チノ・パンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チノ・パンツ

チノ・パンツ: Chino pants)とは「チノ・クロス」と呼ばれる綿ポリエステル(稀に)の生地で出来たズボン(スラックス)の一種である。略して「チノパン」「チノ(: Chinos)」とも呼ばれる。

チノ・クロスは綿のツイル生地で、元々19世紀中頃にの軍隊の制服に使われた生地である。作業着にも使われていることが多い。デニムと同じく右綾と左綾があり、右綾はウエストポイントと呼ばれることがある。防水加工が施されているものもある。

起源・語源[編集]

チノ・パンツは主にカーキ色茶色またはそれに類する色のものが多い。これはチノ・パンツの起源といわれているイギリス陸軍のズボンに由来する。イギリス陸軍のズボンは元々白であったが、汚れやすく敵からとても目立った。そのためインドに駐屯していた士官が土色に染めさせた。のちにそれが制式な軍服の生地として採用され定着した。

チノ・クロスという呼び名の由来は諸説ある。スペイン語で中国人という意味の「Chino」から来ているという説。フィリピンでは戦争後これらの服装を着たのは中国人農民(Camisa de chino)であり、名前の由来となったとも言われる。その他に、「焼いた」という意味を指すスペイン語の南米方言の「chino」[1]という言葉からできたという説。1900年代にフィリピンに駐在していたアメリカ軍が軍服に使うため、イギリス軍で使われていたカーキ色の生地を「China(中国)」を経由して輸入したからという説など。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chino”. Online Etymology Dictionary. 2017年3月5日閲覧。