装苑賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

装苑賞(そうえんしょう)は、新人デザイナーを対象とした公募のファッションコンテスト1956年、女性向けファッション雑誌装苑」創刊20周年を記念し、創設された。歴史が古く、現在では新人デザイナーの登龍門といわれ、これまでにコシノジュンコ高田賢三山本寛斎山本耀司など数多くの著名デザイナーを輩出している。

応募規定[編集]

応募資格は、服飾デザインを職業としていない者。ただし、服飾デザインを本職としてから2年間は応募できる。その間に候補作品に入選した者は、さらに1年間応募できる期間が延びる。

審査[編集]

創設当時は年2回開催されていたが、1987年の第61回から年1回の開催となった。第4回までは審査は非公開で行われていたが現在は公開審査形式に。デザイン画の選考であるポートフォリオ審査(年3回公募)→作品製作→雑誌「装苑」誌上掲載発表を経て、40数点の候補作品を選出。実物作品の製作期間を経て、その作品の中から最終となる公開審査会で大賞にあたる「装苑賞」を決定。審査の形式は、候補者がそれぞれ3体製作し、1年間にわたって候補作品を選考してきた全審査員の中から、トップデザイナー(8名前後)が一堂に会し、厳正な審査が行われる。また2009年度の第84回から年2回の応募になった。

[編集]

  • 装苑賞…賞状、トロフィー(三宅一生デザイン)と賞金、副賞として日本テレビ賞(第42回から)、KENZO賞(第43回から)、協賛各社からの賞品、パリの服飾学校に留学する特典が与えられる。
  • 佳作1位、佳作2位…トロフィーと賞金、副賞として日本テレビ賞(第42回から)、協賛各社からの賞品などが与えられる。
  • 細野久賞(第55回から)…賞状と賞金、副賞としてパリ往復航空券と賞品などが与えられる。特にクチュールに優れた作品に与えられる。

歴代受賞者[編集]

1950年代

  • 第1回(1957) 佐藤昌彦
  • 第2回(1958) 伊藤幸雄
  • 第3回(1958) 貝淵悦子
  • 第4回(1959) 入江豊
  • 第5回(1959) 仁田敬也

1960年代

  • 第6回(1960) 安東尚子
  • 第7回(1960) 小篠順子(コシノジュンコ
  • 第8回(1961) 高田賢三
  • 第9回(1961) 鹿間弘次
  • 第10回(1961) 真島紀代子
  • 第11回(1962) 佐々木重
  • 第12回(1962) 佐藤賢司
  • 第13回(1963) 川上繁三郎
  • 第14回(1963) 永井賢次
  • 第15回(1964) 末田富子
  • 第16回(1964) 中村常子
  • 第17回(1965) 中山保子
  • 第18回(1965) 渡辺信泰
  • 第19回(1966) 藤崎俊子
  • 第20回(1966) 横川勝典
  • 第21回(1967) 山本寛斎
  • 第22回(1967) 山県清臣
  • 第23回(1968) 小南館浩
  • 第24回(1968) 熊谷登喜夫
  • 第25回(1969) 山本耀司
  • 第26回(1969) 田中三郎

1970年代

  • 第27回(1970) 白川明
  • 第28回(1970) 河野みどり
  • 第29回(1971) 宇喜多正平
  • 第30回(1971) 川崎末雄
  • 第31回(1972) 辻村昭造
  • 第32回(1972) 蜂矢健二
  • 第33回(1973) 加藤徹
  • 第34回(1973) 吉羽恒夫
  • 第35回(1974) 永山美津子
  • 第36回(1974) (受賞該当者なし)
  • 第37回(1975) 出本正彦
  • 第38回(1975) 羽根久美子
  • 第39回(1976) 西秀通
  • 第40回(1976) 高井真理子
  • 第41回(1977) 藤谷弘照
  • 第42回(1977) 黄国栄・佐川純子
  • 第43回(1978) ささきつとむ
  • 第44回(1978) 丹愛
  • 第45回(1979) 加藤明実
  • 第46回(1979) 堀口尚愛

1980年代

  • 第47回(1980) 森タカユキ
  • 第48回(1980) 阿部兼章
  • 第49回(1981) 宮里美紗子
  • 第50回(1981) 石川ヨシオ
  • 第51回(1982) 佐藤恵美子
  • 第52回(1982) 津村耕佑
  • 第53回(1983) 中村とも子
  • 第54回(1983) 近藤喜久
  • 第55回(1984) 田原英明
  • 第56回(1984) 岩男雅文
  • 第57回(1985) 西鷹ヒデアキ
  • 第58回(1985) カンノ泰明
  • 第59回(1986) 徳永俊一
  • 第60回(1986) 伊藤昇
  • 第61回(1987) 浜井弘治
  • 第62回(1988) 中村順
  • 第63回(1989) 佐藤里恵

1990年代

  • 第64回(1990) 本間游
  • 第65回(1991) 准田明子
  • 第66回(1992) 木原知美
  • 第67回(1993) 岡本憲二
  • 第68回(1994) 高橋玲
  • 第69回(1995) (受賞該当者なし) 佳作一位が二名
  • 第70回(1996) 町田靖之
  • 第71回(1997) 市川栄治
  • 第72回(1998) 佐藤功
  • 第73回(1999) 野口裕也

2000年代

  • 第74回(2000) 中畑満博
  • 第75回(2001) 志茂資士
  • 第76回(2002) 高村宗範
  • 第77回(2003) 岡崎将人
  • 第78回(2004) 山口真依子
  • 第79回(2005) 太田和義
  • 第80回(2006) 田中太
  • 第81回(2007) 中島佳奈子
  • 第82回(2008) 中山絢
  • 第83回(2009) 高橋悠介

2010年代

  • 第84回(2010) 西角真美
  • 第85回(2011) 明石祥吾
  • 第86回(2012) 玉田達也
  • 第87回(2013) 桑原啓
  • 第88回(2014) 大橋聖平
  • 第89回(2015) ケイ ツボミ

外部リンク[編集]