スピッツ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:ロゴマークの画像提供をお願いします。2022年4月
スピッツ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 1987年 -
レーベル
事務所 Grass Hopper
共同作業者 クジヒロコ
公式サイト SPITZ OFFICIAL WEB SITE
メンバー
スピッツ
YouTube
チャンネル
活動期間 2010年 -
ジャンル 音楽
登録者数 67.6万人
総再生回数 7億9086万1574回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年9月22日時点。
テンプレートを表示

スピッツ英語: Spitz[6]、SPITZ[7])は、日本の4人組ロックバンドである[8]。所属事務所はGrass Hopper[注釈 1]レコード会社ユニバーサルJ。公式ファンクラブはSpitzbergen(スピッツベルゲン)。

概要[編集]

1987年に結成し[9]、1991年にメジャー・デビューした。1995年発売の11thシングル『ロビンソン』や6thアルバム『ハチミツ』のヒットを機に人気を獲得。メジャーレーベルはポリドール時代から現在までユニバーサルミュージックの所属である。

1997年から大阪を中心とする関西圏で「ロックロックこんにちは!」、2000年からは仙台で「ロックロックこんにちは! in 仙台」(2010年から「ロックのほそ道」と改称)、2010年からはSTUDIO COASTにおいて「Spitz×VINTAGE ROCK std. presents 新木場サンセット」といった、自身主催の音楽イベント(通称:レギュラーイベントと呼称される[10])を開催している。

バンド名の由来[編集]

スピッツは、草野が高校時代から温めていた名前で[11][12]、「短くてかわいいのに、パンクっぽい名前である」ことから命名し、犬種の日本スピッツも由来となっており、「弱いくせによく吠える」といったパンクバンドの意味も込められている[13][注釈 2]。また「SP」の音から始まる名前が気に入っており、それにしたかったとも草野が語っている。

メンバー[編集]

  • ※詳細は各記事を参照。
  • ※担当楽器については、公式プロフィールでの表記に準拠[5]
名前 担当楽器 生年月日 出身地 血液型
草野 マサムネくさの まさむね ボーカルギター (1967-12-21) 1967年12月21日(54歳) 福岡県福岡市早良区[15] O型[5]
三輪 テツヤみわ てつや ギター (1967-05-17) 1967年5月17日(55歳) 静岡県藤枝市[15] B型[5]
田村 明浩たむら あきひろ ベース (1967-05-31) 1967年5月31日(55歳) A型[5]
﨑山 龍男さきやま たつお ドラムス (1967-10-25) 1967年10月25日(54歳) 栃木県佐野市[15] B型[5]

サポートメンバー[編集]

名前 担当楽器 在籍期間
明石 敏子 キーボードコーラス ? - 1997年
クジ ヒロコ[16][17][注釈 3] 1998年 -

来歴[編集]

バンド結成からインディーズ時代[編集]

1986年の春に東京造形大学草野マサムネ田村明浩が出会い、重音楽部に入部した[18][19]。先輩であり、後のFLYING KIDSとなったメンバーの演奏に刺激され、音楽ジャンルの異なるパンクをやることを決意した[20][21]。ドラムにはサークル部員を迎えて「チーターズ」[注釈 4]を結成[22][23]。「365歩のマーチ」のパンク調[24]や「『いちご白書』をもう一度」をブラック・サバス風にしてアレンジして演奏していた[23]。途中からギターのメンバーを1人加え、バンド名を「ザ・スピッツ」と変更した[25][19]。ところが、このバンドは草野がTHE BLUE HEARTSの「人にやさしく[26]」に打ちのめされて活動を休止した[27][28]

1987年に草野が東京造形大学から武蔵野美術大学に再入学したことを期にバンド仲間と疎遠になり、ザ・スピッツは自然消滅となるが、草野と田村の仲は継続していた[29][30]。ある日、草野がライブハウスで演奏することができる本格的なバンド活動の話を持ちかけた[31][32]。すると、田村は上京していた幼馴染の三輪テツヤを誘い、三輪は文化服装学院で同じフォークソング部に所属していた﨑山龍男を誘った[33][34]。こうしてバンド「スピッツ」を結成し、同年7月17日に文化服装学院の夏祭りで初ライブを行い、「子供おばけ」「恋のうた」「晴れの日はプカプカプー」「ワンツー!ワンツー!」「逆転ピース」「八王子」を演奏した。[35][36]。その後、新宿ロフトを目標に、新宿JAM 、渋谷ラ・ママ、屋根裏などでのライブ活動を開始し、1988年5月からはホコ天でのライブを行った[37][38]

音楽評論家の富澤一誠は「インディーズ時代のスピッツを形容する表現は〈ビートパンク〉」であると述べている[39]。当時のバンドはTHE BLUE HEARTSの影響から抜け出せずにおり、渋谷ラ・ママの店長(ブッキング・マネージャー)からTHE BLUE HEARTSの二番煎じでは先は望めないと指摘された[40][41]。また、草野もハンドマイクで暴れたり[要出典]、観客を煽ったりするスタイルが自分に似合わない[42]と感じ始めており、ドノヴァンを意識してアコースティック・ギターを持つようになった[43][44]。この時期にはすでに「恋のうた」や「ヒバリのこころ」などを制作している。1988年にはソノシート『鳥になって/UFOの見える丘』を自主制作した[45]

1989年になると新宿ロフトのイベントに出演するようになり、7月12日には新宿ロフトでのワンマンライブを行って300人を動員した[46]。同年12月からは新宿ロフトでのマンスリーライブ『鳥になっちゃう日』を開催し[47]、翌年には新宿ロフトのインディーズレーベル・ミストラルから初のCDヒバリのこころ』を発売した[48][49]

