山本耀司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまもと ようじ
山本 耀司
生誕 1943年10月3日(72歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 文化服装学院
慶應義塾大学
職業 ファッションデザイナー
団体 株式会社ヨウジヤマモト
著名な実績 「ヨウジヤマモト」のデザイン等
受賞 日・装苑賞(1969年)
日・遠藤賞(1969年)
仏・芸術文化勲章(1994年・2005年・2011年)
日・紫綬褒章(2004年)
日本ブランド創造貢献企業表彰(2005年)
英・ロイヤル・デザイナー・フォー・インダストリー(2006年)

山本 耀司(やまもと ようじ[1]1943年10月3日[2] - )は、日本ファッションデザイナーヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)の名でプレタポルテ(高級既製服)ブランドを展開している。

長女・山本里美(りみ)も、自身のブランド「LIMI feu」(リミフゥ)のデザイナー。

来歴[編集]

東京に生まれ、オーダーメイドの洋装店を営む母親に育てられた。慶應義塾大学法学部を卒業後、文化服装学院へ入学、1969年卒業。同年に装苑賞遠藤賞とをダブル受賞。以降、プレタポルテを志向するようになる。 

1972年に既製服の展開を行う株式会社ワイズ(Y's)を設立、1977年にワイズにて東京コレクションにデビュー。1990年には三菱銀行、1991年には東海旅客鉄道(JR東海)の新制服をそれぞれデザイン[3]。1993年のバイロイト音楽祭ワーグナーオペラトリスタンとイゾルデ」の衣装を担当した。

BROTHER』、『Dolls』等、北野武の映画作品の衣装を数多く手がけ、北野は現在も山本の服を愛用している[要出典]。2009年、パリ・カンボン店オープン。

2009年10月8日、旧(株)ヨウジヤマモトは民事再生法の適用を申請。[4]。投資会社インテグラル(株)の支援により、直営店および百貨店インショップ、国内外の卸事業は継続。パリ・コレクションも続ける。また山本耀司は、引き続きチーフデザイナーとして、デザイン活動を行う。

2009年12月、インテグラル(株)が設立した新会社が(株)ヨウジヤマモトとして旧ヨウジヤマモト社から事業譲渡を受け再起を果たした。

2014年、RIZZOLIより「Yamamoto & Yohji」刊行。

2014年、スペインのプロサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」のトップチーム「レアル・マドリード」のサードユニフォームをデザイン。

2015年、全仏オープンテニスのためのコレクション、「アディダス“ローラン・ギャロス コレクション バイワイスリー”(adidas“Roland Garros Collection by Y-3”)」を発表。同年5月にローラン・ギャロスで開催された全仏オープンテニスで、ジョー=ウィルフリード・ツォンガ選手とアナ・イバノビッチ選手の2人のテニスプレイヤーのほか、大会のボールボーイとボールガールも着用。

2016年1月、山本が手がける「アディダス(adidas)」のスポーツブランド「ワイスリー(Y-3)」が、宇宙旅行ビジネスを行う民間企業ヴァージンギャラクティック社(Virgin Galactic、以下VG社)と協業し世界で初めて宇宙旅行用アパレルの開発を進めていることを発表。1月14日、米・ニューメキシコ州にあるVG社の施設「スペースポートアメリカ」で宇宙飛行士用フライトスーツとブーツの試作品が公開された。

受賞[編集]

1994年、フランスより芸術文化勲章シュバリエ」を叙勲。2004年に日本国紫綬褒章を受章。翌2005年には、日本国経済産業省より「日本ブランド創造貢献企業表彰」受賞、さらにフランス芸術文化勲章の「オフィシエ」を受賞。2006年には英国ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ名誉ロイヤル・デザイナー・フォー・インダストリーを受章している。2011年には春季外国人叙勲にてフランスより芸術文化勲章「コマンドゥール」を叙勲されることが報道された。コマンドゥールは民間人対象の勲章の中で最高位のものであった。同年にパリの文化・コミュニケーション省にてフレデリック・ミッテラン大臣より直接受章した。

年譜[編集]

