念が無く、嫉妬深く、ヒステリー症状のため家庭生活はあまり幸福ではなかった(家庭が地獄だったから政治に熱中したのではなく、リンカーンが政治にあまりに熱心だったため、家庭生活が疎かになってメアリーの性格を歪めていったと考えるのが自然であろう)。アメリカの作家、デール・カーネギーには「彼(エイブラハム・リンカーン)が暗殺されたことは、彼の結婚にくらべれば悲劇というに足りない」(『人を動かす』)とまで言われている。

リンカーンとメアリー・トッドには4人の息子、ロバート・トッド・リンカーンエドワード・ベイカー「エディ」リンカーンウィリアム・ウォレス「ウィリー」リンカーントーマス「タッド」リンカーンがいたが、長男を除く3人が若くして死んだ。

元々精神的に不安定なところがあった彼女は、夫を暗殺を目撃し、さらに末の息子であるタッドを18歳で無くすと、ますます異常をきたしたため、長男のロバートにより精神病院に入れられた。 4か月後に姉のエリザベスが身元引受人になることで退院したが、この出来事により最後に残った子供であるロバートとは生涯疎遠となった。 その後スプリングフィールドにある姉の邸宅で事実上の世捨て人として63歳で亡くなるまで過ごした[1]

出典[編集]

  1. ^ ドリス・カーンズ・グッドウィン『リンカーン』平岡緑訳 中公文庫 2013年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]