ブラックスーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ブラックスーツ: black suit)は、黒色背広の上下一揃い。

概要[編集]

モーニングコートディレクターズスーツよりも格下の平服で、欧米などでは主に葬儀で着用される。日本では第二次大戦後の貧しい時期に、ダークスーツなどの背広を持たない庶民を対象として黒色の背広の上下スーツが礼服として販売され、現在でも慶弔を問わず冠婚葬祭で広く着用される。

なお、ブラックスーツに白いネクタイを慶事に用い、黒いネクタイで弔辞の装いとするのは日本独特の習慣である[1]

構成[編集]

文化出版局に服飾辞典による一般的な装い。ビジネススーツと兼用で着る男性の昼夜兼用の略礼装用スーツ

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]