文化服装学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文化服装学院(ぶんかふくそうがくいん、英語Bunka Fashion College)は、東京都渋谷区代々木にある私立専門学校日本で唯一『世界のファッションスクールランキング2022』トップ10にランクインした[1]日本を代表する服飾デザインプロ養成校。創立100周年を迎えた。

文化服装学院
Bunka fashion college main building may 2014.jpg
英称 Bunka Fashion College
学校種別 私立
設置者 学校法人文化学園(東京都)
キャンパス 東京都渋谷区代々木3丁目22-1
学校コード H113311300121 ウィキデータを編集
所在地 151-8522
東京都渋谷区代々木3丁目22-1
TEL.03-3299-2211(代表)
ウェブサイト https://www.bunka-fc.ac.jp/
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/専修学校テンプレート
テンプレートを表示

概要[編集]

文化学園正門

大正時代に創立され100周年を迎えた伝統校。服飾・ファッション業界に卒業生30万人を輩出した実績があり、世界的に著名な日本人デザイナーが複数卒業している。国内外の服飾系大学・専門学校の中で高い評価を受けて、『世界のファッションスクールランキング』で毎年トップ10に選出されている日本で唯一の服飾学校

沿革[編集]

文化服装学院の広告(1956年)。1955〜1997年の間、学院のシンボルであった円形校舎の写真。
文化学園遠藤記念館

学科[編集]

文化学園キャンパス内

服飾専門課程

  • 服装科(I・II部)
    • 服飾専攻科(3年次)※I部のみ
      • デザイン専攻
      • 技術専攻
      • オートクチュール専攻
  • 服飾研究科

ファッション工科専門課程

  • ファッション工科基礎科(1年次)
    • アパレル技術科(2・3年次)
    • 生産システムコース(3年次)
    • アパレルデザイン科(2・3年次)
      • メンズデザインコース(3年次)
    • インダストリアルマーチャンダイジング科(2・3年次)
    • ニットデザイン科(2・3年次)
  • ファッション高度専門士科

ファッション流通専門課程

  • 流通ビジネス科
  • グローバルビジネスデザイン科
  • ファッション流通科(1年次)
    • スタイリストコース(2年次)
    • ショップスタイリストコース(2年次)
    • リテールプランニングコース(2年次)
    • ファッションモデルコース(2年次)
    • ファッションメイクアップコース(2年次)
      • ファッション流通専攻科(3年次)
        • ファッションディレクター専攻
        • ファッションメディア専攻
        • ストアマネジメント専攻

ファッション工芸専門課程

  • テキスタイルデザイン科
  • ファッショングッズ基礎科
    • 帽子・ジュエリーデザイン科
    • バッグデザイン科
    • シューズデザイン科

著名な出身者[編集]

同窓会[編集]

  • すみれ会

文化出版局[編集]

文化事業局購買部[編集]

学校法人文化学園内には文化事業局が運営する購買店舗があり、洋裁道具とファッション・服装関連書・生地などの販売をおこなっている。インターネットでも洋裁関連用品・書籍の販売をおこなう。

文化服装学院連鎖校[編集]

1947年(昭和22年)「文化服装学院連鎖校」制度を創設し、文化式洋裁教育の全国的なネットワーク化を確立した。卒業生が地方で「文化式パターン(型紙)」を用いた洋裁学校を開校し、全国に連鎖校が広がった。国内外に45校の連鎖校が開校している[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小池千枝の生涯”. 須坂市文化振興事業団. 2022年8月27日閲覧。
  2. ^ 文化服装学院 News http://www.bunka-fc.ac.jp/n/news/2015/09/post_359.html?utm_source=Google&utm_medium=cpc&utm_campaign=gdn 2018.8.7.閲覧
  3. ^ 文化出版局 書籍課 (2016年6月14日). “好評既刊&限定セット販売のご案内『ふたりは ともだち』”. facebook. 2020年11月7日閲覧。 “第190刷発行、累計109万部を超えています!”
  4. ^ 相田みつをの本のリスト”. 文化出版局. 2018年6月29日閲覧。
  5. ^ 献立が10倍になる たれの本”. 文化出版局 (1989年4月16日). 2020年11月6日閲覧。
  6. ^ 大畑加代子 (2009年4月16日). “累計発行部数2,000万部突破! - 料理家・栗原はるみの魅力に迫る”. ワークアンドライフ レポート. マイナビ. 2020年11月8日閲覧。 “120万部以上を売り上げた料理本『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)”
  7. ^ “雑誌「ハイファッション」と季刊「銀花」が2月発売号で休刊”. Fashionsnap.com. (2010年1月12日). http://www.fashionsnap.com/news/2010-01-12/bunka-high-fashion/ 

外部リンク[編集]