新宿ロフトに出演するようになった頃、多くのレコード会社からメジャー・デビューの話が持ち掛けられる[50][51]。その中には、後にスピッツのディレクターとなるポリドール(当時)の新入社員であった竹内修もいた[48][51]。ところが、メジャー・デビューすることによって自分たちのビジョンが変えられてしまうことを恐れていたメンバーは、レコード会社の前に事務所を決めたいと提案し、当初は浜田省吾の個人事務所として設立していたロード&スカイを紹介してもらう[39][52][51]。約1年間の交渉の末、ロード&スカイやポリドールとの契約を交わした[51]

1991年(メジャー・デビュー) - 1996年[編集]

1991年、新宿シアターモリエールにて『"五千光年の夢" シアターコンサート Vol.1』を開催。ライブは東名阪のライブハウスで同年9月のVol.4まで全10公演を行った。3月25日、ポリドールよりシングル『ヒバリのこころ』と、アルバム『スピッツ』を同時発売でメジャー・デビュー。翌月アルバム収録曲の「ニノウデの世界」がFM802ヘビー・ローテーションに選ばれた[53][54]ほか、音楽雑誌ROCKIN'ON JAPAN』では90年代型のニュー・ウェイヴとしてカラーで取り上げられる[55]などの注目を浴びるが、オリコンチャートにはランクインしなかった。その後、2ndシングル『夏の魔物』、オーケストレーションに長谷川智樹を迎えた3rdシングル『魔女旅に出る』を発売し、2ndアルバム『名前をつけてやる』を発売。初のホールツアー『CONCERT TOUR 1991 名前のないツアー』を開催した。

1992年、長谷川智樹を共同アレンジャーに迎えてオーケストラアレンジを施したミニ・アルバム『オーロラになれなかった人のために』を発売し、よみうりホールでは一夜限りで弦楽奏者と共演したライブ『オーロラになれなかった人のために "蜜柑色の満月のもとで、まぼろしの物語を語ろう〜一夜限りの絵空事〜"』を開催した。同年5月には公式のファンクラブ「スピッツベルゲン」(Spitzbergen)が発足した。同年夏にはツアー『"夏のお星サマ" ツアー』を開催した。4thシングル『惑星のかけら』発売後、3rdアルバム『惑星のかけら』を発売し、ツアー『スピッツコンサートツアー'92 “惑星のかけら”』を開催。ツアー中に5thシングル『日なたの窓に憧れて』を発売した。

1993年、3月から8月までの間に渋谷ON AIRでマンスリーライブ『スピッツの春夏夜会』を開催。また、初めて外部のプロデューサーとなる笹路正徳を迎えてのレコーディングを開始した。6thシングル『裸のままで』、4thアルバム『Crispy!』を発売したほか、収録曲「君が思い出になる前に」を7thシングルとしてリカットし、初のオリコンチャート入りを果たした。その後、ツアー『Spitz Crispy! Amazing Tour』を開催した。

1994年、土方隆行をプロデューサーに迎えて8thシングル『空も飛べるはず』を発売し、ツアー『Spitz live scramble '94 “Spring Has Come!”』を開催した。同年夏には9thシングル『青い車』を発売した。5thアルバム『空の飛び方』は笹路正徳を再びプロデューサーに迎えて制作した。また、収録曲「スパイダー」を10thシングルとしてリカットした。その後、ツアー『スピッツ “空飛び” JAMBOREE TOUR '94』を開催した。

1995年、ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR '95 “春”』を開催。11thシングル『ロビンソン』がスピッツ初のオリコンチャートTOP10入りをすると、続く12thシングル『涙がキラリ☆』もオリコンチャート初登場2位となり、ヒットした。なお、『ロビンソン』はチャートに通算30週以上ランクインするロングセラーとなり、ミリオンセラーになった。

同年夏にはファンクラブ会員限定ライブ『Spitzbergen presents “GO!GO!スカンジナビア vol.1”』を開催し、以後数年ごとに開催することが恒例となっている。レオマワールドでは野外ライブ『レオマサマーカーニバル スピッツ "LUNA LUNA"JAMBOREE』を開催した。6thアルバム『ハチミツ』はスピッツ初のオリコンチャート1位となり、ミリオンセラーとなった。6thアルバム発売後は、翌年にかけて学園祭ライブを含むツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR "TONGARI '95-'96"』を開催した。

1996年、ドラマ『白線流し』主題歌に1994年発売の「空も飛べるはず」が起用され、再出荷したシングルがオリコンチャートで1位を獲得し、ミリオンセラーとなった。また、13thシングル『チェリー』もミリオンセラーとなった。ライブは、篠崎正嗣ストリングスとの共演による『SPITZ JAMBOREE TOUR LIMITED '96 “カゲロウの集い”』を開催したほか、奥田民生ウルフルズとともに野外ライブ『ガッツな息子がキラリ☆』を開催し、単独での野外ライブ『THE GREAT JAMBOREE '96』も開催した。14thシングル『』ではオリコンチャート初登場1位を獲得した。7thアルバム『インディゴ地平線』発売後、翌年にかけてツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR '96-'97』を開催した。

1997年 - 2007年[編集]

1997年、前年から続いているツアー中に15thシングル『スカーレット』と4thアルバム『Crispy!』収録の「夢じゃない」をドラマ主題歌起用に伴って新たにリミックスし、16thシングルとして発売した。

夏には野外ライブ『THE GREAT JAMBOREE '97』を開催したほか、スピッツ主催の音楽イベント『ロックロックこんにちは!』を初めて開催し、恒例のイベントとなっていく。その後、セルフプロデュースとなってアレンジャーにカーネーション(当時)の棚谷祐一を迎え、17thシングル『運命の人』を発売した。

1998年は18thシングル『冷たい頬/謝々!』、8thアルバム『フェイクファー』を発売した。ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR '98 "fake fur"』にはキーボーディストとしてクジヒロコが初参加した。ツアー中にはシングル『楓/スピカ』を発売した。

1999年、元日に12cmCDでのEP盤『99ep』を発売(2004年のスペシャル・アルバム『色色衣』発売に伴い製造中止)。また、スペシャル・アルバム『花鳥風月』を発売し、「流れ星」をリカットした。

