Tシャツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tシャツの一例

Tシャツ(ティーシャツ、: T-shirt または tee-shirt英語発音: [ˈtiːˌʃəːrt] ティーシャートゥ)は、襟(えり。カラー)が付いていない、の短いあるいは袖の無いシャツのこと[1]。@ivanjr.s

概要[編集]

Tの文字に見える

広辞苑第六版によると、両袖を左右に広げた時にTの文字に見えるためこう呼ばれている、とのことである[2]。 布はメリヤス[2]繊維素材はもともとは綿100%が基本ではあったが、のものもあり、近年はポリエステルポリウレタンなど化学繊維のものも増えている。

もともとは男性用下着であったのだが、1960年代後半以降は、男女ともに着る普段着やスポーツウェアとして普及している[2]

色彩はもともとは下着として使われたのでもっぱら白色であったが、トップス(一番外側に着る服)として着用されるようになってからは、さまざまな色のものが一般的になっている。

価格はさまざまである。安価に大量に売られている。アパレル店の販売推進のためのネタとしてタダ同然の極端な安価もしくは無料プレゼントなどとして広告チラシなどに掲載されることもある。その一方で、1970年代当時の素材で作られたTシャツはマニアの間ではプレミア価格で取引されることもある。

ニット(メリヤス)製品であるためしわになりにくく、アイロンがけが不要で、イージーケアである。

歴史[編集]

1940年代のアメリカの船員がTシャツを着用しているところ

もともとは下着の一種であり、あくまで肌着(肌の上に直接着用する服)であった。1950年代に映画『欲望という名の電車』でマーロン・ブランドが着ているのをアメリカの若者が見て影響を受けて流行しはじめた。

プリント技術を使いさまざまなデザインを施すことでトップスとしても使えるようになった。

もともとアメリカでも肌着で外出することは「恥ずかしいこと」とされていたが、1960年代後半あたりから自由を重んじるアメリカの若者が、大人たちが押しつける既成概念を打破して自由に着用するようになった。第二次世界大戦後にアメリカナイズされた国々でアメリカの若者を模倣して着用することが流行しはじめた。そのような国のひとつである日本の若者たちのうちアメリカに憧れる者たちは1970年代にはそれを模倣するようになった。

種類[編集]

首周りの種類[編集]

素材の種類[編集]

次のような種類がある。

  • 綿100%
  • 綿と化学繊維の混紡
  • 化学繊維のみ(※)
近年は性能の良い化学繊維を使用することでサラサラとした肌触りを実現しているものや、夏季にすばやく汗を吸い空気中に放出してくれるものも増えている(特にここ数十年で化学繊維の性能が著しく進化した)。綿は古典的な素材ではあるが、一度汗(水分)を吸いこむと繊維内部に溜めこんでしまい乾きにくいという難点がある。

見た目の種類[編集]

サイズの種類[編集]

レギュラーフィット
形は一般的なBOXシルエット、身幅が広く、着丈が短いのが特徴。前身頃と後身頃がスリット(切目)や縫いつけがある。スリットがあるのは外出し用になる。現在は下着として着用する事も多い。着心地が堅めで首周りや袖口が太い平編みや鹿の子編みのシャツが多い。
タイトフィット
肩~脇の下まわりが細めで、身幅が細く、着丈が短いのが特徴。やや細目の着こなしをする場合に適している。生地もより伸縮性に富むものが多く、スポーツウェアでもよくこのシルエットのものが見られる。前身頃と後身頃がスリットや縫いつけがある。首回りや袖口が柔らかく、伸縮性のある起毛のあるフライス編みのシャツが多い。
下着用のシャツ
下着としての着用が目的のTシャツ。形はBOXシルエットやタイトフィットなどメーカーやブランドにより様々だが、上に衣類を着てもダボつかないようフィット感があるものが多い。ファッションとしての着用が目的の物に比べ、着丈が長いのが特徴。また、生地もやや薄手となる。前身頃と後身頃が平らで、スリットや縫いつけがされていない。ジジシャツと言われることもある。着心地が柔らかめで伸縮性のあるフライス編みのシャツが多い。近年では夏用に冷感素材を使ったものや、冬用に発熱素材を使ったものが人気を博している。
ボタン付きシャツ
主に下着用や介護用に使われることが多い、ボタンで着脱を容易にし快適に着替えることが出来る。鯉口シャツカーディガンに外見や用途が酷似している。

ファッション・アイテムとしてのTシャツの利点や活用法[編集]

Tシャツは、イメージしたいファッションを安価に、そして気軽に取り入れることができる。男性が女性のファッションを取り入れたり、大人が子供のファッションを取り入れたりすることも容易である。

1990年代には、男性の間で、体にぴったりフィットした女性向けのTシャツが流行ったことがある(「ピタT」と呼ばれた)。また、従来は子供服として多かったラグラン袖のTシャツ(袖だけにカラフルな色がついており、ベースボールTシャツとも呼ばれている)や、キャラクターがプリントされたTシャツを着る大人が男女問わず増えている。 他にもTシャツ同士を重ね着するスタイルや、最初から重ね縫い合わせてあるフェイクレイヤードシャツなどもある。

またデザイナーズTシャツと呼ばれる分野も人気を呼んでおり、その個性的なデザインを求める人も数多い。

自分を表現する手段

Tシャツのうちトップス(下着ではないものとして着るもの)は、ひとから見られるわけなので、しばしば自己表現の手段としても用いられる。スローガンが入ったTシャツを着たり、あるいは個人的な信条や、応援するスポーツチーム、お気に入りのアーティストブランドなどに対する愛着を表現するために着る人もいる。特にTシャツ発祥の地のアメリカは、自己表現を積極的に行う文化が広く浸透しており、Tシャツのデザインから相手の信条、嗜好などを読み取れる事もしばしばある。

なお日本ではアメリカとは逆に、多様性を認めず、すっかり個性を殺すような、人間を金太郎飴のように扱い均一質にするために同一デザインのTシャツを着用させることもある。つまりグループやチームのユニフォームのように着用してしまう(着用させてしまう)例もある。


主なメーカー[編集]


ギャラリー[編集]


脚注[編集]

  1. ^ Mmerriam-webster
  2. ^ a b c 広辞苑第六版、ティー・シャツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]