信越放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
信越放送株式会社
Shin-etsu Broadcasting Co.,Ltd.
Sbc logo.svg
信越放送本社 (TOiGO SBC)
信越放送本社 (TOiGO SBC)
種類 株式会社
略称 SBC[1]
本社所在地 日本の旗 日本
380-8521[1]
長野県長野市鶴賀問御所町
1200番3号[2]
TOiGO SBC
北緯36度38分59.4秒 東経138度11分16.3秒 / 北緯36.649833度 東経138.187861度 / 36.649833; 138.187861座標: 北緯36度38分59.4秒 東経138度11分16.3秒 / 北緯36.649833度 東経138.187861度 / 36.649833; 138.187861
設立 1951年10月18日[1]
(信濃放送株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 2100001001266 ウィキデータを編集
事業内容 一般放送事業
代表者 代表取締役社長 渡辺雅義[1]
資本金 4億5000万円
(2022年3月31日現在)[2]
発行済株式総数 90万株(2022年3月31日現在)[2]
売上高 連結: 69億5000万円
単独: 62億0300万円
(2022年3月期)[2]
営業利益 連結: 1億7200万円
単独: 1億1700万円
(2022年3月期)[2]
経常利益 連結: 6億9000万円
単独: 3億5300万円
(2022年3月期)[2]
純利益 連結: 5億8500万円
単独: 2億6000万円
(2022年3月期)[2]
純資産 連結: 269億3900万円
単独: 220億1500万円
(2022年3月31日現在)[2]
総資産 連結: 304億6100万円
単独: 252億7800万円
(2022年3月31日現在)[2]
従業員数 連結: 187人
単独: 126人
(2022年3月31日現在)[2]
決算期 3月31日[2]
会計監査人 矢島和政[2]
主要株主 #資本構成参照
主要子会社 #関連企業参照
外部リンク https://sbc21.co.jp/
テンプレートを表示
信越放送
基本情報
英名 Shin-etsu
Broadcasting Co.,Ltd.
[3]
略称 SBC[1]
本社 〒380-8521[1]
長野県長野市鶴賀問御所町
1200番3号[2]
TOiGO SBC
演奏所 本社と同じ
公式サイト https://sbc21.co.jp/
ラジオ
放送対象地域 長野県
系列 JRNNRN
愛称 SBCラジオ
呼出符号 JOSR
開局日 1952年3月25日
親局 / 出力 長野 1098kHz /  5kW
主な中継局
テレビ
放送対象地域 長野県
ニュース系列 JNN
番組供給系列 TBSネットワーク
呼出符号 JOSR-DTV
開局日 1958年10月25日
リモコンキーID 6[4]
デジタル親局 長野(美ヶ原) 16ch
アナログ親局 長野(美ヶ原) 11ch
ガイドチャンネル 11ch
主な中継局
主なアナログ中継局
テンプレートを表示

信越放送株式会社[1](しんえつほうそう、: Shin-etsu Broadcasting Co., Ltd.[3])は、長野県放送対象地域とし、中波放送(AMラジオ)事業とテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。略称はSBC

概要[編集]

長野県、かつ五大都市圏以外において最初(全国では8番目[5])に開局した民間放送局である。設立当初は信濃放送商号であったが、開局から間もなくして信越放送に変更した[注釈 1]。筆頭株主は、長野県の地元紙の信濃毎日新聞[注釈 2]であり、信越化学工業グループとも関係が深い。

テレビJNNTBSテレビ系列)、ラジオJRNNRNのクロスネットである。本社・演奏所は、開局した1952年から50年以上にわたり、長野市北部の吉田地区SBC通り沿い)に所在していたが、2006年に長野市中心部(鶴賀問御所町)に建設した新本社ビル(TOiGO SBC)に移転した。

本社社屋関係[編集]

  • 1951年(昭和26年)8月 - 長野市西後町の個人商店内に創立事務所を設置。
  • 1952年(昭和27年)3月25日 - 長野市吉田の本社・演奏所に新築移転。初代の建物は木造(一部コンクリート造り)平屋トタン葺きだった。
  • 1958年(昭和33年)9月30日 - この頃テレビ放送開始を前に増築。(全面コンクリート造り2階建てとなる)
  • 1964年(昭和39年)8月25日 - 本館裏に3階建ての新館完成。
  • 1989年(平成元年)3月25日 - 4階建ての本社東館完成。既存社屋もリニューアル。
  • 2006年(平成18年)9月4日 - 長野市問御所町の再開発ビルTOiGO(トイーゴ)[注釈 3]に移転。

事業所[編集]

本社・演奏所
放送局
支社

資本構成[編集]

概要[編集]

かつては信濃毎日新聞朝日新聞社が同率の筆頭株主だったが、2009年度に朝日新聞社の出資分を信濃毎日新聞が取得して以降、信濃毎日新聞が単独の筆頭株主となっている。

2022年3月31日[編集]

出典: [8]

資本金 発行済株式総数 株主数
4億5000万円 900,000株 1,201
株主 株式数 比率
信濃毎日新聞 158,389株 17.90%
信越化学工業 063,000株 07.12%
塩澤実 059,000株 06.67%
信越放送従業員持ち株会 058,041株 06.56%
八十二銀行 027,900株 03.15%
小坂まり子 027,000株 03.05%
長野県 022,500株 02.54%
文化放送 017,145株 01.94%
長野県町村会 017,000株 01.92%
松本市 016,240株 01.83%

過去の資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

沿革[編集]

諏訪放送局(1997年撮影)
諏訪放送局
上田城跡公園にあるラジオ塔。
上田城跡公園にあるラジオ塔。

社史・記念誌関係[編集]

  • 1957年(昭和32年)3月25日 - 創業5周年記念誌「まほろば」刊行。
  • 1961年(昭和36年)10月18日 - 「日本の屋根 信越放送十年史」刊行[33]
  • 2001年(平成13年)10月18日 - 「信越放送の50年」刊行。
  • 2022年(令和4年)3月 - 「軌跡70:SBC 2001-2021:信越放送創立70年記念誌:中心街地に本社アナログからデジタルへ」刊行。

ラジオ[編集]

概要[編集]

放送機器メンテナンスのため放送休止となる毎週月曜0時49分から5時まで(毎週日曜深夜)を除き[注釈 40]、24時間放送を実施している[注釈 41]

