ブラックスーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラックスーツは、黒色背広の上下一揃い。英語圏など海外では一般的ではないため、ブラックスーツは和製英語である。[1]

日本では第二次大戦後の貧しい時期に、ダークスーツなどの背広を持たない庶民を対象として黒色の背広の上下スーツが礼服として販売された。現在でも冠婚葬祭などでダークスーツと同じ略礼装として着用される。

なお、ブラックスーツに白いネクタイを慶事に用い、黒いネクタイで弔辞の装いとするのは日本独特の習慣である[2]。ブラックスーツが日本で一般化したのは昭和50年代以降[3]

また2000年頃ディオールなどが細身で丈の短い黒いスーツを発表しモードであったが、これを洋服の青山などの量販店が表面上模倣して普及及び陳腐化し、仕事など日常のスーツとしても着ることがある[4]

出典[編集]

  1. ^ 『ファッション辞典』文化出版局2000年
  2. ^ [1](外務省)
  3. ^ 2018年6月15日中日新聞朝刊10面
  4. ^ [2](朝日新聞)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]