ショートパンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デニムのショートパンツ(ホットパンツ

ショートパンツshort pants)とは、ズボンの裾による分類の一つ。口語では短パンの呼称も多く使われる。ハーフパンツが登場してから、衣料品販売現場で必要になった語といわれる[誰によって?]

2006年頃から若い女性の間で流行が見られ、[要検証 ]ニーソックスやロングブーツと合わせた着こなしが多く用いられる[要検証 ]また、若い女性タレントも着用してテレビに出演しているケースも多い[要検証 ]。おもに夏用の衣服ではあるが、冬用の厚手のものもあり、タイツやストッキングの上から着用する着方も見られる。

丈の定義[編集]

ショートパンツは、ロングパンツ(長ズボン)に対して短いもの、との意味合いを持つ。裾の長さとしては、おおむねホットパンツからハーフパンツの中間に当たる丈の物を指す語であるが、製造メーカー・販売店・消費者またはメディアなどによってその定義はあいまいである。ハーフパンツを半ズボンと呼称する消費者が多い中、ハーフパンツよりも短い(本来の意味での)半ズボンを表そうとするときにはこの語を使うことになる。[要検証 ]。 近年[いつ?]、ホットパンツの丈のものをショートパンツと呼ぶことも度々ある。

用途[編集]

TPOに合わせて多種多様なものが存在するが、夏季用の衣服として用いられる場合が多い。動きやすさを活かして、子供服体操着などのスポーツウェアなどに用いられるほか、女子刑務所女子少年院の制服にも多く採用されている[要出典]また、学校制服などにおけるスカート着用時の見せパンとして、ブルマースパッツなどと同様に着用する場合もある。[要検証 ]

長さによる分類の例[編集]

それぞれの裾には厳密な定義がないため、以下はおおよその目安である。

  • ホットパンツ - 0-1分丈、裾がほとんどない極端に短いもの[1]。おもに女性用。
  • 半ズボン - 5分丈未満、裾が膝より短く、おもに男児用の子供服を指す。
  • ショートパンツ - おおむね1-3分丈のものを指す。
  • クォーターパンツ - 2-3分丈程度。クォーター=1/4→2.5分丈。
  • ハーフパンツ - 4-6分丈程度。スリークォーターパンツより短く、クォーターパンツより長い、中間的なものの総称。
  • カプリパンツクロップドパンツスリークォーターパンツ - 7-8分丈[2]、おもに女性用。厳密には長さによる分類ではなく特定の形態を指すが、「カプリ丈」・「クロップド丈」などとして使用される場合もある。スリークォーター=3/4→7.5分丈。
  • 長ズボン - 10分丈、くるぶしの下までの裾丈[2]。基本的には脚をすべて覆って肌が露出しないもの指す。

脚注[編集]

  1. ^ ホットパンツとは - アパレル用語 Weblio辞書
  2. ^ a b クロップト丈とは - アパレル用語 Weblio辞書

関連項目[編集]