ピーコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーコ
本名 杉浦 克昭
生年月日 (1945-01-18) 1945年1月18日(76歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市保土ケ谷区
血液型 A
職業 タレントファッション評論家シャンソン歌手
活動期間 1975年 -
著名な家族 おすぎ(弟)
テンプレートを表示

ピーコ(本名:杉浦 克昭、すぎうら かつあき、1945年昭和20年〉1月18日 - )は、日本タレントファッション評論家ジャーナリストシャンソン歌手である。映画評論家の「おすぎ」は一卵性双生児の弟で、ともにデビュー時から同性愛者であることを公表し、そのキャラクターを活かしてタレント、コメンテーターとして活躍している。

人物[編集]

横浜市立桜丘高等学校を経て、文化服装学院研究専門部卒業。

主にタレント及びファッション評論家として活動するが、シャンソン歌手としても活動。活動は多くはないがCDを出したり、コンサートも行っている。

生い立ち[編集]

高校卒業後には横浜トヨペットに入社したが、電飾工場への転職を経て、1964年昭和39年)にサンヨーレインコートに入社した[1]。24歳の時、「今後ファッションの仕事をしていくには基本から勉強しなくてはいけない。素材やデザインなどにも精通していなければプロとは言えない」「(シャンソン歌手の)イブニングドレスが作りたい」との気持ちから、弟・おすぎが阿佐ヶ谷美術学校を卒業・広告代理店に就職したのを機に、サンヨーレインコートを退職して、文化服装学院のデザイン科に入学した。

芸能界[編集]

芸能界との関係は26歳の時、弟・おすぎ経由で裏方としてドラマ衣装の製作を頼まれたのが最初である。1975年(昭和50年)、おすぎと共に、双子オカマコンビ、「おすぎとピーコ」としてテレビ・ラジオデビューした。

これまで出演した番組の中でも長いのは「辛口ピーコのファッションチェック」で、TBSの『3時にあいましょう』に始まり『スーパーワイド』、フジテレビの『ビッグトゥデイ』や、後に司会を務めた同局の『2時のホント』、その番組終了後は再びTBSに戻り『ジャスト』、そしてフジテレビの『F2スマイル』へと、局をまたいでコーナーが引き継がれている。毎日放送(近畿広域圏におけるTBS系列の準基幹局)制作のテレビ番組にも、2005年度の『っちゅ~ねん!』からパネラーとしてレギュラーで出演。同番組が終了した2006年4月から『ちちんぷいぷい』へ異動すると、2021年3月中旬に最終回を迎えるまで、月1 - 2回のペースで生放送への出演を続けていた。

2008年平成20年)の時点では、月曜日の午前中に『とくダネ!』(フジテレビ)へ出演した後に、新幹線で大阪に移動。夕方から『FNNスーパーニュースアンカー』(関西テレビ)でコメンテーターを務めていた。そのまま大阪で1泊すると、翌日(火曜日)の15:00から『ちちんぷいぷい』へ3時間近くにわたって出演。通常は本番終了後に東京へ直帰していたが、年度下半期(ナイターオフ期間)には、『上泉雄一の発信!UWAらじお』(MBSラジオで夜間に放送されていた生ワイド番組)にも月に1回のペースで出演していた。『ちちんぷいぷい』では後に『ピーコ&ナジャの声出ちゃってごめんなさい』(木曜日に不定期で放送されるナジャ・グランディーバとの関西ロケ企画)にも登場しているが、同種の情報番組と違って「ファッションチェック」を披露することはほとんどない。

癌療養[編集]

1989年(平成元年)、悪性黒色腫の診断を受けて左眼を摘出し、義眼を挿入した。その頃から、現在もトレードマークとなっている黄色いレンズの眼鏡をかけるようになったが、この病歴から公共広告機構(現:ACジャパン)の『アイバンク』のCMにも出演した。

おすぎ経由でドレスを作って以来の大親友である女優、吉行和子は、ピーコの癌治療の際、東京から小田原の病院まで毎日お見舞いに通っていたという。手術以降、ヒットする仕事が無い時期もあったピーコであるが、『SMAP×SMAP』で中居正広が自身のパロディキャラクター「ヒーコ」を演じたことから再び人気となった。

その他のエピソード[編集]

  • “ピーコ”の名は、サンヨーレインコート時代の倉庫での作業時のお喋りが多く、「ピーピーうるさいぞピーコ!!」と言われたのが契機。
  • 遅刻することを嫌うため、仕事先へ車で移動することを一切せず、地下鉄や電車などの交通機関を利用している。
  • 好きなブランドはコムデギャルソン
  • 多数の芸人にものまねされているが、本人の認めているものまねは小堺一機のもののみである(「踏んづけてやる!」など)。
  • 芸能界以外の世界の女友達も多い。これらについてはピーコの著書に詳しく書かれている。
  • 2005年3月、「マガジン9条」発起人となった[2]

出演[編集]

現在[編集]

テレビ番組[編集]

過去[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

主な著書[編集]

単著[編集]

  • 『片目を失って見えてきたもの』
  • 『ピーコ語録』

共著[編集]

レコード、CD[編集]

LPレコード

シングル

  • 『逢いびき』(クラウン)(2004年1月19日)
    • カップリングの『別れの詩』は、アルバム未収録。尚、ジャケット写真はアルバムと同じでタイトル部分が違うだけである。

アルバム

  • 『恋は一日のように〜ピーコ シャンソンを歌う』(クラウン)(2004年1月19日)

脚注[編集]

  1. ^ 当時、開局間もないフジテレビも受験したが、試験に落ちたとバラエティ番組で告白している
  2. ^ マガジン9とは?

関連項目[編集]