音楽プロデューサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音楽プロデューサー(おんがくプロデューサー、英語: Record producer)とは、音楽プロデューサーで、レコードコンパクトディスクレーザーディスク などの音楽メディアや、コンサート映画など、ひとまとまりの企画のなかで音楽制作面全般を指揮する役割の職名。日本ではA&Rとの境目が明確になっていないので、A&Rもプロデューサーと呼称されている場合がある。音楽制作者の集合組織には音楽制作者連盟 (略称: 音制連) などがあり、啓蒙活動を含め音楽制作全般をバックアップしている。

ジャンルやスタイルによって要求されるものがそれぞれ大きく異なるため、一般的にはプロデューサー毎に専門の分野や手法でプロデュース業を行っている。音楽プロデューサーに注目する際には、個人だけでなく2人、3人とチームを組んで制作をおこなっているアルバムも重視することが肝要である。著名なプロデューサーには、ロックのトッド・ラングレン、フランク・ザッパ。ソウルのホーランド・ドジャー・ホーランド、ギャンブル&ハフ、ジャム&ルイスらがいる。

概要[編集]

1960年代の日本では、製作資金の提供者または調整者のみがプロデューサーとして記載されることもあった[1]。その場合は、レコード会社ディレクターが、現在のプロデューサーに相当する仕事も担当していた。

自身が歌手またはミュージシャンである必要はなく、むしろレコード会社 (CD レーベル) や音楽出版社 (楽曲管理会社) 、芸能プロダクションなどの原盤管理会社の人間であるのが一般的。また、音楽制作の場合には、作品のミュージシャン自身がプロデューサーを兼ねる場合もあり、その際には共同プロデューサーとしてコ・プロデューサーとクレジットされる場合もある。

アーティストのイメージをA&Rと組みながら構築してサウンドを当て込んで行く場合や、サウンドが先に出来て後からアーティストのイメージを構築して行く場合など手法はいろいろとある。アーティストのイメージを優先して行く場合には、アーティストの音楽面とパブリック・イメージ全体を司る役割を担う総合プロデューサーが存在する場合があり、その場合は一般的にエグゼクティブ・プロデューサーと呼称される事がある。音楽制作進行全体を総合的にプロデュースする場合はトータル・プロデューサーと呼称され、音楽制作におけるアレンジメントなどのサウンド面を中心に担う場合はサウンド・プロデューサーと呼称されるプロデューサーも存在する。マーケットとメディアの連動を見据えて創作プロデュースする場合には、アーティスト・プロデュースとサウンド・プロデュースを兼ねてプロデュース・○○○と表記する場合もあるが、これも基本的にはトータル・プロデューサーとして全体的な制作進行が出来るプロデューサーのことを言う。また、冒頭に書かれた制作予算の管理運営を含めての総制作責任者のプロデューサーを指す場合にもエグゼクティブ・プロデューサーと呼称または表記される場合がある。

小室哲哉つんく♂など、自身のバンドの音楽活動と並行して作詞作曲及びアレンジメントを含めたプロデュース業を行うミュージシャン系プロデューサーの台頭以後、日本歌謡界における音楽プロデューサーの影響力は急激に増した。しかし、それは高名なプロデューサーを宣伝材料として利用したプロモーションの一環にする現象の側面と、特定の音楽プロデューサーの目に止まらなければまずヒットは望めないと言うことを前提としたメーカー側の販売戦略だったため、「チャートに同じようなアーティストと同じような曲調ばかりが並んでいてほとんど区別がつかない」という意見や批判が年配層等から起こった要因の一つになったとも言われている。

業務内容[編集]

総合的にプロデュースする際、プロデュース対象であるアーティスト、ミュージシャン、タレントに対して、以下の項目にある部分などを主に担当する。

  1. 総合的にどのようなイメージを世間に与え、売り出していくかの戦略と展開 (A&Rと連携)。
  2. 音楽的にどのような傾向の作品を歌唱または演奏するか、それに伴い、作詞家および作曲家を外注する場合の選定。
  3. 制作に際して、現場へ起用する編曲家スタジオ・ミュージシャンらを誰にするかの選定とスケジュール調整。
  4. レコーディング時の作業工程及び制作スケジュール、スタジオの選定。
  5. CDやレコード発売に関連するプロモーション用ミュージック・ビデオやポスター等の展開 (メーカーの宣伝部及びA&Rと連携)。
  6. 音楽関連雑誌などのメディアやテレビ/ラジオなどでのプロモーション戦略と展開 (メーカーの宣伝部及びA&Rと連携)。
  7. コンサート活動、イヴェント開催、各種イヴェント出演などの展開 (メーカーの宣伝部及びA&Rと連携)。
  8. 出演する音楽番組などの選定と出演交渉など (メーカーの宣伝部及びA&Rと連携) 。
  • サウンド・プロデューサーと分類呼称される場合には、上記のうち主として項目の#2と#3におけるサウンド・プロデュースで関わる場合が多く、自身が編曲家を兼ねることも多い。
  • 上記項目の#5〜#8をアーティストが所属するレコード会社やプロダクションのA&R、ディレクター、マネージャー等が担当し、こちらがプロデューサーとしてクレジットされる場合もある。
  • エグゼクティブ・プロデューサーの場合には、上記の制作項目全体を含めアーティスト像全体に対するプロデュース、メディアやマーケットの連動を兼ねた総合的な業務になるため、人脈や展開能力を含めた幅広い財産と知識を必要とする。


主なプロデューサー名一覧[編集]

海外[編集]



グラミー賞受賞者リスト Grammy Award for Producer of the Year, Non-Classical



日本[編集]

ミュージシャン系[編集]



原盤管理会社系[編集]

歌手作曲家編曲家スタジオ・ミュージシャンを元々兼ねない、あるいは引退・活動縮小後に活動を開始したプロデューサー。
名前のあとの<>内は、手がけた主たるミュージシャン・アーティスト。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ URC秦政明などもその一人であったといわれる

関連項目[編集]