丹野清志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

丹野 清志(たんの きよし、1944年2月29日 - )は、日本写真家

福島県福島市生まれ。1964年東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業[1][2][3][4]。農村雑誌『家の光』勤務を経て1970年よりフリーとなる。日本写真家協会会員[1][2][3]。散歩写真の第一人者として知られている。

主な著書[編集]

写真集[編集]

その他の著書[編集]

  • 一眼レフハンドブック(ナツメ社、1978年1月井堀正靖との共著)[1][2][3][4]
  • たまには現像引伸しでもやってみよう(ナツメ社、1978年4月[1][2][3]
  • カメラ入門(ナツメ社、1979年8月15日
  • ズレたシャッターチャンス(ナツメ社、1979年8月20日[2][3][4]
  • 写真撮影入門(ナツメ社、1980年5月15日[1][2][3][4]
  • 35ミリ一眼レフ入門(ナツメ社、1980年6月[2][3][4]
  • 風の中のシャッターチャンス(ナツメ社、1981年4月20日[3][4]
  • 夕暮れまでシャッターを切っていよう(ナツメ社、1982年2月15日[4]
  • シャッターチャンスはほろ酔い気分(ナツメ社、1983年6月15日
  • 散歩写真入門(ナツメ社、1991年12月
  • コンパクトカメラ撮影事典(ナツメ社、1996年7月)
  • AF一眼レフ入門(ナツメ社、1996年4月)
  • 写真撮影ハンドブック(ナツメ社、1997年4月)
  • レンジファインダーカメラのすすめ(ナツメ社、2000年12月)
  • 現像引伸しはんどぶっく(ナツメ社)[4]
  • コンパクトカメラ撮影辞典(ナツメ社)

写真展[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『ズレたシャッターチャンス』、224頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『風の中のシャッターチャンス』、224頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『夕暮れまでシャッターを切っていよう』、240頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『シャッターチャンスはほろ酔い気分』、288頁。