月曜未明の放送終了時と放送開始時、またジャンクションとなる毎日5時前には『信濃の国』(長野県歌)が演奏される[注釈 42]。なお、国政選挙または長野県内で地方選挙がある場合には、日曜日の放送が終わる24時前後に開票結果を放送することもある。

ラジオネットワークはJRNとNRNのクロスネットであるが、夕方から深夜にかけての時間帯はNRN、とりわけニッポン放送の番組のネットが多い傾向にある。『オールナイトニッポン』は番組開始3年後の1970年10月からネットしており、1999年10月からは平日22時から24時をニッポン放送との同時ネット[注釈 43]に切り替えている。FM長野開局以前は、TOKYO FM制作の一部番組をスポンサード番組中心にネットしていた。

本社が長野市吉田地区に所在していた頃は、「多元放送」と呼称するローカルタイムがあり、長野・松本・諏訪・飯田・上田の各エリアに向けた番組を放送していた[注釈 44]

送信所・中継局周波数[編集]

SBC佐久ラジオ中継局
佐久ラジオ中継局
親局 識別信号 周波数 空中線電力 備考
長野 JOSR 1098 kHz kW [35]
中継局 識別信号 周波数 空中線電力 備考
松本 JOSO 864 kHz 1 kW
飯田 JOSW 1098 kHz
上田 JOSL 1062 kHz 100W
佐久 1458 kHz
軽井沢 1485 kHz
諏訪 JOSE 1197 kHz
伊那 JOCW(廃止)[注釈 45] 1098 kHz
FM補完中継局 識別信号 周波数 空中線電力 備考
長野(美ヶ原) 92.2 MHz[26] 1 kW[26]
高ボッチ 94.2 MHz[26] 100W[26][27]
飯田
善光寺平 91.2 MHz[27]
飯山野沢 30W[27]
小海 91.2 MHz[30] 50W[30]
出典[36]

インターネット配信[編集]

2011年10月3日正午より、インターネットラジオ(IPサイマルラジオ)の「radiko.jp」での試験配信を開始[19]、2012年4月から本配信を開始した[21]。その後、2015年3月30日からradiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)での配信を開始し、長野県外(日本国内のみ)でのラジオ放送の聴取が可能となった[22]。2016年10月11日からは、radiko.jpでのタイムフリー聴取サービス開始に伴い、過去1週間までの番組の聴取が可能になっている。

現在放送中の番組[編集]

随時放送[編集]

平日[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
5 5:00 めざまし歌謡曲 5:00 ドクターごとうの熱血訪問クリニック (マール
5:10 納得健康15分 5:10 健康生活インフォメーション 5:10 今旬!インフォメーション 5:10 亀渕昭信のお宝POPS火曜会 5:10 健康イキイキ!
5:25 心のともしび
5:30 生島ヒロシのおはよう一直線TBSラジオ
▽5:55 今朝の一曲
6
6:30 モーニングワイド ラジオJ
▽6:45 歌のない歌謡曲JRN系企画ネット番組)
▽7:10 お早う!ニュースネットワークニッポン放送
▽7:25 SUZUKIハッピーモーニング・羽田美智子のいってらっしゃい(ニッポン放送)
▽8:00 話題のアンテナ 日本全国8時です(TBSラジオ)
7
8
8:40 ENEOSプレゼンツ あさナビ(ニッポン放送)
8:50 武田鉄矢・今朝の三枚おろし文化放送
9 9:00 ニュース
9:05 坂ちゃんのずくだせえぶりでい
▽10:50 氷川きよし 限界突破RADIO(文化放送)
▽11:05 テレフォン人生相談(ニッポン放送)
10
11
12
13 13:00 MiXxxxx+
▽13:45 河村通夫の大自然まるかじりライフ(マール)
▽14:35 夏井いつきの一句一遊南海放送
14
15
16
16:20 もっとまつもと!(松本放送局制作)
16:43 伊那谷めぐりあい(飯田放送局制作)
16:50 あなたにハッピー・メロディ(ニッポン放送)
17 17:00 ニュース・パレード(文化放送)
17:15 GIFT〜未来への贈り物〜(TBSラジオ)
17:25 SBCラジオショッピング 17:25 ニッポン人物ア・ラ・100年かしわプロダクション 17:25 SBCラジオショッピング
(第2週・第4週)
塚田陽亮の今週どうなった!?
17:25 ニッポン人物
ア・ラ・100年(かしわプロダクション)
17:25 らくらく子育て
17:30 ネットワークトゥデイ(TBSラジオ)
17:45 桂宮治のザブトン5(文化放送)
17:55 Go Go Music
18 18:00 SBCニュースTODAY
18:15 健やかインフォメーション 18:15 納得!お得!ラジオショッピング 18:15 健康生活インフォメーション 18:15 ラジオ劇場 下町ロケットKBCラジオ 18:15 旬!SHUN!ピックアップ
18:30 岡村孝子 あの頃ミュージック(かしわプロダクション) 18:30 ジャガーズの”ジャニー通” 18:30 SBCドリームナイター
19 19:00 アフター6ジャンクション(TBSラジオ)
20
21 21:00 銀シャリのおむすびラジオ 21:00 Snow Manの素のまんま(文化放送) 21:00 ミュージックブルペン
21:30 ときめき歌謡曲 21:30 壇蜜の耳蜜(文化放送)
21:45 たんぽぽの綿毛time♪ 21:55 ニュース・天気予報
22 22:00 オールナイトニッポン MUSIC10(ニッポン放送) 22:00 オールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送)
23
0 0:00 レコメン!(文化放送) 0:00 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(文化放送)
0:30 Sky presents 藤原竜也のラジオ朝日放送ラジオ
1 1:00 Creepy Nutsのオールナイトニッポン(ニッポン放送) 1:00 星野源のオールナイトニッポン(ニッポン放送) 1:00 乃木坂46のオールナイトニッポン(ニッポン放送) 1:00 ナインティナインのオールナイトニッポン(ニッポン放送) 1:00 霜降り明星のオールナイトニッポン(ニッポン放送)
2
3 3:00 フワちゃんのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送) 3:00 ぺこぱのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送) 3:00 佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送) 3:00 マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送) 3:00 三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)
4
4:30 上柳昌彦 あさぼらけ(ニッポン放送)

