レディーススーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レディーススーツは、女性が着用する、共布で作られた上下揃いの洋服、スーツのこと。


上はジャケットまたはブレザーと、下はスラックスまたはスカートがついたツーピーススーツ、あるいはスラックスとスカートが両方ついたスリーピーススーツも販売されている。


ベストは通常省略される事が多い。制服用のスーツだとベストが含まれることもある。 就職活動やビジネスの場では、黒、紺、グレーのスーツが望ましい。


ジャケットの中に着るインナーは、男性の背広ほど厳しく決まっていない。就職活動など改まった場ではYシャツや襟つきのブラウスが望ましいが、職場によっては襟がフリル状のブラウスや、白や黒のカットソーでも可な場合もある。

カラースーツ[編集]

ビジネスの場以外では、子供の授業参観や入学式などで、ビジネス用よりもややカジュアルなスーツとして、白やベージュなどのカラースーツも可とされる。 カラースーツの場合、下はスカートのみである。 また、女性政治家など、職種によっては個性を出すために赤やオレンジなど派手な色のカラースーツを着用しても良い。

なお、上下セットになっていても、共布で作られていなくて上下で素材が違う場合はスーツとは呼ばず、スーツより広い意味のセットアップという名前で販売されている。 似た意味のファッション用語のアンサンブルは、トップスのカーディガンとその中に着るインナーのカットソーまたはニットソーがセットになったものを指す。 共布で作られているかは問わず、カーディガンとインナーが共布の場合もあれば、それぞれ別の素材でデザインが合うようにコーディネートされたセットも含む。

脚注[編集]