高田賢三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高田 賢三
2017年3月10日、キエフ市にて
生誕1939年2月27日
日本の旗 兵庫県姫路市
死没 (2020-10-04) 2020年10月4日(81歳没)
フランスの旗 イル=ド=フランス地域圏
オー=ド=セーヌ県
ヌイイ=シュル=セーヌ市
国籍日本の旗 日本
教育日本の旗 日本
出身校神戸市外国語大学中途退学
文化服装学院卒業
著名な実績デザイン
代表作KENZO HOMME
1983年 - 1993年
KENZO JUNGLE
1986年 - 1993年)
KENZO JEANS
(1986年 - 1993年)
KENZO ENFANT
1987年 - 1993年)
K3(2020年
受賞装苑賞1960年
FEC賞(1977年
毎日ファッション大賞
1985年
民族 大和民族

高田 賢三(たかだ けんぞう、1939年昭和14年)2月27日 - 2020年令和2年)10月4日[1][2])は、日本ファッションデザイナーパリを拠点にケンゾー創業、K3創業者。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

兵庫県姫路市出身[3]姫路市立野里小学校姫路市立広嶺中学校兵庫県立姫路西高等学校卒業後、神戸市外国語大学2部英米学科中退。1958年に文化服装学院に入学[4]。師範科で1年間洋服の基礎縫いを学んだあと、デザイン科に進む[5]。同級のデザイン科9期生には、コシノジュンコ松田光弘金子功ら、後のファッション界をリードする人材が揃っており「花の9期生」と呼ばれた[6]1960年に第8回装苑賞を受賞[7]

デザイナーとして[編集]

2008年6月17日、サンパウロ・ファッション・ウィークにて

文化服装学院卒業後は小池千枝の紹介で浅草橋のアパレル会社「ミクラ」に松田光弘と共に入社、その後、学院同期の北原明子が働いていた「三愛」に松田と共に移り4年ほど務める[5][8]

1964年海外旅行の自由化がされると三愛に6か月の休職願いを出しフランスに渡る[9][注釈 1]。そのままフランスに留まり、「ビューロードスティル」に勤めた後に1970年に独立。パリ2区ギャルリ・ヴィヴィエンヌ(ギャラリー・ビビエンヌ)で、プレタポルテのブティック「ジャングル・ジャップ」(現:ケンゾー(KENZO))をオープン。また同年に作品が「ELLE」の表紙を飾った。その後同ブランドはパリ・コレクションで注目されるブランド、かつ世界的ファッションブランドの1つに成長した。

1993年LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン) にブランドを売却。1999年には一度はデザイナーから退く[4]。しかし2002年頃にデザイナーとして復帰し[4]2004年にはアテネオリンピックの式典・移動用ユニフォームのデザインを担当する[注釈 2]

「混ぜるのが好き」という賢三の作風は、いくつかの異文化のオリジナリティが融合したもの。賢三の融合的な作風はフォークロアとしての世界のブランド史、ファッション史で大きな位置を占める。

2020年9月中旬、パリ新型コロナウイルスに感染・発症。パリ郊外ヌイイ=シュル=セーヌにあるアメリカン・ホスピタルで闘病生活を送っていたが、10月4日COVID-19の合併症によって死去したことをフランスのメディアが報じた[1][10]。またフランス大統領官邸は悼む声明を発表した[11]。81歳没。

主なブランド名[編集]

ケンゾービル、1 rue du Pont-Neuf、パリ
  • KENZO PARIS(ケンゾー・パリ)
  • KENZO KI(ケンゾー・キ)
  • KENZO HOMME(ケンゾー・オム)
  • KENZO JEANS(ケンゾー・ジーンズ)
  • KENZO JUNGLE(ケンゾー・ジャングル)
  • KENZO JUNIOR(ケンゾー・ジュニア)
  • YUME(ユメ)
  • K3

受賞・栄典[編集]

映画監督作品[編集]

書籍[編集]

  • Kenzo―高田賢三作品集(1985年4月1日、文化出版局) ISBN 978-4532176297
  • 夢の回想録 高田賢三自伝(2017年12月16日、日本経済新聞出版) ISBN 978-4532176297

事件[編集]

2008年3月10日未明に、飲酒運転でパリ中心部の道路を逆走したとして警察に摘発された。同日昼過ぎに釈放された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 渡仏した年は資料により1964年と1965年のものがある。
  2. ^ 提供は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング
  3. ^ 2020年4月に新型コロナに感染・罹患した。

出典[編集]

  1. ^ a b "デザイナー高田賢三さん死去 81歳、新型コロナ感染で". 中日新聞デジタル. 中日新聞社. 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧
  2. ^ 「KENZO」の高田賢三さん死去 81歳、新型コロナで”. 日本経済新聞 (2020年10月5日). 2020年10月5日閲覧。
  3. ^ 佐藤正弥編著 『データ・バンク にっぽん人』 現代書林、1982年、96頁
  4. ^ a b c d e ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “高田賢三”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月1日閲覧。
  5. ^ a b 高田 賢三 Vol.1 |SOW.TOKYO. 2022年4月1日閲覧
  6. ^ デザイナー・コシノジュンコ、盟友の高田賢三を語る | nippon.com. 2022年4月1日閲覧
  7. ^ a b 1960年代前半 装苑賞受賞者. 2022年4月1日閲覧
  8. ^ 高田賢三(9)就職 花の銀座で売れっ子に 雑誌で副収入、遊びは六本木. 2022年4月1日閲覧
  9. ^ 堀江瑠璃子『世界のスターデザイナー43』未来社、2005年、132頁
  10. ^ 高田賢三さん、コロナ感染で死去 ファッションデザイナー」『産経ニュース』(産経デジタル)、2020年10月5日。2020年10月5日閲覧。
  11. ^ Décès de Kenzo Takada(大統領官邸)
  12. ^ FECJ賞をミケーレ、落合宏理、高田賢三らが受賞. 2022年4月1日閲覧
  13. ^ KENZO ケンゾー 高田賢三”. Fashion Street. 2020年10月5日閲覧。
  14. ^ “日本人デザイナー高田賢三にレジオン・ドヌール勲章”. AFPBB News. (2016年6月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3089310  2017年12月11日閲覧。 

外部リンク[編集]