週末[編集]

土曜日 日曜日
5 5:00 はやしべさとし〜叙情歌を道連れに〜 5:00 おはようインフォメーション
5:15 納得健康15分 5:15 健康生活インフォメーション
5:30 天理教の時間 5:30 旬!SHUN!ピックアップ
5:45 松永ひろきの毎日笑顔!元気塾 5:45 わくわくお届け便
6 6:00 まいどあり〜。 6:00 1万年堂出版の時間
6:15 元気スイッチ 6:15 心のともしび
6:20 録音風物誌(火曜会)
6:30 Buy Now 6:30 健康イキイキ!
6:45 SBCラジオショッピング
6:50 介護する人される人 6:50 おはよう!ニッポン全国消防団(ニッポン放送)
7 7:00 南信州ハートフルサタデー(飯田放送局制作) 7:00 健康テンミニッツ
7:10 世の光 いきいきタイム
7:25 おはよう住職さん -信州の寺めぐり-
7:30 イマドキショッピング!
7:40 西本願寺の時間
7:45 かんてんぱぱ SBCこども音楽コンクール
7:50 かんてんぱぱ SBCこども音楽コンクール
8 8:00 武田徹のつれづれ散歩道 8:00 地方創生プログラム ONE-J(TBSラジオ)
▽8:55 Weekend Music
9
10 10:00 ニュース・天気予報・東日本高速道路情報
10:05 よってかっしゃい!やまのうち
10:35 今旬!インフォメーション
10:50 週刊 なるほど!ニッポン(ニッポン放送)
11 11:00 SPORTS ON THE RADIO 11:00 健やかインフォメーション
11:15 納得健康15分
11:30 まいどあり〜
11:45 健康とっておき!
12 12:00 ともラジ 12:00 ニュース・交通情報・天気予報
12:10 健康生活インフォメーション
12:25 藤田恵美のかみつれ雑貨店(マール)
12:40 祐日のSunnyday Sunday!
13 13:00 爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ)
▽14:55 交通情報
13:57 交通情報
14 14:00 佐々木秀実の「ちょっと聞きなさいよ!」
14:30 今旬!インフォメーション
14:45 山下くに子 見酒、きき酒、語り酒(マール)
14:55 交通情報・ニュース
15 15:00 Buy Now 15:00 三宅裕司のサンデーヒットパラダイス(ニッポン放送)
15:15 健康生活インフォメーション
15:30 旬!SHUN!ピックアップ
15:45 Buy Now
16 16:00 まいどあり〜
16:15 わくわくお届け便
(最終週)16:00 里枝子の窓(上田放送局制作)
16:00 ニュース・天気予報
(第1週)四季彩祭(上田放送局制作)
16:05 こんにちはドクター
16:20 峰竜太とみんなの信州(文化放送)
16:30 武田徹の言葉はちから〜朗読なかま大集合〜
16:35 スワンダフル(諏訪放送局制作)
16:50 いいものテンミニッツ!
17 17:00 ニュース・天気予報・交通情報 17:00 サンデー・ミュージックBOX
17:10 Weekend Music
17:15 うえだぶらり散歩
17:35 うまいもの見っけ!
(第1週)東信濃みどりの町のラジオマップ(上田放送局制作)
(最終週)ふれあい21・こちら長野市です
17:45 ウィークエンドネットワーク(TBSラジオ)
17:50 純烈 スーパー銭湯!!(かしわプロダクション)
18 18:00 ニュース・天気予報
18:05 山田パンダ 〜素晴らしきフォーク世代〜
(第1週・第3週)ミールケアPRESENTS 大人音楽倶楽部
18:05 中澤佳子のうっぴぃステーション
18:25 旬!SHUN!ピックアップ
18:40 水森かおりの歌謡紀行ラジオ大阪
18:55 SBCラジオショッピング
19 19:00 藤田ニコルのあしたはにちようび(TBSラジオ) 19:00 Sky presents 中村七之助のラジのすけ(朝日放送ラジオ)
19:30 ひなたまつり(新潟放送 19:30 今晩は 吉永小百合です(TBSラジオ)
20 20:00 福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」渋谷のラジオ 20:00 seaside theatre(湘南ビーチFM
21 21:30 問わず語りの神田伯山(TBSラジオ) 21:00 松山千春 ON THE RADIONACK5
22 22:00 なにわ男子の初心ラジ!(ニッポン放送) 22:00 サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし[37](TBSラジオ)
23 23:00 こてつのびんびんサタデー 23:00 ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo(ニッポン放送)
23:30 SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル(ニッポン放送) 23:30 水樹奈々 スマイルギャング(文化放送)
0 0:00 徳井青空のPLUMディープボックス
0:15 あにまにあ北陸放送
0:45 熊木杏里 夢のある喫茶店HBCラジオ
1 1:00 オードリーのオールナイトニッポン(ニッポン放送) (1:04 - 5:00 放送休止)
2
3 3:00 東京ポッド許可局(TBSラジオ)
4 4:00 Music Palette♪(TBSラジオ)

特別番組[編集]

過去に放送した主な自社制作番組[編集]

平日朝

  • スタートいちばん(1984年4月-2003年3月)
  • あさいちラジオ
  • おはよう!武田がト・オ・ル

平日昼前

  • 朝のジョッキー(9:15 - 10:00)
  • はいはいパートナー どなっつあんもSBCでこんにちは(9:00 - 11:45)
  • 昼までワイド 今日もGOっきげん!