ファンクラブ会員限定ツアー『Spitzbergen tour 1999 "GO!GO!スカンジナビア vol.2"』を開催した。その後、バンドのサウンドを追求するため、セルフプロデュースによるレコーディングを行い[要出典]、マイアミのエンジニア、トム・ロード=アルジ英語版ミックスダウンを依頼するため、10月に渡米[56]。ロサンゼルスでは初の海外レコーディングを行い、マイアミでのミックスダウン[57][58]後、再びロサンゼルスに戻ってマスタリングを行った[要出典]。この時にマスタリングを担当したスティーブン・マーカソンは、その後のスピッツに欠かせないエンジニアとなった。

ところが、同時期にレコード会社がバンド側に無許可でベスト・アルバムの発売を決定しており、メンバーにはマイアミでのミックスダウン直後、現地に向かった所属事務所の社長高橋信彦から直接伝えられた[59]。メンバーは『花鳥風月』の発売時、「ベストアルバムを出す時は解散する時」と公表していたため、公式ウェブサイトにお詫びの文章を掲載した。こうしてベスト・アルバム『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』は発売されたが、2006年1月に製造中止となるまでの間にチャートインを繰り返すロングセラーとなり、累計売上枚数は200万枚を超えている[60]

2000年、石田小吉をプロデューサーに迎え、シングル『ホタル』や『メモリーズ/放浪カモメはどこまでも』、9thアルバム『ハヤブサ』を発売した。この年からは仙台でも『ロックロックこんにちは!』を開催しており、恒例のイベントとなっていく。ツアーは『SPITZ JAMBOREE TOUR “放浪2000”』や学園祭ライブ『SPITZ JAMBOREE TOUR “放浪2000学園祭CUSTOM”』に加えて、翌年には『SPITZ JAMBOREE TOUR “隼2001”』、『SPITZ HAYABUSA JAMBOREE TOUR “純情2001”』を開催しており、この間にシングル『遥か』や『夢追い虫』、亀田誠治をプロデューサー迎えた『さわって・変わって』を発売した。

2002年にはシングル『ハネモノ』『水色の街』を同時発売し、10thアルバム『三日月ロック』を発売。翌年にかけてツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR “双六(スゴロク)2002-2003”』を開催した。また、スピッツの曲をカバーしたトリビュート・アルバム一期一会 Sweets for my SPITZ』が発売された。

2004年、28thシングル『スターゲイザー』を発売し、ファンクラブ会員限定ツアー『Spitzbergen tour 2004 "GO!GO!スカンジナビア vol.3"』を開催した。また、スペシャル・アルバム『色色衣』を発売した。その後、29thシングル『正夢』を発売し、翌年には11thアルバム『スーベニア』を発売し、ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR “あまったれ2005”』を開催した。ツアー中には30thシングル『春の歌/テクテク』を発売した。

2006年、メジャー・デビュー15周年を迎えてシングル・コレクション『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』、『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』を同時発売した。なお、この発売を以って『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』を製造中止・廃盤とした。同年7月には31stシングル『魔法のコトバ』を発売した。また、スピッツの曲のイメージから製作された映画『海でのはなし。』がYahoo!動画で期間限定配信され、翌年には一部の劇場でも公開した。2007年、ファンクラブ会員限定ツアー『Spitzbergen tour 2007 "GO!GO!スカンジナビア vol.4"』を開催したほか、結成20周年を記念してZepp Tokyoで『SPITZ結成20周年祭り』を開催した[61]。また、シングル『ルキンフォー』『群青』、12thアルバム『さざなみCD』を発売したほか、メンバーが書き下ろした書籍『旅の途中』を発売した[62]。ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2007-2008 “さざなみOTR”』はインターバルを置いて翌年末まで開催した。

2008年 - 2017年[編集]

2008年、34thシングル『若葉』を発売。2009年にはスピッツ初となるアリーナ会場での単独ライブ『SPITZ JAMBOREE TOUR 2009 “さざなみOTR カスタム”』をさいたまスーパーアリーナ大阪城ホールで開催した[63]。仙台でのロックロックこんにちは!は10周年を記念して『ロックロックこんにちは! in 仙台 〜10th Anniversary Special〜』として国営みちのく杜の湖畔公園で開催した。その後、35thシングル『君は太陽』を発売した。

2010年、レコーディングしている新しいオリジナル・アルバムの発売前にツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2010』を開催した[64]。公式のYouTubeチャンネルを開設した[65]。36thシングル『つぐみ』を発売した。また、この年から新たな音楽イベント『Spitz×VINTAGE ROCK presents 新木場サンセット』が始まったほか、昨年に10周年を迎えた『ロックロックこんにちは! in 仙台』は『ロックのほそ道』とタイトルを変更して開催していくことになった[66]。37thシングル『シロクマ/ビギナー』を発売後、13thアルバム『とげまる』を発売した。

2011年、メジャー・デビュー20周年を記念したPV集『ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011[67]、LP盤『とげまる』の発売が東日本大震災の影響により延期となった[68]。ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR "とげまる2011"』は東日本大震災の影響やその影響による草野マサムネの病気、急性ストレス障害[69]で中止になった公演の振替公演、それに加えて追加公演を行った[70]。同年夏には2度目となるアリーナツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2011 "とげまリーナ"』を開催した。

2012年にはスペシャル・アルバム『おるたな』を発売し、ファンクラブ会員限定ツアー『spitzbergen tour 2012 "GO!GO!スカンジナビアvol.5"』を開催した。また、結成25年を記念してこれまで公式にリリースしてきた曲の一斉配信がスタートした[71]

