鈴木清剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 清剛(すずき せいごう、1970年5月11日 - )は、日本小説家神奈川県出身。文化服装学院卒業。コム・デ・ギャルソン企画生産部、文化服装学院専任助手教員を経て、1997年、「ラジオデイズ」で第34回文藝賞を受賞し小説家デビュー。1999年、『ロックンロールミシン』で第12回三島由紀夫賞受賞。2002年、『ロックンロールミシン』が行定勲によって映画化された。

作品リスト[編集]

小説[編集]

単行本[編集]

  • 『ラジオデイズ』(1998年1月、河出書房新社/2000年10月、河出文庫)
  • 『ロックンロールミシン』(1998年6月、河出書房新社/2002年5月、新潮文庫[1]
  • 『男の子女の子』(1999年10月、河出書房新社/2002年9月、河出文庫)
  • 『消滅飛行機雲』(2001年8月、新潮社/2005年4月、新潮文庫)
    • ひかり東京行き
    • 麦酒店のアイドル
    • 消滅飛行機雲
    • 怪獣アパート103号
    • パーマネントボンボン
    • 人生最良のとき
    • 八月のつぼみ([2]
  • 『スピログラフ』(2003年8月、新潮社)
    • 初出:『新潮』2003年7月号
  • 『バンビの剥製』(2004年6月、講談社
    • 初出:『群像』2004年3月号
  • 『夏と夜と』(2006年8月、角川書店
  • 『ワークソング』(2008年7月、小学館/2011年9月、小学館文庫)

エッセイ[編集]

  • 『ハーイ!デイズナイト』(2001年5月、河出書房新社/2004年2月、角川文庫)

脚注[編集]

  1. ^ 2009年1月、大幅に加筆・修正を加え『ロックンロールミシン2009』として小学館文庫に再録。
  2. ^ 「ひかり東京行き」「麦酒店のアイドル」「怪獣アパート103号」「人生最良のとき」「八月のつぼみ」は、当初『新潮』2001年3月号に「5/5」として掲載された。