  • 1972年 株式会社ワイズを設立
  • 1977年 東京コレクションにデビュー
  • 1981年 パリ・プレタポルテコレクションにデビュー。同時にYohji Yamamotoを開始
  • 1984年 株式会社ヨウジヤマモト設立
  • 1989年 ヴィム・ヴェンダース監督映画「都市とモードのビデオノート」に出演
  • 1994年 フランス芸術文化勲章「シュバリエ」受章
  • 1999年 坂本龍一によるオペラ「LIFE」の衣装を担当
  • 2001年 北野武監督映画「BROTHER」の衣装を担当。以後の北野作品には全て関わっている
  • 2002年 パリ・オートクチュールコレクションの期間にプレタポルテを発表
  • 2002年 Y-3ラインをコレクションデビュー
  • 2004年 紫綬褒章受章
  • 2005年 経済産業省より「日本ブランド創造貢献企業表彰」受賞
  • 2005年 フランス芸術文化勲章「オフィシエ」受章
  • 2006年 英国ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ名誉ロイヤル・デザイナー・フォーインダストリー受章
  • 2008年 北京の故宮・太廟にてY'sのショウ開催
  • 2008年 中国友好和平基金のもと山本耀司和平基金を設立。ロンドン芸術大学、名誉博士号授与
  • 2008年 ヨウジヤマモトのパリ カンボン旗艦店オープン
  • 2009年 2009年4月30日付け代表取締役辞任
  • 2009年 10月8日、(株)ヨウジヤマモト民事再生法の適用を申請。負債60億円[4]
  • 2009年 12月、新(株)ヨウジヤマモトが旧会社から事業譲渡を受け再創業
  • 2010年 4月1日、東京で19年ぶりにメンズコレクションを発表
  • 2011年 英国ヴィクトリア&アルバート博物館にて「ヨウジヤマモト展」開催
  • 2011年 フランス芸術文化勲章「コマンドゥール」受章 
  • 2014年 RIZZOLIより「Yamamoto & Yohji」刊行
  • 2014年 「レアル・マドリード」のサードユニフォームをデザイン
  • 2015年 「アディダス“ローラン・ギャロス コレクション バイワイスリー(adidas“Roland Garros Collection by Y-3)」発表
  • 2016年 「ワイスリー(Y-3)」がヴァージンギャラクティック社(Virgin Galactic、以下VG社)との協業を発表

主なブランドライン名[編集]

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)
レディースのコレクションライン。通称FEMME。
Yohji Yamamoto +Noir(ヨウジヤマモト プリュス ノアール)
レディースライン。“黒”をテーマに、アクセントといくつかの色・柄によって構成。
Yohji Yamamoto POUR HOMME(ヨウジヤマモト プールオム)
メンズのコレクションライン。通称HOMME。
Yohji Yamamoto COSTUME D'HOMME(ヨウジヤマモト コスチュームドオム)
メンズのスーツライン。
Y's(ワイズ)
レディースライン。自立した女性がテーマ。1972年スタート[5]。2012-13年秋冬コレクションからは、山本と共に仕事をしてきたプランナーやパタンナーらが継承する予定[6]
s'yte (サイト)
インターネット限定のカジュアルウェアブランド。2011年9月スタート。

休止・終了したブランドライン[編集]

Y's for men(ワイズフォーメン)
Y'sのメンズライン。もともとはY'sを着ている女性の隣にいる男性が似合う服というコンセプト。2009-10年秋冬コレクションをもって休止[7]
Y's for men SHIRTS(ワイズフォーメン シャツ)
メンズライン。
Y(ワイ)
イタリア生産のスーツライン。2005年7月にイタリアで発表された。3タイプのスーツ(Ooty 1130、Syne 698、Fytt 432[8])、タキシード(Yoetn 1829)、Yシャツネクタイを展開していた。

コラボレーション[編集]