平日昼過ぎ

  • SBCタウンレーダー
  • ときめきワイド 午後はおまかせ
  • ラジオ五人囃子
  • ちょっと腕まくり
  • できたてワイド ラジオどんぶり
  • おいしいワイド まるさか亭(2003年4月-2006年3月)
  • わくわくわいど!アッパレ大通り(2006年4月-2008年3月)
  • おとなりラジオ あらら…(2008年3月31日-2013年3月29日)
  • 情報わんさかGOGOワイド!らじ★カン(2013年4月1日-2020年9月25日)
  • 教えてドクター 相澤病院健康コラム
  • こんにちは諏訪の空です

平日夕方

  • 松本日産 夕焼けステーション
  • SBCニュースウェーブ
  • おかえりラジオ500
  • YOUスタ 深志三丁目(2009年4月-2013年3月)
  • WEEKDAY情報レーダー

平日夜

金曜日

  • ラジオストーリー とことん金曜日(2001年4月-2003年3月)
  • お好み電話リクエスト青春の日の歌謡曲
  • ザ・ベストナイト
  • GO!GO!信州

土曜日

  • 土曜ラジオパーク
  • それいけドドド
  • 歌えとび出せ土曜の空に
  • らんらんサタデー今が聞きごろ
  • うきうきワイド 土曜痛快大通り
  • わくわくワイド Let's goラジオザウルス
  • わいわいワイド ラジオの王様(1999年4月-2008年3月)
  • ラジオ出たとこ勝負!(2008年4月-2010年4月)
  • バカボン鬼塚ユルゲラー(2010年4月-2011年9月)
  • 立川談慶と牛山美耶子のともラジ!(2011年4月-2013年3月)
  • タイムスリップサタデー!
  • 上兼健の土曜ブレイクタイム
  • 天国のポスト
  • こてつと奈緒美のびんびんサタデー
  • こてつと万奈のびんびんサタデー
  • こてつとまなみのびんびんサタデー
  • Warriors On The Radio
  • アナらんど
  • サタデークライマックス
  • 今夜のオカズ
  • 坂ちゃんの子の刻倶楽部
  • 大塚伊保のパジャマナイト
  • 山本さと子の土曜の恋人
  • 寺中せいなのミュージック・ラボ
  • マツモト魂
  • 朝のレコードタイム
  • ラジ校!
  • C's channel

日曜日

  • SBC歌謡ベストテン
  • イトーヨーカドー サンデープラザ
  • ホリデーミュージックツアー
  • なべさんの気楽な日曜日
  • サンデーミュージックシーン 〜歌は時代をこえて〜
  • ほわっとニューサンデー
  • サンデーワイド オレンジテラス
  • サンデーヒットぱらだいす
  • ラジオDEアミーゴ
  • SAKUのシネマ&ポップス
  • さくっとラジオ 日曜日はSAKU平
  • ぷらっとほーむ小海線(上田放送局制作)
  • 音楽の扉 〜青春ディスコグラフィー〜
  • 男汁(オトコジル)
  • OTO Cafe
  • M's Cafe
  • JOYFUL! 久保田祥江のミュージックワイド
  • さやかのsmiley smile
  • 武田徹の日曜音楽夢工房 (1999年 - 2021年3月)
  • 朝のサチエクラシック[39]
  • フォーク名曲選
  • トニー山根の昭和歌謡ヒットパレード
  • とれたてラジオ!須坂・小布施・高山魅力発見
  • YES!県民共済 聞いてなるほど。
  • 北アルプス広域いいトコめぐり
  • あなたに"e"メール

その他

  • ROCKいんクライシ
  • ほろ酔い電話リクエスト
  • 武田徹の中年ど真ん中!!
  • つれづれおはよう仲間
  • おはようさわやかさん
  • 週刊ラガジン
  • らじお音まんだら
  • ラジオコロンブス
  • ガンバラネヴァランド
  • SBCミュージックマンボウ
  • 小松ヤスロウのJamJam学園
  • 石井貴士のスマイルクルーズ
  • 直人のいただきナイトショック!!
  • 松本宵の口Magazine
  • カクテルトーク・かるいさわいろ
  • コイノジカン 〜日本一聞きたい恋愛授業
  • JoHoo!
  • JICAグローバルセミナー〜武田徹の信州発国際協力〜
  • ありがとう60年!ウイークリートクバン
  • マイケアあさいちショッピング
  • 長江健次の気ままに…やら️なぁ〜
  • 戦後70年目の徹底討論

ラジオカー[編集]

ラジオカーリポーター[編集]

長野-美斉津千夏
上田-斉藤美穂
松本-山本道代
飯田-杉山愛[注釈 46]

テレビ[編集]

概要[編集]

  • 年末年始の特別編成・災害・国政選挙投開票日などを除き、終夜放送は実施していない[注釈 47]。一時期、試験的にTBSニュースバードを放送していた。
  • 毎年2月中旬の週末午後にJNN系全国ネットの特別番組を制作・放送しているが、番組の送出・スポンサー配信はキー局のTBSテレビが行っている[注釈 48]
主な飛び乗り番組(終了した番組を含む)
はやドキ!』(2020年1月6日のネット開始から)、『ひるおび!』(2016年9月30日まで)、『Nスタ』(平日のみ・2021年3月26日まで)、『報道LIVE あさチャン!サタデー』(2014年8月2日 - 2016年3月26日)、『ピンポン!
主な飛び降り番組(終了した番組を含む)
レディス4』、『L4 YOU!』、『2時っチャオ!』、『王様のブランチ』、『J-SPO』、『報道LIVE あさチャン!サタデー』(2016年4月2日 - 2017年3月25日)、『グッとラック!』 など
  • 上記以外に、水曜19時台のローカルセールス枠で『SBCスペシャル』を放送している。この時間帯にTBSテレビで放送された番組はレギュラー放送されず、穴埋め替わりに不定期放送されることがある。
過去に不定期放送された番組
徳光和夫の感動再会"逢いたい"』、『クイズ!日本語王』、『情報ドラマチック もくげき!』、『スパスパ人間学!』、『見ればなっとく!』、『そこが知りたい』など
時差ネットで放送されていたTBSテレビ系の番組
プラレス3四郎』、『ムカムカパラダイス』 (1994年4月から[40])『逮捕しちゃうぞ』(ファーストシーズン)、『機動戦士ガンダムSEED』、『鋼の錬金術師』(続編の『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』は同時ネット)、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』、『BLOOD+』(2006年3月まで。同年4月以降は同時ネット)など
  • 地上デジタル放送では、画面の右端にウォーターマークとして局ロゴを終日表示している(CMの放送中を除く)。

テレビネットワークの移り変わり[編集]