2013年、38thシングル『さらさら/僕はきっと旅に出る』を発売。また、14thアルバム『小さな生き物』を発売後、横浜赤レンガパークにて16年ぶりとなる野外単独ライブ『スピッツ 横浜サンセット2013』を開催した[72]。その後、翌年にかけてツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”』を開催した。2014年、6thアルバム『ハチミツ』収録の「愛のことば」がドラマ主題歌に起用され、新たにミキシングした「愛のことば -2014mix-」として配信限定でリリースした[73]。同年夏にはアリーナツアー『SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 "FESTIVARENA"』を開催し、バンド単独としては初の日本武道館公演を行った[74]

2015年、横浜で2013年に開催した野外ライブを『スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-』として劇場公開し[75]、追加上映も行われた[76][77]。また、ファンクラブ会員限定ツアー『spitzbergen tour 2015 "GO!GO!スカンジナビアvol.6"』を開催したほか、配信限定シングル『雪風』をリリースした[78]。同年末から翌年にかけては、1995年発売の6thアルバム『ハチミツ』をカバーしたトリビュート・アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』が発売された[79]。2016年には41stシングル『みなと』を発売[80]。同年7月25日に15thアルバム『醒めない』を発売した[81]。また、同作を提げた全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2016 “醒 め な い”』を開催[82][83]

2017年、結成30周年を記念したアリーナツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"』を開催[84]。シングル・コレクション『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』と『CYCLE HIT 1997-2006 Spitz Complete Single Collection』のリマスタリング盤、『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』や3枚すべてを収録した記念盤『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』(期間限定)を発売した。また、タワーレコードコラボレーションしたカフェタワーレコードカフェ)「SPITZ 30th ANNIVERSARY CAFE」が期間限定でオープンしたほか[85]、スピッツ初となるアートブック『スピッツのデザイン』[86](当初は2017年11月末の発売予定が2018年2月に延期[87])、ポータブルレコードプレーヤーを限定発売した[88]

2018年 -[編集]

2018年、草野マサムネによるラジオレギュラー番組『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』が放送開始[89]。同年夏からファンクラブ会員限定ツアー『spitzbergen tour 2018 "GO!GO!スカンジナビアvol.7"』を開催した。

2019年、NHK連続テレビ小説『なつぞら』主題歌に「優しいあの子」が起用された[90]。 2019年9月2日にYouTubeのスピッツ公式チャンネル「spitzclips」で2010年4月に公開された“ロビンソン”のミュージックビデオが、90年代にリリースされた邦楽アーティストの楽曲として初めて再生回数1億回を突破した[91]。同年10月9日に16thアルバム『見っけ』を発売し[92]、同作を提げての全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 "MIKKE"』を開催するが、新型コロナウイルス感染症の影響で、一部が延期されている。[93]

2020年、配信限定シングル『猫ちぐら』をリリースした。

2021年、TBSNEWS23」のエンディングテーマに、番組のための書き下ろし曲「紫の夜を越えて」が決定し、同年1月4日の放送で一部が公開された。同年3月25日に、デビュー30周年を記念し、配信で44thシングル『紫の夜を越えて』がリリースされた。 また、同年の11月3日、映画『きのう何食べた?』とのタイアップ曲である45thシングル『大好物』が配信リリースされた。

ディスコグラフィ[編集]

タイアップ一覧[編集]

