ドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
19世紀の西洋貴族の白人女性のドレス。中央が夜間用、他が昼間用。

ドレス (dress) は、女性用の衣服の一種。

上半身から脚部までを単一の衣装()によって被う、いわゆる「ワンピース」の形態をとる。

ヨーロッパ地域の白人女性の民族衣装が元にされているが、近世以降は男性用のそれと同じく、全世界で女性の正装として認識されている。中世期には西洋貴族の女性用のフォーマルウエアで装飾性の高いデザインが発展し、現在でもそのファッション性は高く、ファッション・ウィークなどでも様々なデザインのものが考案されて発展し続けている。

なお、英語の"dress"は男性用の衣服を含めて衣類一般を指すこともあるが、日本語で「ドレス」という場合は女性用の、特にある程度フォーマルなものを指すことが多い。

種類[編集]

民族衣装を含めて様々な種類が存在するが、フォーマルで装飾性の高いものは、デザインやTPO、季節・時間帯などより、数多くの種類が存在する。想定される時間帯や状況に応じ、「アフタヌーンドレス」、「カクテルドレス」、「イブニングドレス」などに分かれる。

時代による流行が大きく影響するため、デザインの上では必ずしもその境界は明確でないが、フォーマルなものほど裾が長く、袖、背中、胸元の露出が多くなる傾向がある。ドレスと併せて手袋が着用されることが多く、女性の夜会服の最上位礼装とされている[1]肩および背中と胸の上部を露出したローブ・デコルテでは肘上まである長い手袋(オペラ・グローブ)を着用する[2][3]。着用時間では、昼間の方が肌の露出が少なく、夜間の方が多い傾向がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]