文化学園大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文化女子大学から転送)
移動先: 案内検索
文化学園大学
新都心キャンパス
新都心キャンパス
大学設置 1964年
創立 1919年
学校種別 私立
設置者 学校法人文化学園
本部所在地 東京都渋谷区代々木3-22-1
北緯35度41分6.3秒 東経139度41分39.8秒 / 北緯35.685083度 東経139.694389度 / 35.685083; 139.694389座標: 北緯35度41分6.3秒 東経139度41分39.8秒 / 北緯35.685083度 東経139.694389度 / 35.685083; 139.694389
キャンパス 新都心キャンパス
小平キャンパス
室蘭キャンパス
学部 服装学部
造形学部
現代文化学部
研究科 生活環境学研究科
国際文化研究科
ウェブサイト 文化学園大学公式サイト
テンプレートを表示

文化学園大学(ぶんかがくえんだいがく、英語: Bunka gakuen University)は、東京都渋谷区代々木3-22-1に本部を置く日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称は文化学園大、文大、bunka。

併設校に文化学園大学短期大学部がある。ファッション分野が中心の大学。日本の大学の中では最初にインテリア分野についての学科を創設した。 男女共学化されてまだ浅いため、男子学生の割合は低い。放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[1]。 同じ敷地内には文化服装学院文化外国語専門学校がある。

沿革[編集]

  • 1919年4月 - 並木婦人子供服装裁縫教授所を東京青山に開設。
  • 1922年6月 - 文化裁縫学院を牛込袋町に開設。
  • 1923年6月 - 私立学校令による学校として東京府から認可を受け「文化裁縫女学校」として新発足。この日をもって創立記念日と定める。
  • 1923年11月 - 新宿・大宗寺前に移転。
  • 1926年7月 - 現在地、府下代々幡代々木山谷に327坪の土地を買収し、校舎建設開始。
  • 1927年3月 - 木造二階建て新校舎完成。
  • 1935年2月 - 財団法人並木学園設置認可。
  • 1936年10月 - 文化服装学院に校名変更。
  • 1952年4月 - 文化女子短期大学として設置認可され開校。初代学長に徳川義親が就く。
  • 1951年3月 - 学校法人並木学園に組織改定し、発足。
  • 1955年10月 - 円型校舎完成、落成式典挙行。
  • 1964年 - 文化女子大学設立。文化女子短期大学は文化女子大学短期大学部となる。
  • 1969年4月 - 文化女子大学室蘭短期大学開校。
  • 1972年4月 - 文化女子大学大学院を設置。家政学研究科被服学専攻修士課程を開設。
  • 1972年9月 - 文化女子大学附属すみれ幼稚園を多摩市に開園。
  • 1973年6月 - 法人名称を学校法人文化学園に変更。
  • 1974年4月 - 文化女子大学附属杉並高等学校を開校。
  • 1976年4月 - 文化女子大学室蘭短期大学附属幼稚園を開園。
  • 1983年10月 - 文化女子大学附属長野高等学校、文化女子大学長野専門学校を開校。
  • 1986年4月 - 文化女子大学附属杉並中学校開校。
  • 1989年4月 - 文化女子大学大学院家政学研究科に被服環境学専攻博士後期課程開設。
  • 1991年4月 - 文化女子大学文学部を小平キャンパスに開校。
  • 1998年3月 - 21階建ての新校舎(A・B・C館)完成。
  • 1998年4月 - 文化服装学院、文化ファッションビジネスクール開設。
  • 2000年 - 家政学部を服装学部と造形学部に改組。
  • 2004年 - 文学部を現代文化学部に改称。
  • 2009年 - 文化女子大学室蘭短期大学閉校。
  • 2011年 - 文化学園大学に校名変更。
  • 2012年 - 全学部・学科において男女共学化の開始。
  • 2015年 - 現代文化学部を新都心キャンパスに移転、大学院・短大も含め全学が同地に集約される。[2]

学部[編集]

小平キャンパス
現代文化学部・国際文化研究科を設置。
2015年新都心キャンパスに移転
  • 服装学部
    • 服装造形学科
    • 服装社会学科
  • 造形学部
    • 生活造形学科
    • 建築・インテリア学科(旧:住環境学科)
  • 現代文化学部
    • 国際文化・観光学科
    • 国際ファッション文化学科
    • 応用健康心理学科

大学院[編集]

  • 生活環境学研究科
    • 生活環境学専攻修士課程
    • 被服学専攻博士前期課程
    • 被服環境学専攻博士後期課程 ―日本唯一(2014年現在)の 博士(被服環境学)が授与される
  • 国際文化研究科
    • 国際文化専攻修士課程(国際文化専修、健康心理学専修)

学生生活[編集]

文化学園図書館
文化学園遠藤記念館

学園祭[編集]

文化学園大学の学園祭は「文化祭」の名称で行われ、毎年11月上旬の3日間、新都心キャンパスで短期大学部・文化服装学院と合同で行う。2010年に第60回を迎えた[3]ファッションショーが開かれる[4]

小平キャンパスが存在していた時期は、新都心キャンパスの文化祭とは別にでは6月に「けやき祭」という1日だけの小さな学園祭を開催していた[5]。大学側は「小平キャンパスをあげてのビッグイベント」と銘打っており、こちらでもファッションショーを実施していた[6]

施設[編集]

キャンパス[編集]

新都心キャンパス
  • 新都心キャンパス 東京都渋谷区代々木3-22-1
    • 使用学部: 服装学部、造形学部、現代文化学部、短期大学部(服装学科)
    • 使用研究科: 生活環境学研究科、国際文化研究科
  • 小平キャンパス 東京都小平市上水南町3-2-1
    • 現代文化学部、大学院国際文化研究科、講堂(バイオレットホール)があったが2015年を以て移転し、学校としての機能は事実上残っていない。道路沿いに設置されていた大学の広告看板も撤去されたが、学生寮は引き続き運営中。
  • 室蘭キャンパス 北海道室蘭市高砂町3-11-50
    • 文化女子大学室蘭短期大学のキャンパスであったが、同学の廃止により、附属幼稚園のみ残った。

附属校[編集]

文化学園大学杉並中・高等学校

以下の附属学校を持つ。

関係者一覧[編集]

卒業生[編集]

関係者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  2. ^ 現代文化学部 新都心キャンパス移転に関するお知らせ
  3. ^ アンリアルカンパニー"文化女子大学新都心キャンパス/第60回文化祭"(2011年7月24日閲覧。)
  4. ^ 文化学園大学"【第60回】文化祭[The Sixtieth Birthday11/2〜11/4開催!]"2010年10月8日.(2011年7月24日閲覧。)
  5. ^ 大學新聞"ミニ学園祭「けやき祭」6/3開催 文化女子大学"2006年5月15日.(2011年7月24日閲覧。)
  6. ^ 文化学園大学"6/5(土)けやき祭 開催(小平キャンパス)"2010年5月28日.(2011年7月24日閲覧。)

外部リンク[編集]