タイアップ先
1991年 魔女旅に出る 白山瀬女高原スキー場CMソング
1993年 君が思い出になる前に テレビ東京系『もっと素敵に!』テーマソング
1994年
青い車 テレビ朝日系『OH!エルくらぶ』エンディングテーマ
スパイダー ニッポン放送伊集院光のOh!デカナイト』オープニングテーマ
1995年 ロビンソン フジテレビ今田耕司のシブヤ系うらりんご』エンディングテーマ
涙がキラリ☆ TBS系『COUNT DOWN TV』オープニングテーマ
SHARP「ポータブルCD」CMソング
1996年 空も飛べるはず フジテレビ系ドラマ『白線流し』主題歌[94]
ロビンソン フジテレビ系ドラマ『白線流し』挿入歌
江崎グリコポッキー」CMソング
1997年 スカーレット TBS系ドラマ『メロディ』主題歌
夢じゃない テレビ朝日系ドラマ『ふたり』主題歌
君が思い出になる前に 味の素「味の素ギフト」CMソング
1998年 ヒバリのこころ NHK長野冬季五輪」PRソング
冷たい頬 コニカ「revio」CMソング
TBS系『COUNT DOWN TV』オープニングテーマ
スピカ JALリゾッチャ」CMソング
1999年 運命の人 映画『月光の囁き』主題歌
2000年 涙がキラリ☆ TBS系『世界ウルルン滞在記』エンディングテーマ
放浪カモメはどこまでも TBS系『日立 世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマ
2001年 ロビンソン キリンビバレッジ午後の紅茶」CMソング
遥か TBS系ドラマ『Love Story』主題歌
夢追い虫 フジテレビ系ドラマ『プラトニック・セックス』主題歌
映画『プラトニック・セックス』主題歌
2002年 ハネモノ アサヒ飲料カルピス」CMソング
2003年 海を見に行こう JR東日本「みんなのえきプロジェクト」CMソング
けもの道 イオンエフティ資生堂「happy face」CMソング
猫になりたい BS-iドラマ『恋する日曜日』第25回「猫」主題歌
スターゲイザー フジテレビ系『あいのり』主題歌(2003年10月〜2004年9月)
2004年 正夢 フジテレビ系ドラマ『めだか』主題歌
富士フイルム 企業CMイメージソング
2005年 ハチミツ フジテレビ系アニメ『ハチミツとクローバー』挿入歌
多摩川
Y
夜を駆ける
月に帰る
スピカ
BS-iドラマ『恋する日曜日(セカンドシリーズ)』第5回「魚」主題歌
春の歌 日本コカ・コーラアクエリアス」CMソング
2006年 みそか
仲良し フジテレビ系アニメ『ハチミツとクローバーII』挿入歌
プール
ほのほ
ジュテーム?
田舎の生活
魔法のコトバ 映画『ハチミツとクローバー』主題歌
2007年 ルキンフォー レコード会社直営♪」CMソング
トヨタ自動車アイシス」CMソング
2008年 若葉 映画『櫻の園』主題歌[95]
2009年 君は太陽 映画『ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜』主題歌[96]
2010年 つぐみ NTTコミュニケーションズ「MUSICO」CMソング
シロクマ 日本メナード化粧品「イルネージュ」CMソング
ビギナー ゆうちょ銀行CMソング[97][98]
幻のドラゴン ブリヂストンBLIZZAK」CMソング[99]
テレビ朝日系スペシャルドラマ『お母さんの最後の一日』主題歌
えにし 山崎製パンランチパック」CMソング[100]
2011年 タイム・トラベルカバー フジテレビ系ドラマ『僕とスターの99日』主題歌[101]
2012年 スカーレット 三井生命 企業イメージCMソング[102]
2013年 さらさら J-WAVE「春のキャンペーン TOKYO NEW STANDARD」テーマソング[103]
僕はきっと旅に出る JTB「夏旅2013」CMソング[104]
小さな生き物 センチュリー21・ジャパン「センチュリー21」CMソング[105]
不思議 映画『陽なたのアオシグレ』挿入歌[106]
夢じゃない 日本テレビ系『有吉ゼミ』「坂上忍、家を買う。」使用曲
運命の人
2014年 春の歌 ロッテガーナミルクチョコレート」CMソング[107]
愛のことば -2014mix- フジテレビ系ドラマ『あすなろ三三七拍子』主題歌[108][109]
さすらい(カバー) テレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』テーマソング
2015年 雪風 テレビ東京系『不便な便利屋』エンディングテーマ[110][111]
SUBARUフォレスター」CMソング
2016年 みなと NTT東日本 企業CMソング[112]
ロビンソン Google Play Music CMソング[113]
ヒビスクス SUBARU「フォレスター」CMソング
コメット フジテレビ系ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』主題歌[114][115]
2017年 スターゲイザー SUBARU「フォレスター」CMソング
ヘビーメロウ フジテレビ系『めざましテレビ』テーマソング[116]
歌ウサギ 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』主題歌[117][118]
TBS『アカデミーナイトG』オープニングテーマ[119]
冷たい頬 TBS系ドラマ『伊藤くん A to E』エンディングテーマ[120]
スパイダー
さらさら
運命の人
2018年 スターゲイザー Amazonプライム・ビデオ『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』主題歌[121][122]
愛のしるし 花王ビオレ」WEB CMソング[123]
2019年 優しいあの子 NHK連続テレビ小説なつぞら』主題歌[124]
見っけ NTT東日本「あなたの夢は、みんなの夢」篇 CMソング[125]
ラジオデイズ TOKYO FMFM AICHIFM OH!FM FUKUOKA JFN4局合同 50周年アニバーサリーソング[126]
2020年
2021年 紫の夜を越えて TBS系『NEWS23』エンディングテーマ[127]
大好物 映画『劇場版 「きのう何食べた?」』主題歌

出演[編集]

映画[編集]

  • スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-(2015年3月21日)
    劇場公開限定[75]。アンコール・追加上映も行った[76][77]
    2020年5月15日、2019新型コロナウイルスの影響により開催していた全国ツアーの公演延期等を受け、公式YouTubeチャンネルにてノーカットで公開した(同年12月20日公開終了)[128]
  • スピッツ コンサート 2020 "猫ちぐらの夕べ"
    2020年11月26日に行われたライブの模様をノーカットで収めた映像作品。2020年12月21日から2021年1月31日までの配信限定作品[129]
  • SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE” THE MOVIE(2021年10月1日〜14日)
    10月16日~11月14日まで配信でのオンライン上演もされた[130]

インターネット配信[編集]

  • スピッツNewアルバム『見っけ』リリース記念〜レディオの皆さま、ありがとさん〜(2019年9月25日)[131][132]

ライブ[編集]

受賞歴[編集]

日本レコード大賞

ザテレビジョンドラマアカデミー賞

日本ゴールドディスク大賞

SPACE SHOWER Music Video Awards

NexTone Award

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2001年にロード&スカイからスピッツのマネージメント事業が分社化。
  2. ^ 「弱い犬ほどよく吠える」という意味かとの確認に、三輪は「理由についてはあとづけなんですよ」と答えている[14]
  3. ^ 基本的にはキーボードとコーラス担当であるが、楽曲によってはフルートやアコーディオン、リコーダー、タンバリン、パーカッション等も担当することがある。
  4. ^ 水前寺清子に因んだネーミング。

出典[編集]