Y-3(ワイスリー)
ドイツのアディダス社とのコラボレーションブランド[9]。2014年には、レアル・マドリードの3rdユニフォームをデザイン。
Yohji JEANS
エドウィンとコラボレーションしたジーンズのブランド[9]。2012年6月よりヨーロッパとアメリカ地域で販売開始予定[10]
Y's for living(ワイズフォーリビング)
生活雑貨のブランド。
Y'saccs(イザック)
1986年、Y'sの雑貨ブランドとして誕生。2001年にコラボレートを解消[11]
Yohji Yamamoto D'URBAN A.A.R (アール)
ダーバン社(現、レナウン)とヨウジヤマモトのコラボレーションによる、大学生をターゲットにしたビジネスラインブランド。A.A.R とは Against All Risks の略。1992年スタート[12]。2005-06年秋冬コレクションを最後にコラボレートを解消、2008年春夏コレクションをもって終了[13]
COMING SOON(カミングスーン)
イタリアのシンヴ(Sinv.)社との提携によるカジュアルブランド[14]
Y's MANDARINA(ワイズ マンダリーナ)
マンダリナ・ダックとコラボレーションしたバッグのブランド。2006年スタート[15][16]
Prototype(プロトタイプ)
イギリスのリンダファローとコラボレーションしたサングラスのブランド[15]

この他、サルヴァトーレ・フェラガモとのコラボレーションによるシューズ[17]や、石ノ森章太郎仮面ライダーイナズマン009 RE:CYBORG[18])とのコラボレーションがある。

映画[編集]

著書[編集]

  • 「Talking to Myself」(2002年 Steidl社)
  • 「My Dear Bomb」(2011年 Ludion社、岩波書店)

関連書籍[編集]

  • 鷲田清一「たかが服、されど服 ヨウジヤマモト論」(2010年 集英社)
  • 「Fashion News(ファッションニュース) 2011年3月号増刊 特集・山本耀司 もう一度咬みつけよ、ヨウジ」(2011年 INFASパブリケーションズ
  • 「Yamamoto & Yohji」(2014年 RIZZOLI)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売年鑑 2005年版』 : “山本耀司” (p.186) 2005年 読売新聞社
  2. ^ 10月3日は山本耀司の誕生日です』 2013年10月3日 FASHION HEADLINE
  3. ^ Yohji Yamamoto”. Yohji Yamamoto. 2011年12月11日閲覧。
  4. ^ a b 帝国データバンク 倒産速報
  5. ^ Y's 40周年記念イベント 第1弾は新宿伊勢丹 期間限定ショップ”. Fashionsnap.com (2012年2月22日). 2012年5月6日閲覧。
  6. ^ Y'sブランド改革 山本耀司のDNAを若い世代に継承”. Fashionsnap.com (2012年4月5日). 2012年5月6日閲覧。
  7. ^ ヨウジヤマモト新体制、Y′sメンズライン休止へ”. Fashionsnap.com (2010年1月22日). 2012年5月6日閲覧。
  8. ^ “[http://www.pinkermoda.com/pm/noti.jsp?idNoticia=49551 Compartir noticia Pitti Immagine Uomo: calor global]”. ETD Prensa Profesional, S.A. (2005年7月4日). 2014年2月11日閲覧。
  9. ^ a b Yohji Yamamoto 企業情報”. Yohji Yamamoto. 2012年5月6日閲覧。
  10. ^ エドウイン×ヨウジヤマモト 新ブランド「Yohji JEANS」6月欧米デビュー”. Fashionsnap.com (2012年2月6日). 2012年5月6日閲覧。
  11. ^ ケンジイケダと共に生まれ変わるY'SACCS 新バッグブランド発表”. Fashionsnap.com (2011年7月6日). 2012年5月6日閲覧。
  12. ^ 山本耀司が立ち上げた"幻"のスーツブランド「A.A.R」西武のPBとして復活”. Fashionsnap.com (2012年1月17日). 2012年5月6日閲覧。
  13. ^ I:「日経ビジネス」では売れなかったスーツ”. 日経BP社. 2010年3月28日閲覧。
  14. ^ 「COMING SOON(カミングスーン)」が7月に日本上陸”. Fashionsnap.com (2009年6月21日). 2012年5月6日閲覧。
  15. ^ a b PROTOTYPE BY YOHJI YAMAMOTO”. LINDA FALLOW. 2012年5月6日閲覧。
  16. ^ 「カミングスーン」と「ワイズ マンダリナ」のポップアップショップがニューヨークにオープン”. eyescream.jp (2009年5月8日). 2012年5月6日閲覧。
  17. ^ ヨウジヤマモトとフェラガモのコラボシューズ、8型が限定発売”. MODE PRESS. 2012年12月1日閲覧。
  18. ^ Yohji Yamamoto×009”. ISHIMORI PRODUCTION INC.. 2012年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]