  • 1958年(昭和33年)10月25日 - テレビ放送開始。日本テレビ・ラジオ東京テレビとネットを組む。
  • 1959年(昭和34年)3月1日 - この日開局したフジテレビ・日本教育テレビとネットを組みフリーネット制に移行。
  • 1959年(昭和34年)8月1日 - JNNに加盟。ニュースはラジオ東京テレビ単独系列、他はフリーネットとなる。
  • 1967年(昭和42年)6月 - 民間放送教育協会に加盟。
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 長野放送が開局し、同局にフジテレビ系の全番組が移行される。同時に、NETテレビ・日本テレビの一部の番組が長野放送に移行。
  • 1975年(昭和50年)3月31日 - 東阪ネット再編成により、朝日放送テレビ制作の全国ネット番組が長野放送へ移行。入れ替わりに長野放送から毎日放送制作の全国ネット番組が移行され、すでに放送されていた番組とともに統一される。
  • 1980年(昭和55年)10月1日 - テレビ信州が開局して本放送を開始し、これにより、大半の日本テレビ・テレビ朝日の番組がテレビ信州に移行される。
  • 1984年(昭和59年)4月 - TBSテレビ系列のナイター中継の最大30分延長に対応した番組編成とするため、『太陽にほえろ!』など日本テレビ系の同時ネットがなくなる[注釈 49]。これとともに少しずつ、ゴールデンタイムの番組表から日本テレビ・テレビ朝日の番組が姿を消す。
  • 1991年(平成3年)4月1日 - テレビ朝日系列のフルネット局である長野朝日放送が開局し、本放送を開始。これにより一部残っていた日本テレビの番組がテレビ信州へ、テレビ朝日(※)の番組が長野朝日放送へ移行され、この日をもって長崎放送(NBC)とともにTBSテレビ系列のフルネット局となった。

(※…民教協番組を除く)

送信所[編集]

デジタル放送[編集]

JNN系列のリモコンキーID地図

親局[編集]

中継局[編集]

出典[4]

アナログ放送[編集]

2011年7月24日停波時点

親局[編集]

中継局[編集]

  • 辰野 5ch
  • 飯田 6ch
  • 諏訪 6ch
  • 飯山 6ch(垂直偏波)
  • 木曽福島 6ch
  • 信州新町 6ch
  • 明科 6ch
  • 長門 6ch
  • 麻績 6ch
  • 真田 7ch
  • 大町 7ch
  • 上松 10ch
  • 阿南 10ch
  • 売木 10ch
    (阿南町新野方面へは垂直偏波)
    (売木村方面へは水平偏波)
  • 南木曽 10ch
  • 高遠 12ch
  • 山ノ内 12ch
  • 佐久 24ch
  • 大岡西 27ch
  • 富士見 32ch
  • 開田西野 32ch
  • 塩尻東 33ch
  • 小谷 36ch
  • 望月城山 37ch
  • 栄村 37ch(垂直偏波)
  • 長野西 37ch
  • 松本 40ch
  • 富士見瀬沢 40ch
  • 南牧 43ch
  • 坂城 43ch
  • 大桑 43ch
  • 飯山奈良沢44ch
  • 車山 44ch
  • 白馬 45ch
  • 伊那野底 45ch
  • 鬼無里 45ch
  • 須坂南原 45ch
  • 遠山 46ch
  • 善光寺平 48ch
  • 戸隠陣場平 48ch
  • 長野西条 49ch
  • 岡谷川岸 50ch
  • 天龍平岡 54ch
  • 木曽杭ノ原 54ch
  • 中川田島 54ch
  • 中川小和田 54ch
  • 塩尻西条 54ch
  • 開田末川 54ch
  • 飯田川路 54ch
  • 伊那 55ch
  • 川上 55ch
  • 飯田阿智 55ch
  • 四賀会田 55ch
  • 戸倉上山田 55ch
  • 軽井沢 55ch
  • 牟礼 56ch
  • 八千穂 56ch
  • 望月 56ch
  • 飯山愛宕 56ch
  • 飯山桑名川 56ch
  • 小川瀬戸川 56ch
  • 駒ヶ根中沢 56ch
  • 若穂 56ch(垂直偏波)
  • 本城乱橋 56ch
  • 山ノ内湯ノ原 57ch
  • 須坂東 57ch
  • 木祖楢川 58ch
  • 阿南北条 58ch(垂直偏波)
  • 白樺湖 58ch
  • 長野松代 59ch
  • 更埴 60ch
  • 倉本 61ch
  • 中条 61ch

現在放送中の番組[編集]

自社制作番組[編集]

※4Kは4K解像度制作

ネット番組[編集]

TBSテレビ系列局制作番組[編集]

太字は同時ネット

テレビ東京系[編集]
その他[編集]
民間放送教育協会の番組[編集]

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

ネット番組[編集]

CBCテレビ[編集]
毎日放送[編集]
テレビ東京系[編集]
日本テレビ系[編集]

TSB開局まで。※印はTSBフルネット化まで。☆はTSB開局後番販ネットで放送。

NET→テレビ朝日系[編集]

abn開局まで。※印はTSB開局まで。☆はTSB開局後番販ネットで放送。

フジテレビ系[編集]

NBS開局まで

NBS開局後

民間放送教育協会[編集]
番組購入[編集]

情報カメラ設置ポイント[編集]

  • 長野市(本社屋上鉄塔)
  • 松本市
  • 上田市
  • 諏訪市(諏訪放送局屋上鉄塔)
  • 飯田市

アナウンサー[編集]

現在[編集]

出典[101]

異動したアナウンサー[編集]

  • 町井孝子(1980年[102] - )
  • 西沢透 (1984年 - )
  • 太田恒太郎 (2002年 - )
  • 舩戸導洋(1982年 -、報道部)
  • 中嶋言実(2011年 -、 ディレクター)
  • 佐相明子
  • 中村光子(ラジオディレクター、旧姓小宮山)
  • 山崎昭夫 (1994年 - 2022年)

退職したアナウンサー[編集]

男性

女性

ラジオパーソナリティ[編集]

  • 坂橋克明
  • 武田徹(つれづれ遊学舎代表)
  • 塩入美雪
  • 峯岸悦子
  • 竹井純子
  • 小林良子
  • 塚原正子
  • 西村容子 (元長野放送アナウンサー 旧姓原田)
  • 宮嶋美紀
  • 井口明美
  • 久保田くに子
  • 熊谷由理
  • 藤川いづみ

関連企業[編集]