  1. ^ a b c Alexey Eremenko. Spitz|Biography & History - オールミュージック. 2020年3月20日閲覧。
  2. ^ 赤坂英人 (2019年12月25日). ““ほぼ完璧”なポップアルバム『見っけ』が示す、国民的ロックバンド「スピッツ」の現在地点。”. Pen Online (CCCメディアハウス). https://www.pen-online.jp/news/culture/spitz_mikke/1 2020年3月20日閲覧。 
  3. ^ 田中宗一郎 (2002年). スピッツ『名前をつけてやる (再発盤)』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. ユニバーサルJ.
  4. ^ a b スピッツ(スピッツ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年3月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i PROFILE”. SPITZ OFFICIAL WEB SITE. 2019年5月10日閲覧。
  6. ^ FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY にSpitz出演決定!!”. PLUMCHOWDERlnc. (2017年11月22日). 2018年1月8日閲覧。
  7. ^ <TOKYO FM新番組>SPITZ 草野マサムネのレギュラーラジオ番組スタート”. PR TIMES (2017年12月22日). 2018年5月29日閲覧。
  8. ^ スピッツを知る”. ロッキングオン. 2020年5月16日閲覧。
  9. ^ スピッツ、30周年記念に全シングル集 45曲入りで3900円”. ORICON NEWS (2017年4月14日). 2017年11月24日閲覧。
  10. ^ スピッツ、レギュラーイベント<ロックロックこんにちは!>が大盛況のうちに終幕”. BARKS (2019年8月26日). 2020年5月16日閲覧。
  11. ^ JAPAN編 1998, pp. 185–186.
  12. ^ クジヒロコ 2017, p. 293.
  13. ^ スピッツの魅力を改めて考える 草野マサムネの曲作りに、人気の理由が分かる”. grape. 2020年5月19日閲覧。
  14. ^ JAPAN編 1998, p. 186.
  15. ^ a b c 30周年のスピッツ、「四捨五入すると」地元の静岡で全国ツアー開幕”. ナタリー (2017年7月2日). 2019年5月10日閲覧。
  16. ^ プロフィール|クジヒロコ”. ローチケ×HMV&BOOKS. 2018年5月27日閲覧。
  17. ^ 「C階段で行こう!」クジヒロコ著 祝!結成30周年。スピッツで 鍵盤弾いて 19年 初めてのクージー本、発売決定。”. シンコーミュージック・エンタテイメント. 2019年5月10日閲覧。
  18. ^ 旅の途中 2007, pp. 6–7.
  19. ^ a b JAPAN編 1998, p. 185.
  20. ^ 旅の途中 2007, pp. 7–9.
  21. ^ JAPAN編 1998, pp. 185, 418.
  22. ^ 旅の途中 2007, p. 7.
  23. ^ a b JAPAN編 1998, pp. 185, 368.
  24. ^ 旅の途中 2007, pp. 7–8.
  25. ^ 旅の途中 2007, p. 12.
  26. ^ JAPAN編 1998, p. 10.
  27. ^ 旅の途中 2007, pp. 14–15.
  28. ^ JAPAN編 1998, pp. 9–10, 369, 420–421.
  29. ^ 旅の途中 2007, pp. 15, 21.
  30. ^ JAPAN編 1998, pp. 372, 421.
  31. ^ 旅の途中 2007, pp. 21–22.
  32. ^ JAPAN編 1998, p. 373.
  33. ^ 旅の途中 2007, pp. 24–25, 30–32.
  34. ^ JAPAN編 1998, pp. 372–373, 395–396, 421, 442–443.
  35. ^ 旅の途中 2007, pp. 32–34, 36–37.
  36. ^ JAPAN編 1998, pp. 397, 443–444.
  37. ^ 旅の途中 2007, pp. 45–49, 53–56.
  38. ^ JAPAN編 1998, pp. 189, 373, 445–447.
  39. ^ a b 富澤一誠 2008, pp. 606–607.
  40. ^ 旅の途中 2007, p. 60.
  41. ^ JAPAN編 1998, pp. 187, 445–446.
  42. ^ JAPAN編 1998, p. 7.
  43. ^ 旅の途中 2007, p. 61.
  44. ^ JAPAN編 1998, pp. 10, 187, 373.
  45. ^ MdN編集部 2018, pp. 66, 82–83, 225.
  46. ^ BIOGRAPHY” (日本語). SPITZ OFFICIAL WEB SITE. 2020年9月12日閲覧。
  47. ^ 平野悠 『ライブハウス「ロフト」青春記』(初版)講談社、2012年6月25日、284-286頁。ISBN 9784062177092 
  48. ^ a b JAPAN編 1998, p. 447.
  49. ^ MdN編集部 2018, pp. 67, 84–85, 225.
  50. ^ JAPAN編 1998, pp. 189–190, 447.
  51. ^ a b c d MdN編集部 2018, p. 60.
  52. ^ JAPAN編 1998, pp. 190–191, 447–448.
  53. ^ 旅の途中 2007, p. 98-99.
  54. ^ FM802, 株式会社. “FM802 1991年4月のヘビーローテーション” (jp). FM802. 2020年8月30日閲覧。
  55. ^ JAPAN編 1998, p. 6-8,458.
  56. ^ 旅の途中 2007, pp. 224–225, 228, 230.
  57. ^ 旅の途中 2007, pp. 228–232, 234–239.
  58. ^ クジヒロコ 2017, p. 77.
  59. ^ 旅の途中 2007, pp. 242–246, 248–249.
  60. ^ スピッツ、ベスト200万枚突破!歴代新記録!” (2005年3月1日). 2019年5月9日閲覧。
  61. ^ スピッツ、結成20周年を記念してイベントを開催!”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2007年6月27日). 2019年5月8日閲覧。
  62. ^ [スピッツ]20年の歴史が詰まった単行本を発表”. ナタリー (2007年10月31日). 2019年5月7日閲覧。
  63. ^ スピッツ、初のアリーナ公演。ライヴバンドの真骨頂がここに”. BARKS (2009年1月20日). 2019年5月7日閲覧。
  64. ^ スピッツ、新アルバムリリース前にツアー”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2009年10月15日). 2019年5月6日閲覧。
  65. ^ スピッツ、YouTubeに『Spitz OFFICIAL CHANNEL』をオープン”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2010年4月28日). 2019年5月6日閲覧。
  66. ^ スピッツ、2010年の夏は大阪、東京、仙台の3都市でイベント開催”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2010年5月5日). 2019年5月6日閲覧。
