キャップ (帽子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キャップ (cap) は、柔らかく、平たくなる帽子の一種であり、通常はバイザー(前つば)が付いている。頭部を覆う部分は、頭に極めて近く接する。キャップが最初に出現したのは、紀元前3200年頃のことである[1]。典型的なキャップは、バイザーが付いているか、縁(ふち)がまったくないかのいずれかである[2]。カジュアルで、非公式な状況でしばしば着用され、スポーツやファッションの場面でも見受けられる[2]。典型的な場合、頭部を暖かく保つために設計されており、眼を日光から護るためにバイザーが付けられることが多い。形状やサイズは多様であり、多くのブランドが取り扱っている。野球帽(ベースボール・キャップ)は、キャップの中でも最も一般的なもののひとつである[3]

種類[編集]

ドイツ連邦警察の前身である連邦国境警備隊で用いられていた M43 型の戦闘帽 (field cap)。
プロペラ付きの帽子、通称プロペラ・ビーニー (propeller beanie
ファッションとしてのフリジア帽
16世紀当時のモンマス帽の唯一伝えられている現物。
ニット帽の一種で、ボブルハット (bobblehat)、トーク (toque)、ストッキング・キャップ (stocking cap) などとも呼ばれるもの。

脚注[編集]

  1. ^ Who Invented The Hat? - Amazing Hat History” (英語). Fashionable Hats. 2020年11月17日閲覧。
  2. ^ a b Cap vs. Hat: Differentiating the Meaning of Different Headgear” (英語). Typing Adventure (2019年7月26日). 2020年11月17日閲覧。
  3. ^ Baseball Hat & Cap History”. baseball.epicsports.com. 2020年11月17日閲覧。

関連項目[編集]