連結子会社
  • エステート長野(SBC本社ビル(TOiGO SBC)管理業務、不動産売買・仲介・賃貸業務)
  • SBCハウジング(長野県内4カ所のハウジングセンターの管理、運営業務)
  • コンテンツビジョン(番組制作、BGM音楽配給業務。2008年10月にコンテンツながのエスオーケイビジョンが合併して設立)
持分法適用関連会社

出典: [2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 長野県北信地方に接する新潟県上越地方の出資者が多くいたことによる[6]
  2. ^ ローカルニュースでは『信毎ニュース』のタイトル、もしくはクレジットを入れて放送している。
  3. ^ 2000年に閉店した「長野そごう」跡地にあたる。
  4. ^ 信越放送 取締役社長
  5. ^ 信濃毎日新聞 代表取締役社長
  6. ^ 信越放送 代表取締役社長
  7. ^ 岡谷放送局開局前、当時の社長が当該放送局の鉄塔にネオンをつける提案をしたが、諸事情により実現しなかった[9]
  8. ^ 送信機は東芝製。
  9. ^ テレビ最初の番組は、『テレビ放送開始あいさつ』(10分間)で、その後12時10分から、テレビ放送の実際を電波の流れと共に紹介する「のびゆくSBC」を放送した。
  10. ^ テレビマスター(主調整卓)、スタジオ設備、テレビカメラなど、テレビ関係設備はほぼ一貫して東芝製である[10]
  11. ^ 本放送開始は同年11月15日。
  12. ^ 学校放送のネットは1972年(昭和47年)まで続く。ちなみにこれが縁で1967年(昭和42年)6月民間放送教育協会正式発足と同時に加盟。
  13. ^ 現在の長野県立美術館にあたる。
  14. ^ カラー放送開始記念番組として、同日14時15分から米映画『報復の拳銃』、15時40分から『グランド・バライティー・ショー』(30分)が続けて放送された。
  15. ^ 財団法人は長野県等との共同出資[13]。1969年6月に長野県へ移管。
  16. ^ NHK長野放送局と共同で建設し、同時に放送開始。
  17. ^ 自社送出装置完成後、ローカルニュース番組もカラー化されてはいたが、カラー化されたのはスタジオセットのみで取材フィルムはモノクロで放送されていた。
  18. ^ NHK長野放送局松本サテライト局と同時。
  19. ^ NHK長野放送局八千穂サテライト局と同時。
  20. ^ 当該放送における最初の番組は、同日午前9時30分からの『ジョイントコンサートinよこはま』のステレオ放送であった。また、同日から約1週間に渡り、放送開始を記念して、連続シリーズ『私の音楽会』等の多数の特別番組を放送した。
  21. ^ NHK長野放送局善光寺平サテライト局と同時。
  22. ^ NHK長野放送局佐久サテライト局と同時。
  23. ^ SBCから舩戸導洋(放送当時、SBCの追っかけマン(リポーター)を担当) と堀内由香が参加した。
  24. ^ NHK長野放送局戸倉上山田サテライト局と同時。
  25. ^ テレビ・ラジオでスタジオ名と同タイトルの情報番組「オリンピック夢パーク」を連日放送。サテライトスタジオはオリンピック終了後に閉鎖。
  26. ^ 南木曽町の国道19号で発生した交通事故の取材のためにチャーターしたもの。
  27. ^ 2019年現在、長野県内で空撮が必要な事件・事故取材の必要が生じた場合、近接局であるCBCテレビが応援として空撮取材およびヘリからの生中継を行うことが多いが、TBSテレビや静岡放送などJNN系列近接局の契約ヘリが応援取材を行う場合もある。
  28. ^ この際、近隣にあったグライダーの航空路に影響があるという申し出があった。
  29. ^ 長野のNHK、他の民放テレビ3局も同時に取得。この日は、長野県を含む全国のNHKの地方局13局と、全国の地方民放40局が同時に予備免許を取得した[17]
  30. ^ 地デジ送信機は東芝製。
  31. ^ マスコットは一般公募により制定されフクロウがモチーフ。名前はリモコンキーチャンネルの6に由来。
  32. ^ 長野の他の民放テレビ3局も同日に取得[18]
  33. ^ 初放送番組は『ウルトラマンメビウス』。
  34. ^ これまでの放送休止時間帯には『JUNK ZERO』(TBSラジオ)の時差ネットを開始した。
  35. ^ 同日より同じ長野県内でFM長野も試験配信を開始している。
  36. ^ 有料ではあるが、長野県外(日本国内のみ)でのラジオ聴取が可能となった。
  37. ^ 当該日は長野局(美ヶ原)整備分の交付のみ決定。その後、同年5月10日に高ボッチ局及び飯田局整備分、同年11月28日に善光寺平局、聖局及び飯山野沢局整備分、2019年5月15日に小海局整備分の交付が順次決定された[23]
  38. ^ 南海放送からのライセンス提供による配信[31]
  39. ^ TBSテレビのカスタム表示を頑なに導入しない局は他に北海道放送静岡放送があるが、一度全対応を経験した本局では秒針も『THE TIME,』開始当初から表示されている。
  40. ^ 2013年5月から2018年9月までは『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』のネットに伴い、月1回の頻度で月曜0時19分から3時までの休止時間となっていた。
  41. ^ 2009年4月7日未明(6日深夜)から同年10月1日未明(9月30日深夜)までは、経費節減のため毎週火曜日から土曜日の未明(3時から4時)を放送休止としていた。
  42. ^ SBCテレビの放送開始・放送終了時に使用していたものと同じ音源。ワイドFM開局と同時期に曲のアレンジが変更されている。なお、2006年の本社移転後しばらくの間(期間不明)は、別の曲 (coba作曲)を放送していた。
  43. ^ allnightnippon SUPER!』以降。ただし、田中康夫が長野県知事を務めていた関係で、2000年11月から2005年3月までは月曜日のみTBSラジオの『BATTLE TALK RADIO アクセス』をネットしていたこともある。
  44. ^ 2020年5月現在でも「北信」「東信」「中信」「諏訪」および「飯田・伊那」限定のローカルスポットCMが放送されている[34]
  45. ^ 飯田放送局との同期放送化により廃止。2014年4月1日から2020年6月30日まではRadio NEOに使用されていた。
  46. ^ 元プロテニスプレーヤーの杉山愛とは別人である。
  47. ^ 長野県のテレビ局では常時実施しているのはNHK長野放送局のみ。
  48. ^ このような例は、東北放送や静岡放送、RSK山陽放送制作の特別番組でも同様。また民間放送教育協会の番組については、幹事局のテレビ朝日がスポンサー配信を担当している。
  49. ^ 北陸放送、長崎放送も同様。
  50. ^ アナログ放送の送信所とは別の位置にあり、NHK長野放送局の送信所施設(アナログテレビ・デジタルテレビ・FM放送)を共同使用している。
  51. ^ 送信所はFM長野と共同使用。
  52. ^ 1989年入社。2006年10月から2022年2月までは総務部、ラジオ局編成制作部長を歴任。2022年3月1日付人事異動でアナウンス部長。[99]
  53. ^ 1970年4月1日から1971年3月31日まで。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 会社概要 - SBC信越放送
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 信越放送株式会社 (2022-06-27). 第94期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  3. ^ a b 信越放送株式会社 (2022-06-27). 第94期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 英訳名 (Report). 
  4. ^ a b 送信所・中継局 チャンネル一覧 - SBC信越放送
  5. ^ 関連資料・データ 民放ラジオ開局一覧”. 日本民間放送連盟 (2019年4月1日). 2020年5月1日閲覧。
  6. ^ 信越放送 『日本の屋根 信越放送十年史』信越放送、1961年、103頁。 
  7. ^ テレビ朝日関西支社や競合する長野朝日放送大阪支社も同ビルに入居。同じTBS系列局ではIBC岩手放送、山陰放送、中国放送、南日本放送も入居する。
  8. ^ 信越放送株式会社 (2022-06-27). 第94期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 大株主の状況 (Report). 
  9. ^ 信越放送 『日本の屋根 信越放送十年史』信越放送、1961年、189頁。 
  10. ^ 『信濃毎日新聞』1958年10月25日 4面(広告)
  11. ^ 長野県県民文化部文化政策課 (2015-04-25). 第1回長野県信濃美術館整備検討委員会 資料3『長野県信濃美術館の概況』別紙1 (Report). https://www.pref.nagano.lg.jp/seibun/documents/siryo3bessi1.pdf. 
  12. ^ 開局二十周年記念事業委員会社史編纂専門部会編 『長野放送二十年の歩み』長野放送、1989年、31頁。 
