小池千枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こいけ ちえ
小池 千枝
生誕 (1916-04-14) 1916年4月14日
長野県須坂市
死没 (2014-05-28) 2014年5月28日(98歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 文化裁縫女学校
職業 ファッション教育者
活動期間 1945年 - 2014年

小池 千枝(こいけ ちえ、1916年4月14日 - 2014年5月28日)は、日本のファッションデザイナー文化服装学院名誉学院長。

経歴[編集]

長野県須坂市出身。1933年、須坂高等女学校卒業後、文化裁縫女学校(現、文化服装学院)に入学し、卒業後、同学院の助手となる。1940年、商社勤務の男性と結婚し北京へ転勤となるが、1944年には2人の娘を連れて帰国。1945年、夫が沖縄で戦死。1945年、文化服装学院に復帰し、1951年デザイン科を新設し初代デザイン科長に就任。

1954年、38歳のとき母親に娘2人を預けて単身渡仏、南回りの船で1ヶ月かかってパリに留学した。パリ・クチュール組合学校「サンディカ」で学ぶ。クラスメイトにイヴ・サン=ローランが、隣のクラスには、カール・ラガーフェルドがいた。フランスではオートクチュールの立体裁断に衝撃を受ける。1年後、無一文でフランス製の人台(ボディー、トルソー)1つだけ抱えて船で帰国。

帰国後は、日本人に合う立体裁断用の人台(ボディー、トルソー)を開発し、また1957年から文化服装学院として男子学生の入学を開始するなど、ファッション業界の発展に貢献する。文化女子短期大学(現、文化学園大学)教授、文化服装学院副院長を歴任し、1983年、同学院の10代目学院長に就任。1991年より2002年3月まで名誉学院長として活躍した。

文化服装学院では、コシノヒロココシノジュンコ高田賢三金子功松田光弘山本耀司、等多くのファッションデザイナーを育成し、日本のファッション界を世界的レベルに押し上げた。その実績から日本ファッション界の“ゴッドマザー”と呼ばれ、日本以外でも“マダム・コイケ”として有名。

故郷、長野県須坂市に世界90数ヵ国の民俗人形1,200体あまりを寄贈し、1997年に須坂市に開館した「小池千枝コレクション・世界の民俗人形博物館」に収められている。

2014年5月28日、死去[1]。98歳没。

著書[編集]

  • 『ワンピースの作り方』文化の作り方シリーズ(1959年、文化出版局
  • 『立体裁断』(1962年、文化出版局)
  • 『立体裁断』(1969年、文化出版局)
  • 『袖―着やすさと美しさのテクニック』(1979年6月、文化出版局)
  • 『服飾造形論―着て・動いて・美しく』(1981年7月、文化出版局)
  • 『新・立体裁断―クリエーターのためのドレーピング 』文化ファッション講座(1984年2月、文化出版局)
  • 『ともに学ぶ、ともに遊ぶ』サクセスフルエイジング対談(1998年8月、福原義春との共著、求龍堂

参考文献[編集]

  • 『小池千枝 ファッションの道―時代の先を教えつづけて』(1992年3月、西村勝著、文化出版局) ISBN 4-579-30334-2

脚注[編集]