ネグリジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
19世紀時代のネグリジェ

ネグリジェフランス語: négligé、)とは就寝時に着用するワンピース型の寝間着である。

17世紀頃からフランスで使い始められ、17世紀から18世紀には男女問わず着用されていた[1]が、現在では婦人用寝具として使用されている。

柔らかい素材を使い、ゆったりとした形でフリルやレースなどの装飾が付いた優雅なデザインとなっているものが多い。

日本のホテルの寝間着は男女兼用(ユニセックス)である事が一般的であり、浴衣ローブと並んでワンピースの着衣が使われていることが多い。

出典[編集]

  1. ^ 白木孝典 (1984). “寝装衣の種類と要求性能”. 繊維製品消費科学 25: 66. 

関連項目[編集]