  13. ^ “信濃美術館、ようやく改築へ 長野県検討委、施設規模3倍の方針了承”. 産経新聞. (2015年11月13日). https://www.sankei.com/region/news/151113/rgn1511130058-n1.html 
  14. ^ 長野県県民文化部文化政策課 (2015-04-25). 第1回長野県信濃美術館整備検討委員会 資料3『長野県信濃美術館の概況』 (Report). https://www.pref.nagano.lg.jp/seibun/documents/siryo3gaikyo.pdf. 
  15. ^ 「放送日誌(55年7月)」『月刊民放』1980年10月号(112)、コーケン出版、 50頁。NDLJP:3470938/26
  16. ^ 『読売新聞』2008年8月1日 長野版
  17. ^ “総務省、北海道/東北/四国などにデジタル放送予備免許交付-全国のNHKと民放40社で合計53局”. インプレス. (2005年6月9日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/20050609/soumu.htm 
  18. ^ “10月1日から信越管内すべての放送事業者が地上デジタルテレビジョン放送を開始〜9月25日に地上デジタルテレビジョン放送の免許状を交付〜” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2006年9月20日), https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/283520/www.shinetsu-bt.go.jp/sbt/hodo/h18/060920-01.htm 2020年4月30日閲覧。 
  19. ^ a b “10月3日(月)から『radiko.jp』は、「聴取機会の拡大」を目的に、PCサイトをリニューアル ラジオの「難聴取の解消」に向けて、新たに4地区/7局が参加し、さらにエリアを拡大” (プレスリリース), radiko, (2011年9月15日), http://radiko.jp/newsrelease/pdf/20110915_pressrelease.pdf 2020年5月1日閲覧。 
  20. ^ SBCのロゴマークが変わりました”. 信越放送 (2012年4月1日). 2020年4月30日閲覧。
  21. ^ a b “『radiko.jp』の月間ユニークユーザー数が1,000万人を突破” (プレスリリース), radiko, (2012年6月11日), http://radiko.jp/newsrelease/pdf/20120611_001_pressrelease.pdf 2020年5月1日閲覧。 
  22. ^ a b radiko [@radiko_jp] (2015年3月16日). "【3/30 12時頃より。】SBCラジオ(配信エリア:長野県)、SBSラジオ(静岡県)が、『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』での配信を開始します。" (ツイート). Twitterより2020年5月1日閲覧
  23. ^ “長野県内における放送の強靱化、ラジオ放送の難聴対策を支援~民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付を決定~” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2019年5月15日), https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/190515.html 2020年5月5日閲覧。 
  24. ^ “信越地域におけるラジオ放送の難聴対策及びケーブルテレビの強じん化を支援~信越放送(株)及びエルシーブイ(株)への交付を決定~” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2017年3月30日), https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/170330-2.html 2020年4月30日閲覧。 
  25. ^ “SmartNewsにSBC信越放送” (プレスリリース), スマートニュース, (2017年8月21日), https://about.smartnews.com/ja/2017/08/21/20170821sbc/ 2020年5月1日閲覧。 
  26. ^ a b c d e “信越放送株式会社のFM補完中継局に予備免許~長野県内の中波ラジオ放送の受信状況が改善~” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2017年12月19日), https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/171219.html 2020年5月5日閲覧。 
  27. ^ a b c d “信越放送株式会社のFM補完中継局に予備免許~長野県内におけるFM補完局のエリアが拡大~” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2018年3月19日), https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/180319.html 2020年5月5日閲覧。 
  28. ^ “信越放送株式会社のFM補完中継局に免許~長野県内におけるFM補完中継局が3月26日に開局~” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2018年2月28日), https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/180319.html 2020年5月5日閲覧。 
  29. ^ a b c d e f SBCラジオのワイドFMがはじまりました”. 信越放送. 2020年5月5日閲覧。
  30. ^ a b c “信越放送株式会社のFM補完中継局に予備免許~長野県内におけるFM補完局のエリアが拡大~” (プレスリリース), 総務省信越総合通信局, (2019年9月25日), https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/190925.html 2020年5月5日閲覧。 
  31. ^ 南海放送 (2020-01-28). 総務省 放送を巡る諸課題に関する検討会 放送事業の基盤強化に関する検討分科会(第8回)資料8-3 (Report). https://www.soumu.go.jp/main_content/000666813.pdf. 
  32. ^ SBC6ch (2019年12月18日) (日本語). SBCアプリはじまるよ♪. https://www.youtube.com/watch?v=hTpXxAnb1T8 2020年5月5日閲覧。 
  33. ^ 日本の屋根 : 信越放送十年史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  34. ^ SBCラジオ広告のご案内”. 信越放送. 2020年5月5日閲覧。
  35. ^ 信越放送ラジオ親局送信所・無線局免許状 - 総務省
  36. ^ ラジオ周波数一覧 - SBC信越放送
  37. ^ サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和の文化』の後身番組。
  38. ^ ○○には西暦の下2桁の数字が入る。
  39. ^ 2018年5月13日のSBCラジオスペシャルで「サチエ・クラシック ~再開の初夏に~」のタイトルで放送された他、現在も「サチエ・クラシック」のタイトルで不定期に放送される。
  40. ^ 1994年4月9日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  41. ^ 信越放送デジタルテレビジョン親局送信所・無線局免許状 - 総務省
  42. ^ 第2週に放送される年もある。
  43. ^ 17:50 - 18:15は全国ネット。
  44. ^ 番組編成上は15:49開始となっているが、実際の番組開始時刻は15:50開始となっている(2021年3月29日から5月28日まではオープニングコーナーとして放送される「きょうの"気になる"60秒」も放送されていた)。
  45. ^ 5:45 - 5:59は全国ネット。詳細は当該項目を参照。
  46. ^ 0:00 - 0:50は全国ネット。
  47. ^ 通常時は非ネットだが、有事・緊急時に『ずくだせテレビ』内で臨時に部分ネットで放送される場合がある。
  48. ^ 1977年4月5日、11月29日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  49. ^ 1982年4月4日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  50. ^ テレビ欄には最終回を示すマークはない。
