村越としや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村越 としや(むらこし としや、1980年5月22日 - )は、日本写真家福島県須賀川市生まれ。文化服装学院中退。日本写真芸術専門学校卒業。
主な受賞歴に、日本写真協会賞新人賞(2011年)、さがみはら写真新人奨励賞(2015年)。
2009年12月に自主ギャラリー「TAP」を東京・清澄白河に創設する、展示や出版などの活動を積極的に行う、2015年5月、「TAP」から脱会する。
東京国立近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、相模原市、福島県立博物館に作品が収蔵されている。
現在、武蔵野美術大学、日本写真芸術専門学校講師。

エピソード[編集]

「森山・新宿・荒木展」(東京オペラシティアートギャラリー)において、森山大道の助手を務める。
森山大道著『昼の学校 夜の学校』(平凡社)によると、
森山は、展示スペースの一角を「新宿の街角のようなコーナー」にしたいと考え、新宿ゴールデン街のポスターの複写を貼ることを思いついたという。
そこで、「あれはぼくがプランとアイデアを出して、村越君という若い写真家に全部撮ってもらったんです。」(P.216)
とある。森山は、村越を単なるアシスタントではなく、写真家として信頼していることがうかがえる。
 また、村越自身も「日本カメラ」(2006年10月号)のインタビュー(TEXT;上野修)において、
「僕は、誰かの写真に影響を受けたということはないんですが、森山大道という写真家自身から受けた影響は大きかった。」と、
そして森山を「魅力的」で「写真に対する興味を膨らませてくれた」人であると述べている。

主な写真集[編集]

2018年「濡れた地面はやがて水たまりに変わる」CASE publishing
2017年「沈黙の中身はすべて言葉だった」CASE publishing
「月に口笛」CASE publishing
2016年「雷鳴が陽炎を断つ」冬青社
2014年「火の粉は風に舞い上がる」リブロアルテ/spooky CoCoon factory
2013年「木立を抜けて」タカイシイギャラリー/TAP
2012年「大きな石とオオカミ」plump WorM factory
2011年「土の匂いと」TAP
2010年「雪を見ていた」TAP
2009年「浮雲」TAP
2008年「草をふむ音」蒼穹舎
2006年「あめふり」蒼穹舎

写真展[編集]

2018年
「あめふりから濡れた地面はやがて水たまりに変わるまで」@CASE TOKYO
「濡れた地面はやがて水たまりに変わる」@タカイシイギャラリー フォトグラフィ / フィルム

2017年
「月に口笛」@tokyoarts gallery
「沈黙の中身はすべて言葉だった」@CASE TOKYO
「月に口笛」@FIKA cafe . art
「須賀川 大地に眠る記憶」@時さえ忘れて
「須賀川 大地に眠る記憶」@牡丹会館

2016年
「雷鳴が陽炎を断つ」@ギャラリー冬青
「沈黙の中身はすべて言葉だった」@タカイシイギャラリー フォトグラフィ / フィルム

2014年
「村越としや写真展」@TAP
「火の粉は風に舞い上がる」@武蔵野市立吉祥寺美術館
「prayer & bark」@GALLERY 722
「もつれるものをほぐすとき」@TAP
「April-May 2013」@TAP
「January-March 2013」@TAP

2013年
「March 2013」@TAP
「January-February2013 」@TAP
「木立を抜けて」@タカイシイギャラリー フォトグラフィ / フィルム
「大きな石とオオカミ 4」@B GALLERY

2012年
「大きな石とオオカミ 3」@TAP
「Homeland」@count zero
「f伍」@count zero
「大きな石とオオカミ 2」@TAP
「草をふむ音」@福島空港
「f 肆」@TAP
「ここから見える光は?」@TAP

2011年
「f 参」@TAP
「f 弍」@TAP
「f 壱」@nagune
「f 零」@count zero
「土の匂いと」@ギャラリー蒼穹舎
「FUKUSHIMA」@空蓮房
「あの日からずっと」@TAP

2010年
「雪を見ていた」@ギャラリー蒼穹舎
「村越としや写真展 4」@TAP
「村越としや写真展 3」@TAP
「村越としや写真展 2」@TAP
「月までの距離は?」@Plaza Gallery
「村越としや写真展 1」@TAP

2009年
「uncertain」@新宿ニコンサロン

2008年
「ちょっと、海へ」@nagune
「timelessness」@コニカミノルタプラザ

2006年
「あめふり」@PLACE M

2005年
「彼岸花」@PLACE M
2004年
「去るモノの論理」@PLACE M

関連項目[編集]