金子功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金子 功(かねこ いさお、1939年7月15日[1] - )は、日本ファッションデザイナーファッションブランドピンクハウス」(1973年)や自身の名前を冠した「カネコイサオ」(1990年)、ほか「インゲボルグ」や「カールヘルム」などのブランドを創業[2]。なかでも「ピンクハウス」はDCブランドフォークロアのブームに後押しを受ける形で1980年代に一世を風靡した[3]

来歴[編集]

山口県に出生。高田賢三松田光弘らと共に文化服装学院を卒業後、セツ・モードセミナーを卒業。アドセンターに入社し、広告等の製作に携わる。

1973年、デザイナーとしてファッションブランド「ピンクハウス」を設立。この「ピンクハウス」を株式会社ニコルを経て、1980年からビギグループにて、1982年からは、株式会社ピンクハウスとして展開。その後、「インゲボルグ」、「カールヘルム」、ならびに「ベビーピンクハウス」を設立・展開。

1990年9月、株式会社カネコイサオを設立、「カネコイサオ」ブランドをスタートする。1992年11月、「カネコイサオ」第一回コレクション(1993年春夏)を開催。1994年1月、株式会社ピンクハウスを退社・独立して、株式会社カネコイサオに専念。1994年-1995年秋冬コレクションから、「ワンダフルワールド」ブランドを発表。1998年春夏コレクションにて「メンズ カネコイサオ」ブランドを発表。

2007年、秋の作品よりデザイナーとしての活動を休止した。

出典[編集]

[ヘルプ]