  51. ^ 1992年4月9日、2019年9月23日 信濃毎日新聞
  52. ^ 1966年4月2日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  53. ^ 1972年4月1日、1973年2月16日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  54. ^ 1973年6月18日、1974年6月17日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  55. ^ 1974年5月1日、10月31日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  56. ^ 後述の通り、『新・エースをねらえ!』も放送。
  57. ^ 1974年6月24日、1975年1月27日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  58. ^ 1973年3月2日、9月28日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  59. ^ マジすか学園』・『トラブルマン』・『URAKARA』・『マジすか学園2』・『マジすか学園3』・『みんな!エスパーだよ!』・『リミット』が未放送
  60. ^ 2012年10月6日、2015年5月16日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  61. ^ 1973年10月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  62. ^ 1976年4月5日、1991年3月29日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  63. ^ 1975年4月6日、1976年3月21日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  64. ^ 1987年10月13日、1988年6月21日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  65. ^ 1978年4月5日、12月6日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  66. ^ 1985年7月20日、1986年2月22日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  67. ^ 1975年10月12日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  68. ^ 1980年10月5日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  69. ^ 1981年3月25日、4月8日、10月14日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  70. ^ 1978年10月25日、1979年4月18日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  71. ^ 1966年3月11日、1967年3月31日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  72. ^ 1972年1月20日、10月12日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  73. ^ 1986年4月26日、12月27日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  74. ^ 1972年10月8日、1973年4月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  75. ^ 1979年10月15日、1980年3月31日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  76. ^ 1980年10月3日、1982年4月30日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  77. ^ 1977年4月1日、9月30日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  78. ^ 信越放送50年史編纂委員会 編 『信越放送の50年』信越放送、2001年、67-68頁。 
  79. ^ 1972年10月19日、1973年4月5日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  80. ^ 1971年10月2日、1972年7月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  81. ^ 1978年4月6日、9月28日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  82. ^ 『一休さん』の放送期間中にTSBが開局したが、TSBの編成上の都合により時差ネットも含めTSBには移行されなかった。なお再放送はTSBが実施した。
  83. ^ TSBの編成上の都合により、時差ネットも含め、TSBには移行されなかった。
  84. ^ 1979年6月8日、1980年9月26日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  85. ^ 1981年5月4日、1982年2月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  86. ^ 1982年2月8日、1983年3月7日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  87. ^ 1966年4月17日、10月9日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  88. ^ 1965年10月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  89. ^ 1969年4月7日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  90. ^ 1987年9月27日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  91. ^ 1991年4月7日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  92. ^ 1969年3月6日、1970年12月17日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  93. ^ 1984年3月27日、8月28日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  94. ^ 1975年3月28日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  95. ^ 1964年1月3日、1965年12月31日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  96. ^ 1968年10月8日、1969年4月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  97. ^ 1968年1月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  98. ^ 1967年4月5日、1968年3月27日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  99. ^ a b 信越放送人事(2022年3月1日)
  100. ^ @MIXxxxxPlus_SBC. "この春入社の新人アナウンサー3人がミックスに登場しました…" (ツイート). Twitterより2022年4月21日閲覧
  101. ^ アナウンサー - SBC信越放送
  102. ^ a b c d e NHKウィークリーステラ1998年6月12日号 全国アナウンサーキャスター名鑑
  103. ^ a b 企業組合員紹介 :: 企業組合C&Cハーモニックスは、人材育成・電話応対・ビジネスマナーなど、各種セミナー開催。企業コンサルティング診断。色彩検定取得講座など各種講座の開催。長野県長野市”. www.harmonics.or.jp. 2022年6月1日閲覧。
  104. ^ フルートの音色にのせて聞く大人の童話&耳なし芳一「午後のカフェ朗読会」開催 by 元SBCアナウンサー小山菜穂子 in 花桃果 9/27”. リラクオーレ - 長野県のエコロジー&オーガニックなポータルサイト. 2022年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ公式SNS[編集]

ラジオ公式SNS[編集]