  67. ^ スピッツ20周年DVDにPV全42本。デビュー曲から最新撮り下ろしまで20年分のPVを完全収録”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2011年2月28日). 2019年5月8日閲覧。
  68. ^ スピッツ、DVD『ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011』とLP『とげまる』の延期後の発売日が確定”. rockin'on,com. ロッキング・オン (2011年3月23日). 2019年5月8日閲覧。
  69. ^ スピッツの草野マサムネ倒れる、震災報道などで急性ストレス障害に。”. ナリナリドットコム. Narinari.com (2011年3月28日). 2019年12月30日閲覧。
  70. ^ スピッツ、東北・千葉・茨城でツアー『とげまる2011』の追加公演”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2011年7月25日). 2019年5月8日閲覧。
  71. ^ スピッツ、結成25周年を記念し公式リリース曲全219曲を7/11から一斉配信”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2012年7月5日). 2019年5月6日閲覧。
  72. ^ 【ライブレポート】スピッツ、“横浜サンセット2013”過ぎ行く夏に至福の時間「今日は忘れられない夜になりました」”. BARKS (2013年9月18日). 2019年5月7日閲覧。
  73. ^ スピッツ、“愛のことば”の2014年ミックスがフジ系ドラマの主題歌に決定”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2014年6月24日). 2019年5月8日閲覧。
  74. ^ 【ライヴレポート】スピッツ、結成27年、初単独武道館公演で「“最高だったな”って振り返られるライヴになった」”. BARKS (2014年7月10日). 2019年5月7日閲覧。
  75. ^ a b スピッツ、<横浜サンセット2013>が劇場作品化&“会員限定”プレミアム先行上映会決定も”. BARKS (2015年2月13日). 2019年5月7日閲覧。
  76. ^ a b 『スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-』全国6ヶ所で追加上映”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2015年5月21日). 2019年5月6日閲覧。
  77. ^ a b スピッツ、初のライヴ映像作品『小さな生き物』ティザー公開&映画追加上映も”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2015年5月17日). 2019年5月8日閲覧。
  78. ^ スピッツ、新曲“雪風”を4/15配信決定! 今夜ドラマで初解禁”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2015年4月10日). 2019年5月8日閲覧。
  79. ^ スピッツ、トリビュート盤の詳細が明らかに! 全曲試聴映像も公開”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2015年12月1日). 2019年5月8日閲覧。
  80. ^ スピッツ、4/27にニューシングル『みなと』リリース”. rockin’on.com (2016年3月14日). 2019年5月19日閲覧。
  81. ^ スピッツが3年ぶり新作アルバム「醒めない」発売、スバルCMで新曲解禁も”. 音楽ナタリー (2016年5月9日). 2019年5月19日閲覧。
  82. ^ スピッツ全国ツアー「醒 め な い」神奈川から幕開け”. 音楽ナタリー (2016年8月29日). 2019年5月19日閲覧。
  83. ^ スピッツ<醒 め な い>ツアースタート、モバイルサイトで会員限定企画も”. BARKS (2016年8月29日). 2019年5月19日閲覧。
  84. ^ スピッツ、7月からツアー開催! 結成30周年&メンバー50歳記念・全国11ヶ所回る”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2017年1月25日). 2019年5月8日閲覧。
  85. ^ スピッツ×タワレコ、初のコラボカフェがオープン。写真パネル展示やライブ映像も放映”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2017年6月14日). 2019年5月6日閲覧。
  86. ^ スピッツ初のアートブック『スピッツのデザイン』発売。草野マサムネの4時間インタビューも”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2017年8月24日). 2019年5月6日閲覧。
  87. ^ 『スピッツのデザイン』発売延期のお詫び”. エムディエヌコーポレーション (2017年11月14日). 2019年5月10日閲覧。
  88. ^ スピッツ、結成30周年記念ポータブルレコードプレーヤー限定発売”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2017年6月23日). 2019年5月8日閲覧。
  89. ^ 草野マサムネのレギュラーラジオ番組が1月7日よりスタート。意気込みコメントも”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2017年12月22日). 2019年5月8日閲覧。
  90. ^ スピッツ、NHK連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌“優しいあの子”をシングルリリース”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2019年4月1日). 2019年5月10日閲覧。
  91. ^ スピッツ、“ロビンソン”MVが1億再生突破。90年代にリリースされた楽曲としては初-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/189086” (日本語). rockinon.com. 2019年9月7日閲覧。
  92. ^ スピッツ、約3年ぶり新AL『見っけ』リリース&ツアー開催。“優しいあの子”MVもフル公開”. ロッキング・オン (2019年7月16日). 2020年4月30日閲覧。
  93. ^ スピッツ新アルバムツアースケジュール発表、2020年7月まで48公演”. 音楽ナタリー (2019年7月26日). 2020年4月30日閲覧。
  94. ^ “酒井美紀、主演ドラマ『白線流し』が「スピッツとの出会いです」”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2017年7月5日). https://www.sanspo.com/article/20170705-5X7NY4L7ZJL7JCTAGTSWLIZME4/ 2019年5月7日閲覧。 
  95. ^ スピッツが話題の映画「櫻の園」に主題歌書き下ろし”. ナタリー (2008年7月16日). 2019年5月7日閲覧。
  96. ^ スピッツ、真夏の新シングルは話題のCGアニメ主題歌”. ナタリー (2009年7月3日). 2019年5月7日閲覧。
  97. ^ “ゆうちょ 新テレビCM「夢を追いかける人々」篇がスタート〜「夢に、まっすぐ。」をテーマに、夢を追いかける人々の想いとゆうちょの決意をスピッツの新曲「ビギナー」のメロディーに乗せて、さわやかに、力強く描きます。~” (プレスリリース), ゆうちょ銀行, (2010年5月31日), https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2010/abt_prs_id000536.html 2019年5月7日閲覧。 
