スポーツジャケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スポーツジャケットの例。チノパンツ、ナロータイ、ストライプシャツを合わせている。

スポーツジャケット: sports jacket: sport coat)とは、軽いシングルのジャケットを指す。ブレザーもスポーツジャケットの一種である。

名称[編集]

よく誤解されるがスポーツをするためのコートやジャケットではなく、スポーツを観戦するときのカジュアルな服装として着用されたためこのような名称が付いた。[1]しかし、格式の高いスポーツクラブでは制服としての着用が義務付けられる場合がある。また、スポーツには自分自身の趣味や好きな事を追及する、娯楽、楽しみなどのほかに上下別という意味もあり、同じ生地で仕立てるスーツとは異なり運動時に着用する異なるジャケットに異なるズボンをはく上下別のスタイルという意味もある。[2]

歴史[編集]

19世紀からテニスなどのスポーツが大学生などの若者の間で人気となり、それを観戦する際に背広ではフォーマルすぎるため、ノーフォークジャケットやカントリースーツ、ハッキングジャケット(乗馬用のジャケット)、ブレザーなどの運動に適したジャケットを着用して観戦することが流行し街着としても用いられた。それらのジャケットが簡略化されてスポーツジャケットとなった。その後アイビールックなどに取り入れられヴァンヂャケット等を通してみゆき族などに影響を与えた。[3]

特徴[編集]

基本的に一般的な背広より硬く厚い素材で作られており、コーデュロイスエードデニムツイードなどが該当するが、その限りではなくウールフランネルでも作られる。ボタンはシングルブレストであり、ボタン数は三つが主流であったが近年は二つの物も見られる。ストライプやチェックなどの柄物も多い。スリットが必ず入る。

ブレザーとの違い[編集]

ブレザーは基本的に無地で暗めの色を使い、ボタンは金属製、生地はウールフランネルなどを使用し制服などに採用され他のスポーツジャケットよりもフォーマルなものとされている。シングルのブレザーはスポーツジャケットであるが、ダブルのものはそうではない。

今日の欧米諸国ではブレザーとスポーツジャケットの違いはほとんどなくなっており、スポーツジャケット全般をブレザーとよぶ傾向にある。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.rebino.com/2015/04/19-013857.html スポーツコートとは
  2. ^ http://kininaruarekore.com/archives/9460.html ブレザー ジャケットの違いは?見るとわかる簡単な違いには
  3. ^ http://www.geocities.jp/return_youth/memory/ivy.html アイビー・ルック

関連項目[編集]