社交界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社交界(しゃこうかい)とは、王族貴族上流階級の名家などの人々が集い、社交(交流)する場のこと。英語の"society"から来ている。

それゆえ、歴史的には、爵位称号など勲章地位を持たぬ者は、基本的には出席することができない集まりだった。

知的で洗練された会話や振る舞いをすることが求められ(国際儀礼第一級)、各国間での高度な外交や交渉事や、政治や経済の方向性や流れなどが、あたかも世間話のように決められている歴史的な場でもある。欧米では、社交界に初めてお披露目をすることをデビュタントと称する。

ヴェルサイユ宮殿などフランス宮廷に起源を持つサロンが有名である。明治時代の日本でも社交界を育てるため、鹿鳴館が造られ、華族文化が開花した。現代日本においても、皇族、旧華族、名門家、政治家、高級官僚、財界人、各国要人(VIP)、外交官・大使名士などが集う"社交界"があり、夜会パーティー)などが催されている。

近年、セレブリティー著名人セレブタント成金など)らが集うパーティーやイベント等が、ほぼ同義の意味で、多くのメディアで報道されたりするが別物である。

参考文献[編集]

  • 村上リコ 『図説 英国社交界ガイド』河出書房新社 2017年1月26日 ISBN:978-4-309-76249-4
  • ラトナサリ・デヴィ・スカルノ 『社交界への誘い』 リヨン社 2003年10月 ISBN-13: 978-4576031927


関連項目[編集]