  98. ^ スピッツ新曲「ビギナー」がゆうちょ銀行CMソングに”. ナタリー (2010年6月1日). 2019年5月7日閲覧。
  99. ^ スピッツ新曲「幻のドラゴン」が冬タイヤCMソングに”. ナタリー (2010年9月1日). 2019年5月7日閲覧。
  100. ^ スピッツ新曲で「ランチパック」の美味しさを引き立てる”. ナタリー (2010年10月1日). 2019年5月7日閲覧。
  101. ^ スピッツ版「タイム・トラベル」がラブコメ主題歌に”. ナタリー (2011年10月13日). 2019年5月7日閲覧。
  102. ^ “三井生命 企業イメージCMの放映について” (PDF) (プレスリリース), 三井生命保険, (2012年5月15日), https://www.taiju-life.co.jp/corporate/news/pdf/20120515.pdf 2019年5月6日閲覧。 
  103. ^ スピッツ、ニューシングルのジャケ写解禁”. BARKS (2013年3月29日). 2018年5月29日閲覧。
  104. ^ スピッツ、新曲「僕はきっと旅に出る」が武井咲出演のCM曲に”. BARKS (2013年5月8日). 2018年5月29日閲覧。
  105. ^ スピッツ、全国FMラジオ29局で9月度パーソナリティに”. ナタリー (2013年8月23日). 2018年5月29日閲覧。
  106. ^ スピッツ、楽曲“不思議”が10/13公開の短編アニメ『陽なたのアオシグレ』の挿入歌に”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2013年9月30日). 2019年5月7日閲覧。
  107. ^ スピッツ、“春の歌”がロッテ『ガーナミルクチョコレート』CMソングに決定”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2014年4月14日). 2019年5月8日閲覧。
  108. ^ スピッツ「愛のことば」柳葉敏郎主演フジドラマ主題歌へ”. ナタリー (2014年6月24日). 2019年5月7日閲覧。
  109. ^ スピッツ、19年前の名曲「愛のことば」がドラマ主題歌に”. BARKS (2014年6月24日). 2019年5月7日閲覧。
  110. ^ スピッツ新曲は「妄想力フル稼働」の雪ソング 鈴井監督「心が震えた」”. ORICON NEWS (2015年3月14日). 2019年5月7日閲覧。
  111. ^ スピッツ、新曲「雪風」はドラマ『不便な便利屋』で解禁 4/15より配信スタート”. BARKS (2015年4月10日). 2019年5月7日閲覧。
  112. ^ スピッツ NTT東日本CMで話題の新曲『みなと』4月にシングルリリース”. HMV&BOOKS online (2016年3月14日). 2019年5月7日閲覧。
  113. ^ スピッツのCM出演情報”. ORICON NEWS. 2019年5月7日閲覧。
  114. ^ スピッツ、中島裕翔主演ドラマに主題歌「コメット」提供”. ナタリー (2016年6月23日). 2018年5月11日閲覧。
  115. ^ スピッツ、中島裕翔主演ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』主題歌に” (2016年6月23日). 2018年5月11日閲覧。
  116. ^ スピッツ新曲「ヘビーメロウ」、『めざましテレビ』テーマソングに決定”. BARKS (2017年4月3日). 2019年5月7日閲覧。
  117. ^ 「先生!」主題歌はスピッツ書き下ろし曲、河原和音「優しくて噛み締めたくなる」”. ナタリー (2017年6月13日). 2019年5月7日閲覧。
  118. ^ 広瀬すず、“初恋”の想い出たどる スピッツ「歌ウサギ」短篇ムービー公開”. ORICON NEWS (2017年10月3日). 2019年5月7日閲覧。
  119. ^ スピッツ、新曲“歌ウサギ”がエンタメ情報番組『アカデミーナイトG』のOPに決定”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2017年7月31日). 2019年5月6日閲覧。
  120. ^ スピッツのシングル4曲が「伊藤くん A TO E」に登場、女性たちの恋愛ドラマ彩る”. ナタリー (2017年7月19日). 2019年5月7日閲覧。
  121. ^ スピッツ、「エッグスンシングス」日本進出を描いたドラマ主題歌に“スターゲイザー”が決定”. BARKS (2018年2月16日). 2018年5月29日閲覧。
  122. ^ スピッツ「スターゲイザー」がエッグスンシングス日本進出を描いた川口春奈ドラマ主題歌に”. ナタリー (2018年2月16日). 2018年5月29日閲覧。
  123. ^ 「愛のしるし」が花王「ビオレ」WEB CMソングに”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2018年6月6日). 2019年5月10日閲覧。
  124. ^ スピッツ、広瀬すず主演朝ドラ「なつぞら」に「冬っぽい仕上がり」の主題歌提供”. ナタリー (2019年2月19日). 2019年2月19日閲覧。
  125. ^ スピッツ、オンエア中のNTT東日本CMソングは新ALの表題曲“見っけ”だった”. rockinon.com (2019年9月20日). 2019年10月15日閲覧。
  126. ^ 「ラジオデイズ」JFN4局合同50周年アニバーサリーソングに決定!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2019年12月27日). 2021年12月30日閲覧。
  127. ^ スピッツ手がけた「NEWS23」エンディングテーマ今晩初オンエア、草野マサムネからのコメント到着(コメントあり)”. 音楽ナタリー (2021年1月4日). 2021年5月14日閲覧。
  128. ^ スピッツの劇場作品「横浜サンセット2013」YouTubeで公開”. 音楽ナタリー (2020年5月15日). 2020年5月15日閲覧。
  129. ^ Inc, Natasha. “スピッツ、画面越しに一夜限りのコンサート“猫ちぐらの夕べ”届けるオンライン上映(写真10枚)” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年10月20日閲覧。
  130. ^ Inc, Natasha. “スピッツの本日終了アリーナツアー映像を全国の映画館で上映、オンライン配信も” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年10月20日閲覧。
  131. ^ スピッツ、自身初のインターネット生配信企画が決定。新AL『見っけ』リリース記念”. ロッキング・オン (2019年9月16日). 2020年4月30日閲覧。
  132. ^ スピッツ、自身初の生配信企画が大盛況にて終了。メンバー全員でありがとさん企画ラジオ稼働決定も”. タワーレコード (2019年9月27日). 2020年4月30日閲覧。
  133. ^ 第11回日本ゴールドディスク大賞”. 2019年5月7日閲覧。
  134. ^ 第14回日本ゴールドディスク大賞”. 2019年5月7日閲覧。
  135. ^ <MVA08>、BUMP OF CHICKENが史上初の3冠”. BARKS (2008年3月16日). 2019年5月10日閲覧。
  136. ^ NexTone Award”. NexTone. 2019年5月7日閲覧。
  137. ^ NexTone Award 2018”. NexTone. 2019年5月7日閲覧。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]