ラッシュガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サーフィンに使う長袖のラッシュガード

ラッシュガード: rash guard)は、スパンデックスナイロン又はポリエステルで作られたスポーツ用の被服である。名称には、擦過傷に起因する皮疹や、長時間日光を浴びる際に着用者が日焼けするのを防止する意味が込められている[注釈 1][1]

スポーツウェアとして[編集]

本来はサーフィン等のウォータースポーツを行う時に着用されていた[1][2][3]。体にフィットして動き易いのが特徴である[4]

アマチュアレスリングで着用されるユニフォームであるシングレットはその見た目で選手から賛否両論があり、それが競技人気の壁になっているとする意見がある[5]2000年シドニーオリンピックに選手として出場した宮田和幸は、シングレットを廃止する代わりにラッシュガードとショーツを着用すれば人気が上がる筈だとした[5][6]

用途[編集]

紫外線の侵入を抑える点から、サンスクリーン剤帽子日傘と同様に日焼けの対策に有用である[3]日本で紫外線が強くなり始める5月には体温調節の面でも役立つ[3]サンスクリーン剤が汗や水で流れ落ちるのに対して、ラッシュガードは水分で効果が弱まらない分より効果的である[4]

山を歩いていると植物や虫に体が当たる可能性がある為、登山時に腕を守る意味で長袖のラッシュガードが着用される場合がある[7]

肌が見えなくなるその性質上、入れ墨を隠す目的での使用例も存在する[8]

吸汗速乾性に優れるラッシュガードの素材は、ジョギング時のマスクやファッションアイテムにも利用される[9][10]

サウナに入る際に水着の上に羽織る例も見られる[11]

流通経済大学の行った実験で、水温25 プール水泳を行うのは血管の緊張や収縮で心臓に負荷を与える一因になるのを示す結果が得られた[12]。水は空気の約25倍の熱伝導率を持ち、水温が体温に与える影響は比較的大きい[12]。加えて、子供高齢者の体温は環境温度に左右され易く、プールの授業等ではラッシュガードや保温性能の高い水着の着用希望に柔軟な対応が必要だと思われるとしている[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 英語では「皮疹」を「rash」、「防御物」を「guard」とそれぞれ表記する。

出典[編集]

  1. ^ a b 後藤絵美 (2016年9月30日). “ブルキニ禁止問題から考えたこと――よりよい共生に必要なものとは?”. SYNODOS. 2021年8月20日閲覧。
  2. ^ Slow Surf Style (2021年8月2日). “【レディース】サーフィン用のラッシュガードおすすめ5選!おしゃれなブランドなど”. ガジェット通信. 2021年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c 滝沢睦 (2021年5月19日). “5月は紫外線を要警戒!その理由やUVケアの基本を解説”. tenki.jp. 2021年8月20日閲覧。
  4. ^ a b エムオンプレスラッシュガードはユニクロでゲット♡メンズもキッズもベビーもそろうんです」『ニコニコニュース』、2020年7月15日。2021年8月20日閲覧。
  5. ^ a b 金子智彦「レスリングの試合着「つりパン」恥ずかしい? 選手の提起に賛同続々」『朝日新聞デジタル』、2021年8月2日。2021年8月20日閲覧。
  6. ^ 宮田和幸 [@miyataness3234] (2020年5月4日). "前から思ってたけどレスリングはシングレット廃止してラッシュガードとショーツにすれば人気あがるはず。 フィジークが人気出たように。" (ツイート). Twitterより2021年8月20日閲覧
  7. ^ roomie「夏の登山やキャンプで使いたい「日焼け対策グッズ」3選。アウトドアシーン別にオススメを紹介するよ〜」『BIGLOBEニュース』、2021年7月29日。2021年8月20日閲覧。
  8. ^ 仰天!ヤクザの夏休み④アウトドア好きな親分に付き合わされて地獄絵図”. 週刊実話Web (2021年7月22日). 2021年8月20日閲覧。
  9. ^ 「ランニング用フェイスカバー」おすすめ5選 暑い季節に向けて顔や首元を保護【2021年春最新版】」『ITmedia』、2021年5月13日。2021年8月20日閲覧。
  10. ^ 株式会社フェリシモスタイリスト福田麻琴さんとIEDITのコラボシリーズに2020年夏の新アイテム「大人のスイムウェア」「大人のラッシュガードトップス」「大人きれいめキャップ」が登場 「今まで着ていた服がなんだかしっくりこなくなってきた」そんな大人の女性の気持ちに寄り添う服」『PR TIMES』、2020年6月12日。2021年8月20日閲覧。
  11. ^ ミクニシオリ「東京タワーでサウナ×チル!「NAKED NIGHT SAUNA チル、そんでリラックス TOKYOTOWER」行ってみた」『TOKYO HEADLINE』、2021年3月12日、1面。2021年8月20日閲覧。
  12. ^ a b c 学校法人日通学園 流通経済大学プールの授業にラッシュガードが必要? ~水温が水泳後の心臓・血管に及ぼす影響~」『PR TIMES』、2021年6月11日。2021年8月20日閲覧。

関連項目[編集]