ブラックスーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブラックスーツとは、黒色背広の上下一揃いをいう。 日本では第二次大戦の敗戦による物質的や精神的に貧しい時期に、ダークスーツなどの背広を持たない下々を対象として、黒色の背広の上下スーツが礼服として販売され、現在でも冠婚葬祭で広く普及している。また2000年頃ディオールなどの発表した細身で丈の短い黒いスーツが、日本の下々を対象としたスーツ量販店などと呼ばれる紳士服・スーツ販売数No.1 - 洋服の青山などが模倣して販売し、日常の執務中にも下々が着用している。これらは日本独特の風習である。[1]

基本的な構成[編集]

文化出版局に服飾辞典による一般的な装い。ビジネススーツと兼用で着る男性の昼夜兼用の略礼装用スーツ

出典[編集]

外部リンク[編集]